ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBロイスとゲッツェはチーム練習に復帰。ソクラティスとデンベレは開幕微妙?!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



まだボールを使ったトレーニングはできない。


BVB、デンベレ―について悩む!


entry_img_1446.jpg
引用元:Bild

ウスマン・デンベレーはリーガ前半戦に素早いドリブルで観客を魅了した。


それだけに、彼がブンデスリーガ開幕に間に合わない可能性が高い事がより痛手となる。



スポンサーリンク


まだボールを使ったトレーニングは行われていない。デンベレーについての心配は日に日に大きくなっている。


このフランス人は腸骨筋の筋を痛めていたため、スペインでのトレーニングが始まって数日でトレーニングを中断しなければならなかった。


そして準備トレーニング最後の週が始まった昨日のトレーニングでも、このサイドアタッカーはチームトレーニングに参加することができなかった。



そうする代わりに、デンベレーは一人でジョギングをした。彼の土曜日の出場は現時点では、おそらくあり得ないだろう。


これにはトーマス・トゥヘル監督も喜べない。このトップ・タレントはクリスマス前は素晴らしい状態で、最後の数試合、その才能を開花させていた。



ウスマン・デンベレーはこれまで11得点に絡む活躍をし、それによってドルトムントが上位と離されないでいる。



デンベレに関してはまだ不安であるが、ソクラティスも同様である。このギリシア人はリュッティヒとのテストマッチで足首を打撲したのだ。


いずれにせよこのセンターバックは、昨日のトレーニングで集中的な走り込みをすることができていた。


トゥヘルにとってポジティブなことは、マルコ・ロイスとマリオ・ゲッツェが再びチームトレーニングに参加したことだ。さらにゼバスティアン・ローデも足首の問題から、芝生へと戻ってきた。

20170117194011ecf.jpg


これで多くの負傷者がでるという災難が、もうすぐ終わってくれると、希望をもたせてくれるが・・・・。





以上です。


ゲッツェとロイスは思ったよりも大事ではなかったようで良かったですね。とにかくロイスはぜひとも後半戦負傷無しでプレーしてほしいです。そうなると徐々に力も発揮してくれると思うのですが・・いったいそれだけ長く怪我をしなかったのはいつのことやら?2013年でしょうかね?


後はソクラティスの怪我が何気に心配ですが、後半戦はソクラティスの隣は誰が良いでしょうか。個人的にはベンダーをもっと使ってほしいですね。なんかみんなフンメルスを意識してか、やたらと組み立てばかり頑張ろうとしているように見えますが、とにかく守りがしっかりできるセンターバックを使う事が大事だと思います。フンメルスの代わりができる人はそうはいないので、それは諦めて、別なアプローチを探したほうが早いと思います。

[ 2017/01/17 19:35 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(11)
フンメルスの縦パスからの香川、ロイスのコンビネーションがあったから、ついつい縦パスが出せる選手を期待しちゃうんでしょう。
でも、ほんとです。チームとし、て守備の構築が最大の課題ですね。
[ 2017/01/17 21:08 ] [ 編集 ]
今のドルのセンターバックは2ストッパーでいいと思うよ。先制されまくってるし、左の裏が狙われるのはお約束になっちゃってるからなw

それにサイドバックも両側同時に上げちゃダメ。センターバックの裏狙われて失点しまくってるのにそれやっちゃダメでしょ。

ついでにリードするまでは自陣でのボール回しも禁止。リードもしてないのに下手にボール回そうとするから重心が前にかかりすぎて裏取られてるから。本来、ボール回しは点差開いてからやるもん。バルサやブラジルのセレソンだってそうする。

それに香川帰ってきたし、ロイスも戻れんなら二人めがけて手数かけずにさっさとボール出してればいい。とにかく攻撃はリードするまでは上がり過ぎずに二人に任せること。

何度も言うけど、リードするまでは、バック7、8はコンパクトに陣形崩さずにプレーさせてもらいたい。リードしたらゲーゲンがあるから、まぁ逃げ切れるだろ?

サビついてなければだけどw
[ 2017/01/17 21:22 ] [ 編集 ]
まず3バックか4バックかですね。12月からはほぼ3バックでしたが、キャンプではまた4バックに戻していましたし…
今、世界的に流行っている3バックですが、ドルトムントではまだこなれていない感じですね。マッチアップ的には3バックが良いとは思いますから、またやるでしょうが。

4バックのパパの隣は、悩みますがぐるっと廻ってやはりバルトラかな・・
ギンターは絶対にダメ。メリーノはもっとダメ。スポは怪我。ベンダーとパパは似ているから攻撃がダメになる。結局中盤が下りてビルトアップしなきゃで、そこでインターセプトされて失点パターンが結構多いし。

バルトラがもっとポジショニング学んで前に行きすぎない事、交されない事も大切だけど、それだけじゃなくて中盤ではインターセプトされないようにする事、奪われたら絶対に取り返す等チーム全員の守備意識を高める事が需要で、CBだけの問題でも無いと思います。

3バックならバルトラ、パパ、ギンターの並びかなあ。
[ 2017/01/17 21:45 ] [ 編集 ]
ベンダーまたパーターボルン戦で怪我してしまいましたね…開幕は絶望的みたいです。香川も少し足を気にしていましたが大丈夫でしょうか?
[ 2017/01/18 08:13 ] [ 編集 ]
やっぱりロイスの存在はとてつもなく大きいですね。

そしてゲレイロ!
惚れ惚れするほど素晴らしい得点力。
彼の動きに合わせて周りのスイッチが入る瞬間は鳥肌もの。
もうそろそろIHでスタメン復帰間近なのは確実ですね。
[ 2017/01/19 00:04 ] [ 編集 ]
ドルトムントの問題は守備の危うさだから
ゲレイロに過剰に期待しても解決するものではない
[ 2017/01/19 05:35 ] [ 編集 ]
ゲレイロのプレーが大好きです。
[ 2017/01/19 17:08 ] [ 編集 ]
ゲレイロは左サイドバックで使った方がいいよ。シュメルツアーには悪いけど。
ドルは自陣の左側を攻められてピンチになる事が多いし。
[ 2017/01/20 13:24 ] [ 編集 ]
ゲレイロはもうインサイドハーフと決まっていますよ。
冬のテストマッチでも、そこで一貫して使われてましたからね。
しかもあんな短い時間に2試合連続ゴール。得点力が違いすぎますね。
ドルトムントではSBなんかじゃ勿体無いです。
際立ってますから、中盤で間違いなしです。
[ 2017/01/20 20:31 ] [ 編集 ]
ゲレイロは元々中盤をやらないかとのトゥヘルの誘いに興味を持って、バルサ辺りを断ってドルトムントに来てくれたからね。ギュンの替わりだよ。

ゲレイロを初めてユーロで見た時本当にワクワクした。クリロナの信頼も厚く、二人のコンビネーションは最高だった。
それを見て、香川とプレーが似ていると思ったし、一緒にやれば阿吽の呼吸だと思ったよ。今でも、背格好や髪の色が似ているし、プレーが似ているから香川と間違える事が有る。何故トゥヘルは二人を一緒にピッチに立たせないんだろう?共存時間が少なすぎるよ。

後半は共存したプレーが見られると良いね。
[ 2017/01/21 09:09 ] [ 編集 ]
なんかどうしてもゲレイロを過剰に持ち上げたいらしいが、
ドルの守備の問題点には考えが及ばないのか…
監督でもないのにインサイドハーフで決まってるとか断言するのもおかしい
[ 2017/01/21 13:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。