ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「岡崎のシャルケ移籍は有意義なことだ!ハイデルが連れ戻す!」《ドイツの反応》



ビルト



シャルケのストライカー探し


ハイデルは岡崎を取り戻すだろうか?


entry_img_1447.jpg
引用元:Bild

シャルケの補強はすでに終わったかのように見えていた・・・・


マネージャーのクリスティアン・ハイデルはホルガ―・バートシュトゥーバーのローン移籍とギード・ブルクシュタッラーの獲得で冬の補強は終了したと話していたのだ。まあとりあえず言っただけだったのかもしれない・・。



シャルケ、リーガ開始が危機的状況に。ハイデルはもう一人ストライカーを獲得するだろうか?


スポンサーリンク



ビルトの情報によると:すでに、もう一人の攻撃陣のローン移籍については語られている。ナポリのガッビアディーニ(25)やルイス・アドリア―ノ(ミランからモスクワ)の噂が聞かれるようになってから時間が経つ。しかし今ここでかつてのハイデルのお気に入りの移籍の話題が熱くなってきた。


岡崎慎司は、現在レスター・シティーでは補欠でしかない。そして彼はシャルケの移籍状況に合っている。シャルケはすでにリーガを良く知っていて、慣れる必要がない選手を探しているのだ。それに加えてハイデルは岡崎のクオリティーを良く知っている。


彼の獲得は非常に理にかなっていると言えるだろう。シャルケのフォワードの状況はさらに緊急を要するものになる可能性があるからだ。ディ・サント、そしてクラース・ヤン・フンタラ―、さらにエンボロの負傷に続いて、シュポモティンも話題に上ってきたところだ。


カメルーン代表のマネージャー、アルフォンセ・チャーミがBBC放送で彼をアフリカカップにノミネートすると語ったからだ。シュポが個人的な理由ですでに断っていたにも関わらずである。


20170118042451e61.jpg



問題:もし彼がカメルーンサッカー協会の呼び出しを断ったら、協会はFIFAの規定に従って、シャルケでの出場ができないようにすることも可能だという事だ。リヴァプールの監督クロップははこれと同じ事情で、カメルーンのマティップを念のため起用しなかった。これはいずれにせよヴァインツィール監督にとっては良いニュースではない。



しかしハイデルが補強するかもしれない・・・・。






以上です。

シャルケがストライカーを探しているのは本当のようですし、元マインツマネージャーのハイデルが岡崎の獲得に動いたとしても不思議ではありませんね。

個人的にはブンデスリーガに帰ってきてくれれば嬉しいですが、どうでしょうか。給料の面で言ったらレスターの方が高そうですし、シャルケに移籍しても、フンタラ―とディ・サントの状態が上がってきたら先発で出続けられるかは分かりませんね。確実に出られるかわからない以上、減俸を受け入れてシャルケに来るメリットがどのぐらいあるかは微妙な所ですね。

レスターは昨シーズン優勝しましたが、シャルケもまだまだヨーロッパ内では大きなクラブでありますし、キャリアアップという見方はできなくはないですが・・。

それはさておき、必要とされることは良いことですね。



[ 2017/01/18 06:00 ] 岡崎 | TB(-) | CM(17)
まだまだ成長したい岡崎からすれば、キャリアダウンになるでしょう。。
やはり対戦相手の豪華さや注目度、そして舞台の華やかさなどプレミアはケタ違いなので、一度味わったらもうブンデスは物足りないというか、戻りたくないと思いますよ。

[ 2017/01/18 06:17 ] [ 編集 ]
主力が戻って来たら岡崎の出場機会がビミョーになるだろうし
高齢高年俸選手の部類になってるので
そんな事を踏まえて覚悟してシャルケに来てくれるなら
シンジダービーが目玉で楽しみだね
でも、移籍はあるとしてもEPL内を岡崎なら優先するだろな
[ 2017/01/18 06:39 ] [ 編集 ]
とりあえずマスコミに言ってみて、反応を窺っているだけなのでは?もう、2人獲得しているシャルケが、30過ぎの岡崎を本気で獲得するとは思えない。岡崎が来たいならローンではいかが?って感じに聞こえるし、岡崎も本気で移籍したいとまで考えているとは思えない。
[ 2017/01/18 08:23 ] [ 編集 ]
レスターからシャルケへの移籍のどこがキャリアダウン?ステップアップでしょ。あくまで結果的にの話だけど。
[ 2017/01/18 09:03 ] [ 編集 ]
別に干されてるという程、出場機会が無いわけではないし、移籍するメリットは無くないですか。それにまだ本人はプレミアでやりたいでしょうし、チームも主力として見てるので、手放すとは思えません。
[ 2017/01/18 10:01 ] [ 編集 ]
残留するような
マインツを出るときにプレミアとCLを天秤にかけてプレミアを選んだわけで
ともすると今のレスターはベストということになりますし
競争するためにプレミアに移ったわけですしいなりずし
[ 2017/01/18 10:12 ] [ 編集 ]
新たら技を身に着けたい、という理由でプレミアに行った岡ちゃんですし、ブンデスに戻る理由は本人にはあまりないように見えます。しかも、今期こそ!、の勢いで人事を刷新したはずのシャルケもあいかわらず微妙ですし....
でも、いまのレスターからは移籍してほしいな...
[ 2017/01/18 10:25 ] [ 編集 ]
プレミアは憧れだったんだろ? 
安定してたマインツを出てまで移籍したんだから、もうちょっと頑張れよ
[ 2017/01/18 10:42 ] [ 編集 ]
ザキさん自身あんなにプレミアラブを言ってからなあ
でもそういうのはあんまり実際の移籍には関係ないか

とにかく一度シャルケのリーグ優勝というのを見てみたいんですけどね
できれば内田がいるうちに
岡崎はリーグ優勝の経験があるってだけでもちょっと魅力ですが
[ 2017/01/18 15:06 ] [ 編集 ]
キャリアダウンって…
資金力や注目度は確かにプレミアが上だけど、近年のCLでの結果からしてもブンデスのほうが強いチームが多い
少し前まではシャルケもCLの常連で普通に欧州の強豪だった
もし報道が真実で岡崎が移籍したとしても、試合で結果を出すのはそんな甘いもんじゃないと思う
むしろ攻撃力が通用していなくても守備で評価してもらえるレスターのようにはいかないはず
そういう意味では移籍しないほうがいいかもね
[ 2017/01/18 17:25 ] [ 編集 ]
ミラクルレスター
プレミアはトップ6や中位たけでなく、下位にまで有名な選手がゾロゾロいて、FWはほんと強烈ですよね。



[ 2017/01/18 23:18 ] [ 編集 ]
クラブランキングはシャルケ14位、レスター73位だけどね…

ちなみにドルトムント7位。と思っていたら、ヴァツケさん表彰されましたね。
マーケティング、広告、メディア関連の専門誌『HORIZONT』が17日、フランクフルト・アム・マインで行われた式典で、ボルシア・ドルトムントのハンス・ヨアヒム・バツケCEOをマーケティング部門での“年間最優秀企業人”に選出した。

その表彰式の文面で、
「選考委員は、バツケ氏が2006年以降、ボルシア・ドルトムントの改革において示してきた粘り強さ、創造性、そして勇気に大きな感銘を受けた。それには昨シーズン、クラブ史上最高額の売上高を記録したことも含まれている。CEOとなって10年以上がたった今でも、その企業家としての情熱は薄れておらず、現在世界で4番目に大きなクラブを2番目に大きなクラブにすることを目指している」
とあったのですが…現在世界4位って?本当ですか?レアル、バルサ、次はどこでしょうか?その次ってことでしょ!
[ 2017/01/19 07:42 ] [ 編集 ]
原口もプレミア行くのが夢だよね。
ヘルタから移籍したがっている。
[ 2017/01/19 17:06 ] [ 編集 ]
ザキオカとハイデルの関係は知っているけど正直眉唾モノだなあ
移籍関連ではシャルケはいわゆるネタにしやすい「当て馬クラブ」だからねえ・・・
他のブンデスクラブでは去年夏のドルトムントやヴォルフスブルクもそれに当たるけど
[ 2017/01/19 22:39 ] [ 編集 ]
やはりハイデルが明確に否定してました。岡崎をレンタルするつもりは無いって。
岡崎獲得ならレンタル程度だと思っていましたが、そのつもりさえ無い、ってことです。記者を喜ばせる話のネタですね。

やはり30過ぎるとオファーは厳しいですよ。よほどの実績が必要です。
[ 2017/01/20 08:30 ] [ 編集 ]
CLラウンド16に進出しているミラクルレスターから、わざわざ移籍などしないでしょう。
プレミアだから「岡崎慎司」の名前が世界中に知れ渡ったわけですから。
ブンデスではもうすでに日本人最多得点を決めてますしね。

[ 2017/01/20 20:27 ] [ 編集 ]
とにかくやるっきゃない!ってことですしいなりずし
[ 2017/01/23 16:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。