ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント・ラモス!スペイン経由で中国移籍?独紙「クレイジーな移籍は完璧」《ドイツの反応》



ビルト



狂った移籍は完璧!

ラモスはスペイン経由で中国移籍!


entry_img_1448.jpg
引用元:Bild


ドルトムントのストライカー、アドリアン・ラモスは回り道をしてから中国へと移籍することになるだろうか?



このコロンビア人はBVBからスペイン一部のグラナダへ移籍する。そしてシーズン終了後にそこから中国のクラブ、リファンに移籍するようだ。スペイン紙“イデアール”が伝えている。


スポンサーリンク





スペイン経由で中国へ?ビルトが確認した。



BVBのメディア担当のボス、フリッゲ。“今のところ基本的には合意しており、ここ数日で最終的な話し合いが行われるだろう。”



ビルトの情報によると:ドルトムントはラモスの移籍金1100万ユーロを受け取るようだ。来週31歳になるこの選手はドルトムントと2018年まで契約している。



ここ数週間、ラモスがドルトムントの放出候補だろうと噂されていた。木曜日にはトーマス・トゥヘルが、彼の移籍希望を認めていたところだ。


いずれにせよトゥヘルのコンセプトには彼は当てはまらない。オバメヤンがアフリカカップで一月末までいないにも関わらずである。トゥヘルはアンドレ・シュルレを代わりとして考えている。


グラナダも中国一部リーガのリファンも、どちらのクラブもビジネスマン、ジアン・リツァンの所有だ。そしてこれがスペイン経由での移籍の噂をより確かなものにしている。


ラモスは2014年にへルタからBVBに移籍し、今シーズンはたった4試合しか先発で出場していなかった。彼はBVBで79試合に出場し、19ゴールを決めている。







以上です。

スペインと中国のクラブのオーナーが同じという事で、割と現実味のある話となっていますね。しかしどうしてスペインを経由する必要があるのかは、いまいち良くわかりません。

中国のクラブとこの中国人のオーナーが日本でどのように表記されているのかは良くわかりませんが、とりあえず、実際の発音に近そうだと思われるものをカタカナ表記してみました。まあ中国語をカタカナで表記するのも結構無理がありますが・・・。

コロンビアはサッカーが盛んな国ですが、サッカー選手は引退後はどういう人生を歩むんでしょうね?ブンデスリーガでプレーしたブラジル人なんかでは、引退後もドイツに残っている選手もいます。特に現役時代に子供が生まれたりすると、子供の生活環境を考えて残るという判断をする人もいるようです。ラモスが中国に移籍した後、どうなるのかちょっと気になりました。

[ 2017/01/18 15:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(6)
スペインを経由するのは中国リーグの開幕時期がズレているからとかでしょうか?
そのあたり詳しくないので分かりませんが。
オーナーが同じとはいえグラナダはこういった形でも許容するでしょうか。
[ 2017/01/18 15:27 ] [ 編集 ]
一部の報道ではラモスの年俸は2000万ユーロだとか…ロイスの倍です。そりゃあ行きたくなってもおかしくありません。
中国では今サッカーに大金をはたく事が、金持ちのステータス的な事も有ってどんどん高騰しているらしい。

昔日本でやたらと絵画を高く買いたがる金持ちがいたのと同じことでしょうか?
あのころやたらと、ゴッホだのルノアールだのに高額な値段を付けて日本が爆買いして、世界が驚愕していましたね。あの絵は今いずこに…
[ 2017/01/18 17:36 ] [ 編集 ]
ラモスの移籍先として名が挙がってるのは重慶力帆みたいですね
[ 2017/01/18 19:52 ] [ 編集 ]
グラナダは今、19位で2部に降格しそうだから、何とかゴール決めて残留させられるといいなあ…
[ 2017/01/19 00:01 ] [ 編集 ]
確かに重慶力帆の降格を免れさせる為にラモスを助っ人投入!と言う事なら納得ですね。
[ 2017/01/19 07:26 ] [ 編集 ]
>確かに重慶力帆の降格を免れさせる為にラモスを助っ人投入!と言う事なら納得ですね。
すみません、間違えました。グラナダの降格です。
[ 2017/01/19 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。