ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川フル出場のドルトムント、ブレーメンに勝利!選手採点と寸評!《ドイツの反応》



レヴィーア・スポーツ/西ドイツアルゲマイネ


entry_img_1455.jpg
引用元:BVB公式ツイッター


ヴァイデンフェラー 2-
この年配は良い一日に当たったようだ。危険なシュートを華麗にセーブし、35分に相手が放ったシュートへのセーブは輝かしかった。失点の場面はしかたない。



シュメルツァー 4
ハーフタイムで交代。痛みを伴っていたようである。そしてフィン・バルテルスを相手に問題を抱えていた。


スポンサーリンク




ピスチェク 3
非常に情熱のあるポーカープレーヤーを相手にこのポーランド人は、守備においては決していつも良かったわけではなかった。その代わりに彼は71分に芸術的なゴールを決めている。



ドゥルム 3-
一人少ないブレーメンを相手に守備において試されることはほとんどなかった。そして攻撃においてはそれほど大きな効果はみられなかった。



ソクラティス 3
彼がボスであることには理由がある。負傷にもかかわらずこのギリシア人は後ろをしっかり締め、何度も守った。しかし相手が同点ゴールを決めた場面は良くなかった。



ギンター 5
45分には危険な状況でエアポケットとなってしまい、同点ゴール前での一対一でも敗れている。彼は新年新たに、これまでの失態をなくすチャンスを無駄にしてしまった。



香川 4-
努力し、動いていた。しかしどういうわけか、多くの場面において最高潮に不運だった。2度ほど得点のチャンスがあったがきちんとボールをとらえることができず、良いアシストもあったがロイスが外している。



カストロ 4
彼の前半の最大の見せ場は、ヴェルダーのレッド・カードへと続く場面だった。しかし全体的には後半を含めて足りな過ぎた。


ロイス 2-
最初はロベルトバウアーの蹴りで寝転ぶ結果になり、その後はキーパー、ドロブニ―の緊急ブレーキで蹴りを食らった。しかしこのドルトムントは再び立ち上がり良い、非常に良いプレーをみせた。

2017012201473235a.jpg



ヴァイグル 4
ボールコンタクトは多かったが、はっきりした動きは少なかった。このドイツ代表は中盤でジェスターを多用し、規律をもたらそうとしていたが、それが常にできたわけではなかった。



プリシチ 4
彼はサッカーでスキーの回転競技を見せようとし、16人ものブレーメンの選手の間をかいくぐっていたが、最後までたどり着けなかった。それ以外はあまり状態が優れていないようだった。



シュルレ 2-
ボルシア・ドルトムントのフォワードであることは、どうやら簡単な事らしい。このドイツ代表選手は初ゴールを挙げるまでに5分とかからなかった。もちろん彼が良いプレーをしたからでもある。常にプレーに関与しようとし、良く走り、チャンスでは相手の脅威となっていた。後半は少し力が切れてしまった。




ルーア・ナッハリヒテン】


ヴァイデンフェラー 2
ヴァイグル 4
ピスチェク 3
シュメルツァー 3.5
ドゥルム 4
ギンター 5
ソクラティス 4
ロイス 2
香川 4.5
カストロ 4
プリシチ 4.5
シュルレ 2.5


201701220147349b7.jpg


【ビルト】


ヴァイデンフェラー 2
ギンター 3
シュメルツァー 4
ピスチェク 3
ソクラティス 3
ヴァイグル 3
香川 3
プリシチ 4
ロイス 2
カストロ 3
シュルレ 2




201701220147349b7.jpg




以上です。

なんとか勝てて安心しましたが、ドルトムントが冬休みの間に守備を改善したとは思えない試合でしたね。トゥヘルがどのようなスタイルを目指しているのかがいまいちはっきりしませんね。

今日は試合序盤は勢いがあるかのように見えたのですが、ロイスがかなり上がっており、香川選手が左よりでプレーする場面も多く見られましたね。そして後半からはヴァイグルの隣でプレーする場面も見られました。個人的には低い位置からドリブルで上がってロイスに良いパスを通したシーンが良かったと思いますが、上がれる時はどんどん上がっていってほしいですね。あとドルトムントがシュートで終わる場面では、だいたいその近くにポジションをとっていましたね。今回はうまくボールが来ませんでしたが、次回以降に期待したいと思います。

しかし守備は本当にどうにかしてほしいですね・・


もうロイスは別格ですね。役者が違います。
前半、あらゆる場所に顔を出してはボールの経由地となり、決定機を作り出していました。
体も強いのでボールを取られないし、キープ力が高い。
存在感が別格です。
しかし、チームとしての攻撃は本当に酷かったですね…
とても相手が10人とは思えない弱いサッカーでした。
途中から入ったゲレイロはやはり素晴らしかったです。
次はスタメンで出場してもらいたいです。
相手はカストロでも香川でもゲッツェでも、調子の良い選手を選べばいいです。
[ 2017/01/22 05:13 ] [ 編集 ]
管理人様、いつも興味深い記事をありがとうございます。

今日の試合、シュールレとロイスが非常にいい動きを見せていました。ロイスのシュートは非常に惜しいものが多かったように思います。この前線メンバーはもう少しみてみたいですね。ただ、後半に入ったデンベレがチームを露骨に消耗させてしまいましたね。今日の彼はずっとロストし、カウンターにつなげられてしまいました

評価で意外に感じたのが香川の4-ですかね。特に後半は試合を組み立てていて、決定機を作っていたように思いましたが  どこをみて4-にしたのか気になります。
個人的には、試合をみていたのか疑問に思いますね
[ 2017/01/22 05:20 ] [ 編集 ]
ロイス、シュールレ、ゲレイロだけが合格点。
その他の選手はもっと頑張らないと。
次の中盤はゲレイロ&ゲッツェでもいい。
[ 2017/01/22 05:22 ] [ 編集 ]
また香川への採点がおかしい…。 フル出場の香川が途中で交代させられたカストロより低いとか、
ちゃんと試合を見てたのか記者を疑うレベルだ。
後半は香川が下がってビルドアップに参加しなきゃ縦ポンばっかりで、
まともに攻撃できなかったんだけどな。

最終ラインまで下がったり、相手のゴール前まで飛び込んだり、
あんなに広いエリアでプレイしてたのは香川だけだよ。
スタッツもパス成功数や走行距離など香川がトップだった。
[ 2017/01/22 05:25 ] [ 編集 ]
香川選手、今日の出来で4.5とはなかなか厳しい評価ですねえ・・・まあメディアにどんな評価をされようが恐らく次も先発だと思いますが。
明らかに今季前半とは動きや意識が違うので後半戦はかなりやってくれると思います。
でもチーム全体としての内容はやはりイマイチ。
なんとか立て直して4位以内には入って欲しいですね。
[ 2017/01/22 05:44 ] [ 編集 ]
いつも有難うございます。
思ったよりディフェンス陣の評価が高くて驚いています。
香川選手の低評価を見ると数字に残るかどうかが本当に重視されているようですね。
一人少ない相手に攻められる姿はもう見たくないので、監督がこの評価と同等な評価をしていないことを願います。
[ 2017/01/22 05:56 ] [ 編集 ]
今日の出来で4.5とか笑っちゃいますね。同点にされた辺りから下がり、バランスを取ろうとしていました。後半は彼が仕切っていたと思います。役割やポジションの変化まで見ているのか疑問ですね・・「消えていた」「弱々しかった」の常套句と4-4.5の採点付けとけば良いだろう的な寸評には、ややウンザリです。

しかし、10人相手に圧倒出来ないのが、現実です。メンツ的には強力なんですけどね。こりゃあCLも厳しいですね。

[ 2017/01/22 06:16 ] [ 編集 ]
後ろに重心かけてイージーなミスはなくしていこうという意図はあった。ゲームの立ち上がりから、相手ボールの時は、マイボール時インサイドの香川とウイングのプリシッチをサイドハーフにして、442からのカウンター狙いなど、簡単にスペースが開かないようにしようという工夫はしてた。とは言え、工夫したからと言ってすぐに結果が出るわけもないからちゃんと1点は取られたなw相手は10人だったから安心しちゃたというのもあったんだろな。

まぁ1点取られはしたけど、とりあえず、これはこれで当分継続できんなら簡単に負けはしないだろうけどな。
[ 2017/01/22 07:22 ] [ 編集 ]
いつもありがとうございます。
香川に対しての評価は相変わらず厳しいですね。
前半香川が消えている場面が多かったのはボールが集まらなかったから。ボールを奪った瞬間、香川は常にフリーで受ける準備をしているのにカストロもヴァイグルもピスチェクも無理に前に出してロストしてしまう、自分でなんとかしようとしてダメになってから香川に出すのでその頃には香川にはマークが付いてしまい後ろに下げざるを得ないってのが現状だと思います。
その点ゲレイロは香川に簡単に預けて前に出てくれるので相性がいいと思います。
香川にとにかく怪我に気をつけていまの調子をキープして欲しいです。
[ 2017/01/22 07:26 ] [ 編集 ]
まあ記者よりトゥヘルがちゃんと評価してくれればいいかな。
所詮記者もサッカーに関して素人のいち観戦者でしかないからね。
[ 2017/01/22 07:47 ] [ 編集 ]
他のサイトの記事のサポーターの反応を見て感じたけど、あまり選手を公平に評価していない人が多いように思う。実際どうかは分からないけど、記者もそうなっている気がする。香川がミス多い、存在感無しで採点低いなら、他の選手はほとんど5が付いてもいいくらいな出来 だった気がしますし。釈然としない。
[ 2017/01/22 08:11 ] [ 編集 ]
はっきり言ってあげましょうよ。

ドルは前掛かりすぎる。
もう少し謙虚であるべきです。

そして、この試合を観てドルのIHは賢し選手でなければ務まらないと感じました。
①攻守の切り替えの速さ
②視野の広さ
③チームバランス

この3点において、カストロとゲレイロは問題外。
カストロは①③、ゲレイロは②③に課題があります。

カストロは、切り替えが遅いのとバランスが取れずズルズルと前へ出て行ってしまう癖があります。

ゲレイロは、前への推進力は良いものがあるのですが、前後のバランスにやや課題があります。もう少し視野を広げられればバランスも取れるようになるのではないでしょうか。
しかし、やはり前へ前への気持ちが強いようですね。
要は二人とも前後のバランスが悪いんです。

ところで、ゲレイロはまだ厳しい相手に守備を試されていないんじゃないでしょうか。試される場面が少ないから守備ってどうなんでしょうね。

となると、香川とゲッツェしかIHができる選手がいないというのが本音なのでしょうか。
ゲッツェは動ける身体ではないので、今はドルのIHが務まるのが香川しかいないとなるんですよね。

これだけを見ても前目の選手ばかりなのが目に付きますね。
これが何を意味するのかはこの試合の終盤が物語っています。

結局、選手の顔触れが変わっただけで中身は何も変わっていないことが解ると思います。

同じ課題を何度も繰り返すトゥヘルって有能なの、と疑いたくもなりますよ。
[ 2017/01/22 08:14 ] [ 編集 ]
相変わらずの採点なんだなぁ
香川選手前半はボールになかなか触れませんでした。他の方もコメントされてますが、後半は上がり下がり走行距離が1番多くて、
解説の方も今日の香川選手は評価採点も良いと思います!と言われてました。
ロイスは大丈夫だったのかな?
レッドになったシーンの他にもファールが多くてハラハラしました。
[ 2017/01/22 08:34 ] [ 編集 ]
>もうロイスは別格ですね。役者が違います。

チャンスをことごとく外してたのにそれはない。
別格ならせめて一つは決めんかい。
[ 2017/01/22 09:00 ] [ 編集 ]
香川選手のスタッツみてきましたけど中々のものでしたよ
香川選手にいつも厳しい採点つけるのは、ドイツ語メディアのインタビューに答えないからでしょうかw
一度淳平さんに頼んで通訳してもらえばコロッと採点基準値もあがるんじゃないかな~
[ 2017/01/22 09:03 ] [ 編集 ]
次はプリシッチをゲッツェで、カストロをゲレイロに変えてお願いしたいですね。
[ 2017/01/22 09:04 ] [ 編集 ]
後ろのビルドアップ能力等に難ありと言ったところか 守備は全体的にレベルアップが必要だと思うけど、今日の問題は攻撃面の方が大きいかな、と思う
その点では結局香川とかその役割の選手がよく下がらないといけない、という問題は解消されてなかったね
その点でカストロよりゲレイロがいい選択肢になるのではと思う(ヴァイグルやディフェンスラインは変えにくいとして)
その香川は今までとは違うキレの良さも見せてたと思う というのは、走れている、というところ
これはブレイク中に調子だけではなく、何らかの(主に脚力)レベルアップができたんだと思う
スタミナは相変わらずすごい
[ 2017/01/22 09:52 ] [ 編集 ]
シュート外しすぎ。
どれか入っていれば楽に勝てた。
動きは別格でも、ロイスはあれだけシュート外してたらねぇ。
ドイツ人には甘いね、本当。
でも怪我しなくてよかった、ずっと心配だった。
[ 2017/01/22 10:11 ] [ 編集 ]
このチームの一番の問題は監督にある気がしますね。
材料が多いとうまく使い切れなくて混乱させてしまう。
盛り上げ方も下手だし。
[ 2017/01/22 10:46 ] [ 編集 ]
前半はパスが来なくて苦しんでたけど、後半はたくさんパス交換出来てゲージがたまった香川
[ 2017/01/22 11:43 ] [ 編集 ]
後半の交代後、ドルトムントが何故6位なのか良くわかる展開でしたね。相手10人で得点もリードしてるのに、何故プリシッチ、ゲレイロ、デンベレは縦に急いでカウンター合戦仕掛けるのか。挙句ロストして逆カウンターピンチ。彼らは若さがでてますね。

やけにゲレイロも高評価されますけど、中盤のセントラルの役割であれば香川とヴァイグルと一緒にポゼッション高めてペースダウンに協力すべきところ、縦に急いでしまいバランスを崩しました。香川ヴァイグルが一生懸命ペースを落とそうとしていたのに。彼もまだ素質でプレーしてる選手です。経験値が足りない。

こういうゲームコントロールする経験ある選手が少ないんですよドルトムントは。そりゃ香川最後まで残したいです。トゥヘルは基本香川を中央に置くと思いますよ。現状では香川必須です。ただ、インサイドハーフやボランチの役割担う事になりそうですね。コントロール役がいない。
[ 2017/01/22 11:52 ] [ 編集 ]
それにしても、今期はギュンドアンの偉大さを痛感しますね
[ 2017/01/22 12:42 ] [ 編集 ]
トプラクまであと半期か…
ながいな…
[ 2017/01/22 12:42 ] [ 編集 ]
ビルトは別に悪くないですよね。
Whoscored(どんな媒体かわかりませんが)というとこも悪くはなかったです。

例によって、悪い評価をするところだけをまとめた記事も日本には出ていました。それを求めて読んで楽しむ人がいるから出る記事なんでしょうけどね~。

まあずっとそうですが、香川はどのポジションにいようが、得点しないといい点は貰えないので、後ろに下がって守備やゲームメイクしてる時は損ですね。

まあ監督には見えているはずですから、チームの勝利に貢献出来ていれば別にいいんですけどね。
[ 2017/01/22 12:59 ] [ 編集 ]
ウインターブレイク挟んだのに、トゥヘルはモルとデンベレのオナドリの是正を教育出来てないとか。
そもそも直す気が無いのか、指揮官として足りないものがある。
[ 2017/01/22 14:14 ] [ 編集 ]
記者だけじゃなくコメントしてる人の中にも違和感を感じる部分がありますね。
ちゃんと試合を見てないのか、或いはどうしても香川を高評価したくないのか。
多分同じ人だと思いますが、
この人はゲレイロが有能、香川は無能という前提でずっとコメントしているようです。
他のサイトでも同じような論調を見ました。同一人物ではないでしょうか?
[ 2017/01/22 14:58 ] [ 編集 ]
いつも翻訳ありがとうございます。
久しぶりにライブで見れて、しかも香川選手スタメン❗👏うれしかったなあ。まだちょっと足に痛みがあるとコメントしていたので、相手のファールにはハラハラしましたけど。
ルーアの評価は相変わらずですね。でも慣れました。逆に評価が良いと気持ち悪い。😅
本人が90分出場できたことを前向きに捉えていたからいいんです。それがいちばん大事ですよね。でも贔屓目じゃなく、香川選手は今回良かったと思います。得点には結び付かなかったけど、ここぞというときのパスや、コーナーキックからのクロスを何度もクリアしてたのとか、クロップ監督とのリバプール戦を思い出しました。
[ 2017/01/22 15:35 ] [ 編集 ]
悪くなかったけど、予想通りの辛い採点だと思ったよ
いくつかのパスは良かったのに決定的な場面で印象悪すぎた
本当にまともなシュート撃てないね
[ 2017/01/22 16:28 ] [ 編集 ]
絶好調が続いてる時、たまに悪い動きがあっても何故か評価が高くなるのと逆で、香川に対してはまわりの評価がまだ前節を引きずってるようだ。後半なんてMVPものだったのに。しかも足をケガしてたことを知らない連中もたくさんいる。時折チームを勝たせる動きなんて無視すればいいのに…なんて思ってしまいます(笑)
ただ、ロイスとゲレイロは別格ですね。シュールレはそんなにいいかなぁ?
[ 2017/01/22 16:34 ] [ 編集 ]
なんで香川だけいつもFWと同じようにスコアポイント取らなきゃ最低レベルの評価なんですか?
[ 2017/01/22 17:04 ] [ 編集 ]
苦し紛れに香川の何か悪いところをピックアップして貶そうとする人も一定数いるように見えますね。まあそれもいつものことですが。
昨日はなかなかの出来だったと思います、どなたかも書いてらしたが走力が戻ってきて、特に後半、前に急ぐチームメイトの空けたスペースを埋めるのに駆け回ってましたね。地味なポイントですが良い仕事してました。
8:14分さん、11:52分さんの仰る意見に同意です。ゲレイロもカストロも前への推進力は素晴らしいですが、、、
あんな終盤にカウンター合戦になったのも途中出場の元気一杯なゲレイロとデンベレが急ぎすぎてロストして…を繰り返したからです。
競り合ってボールを外に出した時の肩で息をしたピスチェクのウンザリした表情が印象的でした。
試合終了後にロイスがゲレイロに身振り手振りで必死で何かを伝えていましたが、表情から単純に褒めているようには見えませんでした。
強いチームはゲームコントロールが必須です。時間はありませんが、良い方向に改善できる事を祈っています。
[ 2017/01/22 17:25 ] [ 編集 ]
審判のレッドカードに拍手です。今日はきちんと注意していた様に思えたし。
怪我を防ぐ意味でも、明らかに削ってくるプレーには毅然とレッドカード出し続けて欲しいです。
[ 2017/01/22 18:09 ] [ 編集 ]
>西ドイツアルゲマイネ
>香川 4-
>努力し、動いていた。しかしどういうわけか、多くの場面において最高潮に不運だった。2度ほど得点のチャンスがあったがきちんとボールをとらえることができず、良いアシストもあったがロイスが外している。

他のプロ記者や現地のファンの多くが後半の出来をMVPレベルと評価する試合で、失点に絡んだ選手たちより低く採点する理由が「不運」?
ルーア含めて、地元の新聞の記者たちは心底おかしい。
[ 2017/01/22 18:19 ] [ 編集 ]
ゲレイロは、香川の動きを見る能力があり、きちんと香川にボールを合わせる動きができる。デンベレは、個人技でスピードにまかせて突っ込むだけで、
「あ~あ。またボールロストか…。」っていう場面のオンパレード。
 トゥヘルは、もう少し工夫してほしいんだけど、彼は「頭が先行してしまうマニアック」なところがあって、選手は対応に苦しんでいるんだろうと思う。
 ロイス以外は、すべて「歯車のひとつ」にしか考えてないから、香川を有効にプレイさせる工夫なんて、あまり重要に思ってないんだろうな。一応、「今は必要だから、組み立てに香川を…。」って考えているだけで、ドルトが継続的に強くなっていく礎をつくることができてない。
[ 2017/01/22 19:44 ] [ 編集 ]
香川選手への採点が相変わらずおかしい・・・
チームの根底を支える歯車の役を買ってやっているのに全く評価されないとは・・・
ドリブルやシュートが打った選手が偉いということですよね?採点者はスポーツをやったことがないんだと思います。
[ 2017/01/22 19:56 ] [ 編集 ]
地元メディアは香川のかつての姿の幻影をいつまでたっても追い求めるんじゃないかな。時代もメンバーも役割も変わって行ってるのに。そんなの気にする必要ない。今のドルには香川のような存在が必要だと思う。攻守をつなぎバランスを取りながらチームの連動を生む存在が。
[ 2017/01/22 21:09 ] [ 編集 ]
採点はいいに越したことはないですが、トゥヘルからの評価信頼が大事ですから、気になりません。
現にメディア採点が比較的よいゲッツェはまだ信頼を得ているとは言いがたいですから。
それにしてもなかなか安定しませんね。
波に乗れるまで若手のスタメン起用は控えるべきだと思います。
いいときはスタメンの価値がありますが、とにかくムラがありすぎます。
それとカストロも去年からあまりよくないですよね。
シュールレロイスゲッツェ香川ゲレイロが一度見てみたいです。
いい連携が見られそうですが、守備が懸念かな。

[ 2017/01/22 21:23 ] [ 編集 ]
メディア評価はキッカー以外あまり気にしない事にしましょう。それより監督の評価が大切。今日スタメンフルだった事、スタッツが一番良かった事、怪我は順調に回復しているも、まだ時々痛みが有る・・つまりもっと良くなると言う事。

ゲレイロとも、30分位は一緒にピッチに立てた事も良かったです。やはり相性は良さそうですね。ゲッツェがパターボルン戦フル出場だった事から、今日のゲッツェスタメンは無いと思っていました。それに、ゲッツェはサイドに起用され始めましたし、カストロの今日の出来なら、香川はレギュラー争いに一歩リードだと思います。

オーバメアン(帰ってきたらですが)ロイス、香川、ゲレイロ、ヴァイグル、シュメルツアー、パパ、ピスチェク、ビュルキ(怪我治ったらですが)をベースに、シュールレ、デンベレ、プリシッチ、カストロ、ギンター、ベンダー等のコンデションでスタメンを争う事になりそうですね。
[ 2017/01/22 22:44 ] [ 編集 ]
地元メディア評価は本当に気にしないようにしています。
キッカーもあまりアテにはできません。
以前どうしても納得のいかない評価がありましたから・・
やはり監督の評価が大切です。それでないと試合に出れませんから。
香川のプレイを見るのが何よりも楽しみです。
ドルトムントが勝ち続けるように監督には力を発揮して頂きたいです。
[ 2017/01/23 00:35 ] [ 編集 ]
ルーアナハリテンのユーザー投票だと話題の香川は3.9で評価対象12人中9位。トップはヴァイデンフェラー、ラスはギンター。個人的にはやはりというかさすがというかロイスが一番いいと思いました。
[ 2017/01/23 01:04 ] [ 編集 ]
ユーザー投票だって公平に見てる人かどうかわからないよね。
贔屓の選手に良い評価したり、その逆もできる。
他人の評価なんて結局個人の主観なんだから、気にする必要は全くない。
キッカーだって、時々疑問に思うくらいだし。
未だに戦術、役割無視して過去と比べている人達には付き合いきれない。

どこの選手か忘れたけど、以前は雑誌とかの評価を気にしてたけど、どういう風に評価しているのか知ってからは気にする必要はないと分かった、みたいなこと言ってたから選手からみても疑問を感じるような評価方法なんでしょう。
所詮、監督の指示を知らない第三者だからね。
[ 2017/01/23 02:15 ] [ 編集 ]
こんにちは
前半はブレーメンの
激しいプレスに圧倒されてましたね

4-1-4-1だったでしょうか?
前の4にボールが入ったら
二人がかりで体ぶつけて
激しくくるので
香川選手もカストロ選手も
ほとんど前を向けずバックパス

もらった後ろの選手は4を飛び越えて
前線にロングパスしかなく
精度がないのでカウンターを受ける

サイドにボールが入った時は
インターセプトされて
これまたカウンター

後ろはサイドバックが上がってる時は
ヴァイグル選手とセンターバックしかいなく
あっさりシュートまでもってかれる

システム的にムリがあるような?
守備だけの問題ではないような
気がしました

香川選手は相手がひとり減ってからは
ヴァイグル選手の近くまで降りてきて
さすがのチャンスメイク

ロングパスあり
ドリブルでボールを前に運んだり

とくにゲレイロ選手と
感覚的に近いように感じられ
見ていて楽しいかんじでした

先発フル出場ということは
それなりの成果を求められる役回り
かと思うので
あのシュートは言われても
仕方ないと思います

でも、
あれだけゴール正面に入っていけてるので
ゴールしそうですよね
ひとつ入ればポンポンと

外し続けたら下げられる
やはりすごいレベルで競ってるんだなと
思います

ほぼ日本より実力が上の国の
代表レベル相手に
同時代に見られる楽しさを
感じます
[ 2017/01/24 09:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。