ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【BVB対ブレーメン】独紙「ドルトムント成長の兆し見られず!」+香川その他寸評まとめ《ドイツの反応》



【ルーア・ナッハリヒテン】



コラム


BVB成長の兆し全く見られず


entry_img_1457.jpg
写真引用元:BVB公式ツイッター


準備トレーニング前のドルトムント最大のテーマは、自分たちのプレーをはっきりさせ、約束事をしっかりさせるものだった。しかしこの点においてブレーメン戦ではまったく成長が見られなかった。

スポンサーリンク




舵取りをする頭脳が欠ける。


ほぼ例外なくすべての選手が、落ち着きなくプレーしていた。そしてチームの頭脳として、チームメートを率いる選手がまったくいない事が目立った。


なのでトーマス・トゥヘルにとっては、今後もやることが沢山あるだろう。彼はチームを安定させることに長い時間を要することになる事に気が付いたようである。


さらにトゥヘル自身もあまり良い一日をゲットする事にならなかった。マリオ・ゲッツェの代わりにクリスティアン・プリシチを“本職”サイドアタッカーとして起用するアイデアは失敗したのだ。そして途中交代でも出場できなかったゲッツェは歯を食いしばることになった。







Sportal】採点と寸評


ヴァイデンフェラー 3

シュメルツァー 3.5

ギンター 4

ソクラティス 3.5

ピスチェク 2.5

香川 3

この日本人はドルトムントの中盤で出場したが、左インサイドハーフの位置でプレーをし、そこで4度のシュートをアシストし、これはチーム最高の数字だ。しかし彼の3度のシュートには
ほんの少し最後の何かが欠けており、良いプレーの割には決定的となる事がなかった。


カストロ 3.5

ヴァイグル 3.5

プリシチ 4

シュルレ 2

ロイス 2.5

ドゥルム 3.5

ゲレイロ 3

デンベレー 4




【RAN】

ヴァイデンフェラー 2-

ピスチェク 3+

ソクラティス 4

ギンター 4

シュメルツァー 3

ヴァイグル 4

カストロ 4-

香川 4

この日本人はがっかりするプレーをみせ、スタメンに選ばれた理由を見せることができなかった。前半はほとんど見せ場がなく、後半はより活発になり、良い動きも見せたが、全体的に見れば少なすぎる。

プリシチ 4-

ロイス 2-

シュルレ 3+

ドゥルム 3-







以上です。

自分で訳しておいていうのもなんですが、ルーア・ナッハリヒテンのコラム、何を言いたいのか良く分かりませんでした。まあ要はダメだったという事ですが、どの辺を見てそう感じたのか、肝心の部分がはっきり書かれていませんでしたね。

それから他の新聞の採点と寸評を載せました。Sportalの採点も変な時はありますが、この新聞はスタッツ重視の採点をしているような印象は受けます。

まあ結局のところ、選手というのは監督の指示を受けてプレーしているので、その指示を知らずして第3者がきちんとした評価をするのは不可能ですよね。だから新聞の採点と寸評というのは結局は一個人の主観的な意見に過ぎないと思います。

最近の香川選手は昔の姿と比べられすぎて気の毒な気もしますが、まあ、こういうのはある程度の距離感を保ちつつ読むのが良いと思います。




※コメントに関してのお願い。

一人で一度に複数のコメントを投稿する方がたまにいらっしゃいますが、一回で言い足りないだけなのか、それとも複数の人に成りすましているかどうかの判断が難しいです。一度に複数のコメントを投稿する場合は、なんでも良いので投稿者名を入れていただけれると助かります。
要は誰が見ても素晴らしいと思わせるプレーをすれば良いだけのこと。
香川真司って本来はそういう選手だったでしょ?
もっともっと積極的なプレーをしてもらいたいです。クラブでも日本代表でも。
あまりに消えすぎて、存在感だったり頼もしさを感じられないんだと思います。
[ 2017/01/23 06:30 ] [ 編集 ]
結局シュートが上手くいかなかった所がイマイチな評価に繋がっている感じがしますね。
機械採点のサイトではゴールを決めた二人に次ぐ三番目の評価でしたが・・・。
まあ大事なのは監督の評価な訳で、それは今後の起用法で解りますね。
怪我が完治している訳ではないようなので、上手く付き合って良いプレーを見せて欲しいです。
[ 2017/01/23 06:44 ] [ 編集 ]
※1
誰が見ても素晴らしいとは言えない選手が謎の高評価されたりするから、採点に疑問を持たれるのでは?
[ 2017/01/23 08:16 ] [ 編集 ]
昨日香川の試合後のコメントを見ると、まだ足が時々痛いが腫れが無ければプレーできると医者に言われている、昨日は左IHで前半は割り切って守備をしていた。監督の指示どうり言われた事をやらなければいけない、今はそういう時だから…と少し不満を感じつつも納得していた感あり。

たぶん、昨年今頃の下がるなから一転、昨日はパパの隣にいるくらい下がってものプレーは、トゥヘルの思いやりでしょう。
昨年いや一昨年、香川はイニエスタを参考にしているとインタビュー記事も見ましたが、パサーを目指していたように思えます。それを、シュートの感覚を取り戻してシャドーとして復活させるための特訓だったかなと。事実、復活させてくれたから、監督には感謝してます。

昨日は、まだ足が癒えない香川にシュートの負担をかけたくないという思いやりかな。
深読みしすぎかもですが・・・(笑)
[ 2017/01/23 08:56 ] [ 編集 ]
過去と現在
移籍1.2年目の香川を期待する声をよく聞くけど、メンバーも監督もやってるサッカーも完全に別物なんだよな。
ゲーゲンプレスからのショートカウンターで周囲の選手がボールホルダーをガンガン追い越して上がるようなチームのセカンドトップなら香川は今でも昔のようにプレー出来ると思うけどね。
[ 2017/01/23 09:30 ] [ 編集 ]
香川はギュンになろうとしているんだろうか。
だとしたら勝てないし評価もしてもらえないだろう。
どんな仕事でもそうだけど、周りに合わせ過ぎずに自分が得意であり好きなプレーをするべきだと思う。
それがエゴだとしたら、香川にはエゴが足りない。
[ 2017/01/23 09:41 ] [ 編集 ]
管理人さんのコメントにもありましたが、監督の指示の元プレイしてるので、監督に認めてもらえればいいのではと思います。
誰が見ても満点のプレイしてる選手なんているんでしょうかね。消えるとか存在感だとかよくわかりませんね!
評価や採点には見る人の主観がどうしたって入ってしまうと思いますしね。
自分もゲレイロの良さがいまいちわからないブレーメン戦でしたから(ゲレイロ選手に好き嫌いの感情は無いですが)
香川選手インタビューで、
まだ時々痛みがあるとの事、腫れが無ければプレイするのはOKだと日本のドクターからも言われているので!って事でしたね
ブレーメン戦でチームで一番の走行距離だったけど大丈夫だったのかな?
本人は足の状態をきちんと見極めてプレーしていきます!って言っていたので、
怪我の完治を祈り応援します
[ 2017/01/23 10:01 ] [ 編集 ]
今期は怪我人過多と定まらない戦術による、長過ぎる試行錯誤でグダグダっと最後まで行きそうですね。
目標は来期CL権の獲得と、今期のCLでどれだけでも勝ち抜き賞金を稼ぐ事と、連続無冠を避けるためにポカールで優勝ですかね。

しかし開幕前から、このブログやコメント欄でDFの強化・補強はしないのか?前がかり過ぎないか?ギュン・フン・ミキの三枚抜きの穴は埋められていないんじゃあ無いか?等などと散々懸念されていた事がまんま現実になりましたね。

極東の小さな島国のサッカーフリークですら十分想像がつく事を、経営や構築や戦術のプロであるクラブ首脳やトゥヘルやスタッフは思いつかなかったのでしょうか・・不思議な話です。

香川選手は、点数を取ったり絡んだ選手が一番!の様な小学生サポみたいな幼稚なマスコミ採点に一喜一憂すること無く、玄人好みの動きや年齢とともに燻し銀のような選手になって欲しいですね。

ただし、シュート精度をあげる為の取り組みはするべきですね。歳と共に下手になっている印象が強いからね。
[ 2017/01/23 10:27 ] [ 編集 ]
以前ほど評価は気にならなくなりましたが、良いときはやはり嬉しいです。
6:30さんには同意です。香川選手頑張ってほしいですし応援してます。

ルーアの記事はブレーメン戦での印象みたいな感じでしょうか?チームはWB前より良くなった感じは全くしなかったので、
とりあえず勝てたのは良かったですが今後が不安でした。
試合の度に誰かが怪我をして離脱するのも原因の一つなのでしょうけど、良くないとどうしても思ってしまうのが、
フンメルス、ギュンドアン、ミキの昨シーズンの中心選手のことで
代わりを果たす選手がまだいないと感じてしまいます。ゲレイロも離脱期間が長かったせいかまわりとの意思統一が
まだできていない感じがしてます。後はギンタ―もなんだかまだ不安定ですが、彼らの今後に期待しています。
[ 2017/01/23 10:43 ] [ 編集 ]
>チームの頭脳として、チームメートを率いる選手がまったくいない事が目立った。

これは移行期ならではの問題で時間がかかるかもしれませんが、シュメルツァーのプレーのギアを落としたという発言からもチームがまとまってない感じがありますね。
なりすまし(?)複数投稿の件は、似たような意見の人が妙に多いなと不思議に思っていました。
[ 2017/01/23 10:59 ] [ 編集 ]
いや、こんなの試合をちゃんと見てたなら誰だってなんか変だなと思うだろ。
記事書いた人だって馬鹿じゃないんだから、もうみんなわかるよな?ってことだと思いますよ。仕事だよ。
[ 2017/01/23 11:19 ] [ 編集 ]
いい感じだったと思うけどなあ
次の試合もこのメンツが基本になるんじゃないのかな。
[ 2017/01/23 11:58 ] [ 編集 ]
ドルトムント公式のトゥヘルインタビューです。

マリオ・ゲッツェについて:
「今日は前線に2枚のウイングを置くことに決めた。マリオにはパーダーボルン戦でそのポジションを任せたが、彼にとって本職ではない。だからクリスティアン・プリシッチを先発起用することにした。彼はスピードがあり、ウイングのスペシャリストだからね。

プラン通りにいかなかったことについて:
「経験豊富なチームでも、そういうことはある。これだけの中断期間のあとでは、自分たちの状況をはっきり把握することは不可能だ。加えて、熱いアウェーの観客の前でタフな相手と戦わなければならなかった。そういったことが重なって苦戦したということだ。そんな試合でも、時には今日のように競り勝てることもある。シーズン前半戦は、こういう展開になるとさらに失点することが多かった」

ゲッツェについては、やはり地元の至宝だからか必ず質問が来ているようですね。地元記者の中には熱狂的なゲッツェファンがいて、だからライバルの香川は叩かれるんだと思うようになりました。

でも、トゥヘルの中はゲッツェを特別視することなく公平に扱っているように思えます。(多少の特別扱いは有るとは思いますが)
また、経験豊富なスタメンにして、(昨シーズンと変わらないと思ったほど)試合の運び方には満足していないが、シーズン前半よりは良かったと思っているようですね。
香川も足をケアしつつ、後半は爆発して欲しいですね。期待しています。
[ 2017/01/23 12:37 ] [ 編集 ]
トゥヘルはフォーメーション弄りすぎなんだよ
香川に組み立ての一部でも与えればいいのに
命令された以外のことはするなみたいな感じを受ける
そう言えば監督の契約更新は止まったままなのかな
管理人さん続報知りませんか?
[ 2017/01/23 12:46 ] [ 編集 ]
確かにコラムの内容が薄すぎてこの記者がドルに頭脳が足りないと言えるのかと思いますね。結局のところゲッツェを出さないのが不満だったのかなと推測したんですが。ただチームとして若手を使うことによって勢いをもたらすと同時に規律を欠くのは避けられない。それをいかにまとめられるか。香川が中心になっていけば上手く行くと思います。香川が輝く時はチームが連動しているからです。個の力だけでは勝てない時代だからこそ香川が必要。
[ 2017/01/23 13:37 ] [ 編集 ]
香川も下がり目でプリーすることが増えたな。ブレーメン戦では二度、三度とバックラインに入ったな。これはケガ抱えてるんだからしょうがないね。それに前目のプレーヤーなら遅かれ早かれ経験することだし。
これを前に戻そうというならまとまった時間に集中して治療とトレーニングが必要だろうけどそんな時間が取れるかな?ドルはオフにまた日本に来るっていう話が出てるみたいだし。当面だましながらやってくんだろうけど本人もチームも痛いな。
舵取りは、そろそろシュメレかシャヒンをセンターバックさせる必要があるんじゃないかな。どっちも傷みやすくなってるからゲームでの運動量減らす必要があるし、かといってチーム内の影響考えたら休み休み使うわけにもいかない。休ませたらチームはブレーメン戦の後半みたいになるのは目に見えてる。マドリーのラモスがセンターバックにコンバートされて生き返ったってのを考慮してもらえればいいと思います。
[ 2017/01/23 14:02 ] [ 編集 ]
守備に奔走し、アシストになるようなパスを出していても、ゴールを決められなかったことで、一部のメディアで採点が悪いのかなと。次回は香川選手のゴールに期待!今回はフル出場の香川選手が見れて本当によかったです。ヴァイデンフェラーは好調そうだから、ヴュルキが戻っても、プレーして欲しい。
[ 2017/01/23 14:18 ] [ 編集 ]
香川真司こそが「献身的」であり「バランサー」だと思う
クラブでも代表でもね
[ 2017/01/23 17:40 ] [ 編集 ]
管理人さま、いつもありがとうございます。採点には腹立たしい気持ちですが何名かの方の本当の採点は監督がするもの、というご意見を言い聞かせております。香川のコメントが日本でも出ていましたが、やはり監督の指示通りやっていた事、足はまだ完治していない事、若手がわーッと前がかりになってるなぁみたいな事→はっきりとは言っていない は話していたようですね。しかし自分はサッカー経験もないど素人ですが、そんな人間が見ても香川の役割は昔とは違うというのはわかるのに、記者がどうしてわからないのか?仕事だからかなのか贔屓の選手がいるからなのか…それでもゴールを期待してしまうのが香川なんですけど(^^;
[ 2017/01/23 19:14 ] [ 編集 ]
守備組織の構築と、ボールへのアプローチのタイミングにズレているようなところを感じました。
攻撃面でのロイス選手とシュールレ選手の動き出しは脅威でしたね。2人ともスピードがあり、ドリブルも出来るのでとても頼もしかったです。
デンベレ選手とプリシッチ選手は若さを露呈していたと思います。終盤のカウンターの場面で攻め切れない、ロストすることはいけないことですし、その判断の遅さは反省に値すると思います。
とにかく勝って一安心ですね。
[ 2017/01/23 19:41 ] [ 編集 ]
監督の指示がどんなものかはわからないけど、ただ言われた事だけやってたんじゃその内ベンチにされるね。トゥヘルだっていつまで監督やれるかわからないし、不得手な事をやるんじゃ他クラブからも良いオファーは来ないよ。香川は体が小さいし歩幅も狭いからDMFのようなことして弱点をさらすのはやめた方がいい。そんなことするならプレースキックの練習した方がいいわ。ただ自陣のPA内での守備はよかった。香川の軌道を絞った守備でGKが上手く守れてたし。香川は前で攻撃に参加してゴールできるシャドーが適任よ。もっと自分の強みをだしてアピールしてほしい。
インタビューでも自分の強みを出すといってたから大丈夫だとは思うけど。
今アザールが自分につくマークが厳しくて強みを出せずに悩んでる。
逆にペドロは小さいし軽いし年もとってるけど、自分の強みを存分にだしてスタメン出場が増えてるわ。見てても楽しい。
香川も自分の強みをだして観客を魅了して。レギア戦は素晴らしかった。
あの時のゴールパフォーマンスと今回の試合で見せてくれたパスの数々を毎回出せれば不動のスタメン処かさらにステップアップも可能だわ。
[ 2017/01/23 21:32 ] [ 編集 ]
香川は昔から、言われたことだけしかやらないような選手ではありませんよ。
以前インタビューで、言われたことだけするようなロボットにはなりたくないと言っています。
[ 2017/01/24 00:44 ] [ 編集 ]
管理人さんも書いてる通り、
監督の指示がわからないので元も子もないですが香川にはもっと期待したいですな。
jスポーツの解説は、今日は攻守に良いプレーがあったから評価高いんじゃないか?、もっとボールに絡んで欲しい って言ってました。
個人的には早々に10人になったブレーメンの方がよく動けていて応援したくなりました。
[ 2017/01/24 10:55 ] [ 編集 ]
昔の香川は良くも悪くも全体が見えてなかったから攻撃に特化できた。今は見えすぎるから、チームに欠けてるのを補完する動きが多すぎる。もっと自分が輝くようやったらいいのに、とサポーターや評論の単純な意見を読んで思ってしまう。。
[ 2017/01/24 19:26 ] [ 編集 ]
昔の香川は監督がクロップだった。今の香川は監督がトゥヘル。勝手に下がってプレイしたらベンチ外だった。
監督の指示を無視してゲームに出られなくなるより、監督の指示を守りつつ香川なりのプレイをしていく!香川が一番それをわかっているはずです。
ある意味トゥヘルよりも経験値は高いのだから
これからの彼のチャレンジを楽しみにしています。
のためにも早く怪我が完治してほしいと思います。
[ 2017/01/24 22:32 ] [ 編集 ]
ドイツメディアはトゥヘルが戦術やメンバーをいじりすぎって批判するわりに戦術がわかってないw
トゥヘルの指示がわからないってのもあるけど戦術や選手の役割に先入観がありすぎるって感じ
キッカーですら昨季4231になったとき433で採点してて香川とカストロは前に上がったままのトップ下だったけど
ボランチからボール来なくて消えてて下がってビルドアップしなかったとみなされて採点が低かった
ハリルが9月に使ったのもトップ下が真ん中で上がったままの戦術
ペップみたいにトゥヘルは戦術にどんどん新しいことを取り入れてるからメディアの知識だけじゃ追いつかないってのはあるかも
サイドラインからのトゥヘルの怒声を聞いてると結構指示は細かいとこまでわかるんだけどねw
香川含めて日本人選手はフォメや指示を記者に聞かれたら話せること話すから戦術は日本のメディアのがわかってる
冬合宿のテストマッチからビルドアップと守備にテコ入れして今は昨季前半みたいに守備のとき442で攻撃のとき433
ビルドアップや攻守のフォメの切り替えと守備の連動がうまくいってないからIHを下げて後ろとラインやゲームを
コントロールさせて攻守のバランスをとらせてる
PSV戦は攻撃のとき香川を上げて4231にしてSL戦は中盤にプレスかけてくる相手の数がひとり多かったから香川も下げてた
カストロが右で上がりすぎてたけどね
ブレーメン戦の前半は守備重視で攻撃のときも香川が左サイドをカバーして4132
ラモスをしつこくサイドで使ってたのは若手や新加入より守備が連動するからだったんじゃないかな
スペースが空いてきたらゲレイロとデンベレを入れて攻めにいくってのはいいけど試合を落ち着かせたいときまで
ゲレイロもデンベレも前に急ぎすぎててデンベレはロストばっかで後ろがフォローに追われてた
香川は今の役割だとカウンターが怖い相手にはスペースが空くまで前に上がれないだろうけど
チームが連動するようになってコンディションがもっとよくなってきたら上がれるようになるよ
[ 2017/01/26 10:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。