ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

今週のキッカーより、ドルトムント全選手採点と試合分析!その他日本人選手採点!《ドイツの反応》


キッカー


entry_img_1458.jpg
写真引用元:BVB公式ツイッター



ブレーメン対ドルトムント

ブレーメン選手採点

ドロブニ― 5

バウアー 3、ザネー 5、モイサンダー 3

バルテルス 2、フリッツ 3、ガルシア 4

グナブリー 5、デラニー 2.5

ピサロ 4.5、クルーゼ 3.5

スポンサーリンク




ドルトムント選手採点

ヴァイデンフェラー 2.5

ピスチェク 3、ソクラティス 3.5、ギンター 4、シュメルツァー 3

ヴァイグル 4

プリシチ 4、カストロ 4、香川 4、ロイス 2

シュルレ 2.5

ドゥルム 3




審判  ジーベルト 2

手堅いパフォーマンス。ドロブニ―のロイスへのファールの時に、ロイスがオフサイドでないことしっかり見抜き、そのためレッドカードは疑いの余地がなかった。モイサンダーとデラニーは戦術的ファールで警告されなければならなかった。そうなったらデラニーはイエロー2枚となり退場になるはずだった。




試合採点 3.5
非常に集中して、最後まで緊迫した試合となった。しかしこの試合は多くのミスとだらしなさが最後まで目立った。




試合分析

だらしなさと情熱のミックス

BVBはテンポのある攻撃で序盤からブレーメンの守備陣を圧倒した。ブレーメンは3バックで試合にのぞみ、定期的にサイドのガルシアとバルテルスがその3人を補強した。しかし時間帯によっては守備においてパニックを起こし、組み立てにおいても悪質なミスを犯した。グナブリーのシュルレへのパスが1:0へと結びついたが、これが試合のポイントとなった。

ドルトムントは20分が経過すると、一対一やパスにおいてだらしなさが目立ってきた。ヴェルダーは闘志を見せ、一人少ない状況にも関わらず、長い間対抗して見せた。しかし1:1となった後でドルトムントがもう一度一点を返した。ブレーメンは何度もミスを繰り返したが、最後までその存在感を発揮した。



まとめ
力強い序盤と終盤をみれば、ドルトムントが勝者に相応しい。ヴェルダーの闘志と情熱は1ポイントにはふさわしかったかもしれない。



マン・オブ・ザ・マッチ
マルコ・ロイスをルールを守って止めることはできない。止めようのない素早いドリブルのため、彼はこの試合の中心的な役者だった。





日本人採点

大迫 ケルン 4
長谷部 フランクフルト 4
酒井 ハンブルク 5
武藤 マインツ 3.5





以上になります。

それにしても日本人選手の先発出場が2年前と比べると大分少なくなりましたね・・・。日本サッカーの未来を考えるともっと増えてきてほしいです。

ドイツサッカーの一番良いところは、ブンデスリーガを頂点とした12部までの巨大なピラミッドがある事だと思います。良い選手が定期的に誕生するためには、競技人口の多さと、そうした選手を受け入れるシステムが不可欠だと思います。

それはさておき、昨日ブログでも紹介しましたイサークのドルトムント移籍が決まったようですね。まだ17歳だそうですが、楽しみですね。



いつも興味深い記事をありがとうございます!

ところで、武藤については採点・寸評などは無いのでしょうか?
久々の先発復帰でとても頑張っていたのですが、惜しいシーンばっかりでヤキモキしました(苦笑)
[ 2017/01/23 18:34 ] [ 編集 ]
香川や内田があまりに若くして活躍したせいで日本人の感覚が狂いすぎてる部分もあると思います。大迫,酒井,原口,あとリーグは違えど清武なんかは岡崎や本田のステップを考えれば比較的順調にブンデスで頭角を表してるんじゃないでしょうか。
[ 2017/01/23 19:21 ] [ 編集 ]
ゲーム的にはどちらもいろんな意味で空回りしていた。キーパーが前半から退場するなど、そこかしこでありえんことばかりしてたので、落ち着きのないゲームだった。両チームともなんであんなに慌ててたんだろうね?おかげで見ていて入り込めなかった。

イサクは将来性はあるようなので頑張ってだね。二年か三年後期待だね。
[ 2017/01/23 19:26 ] [ 編集 ]
香川は決定的チャンスで弱いシュートなってしまっていて

ちょっと気になるね
[ 2017/01/23 19:31 ] [ 編集 ]
マインツVSケルンを見ましたが、大迫と武藤はやはり日本代表に必要だと確信しましたね。
ただし、なかなかボールが入らない展開だったので、もう少しチームに良いパサーがいれば…と思いました。
ボールを受けさえすれば、確実に良いプレーを見せていました。
二人のフィジカルの強さは特筆すべき才能です。何人に囲まれても前線で体を張ってキープし、見方に繋げられます。
大迫のテクニックと仕掛けの迫力、機転の利くチャンスメイク力、武藤のスピード、アジリティ、抜け出しの上手さは日本代表には間違いなく必要です。
[ 2017/01/23 20:46 ] [ 編集 ]
やっぱりメディアなんだなぁと思いますね
プロが採点してるわけではない
[ 2017/01/23 21:20 ] [ 編集 ]
ブンデスは若手を出場させて若いファン層を増やしたいのかな?
でも十代の若者のサッカーはプロとして活動してても未熟な部分が目だって見るのが億劫になる。
プレミアはレスター優勝を発端として有名な監督がクラブを率いるようになって戦術も多彩になって急激に面白くなってます。中堅、下位でも連携がよく訓練されていて見てて楽しい。セリエAも上位チームは面白くて、そのあとにブンデスの試合みると物足りなさを感じます。
スカパーの放送もブンデス3試合内、生放送は1試合と一番少ない。
放映権料が上がった影響でしょうか? うーん、なんかテコ入れしないとファンは離れていくような気がしてならないですね。
17才の選手を獲得するのは結構だけど、試合にだすの?
地元のファンはそれでも楽しめるのでしょうか?不思議です。
[ 2017/01/23 21:48 ] [ 編集 ]
香川選手キッカーでも得点に絡めないと厳しいですね。まあ、私は良かったと思っていますし、応援するだけです。

試合が1週間空きます。もしもお時間ありましたら、BVB TOTAL!の無料映像で、選手やトゥヘルがタクシークイズという企画をアップしています。皆とても楽しそうに笑い転げながらクイズに答えているのですが、ドイツ語が全く判らないので、何を話しているのか教えて頂けたら嬉しいです。
[ 2017/01/23 22:22 ] [ 編集 ]
香川選手、怪我が完治してないらしいですね
それであれだけの素晴らしいパスが出せるのは凄いことだと思いますよ
[ 2017/01/24 00:08 ] [ 編集 ]
日本人は代表から帰るとみんな不調に落ちのなんでなん?
[ 2017/01/24 00:10 ] [ 編集 ]
いつも翻訳記事拝見してます。
最近どの新聞社の記事もクオリティが落ちたなぁとよく感じます。
特に地元紙がひどいですね…。

今のドルトムントの地位を築いたのは間違いなくクラブの努力です。
しかしなんだか地元紙も同じように大きくなったと勘違いしてるのでは…。
他の新聞社の記事と似たり寄ったりで、もっと地元紙らしい目線で記事を書いて欲しいですね!
[ 2017/01/24 01:28 ] [ 編集 ]
妥当な採点
後半が賞賛されていますがそれ以上にシュートミスしたのが痛いですね
ルールの言う通り期待を裏切っています
そう思う私がずれているんですかね?
[ 2017/01/24 04:38 ] [ 編集 ]
ルーアの今までの採点を見ていると、とても期待の裏返しだとは思えない。
たとえゴールしてアシストして活躍しても辛くて良い採点は稀ですから。
全員ではありませんが、決定機を何度も外してもマイナス評価にならない選手もいますし。
期待があるうえでの厳しい言葉なら理解できますが、個人的には地元紙から香川に対する期待を感じたことは全くないです。
[ 2017/01/24 08:11 ] [ 編集 ]
やっぱり香川には厳しい採点ですね。
シュートミスなんて他の選手だってしてるよ!
[ 2017/01/24 12:45 ] [ 編集 ]
ドイツメディアの採点は気にならないのですが、それを報じる日本のメディアにはいろいろ感じます。
今節もたしかドイツ在住の記者?の方が日本人選手の各紙採点を記事にしてましたが、ポジティブに捉えたい選手、ネガティブに捉えたい選手と先入観をもってコメントを付けているように感じます。
誰もが納得する評価なんてそうありませんから、あまり気にしないことですね。

テストマッチがキャンセルになってしまいましたね。
確認したいこともあったと思いますが、明日からいいトレーニングをしてもらいたいです。
[ 2017/01/24 17:41 ] [ 編集 ]
サッカー選手は皆、常にどこかしら痛みを抱えながらプレーしているものです。
職業病のようなものです。
セルジ・ロベルトだって包帯を巻きながらやっていました。
体操の内村選手も、痛みを抱えながら五輪の金メダルを取りました。
スポーツ選手であれば当たり前のように痛みと付き合いながらやっています。
[ 2017/01/24 19:01 ] [ 編集 ]
>そう思う私がずれているんですかね?

ずれてるとかはないと思います。人によって見方が違いますから
ここは香川ファンのコメントが多いですし、採点が良ければ「流石分かってるわ」ってなるし、悪ければ「どこ見てんだよ」ってなるでしょう
採点関連のコメントの多さも示していますが、そういうのもサッカーの楽しみの一つですからね
アメリカでもプリシッチの採点低いぞ!って言われてると思います
[ 2017/01/24 20:08 ] [ 編集 ]
痛みといってもピンきりですし、状態によるでしょう。
箇所によって影響の度合いも違う。
痛み=皆同じ、っていうそんな単純なものではないでしょう。
こういう根性論的なものってまだ日本で根強いですよね。
[ 2017/01/24 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。