ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルン大迫2ゴール1アシストの活躍でドイツ紙の採点も1!寸評、記事まとめ《ドイツの反応》

大迫選手の寸評をまとめました


entry_img_1468.jpg
写真引用元:Bundesliga公式


ケルン・シュタットアンツァイガー



大迫勇也 1

この日本人は、決定力が足りない事がしばしば批判されていたが。今日のセンターフォワードのポジションでのヘディングシュートと、試合を一人で決定づけたシュートは彼にとっても良いものとなるだろう。サッカー面においてはいつものように力強かった。



その他選手 
ケスラー 2、オルコフスキー 3、ゼ―レンセン 2.5、マロー 3、ハインツ 3、ラウシュ 2.5、へ―ガー 1.5、ヘクトーア 1.5、クレメンス 3、ビッテンコート 2.5、モデスト 3、ルドネフス 1

スポンサーリンク





ガイスブログ



ダルムシュタットで大迫ガラ!

FCケルンは大迫のおかげで、ダルムシュタットに6:1で勝利した。ガイスブロック(FCケルン)は最初の30分だけは問題を抱えたが、その後は力を発揮し、前半だけで3点を入れると、6試合未勝利の後での勝利の基礎を固めた。




Sport.de

大迫ショー!ケルンがユリの花を摘み取る!(ユリはダルムシュタットの愛称)




Sportal

大迫 1.5
大迫勇也のファンタスティックなパフォーマンス。彼は自ら2ゴールを決め、さらにルドネフスのゴールをアシストしている。ダルムシュタットの守備陣は大迫を鎮めることはできなかった。彼のシュートはゴール隅に非常に狙いが定まっており力強かった。モデストと完璧に補い合っている。


その他選手採点
ケスラー 3、ラウシュ 3、ハインツ 3、ゼ―レンセン 2.5、オルコフスキー 3.5、ビッテンコート 2.5、ヘクトーア 3、へ―ガー 2、クレメンス 3、モデスト 3、ルドネフス 1.5、マロー 3.5




エクスプレス】採点

ケスラー 3
オルコスキ 3
ゼーレンセン 3
ハインツ 2
ラウシュ 2
ヘクトーア 2
へ―ガー 2
クレメンス 3
ビッテンコート 2
大迫 1
モデスト 3
ルドネフス 2
マロー 3




ビルト採点】

ケスラー 3
ゼ―レンセン 4
ハインツ 4
へ―ガー 3
ヘクトーア 4
ビッテンコート 2
オルコフスキー 4
ラウシュ 2
大迫 1
クレメンス 4
モデスト 3
ルドネフス 3
ヨイッチ 2
マロー 4







以上です。

大迫選手大活躍でしたね。現時点で出ている寸評と採点をまとめてみました。管理人は今日はライプツィヒとホッフェンハイムの試合を見ていましたので、大迫選手は見逃しました・・・・。後でしっかりハイライト番組は見ましたが、2点目はなかなか素晴らしいシュートでしたね。アシストもタイミングばっちりでした。

さて、今日のライプツィヒですが、あのプレスとスピードは凄いですね。正直チャンピオンズリーグ本命だと思いました。これでホッフェンハイムが負けましたので、3位以降が混戦状態ですね。ドルトムントは明日は勝たないと厳しくなりますね。

[ 2017/01/29 06:10 ] 大迫 | TB(-) | CM(3)
折り返しの最初の試合で圧倒的存在感を示せたのはすばらしい
大迫はFWだとずっと活躍してますね
前節なんて左SHさせられててこのまま微妙な後半戦になるかと思いましたが
決めるときは簡単に決める選手であることをアピールできたのは大きいでしょう
もともと抜群にうまいですから

ところで試合中のモデストの暴力行為のようなものが話題になってる感じでしたが
あまり引きずる問題にはならないですかね
[ 2017/01/29 08:46 ] [ 編集 ]
-
エースのワーグナー退場で試合の流れが完全にライプツィヒに傾いてしまい失点は時間の問題だったがあそこで押し切るのは地力のある証拠ですね。バイエルンはブレーメンの粘りに苦戦して僅差勝利でした。大迫は適正位置の一番前で使えとしかもう言い様がない。モデストが相手選手殴ったシーンが割りと大きなニュースになってるようなので続報あればお願いします
[ 2017/01/29 10:53 ] [ 編集 ]
気が向いたらライプツィヒ特集お願いします!
注目選手とか戦術とか(お金の話はおいといて)
[ 2017/01/30 07:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。