ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部大活躍でドイツ紙「皇帝ハーズィ!彼の大きな長所は戦略的な才能!」絶賛特集記事《ドイツの反応》



フランクフルター・ルントシャウ


長谷部誠

皇帝ハーズィ




entry_img_1473.jpg
引用元:フランクフルター ルントシャウ



長谷部誠は、彼はフランクフルトの守備陣の安定剤である事をまたしても証明した。


ブルーノ・ヒュープナーは日本からのジャーナリストを幸せにしようと頑張っていた。日本のジャーナリストはフランクフルトのスポーツ・ディレクターに対して、限界ぎりぎりまで質問を浴びせかけていたのだ。この数分間はまるで世界中が“ハゼ”もしくは“ハーズィ”とかわるがわる呼ばれる長谷部誠の話題で持ちきりだった。日本のジャーナリストの質問のレパートリーの多さは本当に信じられないほどだった。そしてブルーノ・ヒュープナーは最上級でこう答えた。“彼は日本では皇帝と呼ばれているようだけど、フランツ・ベッケンバウアーとの比較はとても良いと思うよ。” そしてこのマネージャーはにんまりと笑顔を見せた。ヒュープナーさん。大きく出ましたね。

スポンサーリンク



しかしシャルケ戦の勝利の後での長谷部誠は、大人数の日本のジャーナリストにとっての質問の的となっていただけでなく、実際の所この33歳は彼を称えるチャントの中心にいたのだ。普段あまりフランクフルトの試合をみない観客でさえ、このディフェンダーの輝きに対する感動を隠すことができなかったのだ。



“ハゼは素晴らしかったね。”とSDのヒュープナーは語り以下のように要点をまとめた。“彼にはクオリティーと輝きがあるね。彼の落ち着きと視野がチームに必要な安定感を与えてくれるんだ。”



このミッドフィルダー長谷部はもはや純粋なミッドフィルダーではない。コヴァチ監督はこれまでにも素晴らしいチェスの一手を見せてくれたが、その中でも最も成功した一手がこれだろう。コヴァチはこの大黒柱をさらに後方で起用したのだ。この日本代表のキャプテンは10月21日以来、たいてい3バックの中央で自由な役割を演じており、大成功を収めている。それ以来、すでに形の整っていた守備がさらに安定したのだ。そしてそれ以来2度負けているが、その両方ともこの日本人は別なポジションでプレーしていた。
                                                                                                                                                            
長谷部の大きな長所は、彼の戦略的な才能だ。彼は試合を読み、どのように機能するかが分かっている。彼のサッカーにおける知能が、守備をさらなるレベルに引き上げるのを助けているのだ。長谷部は危険を察知し、それがひどくなる前につぶしてしまうのだ。そして彼は完璧に先を読み、それによって相手よりも素早く動くことができる、という長所も持っている。彼は試合を組み立て、さらに流れを変え、さらに試合を作る。“彼が試合を決定づけているんだ。”とヒュープナーは語る。



彼は“僕の一番好きなポジションは6番です。でもリベロも良いですよ”と語ってはいるが、この自由を与えられたポジションは長谷部にとっては、理想的なものだろう。まあ長谷部のこのポジションにおける現代的な解釈をリベロと言ってしまうのはちょっと不条理かもしれない。おまけにシャルケ戦での彼はPKの一番手としても見られていたようだ。“これが彼のチーム内での立場を表しているね。”とヒュープナーは語る。



このマネージャーは、この遠い東からの賢い男と、もう少し一緒に仕事をしたいと考えているようだ。“彼はまだまだ僕らの所でプレーするよ。”とヒュープナーは信じている。長谷部自身も、まだまだ足りないようで、40歳までプレーするつもりのようだ。ではそれからは?


“もしかしたら彼は、僕らの監督チームの中で働けるかもしれないね。”とスポーツ・ディレクターはさらに先を見ている。しかしまだそれまでハーズィは皇帝の役割を果たさなければならない。









以上です。

長谷部選手の特集記事ですが、回を重ねるごとに賛辞も大きくなっていますね。しかもディフェンダーでこのような注目が集まるのは本当に素晴らしいですね。

さらにアイントラハトSDの監督チームに言及した発言も嬉しいですね。ライセンス獲得後はフランクフルトのユースから監督を始めたりと、いろいろな可能性がありそうですね。



[ 2017/01/31 07:59 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(8)
PKキッカーの一番手任されてたってのは、信頼されてる証拠ですねぇ。
ただ、長谷部じゃない方がいい思いますけどw
[ 2017/01/31 08:54 ] [ 編集 ]
それでも次の瞬間、SBやGKやらされる可能性があるのがブンデスリーガ
[ 2017/01/31 09:24 ] [ 編集 ]
金曜の夜の試合だったから日本のマスコミも多く来てたんですね。
日本のマスコミは節操がないからやたらと日本人のことばかり質問して聞き立てるけど、長谷部の場合はチームの中心として試合に出場し続けているし、しかも今節は守備だけでなく得点にも絡む大活躍をしてくれたからフランクフルト側も迷惑とは感じなかったかな。
日本のマスコミも現地メディアや地元サポにも認められる活躍を日本人選手がしてくれると取材しやすいんだろうな。
長谷部には今後も大活躍してもらって良いニュースを沢山届けてほしいですね。
[ 2017/01/31 10:53 ] [ 編集 ]
>>彼は日本では皇帝と呼ばれているようだけど

いや皇帝とは呼ばれてないかなw
[ 2017/01/31 12:17 ] [ 編集 ]
長谷部は本当に順調にキャリアを積んでますよね。このままドイツで監督になってくれたら凄く嬉しいです。
[ 2017/01/31 13:39 ] [ 編集 ]
ワタシは、いつも
しんけん しょうぶで
がんばる 長谷部フランクを
そんけい しています。
だから、まい日
テレビで おうえん しています
 マガト
[ 2017/01/31 14:49 ] [ 編集 ]
これはもう、私の中でセバスチャン・ケールを越えた
[ 2017/02/04 04:29 ] [ 編集 ]
長谷部kicker二節連続ベストイレブンきた〜!
四大リーグで試合前からPKキッカー任されてるって日本人初じゃね?

[ 2017/02/07 00:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。