ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川、フリーキック成功でご機嫌!ドイツ紙「ドルトムントは良い雰囲気!」《ドイツの反応》




ビルト


ライプツィヒから11ポイントも離れている。しかし

ドルトムントは良い雰囲気




201701311805286d9.jpg

マリオ・ゲッツェはマインツ戦では24分しかプレーしなかったが、それでも次の日のトレーニングでは笑う事ができた。

スポンサーリンク



それだけに、昨日のBVBのトレーニングの雰囲気が良いのはより大きな驚きとなった。なによりもベンチ組のマリオ・ゲッツェと香川真司は練習を楽しんでいたのだ。



トレーニングの後に、何かを賭けて、フリーキック合戦が行われた。そして彼らはそれぞれの芸術的なキックで魅了し、笑顔を見せた。


ライプツィヒに11ポイント差にもかかわらず良い雰囲気!


雰囲気が良ければすべて良し!・・・というわけでもない!



マインツ戦での引き分けの後で、BVBはより厳しい状況に立たされること担った。それどころか最低限とみられている3位の順位さえも心配しなければならない。


20170131180530241.jpg

香川真司はマインツ戦で90分ベンチだったが、その代わりにフリーキックでは成功を収めている。


ディフェンダー・ギリシア人、ソクラティス:“これでチャンピオンズリーグ行きを決めるのは本当に難しくなった。”


キャプテン・シュメルツァー:“僕たちは、成長したと思っていたんだけど。”


オバメヤン:“ライプツィヒを倒さなければならない。”


ドルトムントは絶対に勝利が必要だ。そうでなければ3位もなくなってしまうだろう。そしてそうなったら良い雰囲気でなくなってしまうだろう・・。








以上です。

たっぷりと皮肉を含んだビルトの記事でしたが、少なくとも選手たちの雰囲気が良いのはなによりですね。

いつまでも暗い顔していても良いことはありませんからね。

しかし、ドルトムントの攻撃陣は本当に“才能(天才)”が沢山集まっていますよね。監督にも天才が好きなタイプとそうでないタイプが良そうですが、トゥヘルがどう思っているのか気になります。トゥヘルはあんまり天才という存在を信じていなさそうに感じますね。


天才を育てるのは、凡才を育てるよりも非常に難しいですよね。育てる側(たまに天才もいるが、大部分は凡才)に、その天才のパワーを受け止めるだけの大きな度量が求められます。締めすぎると絶対に育ちませんし、緩すぎてもだめです。

むずかしいですね。


20170131172342830.jpg
今日のビルトスポーツ面の一部


[ 2017/01/31 18:30 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(24)
マリオもシンジも楽しそっ❗
呼び捨てでごめんなさい。😄
でも笑顔☺がいちばん❗❗
願わくばピッチの上でもこの笑顔が見れますように🙏
[ 2017/01/31 19:00 ] [ 編集 ]
楽しそうでこちらまで笑顔になるよ。管理人さんありがとうございました。
メディアはレッテル貼って煽るの大好きだから、メディア嫌いのトゥヘルは落として、楽しい記者会見だったクロップは持ち上げたいのでしょう。

私も、クロップは大好きです。楽しかったし魅力的でした。でも最後のシーズンの事を思いだすと、もうクロップはいいです。香川も、この人でもこんなになってしまうのかと驚いたと言っていたし、ドレッシングルームも暗くて、ホームの試合が怖くて嫌な思い出しか無い。と言っていました。対策されていると言っても、何もアイデアをくれず、一人でもがいていたらしい事を思えば、多少マスコミとコミ障気味のトゥヘルで楽しくやっているドルトムントと香川が好きです。
[ 2017/01/31 19:06 ] [ 編集 ]
ほんと、皮肉タップリの記事ですね。香川選手、負傷の治り具合が気になりましたが、元気そうでよかったです。福々しいマリオ君も笑顔、二人の笑顔が試合で見たいです。
[ 2017/01/31 19:11 ] [ 編集 ]
そういえば香川が移籍前に決めたセレッソ大阪のラストゴールはフリーキックだったなぁ
[ 2017/01/31 19:24 ] [ 編集 ]
選手たちに愛されることも監督の実力の一つだと思う。信頼されなけれぱ人を導くのは難しいでしょう。その上で規律や戦術を厳しく教えるから効果があるわけで。でもそう簡単な事じゃないですけどね。トゥヘルに関して言えば香川にもっと自由を与えて欲しいです。せっかくの才能を抑えつけてて勿体ない。
[ 2017/01/31 19:26 ] [ 編集 ]
いい笑顔だ。久しくこういう笑顔の香川見てないなぁ。
[ 2017/01/31 19:27 ] [ 編集 ]
ゲッツェの顎が気になるけど2人ともえ〜顔してはるわ(笑)
[ 2017/01/31 20:03 ] [ 編集 ]
香川とゲッツェはさすがに優勝経験豊富だね。

次のゲームは単に来季のCLが掛かってるだけじゃないからな。2部上がりに連敗したらブンデスでの地位も落ちることになるからチームにかかるプレッシャーはかなりあるはずだよ。現にマインツ戦ではロイス以外みんなガチンガチンになってたな。前線がスペースみっけて飛び込んでるのに後ろは横パスでーみたいなチグハグなことばかりやってた。

トゥヘルはもっとひどかった。ゲーム後のインタビューで、クラブのアイデンティティがどーのとか言ってたけど、そういうわりにはゲーゲンのスペシャリスト達はベンチ置いてたなw

そんなこんなでチームは混乱してるんでしょうけど、こういう時は香川やゲッツェみたいに半ば開き直ってやってみるのもいいかもね。それ出来んならクラブのアイデンティティくらいは取り戻せると思うよ。
[ 2017/01/31 20:45 ] [ 編集 ]
日本の記者より地元紙より良い記事と写真
皮肉だけどユーモアがあって・・・これは雑誌の違いなのか記者のセンスの違いなのか・・・
今までの起用を見ているとマインツ戦は足の調子が良くなかったのでは
厄介な怪我とうまく付き合っていかなければですね
FKといえばセレッソのラストマッチですごいの決めてたね
もっとアラレちゃんシンジ見たいです⊂二二( ^ω^)二二⊃
[ 2017/01/31 20:45 ] [ 編集 ]
ゲッツェ選手とのナイスなコンビプレー見たいです。
才能と才能がぶつかり合って再び輝き出すのを待ってます。ロイス選手だって居るのです。皆んな歯車が上手く噛み合えば最高のプレーが見れるはずです。
頑張れ〜ドイツと日本の若者よ!
[ 2017/01/31 21:14 ] [ 編集 ]
次の試合に出てほしいね。
[ 2017/01/31 21:20 ] [ 編集 ]
クロップの最後のシーズン思い出すと今のトゥヘルの方がいいって言ってる人、ほかの記事でも同じ事を言ってるけど、クロップの最後のシーズンそんな悪くないからね。対策ゎ確かにとられてたけど、どちらかと言えば運が最高に悪かったって言う試合が多かったよ。内容で勝ってる試合が前半戦はほとんどだったし。後半戦は選手が自信をつけて勝ちまくってたし。ポカールの決勝はデブライネが半端無さすぎて負けてもしかたなかった。試合展開は、迫力あったし
[ 2017/01/31 21:32 ] [ 編集 ]
彼ら二人を使わない結果でグチグチいうのはやめて欲しいですね。
なんで一緒になって暗くならなくちゃいけないのでしょう。しかもクラブの中で一番タイトルをもってる選手をベンチにしておきながら。
監督に力量がないのでしょう。経験者を上手く使わないクラブは上手くいかないもんです。マンUはキャリック使いはじめて好転し、シュバイニーも光始めましたね。いつまでたっても十代の未熟なドリブラーを使ってピンチを作ってたんじゃモチベーション上がるはずもない。試合後パパはロイスに忠告してたように見えました。あれは若手の軽薄なドリブルとロストを正せとでもいっていたのでは。香川やゲッツェは難しく考えずにサッカーを楽しんで。二人がリーグ優勝した時のポジティブな感性を思い出して頑張ってほしい。
[ 2017/01/31 22:49 ] [ 編集 ]
香川選手の笑顔を見られて嬉しいです。
ゲッツェと二人でフリーキックの練習をしている動画見ました。
試合で二人の笑顔が見たいです
[ 2017/01/31 23:05 ] [ 編集 ]
01/31 21:32
いゃ、普通にひどかったですょ…
それによってクロップの時代が否定されることはない。今のチームが肯定されるわけでもない
だからちゃんとみとめましょうよ
[ 2017/02/01 00:10 ] [ 編集 ]
管理人さま深いです。天才を育てるのって本当に難しいですね。何人の天才が消えていったことか…トゥヘルが天才を育てられるようには今のところ思えませんけど!
[ 2017/02/01 00:42 ] [ 編集 ]
おっと、モイーズの悪口はそこまでだ
[ 2017/02/01 01:28 ] [ 編集 ]
メディアの煽りでやたらとライバル視されてる二人だけど、どちらかではなく、この二人が本領発揮出来ればドルの状態はかなり上がってくるはず。我慢して二人同時に使っていって欲しいんですが、
あの監督は無理だろうね。
[ 2017/02/01 01:31 ] [ 編集 ]
この2人のエピソードで好きなのは、お互いユナイテッドバイエルンでCLで対戦したとき。
2人ともどこか空気が読めないとこがあるというか天然なのか、緊張感のある試合前に2人で楽しそうに同窓会してたこと。
懐かしいです。
この2人にはもう少し自由を与えてあげて欲しいな。
[ 2017/02/01 01:34 ] [ 編集 ]
やっぱり香川のスマイルはいいですね。
そういえばクロップ時の負けが混んでた時でしたか、メンバーが雪合戦してた時ありましたよね〜(^_^)
そういうドルらしいとこ好きです。
監督はさて置き経験値やクロップ最終シーズンの17位から7位まで盛り返した選手のメンタリティは信じたいですね。
笑顔でいれば自ずと道は開けてくると信じています。トゥヘルさんもあんまり
選手にキリキリしないで、天才がたくさん揃っている事に感謝してね!
[ 2017/02/01 07:25 ] [ 編集 ]
この頃、香川の笑顔の得点シーンが見られない。ゴールしたときもむっつりだった。おい、元気出せよ。香川はこの笑顔でなくては。清武は日本に帰ってくるらしいが、残念でならない。やっぱり海外で戦っているあなたたちが元気であればこそ、日本人は応援し、誇りに思っているんだよ。
[ 2017/02/01 08:35 ] [ 編集 ]
選手間のコミニュケーションは取れているのでしょうね。又、修羅場をくぐりねけた経験を持つ選手や理不尽な監督(監督選びに選手は参加出来ないしね)の下で働いた経験もあるでしょう。
嵐が過ぎ去るのをジッと待つって感じかな。
ベンチや試合では歯を見せるとトゥヘルは、機嫌を損ねそうだから、神妙な顔をしていますが、勝てないのは采配だろ!ってのは若手を除いた共通認識だと思います。
香川1人を考えても、J・W杯予選・プレミア・各種トレーニングマッチ・FA杯・EL・CL・ブンデス・ポカール・・どれだけ経験を積み重ねた事か。トゥヘルの事をリスペクトしているかどうかは?ですね。
[ 2017/02/01 09:58 ] [ 編集 ]
トゥヘルをやたら持ち上げてクロップを落としたがる人がいるけど
クロップの最後のシーズンは代表戦の絡みで前期半分悪かっただけでそれでもクビになった。
トゥヘルはタイトルを取ってないおかげか相当甘やかされている
[ 2017/02/02 11:11 ] [ 編集 ]
いあクロップの前半悪かっただけって、降格圏、最下位争いしてたんだよ。私は毎日胃が痛かった。もう全てがうんざりだった。私でさえそうだったのだから、選手のストレスは想像を絶するよ。
テレビで香川がその頃の思いを語っていた時、泣きそうになってしまった。ホームの試合が怖くて、ドレッシングルームが暗くて、サッカーすることが辛かったて。
[ 2017/02/02 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。