ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBオバメヤン「夏に移籍する事を真剣に考えている!」地元ラジオで発言!独紙《ドイツの反応》




ビルト



オバメヤン、移籍を検討中



次のステップへ進まなければならないだろうか?


entry_img_1476.jpg
引用元:Bild


この発言はBVBのボスとファンにとって大きな驚きとなった。


トップストライカーのピエール・エメリック・オバメヤンはこれまでにないぐらいオープンにドルトムントからの移籍について語った。しかもこの夏の!

スポンサーリンク



彼はフランスのラジオ局RMC内の番組《TeamDuga》において、98年ワールドカップ優勝者のクリストフ・デュガリーに対して以下のように語っている。“僕は今真剣にこの夏の移籍について考えているんだ。自分を良く問いたださなければならないね。次のステップに進みたいのであれば、ここから去らなければならないだろうか?それほどの価値があるものだろうか?”


彼にとってのドルトムントは非常に居心地が良いようで、”ファンは本当に素晴らしい。”と語っている。オバメヤンはドルトムントとの契約を2020年まで残している。



しかし彼は現在真剣に考えている。“移籍?それこそがまさに僕が考えている事なんだ。まだ答えは出ていないよ。プレーしないために(注:プレー時間が見込めない所)移籍することはないだろう。”




オバには、すでにどこに行くことになりそうか、はっきりとしたビジョンがある。




BVBストライカー:“みんなイングランドについて話をしているけれど、プレミアリーグは僕にとって最も魅力的なリーガではないね。どちらかと言えばスペインリーグの方が好みだよ。もちろん最近ではレアルについて沢山噂があったけれど、レアルだけではないんだ・・。”



フランス一部リーグは彼によれば、第一の選択肢ではないが、全く考えられないという事でもないようだ。



BVBサイドはそれについてリラックスしている。“現段階では彼の方から移籍を考えているという話はないよ。”とハンス・ヨアヒム・ヴァツケは語っている。



しかしこの話を聞いて、BVBのボスたちはいつまで落ち着いていられるだろうか・・・。






以上です。

オバメヤンは、これまで少しずつ移籍の話をしていますが、これはもう移籍だと思っていたほうが良いかもしれませんね。

しかしフンメルスはバイエルン行が決まるまでは、移籍については公には何も話しませんでしたが(BVB残留宣言もしませんでしたが)、オバメヤンのように少しずつ移籍をほのめかせるやり方と比べると、誠実だったと思います。キャプテンである事とライバルチームへの移籍という事でかなり批判されましたが、移籍のやり方としてはスマートではないかと思います。フンメルスの移籍はファンにとっては寝耳に水で、裏切り者のように映ってしまいますが、これまでの雇用者であるクラブに対してはしっかり筋を通しているように感じます。

オバメヤンからしてみればファンからの印象を悪くしたくない、移籍をスムーズにしたいという意図があるのかもしれませんが、さすがに繰り返しこういう発言が出てくると、逆にうんざりしてしまいます・・・。



[ 2017/02/01 19:25 ] オバメヤン | TB(-) | CM(18)
パリサンジェルマン、マンチェスターシティ、チェルシー辺りで見たい。
[ 2017/02/01 19:41 ] [ 編集 ]
言わんでも知ってた!って思ってしまいましたが、管理人さまのおっしゃることもごもっともですね。
[ 2017/02/01 19:43 ] [ 編集 ]
オーバメアンはまっすぐな人だよね。アフリカ出身のフランス人って素行が悪かったり性格が荒かったりする人が多いけど、たぶん幼い頃に差別されたり嫌な事が有ったりっていうのも影響していると思っていますが。
オーバメアンは素直で芯を通す人。愛されて育ったのではないでしょうか。ミキタリアンの移籍のあれこれを一番怒っていたから、反面教師にしているのかもしれません。
私は、オーバメアンはユース上がりでも無い助っ人外人ですし、ミキタリアンの様な去り方よりはスマートでしょう。27歳。ステップアップには最後のチャンスかもしれません。レアルで無ければ、バルサかアトレティコでしょうね。どちらでもスタメン取れそうだと思いますし、後悔しない選択をして欲しいです。
ドルトムントはオーバメアンがいなくなっても、大丈夫だと思います。
[ 2017/02/01 19:44 ] [ 編集 ]
まぁドルトムントにいてもリーグのタイトルは難しそうだし。カップもここ一番で勝てないからなあ。
[ 2017/02/01 19:59 ] [ 編集 ]
オーバメヤンは本来、居心地が良くてどこかに行くつもりもない、と言っていた選手です。
ロイスとも仲が良く、お互い移籍しない約束をしていたとも言われていました。

現状、少なからず上手く行かなくなったチーム状況が影響していると思えます。
これはドルトムントで留まる魅力がなくなって来ていることを示していると思えるのですが、オーバメヤンが移籍するなら、ロイスも移籍するかもしれませんね。

一体誰がドルトムントの魅力を消し去り、うんざりさせているのでしょう。
[ 2017/02/01 20:13 ] [ 編集 ]
まるっきり管理人さんが予想として書いてきた通りですね。
[ 2017/02/01 21:05 ] [ 編集 ]
オバはそもそもドルはステップアップの途中と考えてるように見えたし実際そうだと思う。香川にしてもそうだけど外国人は助っ人だし永住するつもりはないですよ。だからこそクラブはドイツ人を大事にするんじゃないですか。
特に今はオバを高く売ることを考えていると思いますね。
[ 2017/02/01 21:26 ] [ 編集 ]
聞かれるから答えただけじゃないの?
[ 2017/02/01 21:41 ] [ 編集 ]
オバメヤンのような今が旬の選手からしたら
若手を偏って補強し、また監督も優遇するようなチームではなく、本当のトップチームでやりたいのではないかと思います。
管理人様の意見ももっともだと思いますが、タイトルを目指して残留した選手からしたら、チームに裏切られたと感じるところもあるのではないでしょうか?
[ 2017/02/01 21:56 ] [ 編集 ]
自分に注目させようという駆引きじゃないでしょうか。
移籍をほのめかすのは年俸をあげたいときなど何かを得たいときに言い出してると思います。しかし年齢もありますし、攻撃のバリエーションに変化をつけるためにも移籍してもらった方がいいです。正直ラモスがCFの時の方が香川も活躍するし楽しい試合だったから、シュールレかロイスにCFやってもらって一新して欲しいですね。
[ 2017/02/01 22:42 ] [ 編集 ]
出ていきたい気持ちが大きくなっていくのは理解できます。
未だにこれがトゥヘルのドルだという形すら分からないような状況ですし(今の形がやりたいことなら論外)
万年2番手以下のチームに残りたいとは思わないですよね。
管理人さんと同じですが見ていてつまらないですしやってる選手もつまらないんじゃないかなぁ。
[ 2017/02/02 03:32 ] [ 編集 ]
トゥヘルのせいって思ってる人が多くいますがフロントが一番問題なんじゃないの?
[ 2017/02/02 08:21 ] [ 編集 ]
穿った見方よりも、率直に優勝争い出来てないからじゃないかな
ステップアップクラブに見てたことは間違いないだろうから
ドルに優勝やCLの不安があるなら、実績を叩き出した俺は
もっといいとこでもやれるって考えるのはごく自然なことかと
[ 2017/02/02 08:45 ] [ 編集 ]
クラブも今シーズンで高値で売ろうとしているのではないかと思っています。
やはり、いくら人気があってもドイツ人であるロイスとは違うと思います。
いつも場を明るくするオーバメヤンは大好きなので残念ですが、昨夏も代理人?である家族が他クラブと接触している話も
出ていたので、今シーズン残ってくれたことに感謝です
[ 2017/02/02 10:07 ] [ 編集 ]
オバメヤンは、チームを欺いてユナイテッドに移籍したムヒタリアンを批判していました。
だから、自分は周囲を欺かず、常に自己開示をしっかりしたいと思っているのではないでしょうか?
[ 2017/02/02 12:13 ] [ 編集 ]
乗ってる車のセンスからも分かりますよね
どんなクラブが好みなのか
[ 2017/02/02 12:13 ] [ 編集 ]
今のままだとドルでタイトルとるのは難しいように思うので、
狙えるところに移籍するのは納得してしまうな
ドルが魅力的でタイトルとれるサッカーしてたら、それこそレアルからのオファー以外移籍しないと思うし
[ 2017/02/02 16:40 ] [ 編集 ]
管理人さんがいうのもごもっともですが、私は寧ろ今までよく耐えてくれたなと思っています。今のチームでモチベーション保つのは相当難しいと思います。
[ 2017/02/03 01:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。