ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

次節BVB対戦相手のライプツィヒ会長!「トゥヘルが(監督就任を)断ってくれて良かった!」ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



ドルトムントの決戦を前に


ライプツィヒの会長はトゥヘルが断ってくれて喜んでいる!


entry_img_1477.jpg
引用元:Bild

土曜日にはドルトムント対ライプツィヒの大一番がある。BVBがライプツィヒを迎えるのだ。



ライプツィヒは先週ホッフェンハイムを相手に2:1と力強いパフォーマンスを見せた。マインツではドルトムントが1:1で引き分け、すでに2位のライプツィヒとの差は11ポイントになっている。ドルトムントは現在4位だ。

スポンサーリンク



ライプツィヒが突き進む。そしてドルトムントにさらにプレッシャーをかけている。トーマス・トゥヘルにとってはチャンピオンズリーグ圏に入るのは義務だ。




よりによってトゥヘル。この監督は2015年にライプツィヒと交渉中だった。RBライプツィヒの会長オリヴァー・ミンツラフはスポーツビルトに対してその交渉の経過を明かしている。


ミンツラフ:“我々はトーマス・トゥヘルとも集中的に話をしていたよ。その話し合いでは‘2部リーガの監督は考えられる。’というものと‘2部はあり得ない。’というものを行ったり来たりしていた。僕は2015年にこの話がまとまらなくて特に悲しんではいないよ。”


補足:2015年にライプツィヒはトゥヘルを監督として獲得しようとしていた。彼が断わってからラングニックが監督に就任したのだ。

201702020703182cf.jpg


会長はこう続ける。“私はラングニックが監督を引き受けてくれて感謝しているよ。そしてその一年後に前から欲しいと思っていたラルフ・ハーゼンヒュットルを説得出来て嬉しいね。”


ハーゼンヒュットル監督の下でライプツィヒは非常に上手く行っている。13週が終わった時点では、無敗でブンデスリーガの一位に輝き、これまでにまだ2敗しかしていない。ミンツラフは監督について:“彼は我々もそう思っているように、我々との仕事を快いと感じていると思うよ。”


ハーゼンヒュットルへの賛辞。しかしトゥヘルに対しては批判だ。つい最近では元ドルトムントのミヒャエル・シュルツがテレビ番組スカイ90で監督を批判していた。



シュルツ:“トーマス・トゥヘルはクロッポではないんだ。彼のキャラは本来ならBVBには合っていないよ。彼のどちらかと言えば、おとなしくて、知的で控えめなキャラはちょっと違うね。”



土曜日の試合を前に、多くの火種が・・・。







以上です。

ドイツでは相変わらずトゥヘル周りのニュースが多いんですが、今回の記事は試合前の煽り記事ですね。

ライプツィヒ会長は、別に悲しんでいない、と語っただけですが、ビルトにかかると喜んでいる事になるわけです。

でも、個人的にビルトのこういう試合前の煽り記事は嫌いではないんですよね。まあこれぞビルトのなせる技とでも言いましょうか、どんどん煽って試合を盛り上げてほしいですね。

しかしいくらライプツィヒが調子が良いとはいえ、やはりドルトムントの監督とは比べ物になりませんね。ドルトムント監督のオファーがあったら大部分の監督は引き受けるでしょう。





[ 2017/02/02 07:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(8)
煽りもいいけど、次負けたら、つかドローでもブンデスNo.2の地位から落ちることになるんだろうし、来季のCLもヤバくなる。
決勝戦のつもりでゲームに臨んでもらいたいですね。
[ 2017/02/02 08:01 ] [ 編集 ]
トゥヘルもドルではなくてライプツィヒなら上手くやっていたかもしれません。モイーズがユナイテッドの監督になって迷走しましたが、それまでは評価の高い監督でしたからね。やはり経験や度量というものがクラブが大きくなるにつれ必要になってくるんだと思います。
[ 2017/02/02 08:22 ] [ 編集 ]
ビルトは日本の東スポですね。
ドルトムントはライプチヒみたいにゲーゲンプレスをかけ続けてくるチームは苦手ですが、どういう采配をしてくれるか。監督対決も楽しみです。
[ 2017/02/02 08:35 ] [ 編集 ]
トウヘル は悔しくないのか?
あれだけ言われて
[ 2017/02/02 08:54 ] [ 編集 ]
面白い記事ですね。
しかし、ライプツィヒ本当にすごいですよね。結果を出している会長の言葉には余裕が感じられます。
24歳以下の若者を取って高く売る経営理念?でしたっけ、、結局は幹部の意向はドルトムントも同じですが
今の順位からすると監督の責任という事でしょうか?

今週末のライプツィヒ戦は興味深いです。トゥへル監督もまた選手のアイデンティティがどうのと言ってないでしっかり戦術を
選手と確認して準備して勝ってほしいです。
[ 2017/02/02 10:37 ] [ 編集 ]
ラルフ・ラングニックってトゥヘルに断られて監督に復帰したのですね、知りませんでした
で2位で1部に昇格して現監督のラルフ・ハーゼンヒュットルを呼べたと・・・ラルフで混乱w
[ 2017/02/02 14:58 ] [ 編集 ]
次の対戦でドルは勝てるだろうか
不安しかないな
[ 2017/02/02 22:42 ] [ 編集 ]
これだとトゥヘルが断ってラングニックへと読み取れるけど
ラングニックてSD決まっててトゥヘルが断ったから、SD兼監督になったんじゃなかったか
[ 2017/02/03 14:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。