ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ゲッツェ:世界でもっとも悲しいワールドカップ優勝者!」《ドイツの反応》




ビルト



最も悲しいワールドカップ優勝者


ゲッツェ、試合後になってから走らなければならなかった。


entry_img_1486.jpg
引用元:Bild

マリオ・ゲッツェは、できればこのトリプルは避けたかっただろう。


このドイツ代表選手はライプツィヒ戦で3試合連続でベンチとなった。



スポンサーリンク





ゲッツェ:最も悲しいワールドカップ優勝者



2014年のワールドカップで決勝点を挙げたこの選手は、2017年は270分のうちたった24分しかプレーしていない。レイプツィヒ戦でもブレーメン戦でも彼は出場しなかった。



目立ったのは:トーマス・トゥヘル監督とこの代表選手との間は、試合後にハイタッチをする事もなかった。



そして最大の罰:レギュラー達が控室で勝利を祝っている間、ゲッツェは親友のアンドレ・シュルレと共に、コンディション・トレーナーのシュレイルの下で走りこまなければならなかったのだ。



シャワーを浴びた後もゲッツェはシュルレと同様に無言だった。



BVB会長ヴァツケ:“誰がベンチに座るのか毎週話すのかい?負傷者がいなければ、必ず誰かにとってはきつい状況となるだろうね。”






以上です。

まあゲッツェ、シュルレと共に香川選手も出番がなく、さらにカストロはベンチにも入っていませんでしたね。

本当にもったいない。まあ先発はともかく、交代がプリシッチやパスラクというのがやはり問題ではないでしょうか。これだけの選手を差し置いてわざわざ若手を起用していますからね。彼らを腐らせないためにも、プレー時間を与え続けなければならないでしょう。イングリッシュウィークでの起用法に注目ですね。




【おまけ今日のドイツ】

20170207054701795.jpg

ドレスデンに最近見つけたケーキ屋のマンゴーケーキとチョコケーキ
[ 2017/02/07 17:45 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(13)
ゲッツェ、たらればですけどクロップが声かけてくれたんならイングランドに行ってれば…香川なら行ったのかな。ゲッツェは行きそうな感じしませんでしたけど(^^;;シュールレもお気に入り枠と思ってましたけど、今のところはデンベレ、ゲレイロ、プリシッチみたいですね。まぁやってるサッカーが中盤すっ飛ばしだとゲレイロも割食ってるみたいですが、トゥヘルはゲレイロにはフォロー入れてそうな。香川ゴンゾは免疫できてそうですが、ゲッツェは日本で見ている限りはクラブもマスコミも甘い感じがしていたので今の状況は想像してなかったのではないかと。一時身体絞りつつにみえたのにまた太ったようにみえますし、練習でもトゥヘルに叱られてたりだしよっぽど腐らないで頑張らないとなんて思います。香川も中盤すっ飛ばし縦ポン若手わーっとドリブルロストの戦術が続くならW杯の事もありますし素人が心配しなくても決断せざるをえないのでは…香川がCLでドッペルして笑わなかった事について、俺はもっとできる。当たり前にやってみせたいし、監督見てるか?みたいな気持ちでした。という事をインタビューで話していて、やっぱり静かだけれど凄い負けん気とプライドを感じました。プロはこうでなくちゃ!
[ 2017/02/07 18:26 ] [ 編集 ]
ケーキがすごく美味しそう!
でも外国のお菓子は日本のに比べて甘すぎるイメージがあるんですが、ドイツのケーキはどうなんですか?まあ店にもよるのかもしれませんけども。
[ 2017/02/07 18:38 ] [ 編集 ]
正直、監督が誰になろうとこれほどの選手たちがいれば起用に困るのは分かりますが、それにしても起用に偏りがありますよね、やはりプリシッチなどには契約延長時に出場時間などの要項がかなり盛り込まれて居たのかなと思います。
[ 2017/02/07 20:22 ] [ 編集 ]
ゲッツェがなぜドルトムントに戻ってきたのかなって思います。
同じドイツ人であればトゥへルがどういう監督なのかは分かっていると思うので
リバプールに行くべきだったんじゃないかって思います。
[ 2017/02/07 20:58 ] [ 編集 ]
ゲッツェは長いこと起用されてたのに結果を残せなかったから仕方がないかと。寧ろ優遇されてた方だと思います。
[ 2017/02/07 22:39 ] [ 編集 ]
香川が戻ってきた時はクロップで良かったと思います。まあクロップだから戻ってきたと言ってましたけど、
今更ですがトゥヘルのブリシッチやバスラックへのあの何とも言えないスキンシップ?対応見てたら引きますね。
選手によって態度変えすぎだし
ゲッツェも昨シーズンの後半戦の香川のように、負けん気で頑張って欲しいな。
あのトゥヘルに負けるなんてくやしいよ。まあゲームに出して貰えないと始まらないけど
[ 2017/02/08 07:28 ] [ 編集 ]
香川選手、腐らずモチベイションを維持してほしい。こんな起用されたんでは、がっかりだ。中盤抜きのタテポンサッカーが何時まで続くのやら。あのゲレイロにしても全く消えていた。 シュメルツアーもクタクタ。其の時点での交代がプリシッチとパスラック。素人で専門的にはわからないが、結果だけをみて効果なく終わったように見える。豪華なベンチがいるにも関わらず。ある程度、選手のローテーションを怪我防止の観点からも老若取り混ぜ実施してほしい。香川やゲッツェ、シュールレなども試合に出て力になる。若手の活用は、必要だが、軸がなくなってしまう。面白くない。今のバイエルンは面白い。昨年までは選手が奴隷のように濃き使われた。今は生き生きしている。少し迫力がないけれど。ロッペンが嘆いていたけれど。監督は難しいね。
[ 2017/02/08 09:00 ] [ 編集 ]
マンゴーケーキうまそーーー
[ 2017/02/08 10:00 ] [ 編集 ]
今シーズンは、お披露目的に若手を使いながら勝点を稼ぎCL権内と、一つでもCLを勝ち上がるのが目標だと思います。
現にプリにはオファー殺到してますしね。
それが、世代交代目的なのか商売なのかは分かりませんが、トゥヘルは実行していますから、クラブ的には目的に叶った指導者でしょう。

その目的の為ならば、優勝などの名誉や熱くなっても利益は変わらないダービー、面白い内容(ストレスでサポが暴れようが)などは不必要なんでしょう。

ベテラン勢も、ロイス以外は若手のサポートを上手く出来る、上手く絡める選手優先でしょうね。文句があればベンチ外か放出でしょう。

夏は大移動があり得ますね。

[ 2017/02/08 10:45 ] [ 編集 ]
カストロ、ゲレイロ、デンベレとプリシッチらゴリブラーがお気に入りですよね
カストロは長いこと不調でようやく外したという感じです
100%じゃないというトゥヘルの言い回しを現地記者にツイで皮肉られてましたね
ゲッツェはメディアを気にして優遇してたのかなと
プリシッチは交代で結果を出したことありました?
突破はいいですけどつくづくラモスは貴重でしたね
[ 2017/02/08 17:31 ] [ 編集 ]
やはり出戻りというのは(移籍先で活躍した後に戻る場合を除き)やめた方がいいと、出戻り3人組を見ていて思う。
戻ったチームは、もはや昔のチームとは違う。
そのギャップと過去の栄光、キャリアアップできなかった失望や自信の喪失など、さまざまなものが絡み合い、モチベーション的にもどんどん泥沼化してしまうのだと思う。
サッカーとは運やタイミングの巡り合わせが大きい。
どんな素晴らしい選手でも、ちょっとした事がきっかけでスランプになったり駄目になってしまう。
つくづく難しいなと思う。
[ 2017/02/08 21:14 ] [ 編集 ]
若手の契約には多少の出場確約がありそう。
だからこぞって有望な若手はメガクラブではなく、ドルトムントに来るんじゃないかな。
メリットなければ来ないだろうし。
それで割を食う、監督のお気に入りじゃない中堅選手が少し気の毒ですね。
[ 2017/02/08 21:54 ] [ 編集 ]
監督の好みのプリシッチらを使い続けて
コロコロと戦術好き勝手変えてもこの順位だ
この監督の手腕はその程度なんだろうし
フロントは次を探し始める時期だな
[ 2017/02/08 23:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。