ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ヘルタ原口!稲妻ゴールで2021年まで契約延長へ!ドイツ紙原口特集!《ドイツの反応》



ビルト

ヘルタ、2021年まで契約延長するつもり!


稲妻ゴールを挙げた原口に契約延長!!


entry_img_1487.jpg
引用元:Bild



“試合前に元気に、俺のアシストをしなければならないぞ、って言ったんだ。でも彼はそれよりも良い結果を出してインゴルシュタットの決勝点を挙げたね。”とヘルタのサロモウ・カルーは語った。


スポンサーリンク




そしてその時の様子はこうだ。カルーが横パスを出すと、原口が冷静に16メートルの距離からゴール右下へと決めたのだ。開始60.48秒の稲妻ゴール。これより早かったのはレヴァークーゼンのケヴィン・カンプルだけだ。



そして、それはヘルタにとってはここ14年で最も速いゴールだった。(当時はドルトムントを相手にバルト・ゴーアが55秒で得点している。)



原口はヘルタ2連敗の後(ここ5試合で4敗)で、危機的状況を救うゴールを決めた。そしてそのご褒美だ!



ビルトの情報によると:2018年までとなっている契約が、もうすぐ2021年まで延長されるのだ!



マネージャー・ミヒャエル・プレーツ(49):“元気は我々にとって非常に価値がある個性を持っている。だから我々は今後も長く彼とともに仕事をしたいんだ。契約延長の話し合いは進んでいるよ。”


原口:“僕は、ここで成功を収めることができると思っています。確かにマネージャーのミヒャエル・プレーツとパル・ダルダイ監督とはたくさん話をしました。良い話でしたよ。”



結論が出るのも早いだろう!



パル・ダルダイ:“彼が延長してくれたら嬉しいね。彼は、ここでもっと多くを達成することができるだろうね。元気にはものすごいポテンシャルがあるし、素早くて機知に富んでいるよ。最近は契約延長の話し合いの後で、すこしモチベーションが高くなり過ぎていたね。そしてやっと元の力を出せるようになったよ。彼は、サッカー面でも戦術面でもインゴルシュタットではとても良かったね。”



プレーツ:“元気はよりゴール前で脅威となっているし、次の成長へのステップの目前だね。そして彼はヘルタでそれをやるべきだ。”





以上です。

2021年までというのは結構良い契約ですね。ヘルタで評価されているのが分かります。

今回のゴールがきっかけとなって後半戦でも活躍してくれることを期待しています。

[ 2017/02/07 06:00 ] 細貝、原口 | TB(-) | CM(5)
前半スタートダッシュを決めて代表でも日本を救ってくれた後なかなか定着できない時期がありましたからね
その時期を乗り越え今回は左スタメン起用で即結果を残してくれました
昔からすると相当お利口さんになったみたいですがプレーは更に挑戦していきクラブでも代表でも頑張って欲しいですね!
[ 2017/02/07 12:18 ] [ 編集 ]
原口おめでとう。認められてる証拠だね
[ 2017/02/07 14:25 ] [ 編集 ]
先週は原口選手、長谷部選手がベストイレブンに選ばれて素晴らしいです。
本人の努力はもちろんですが、監督と合うっていうのも重要だなって思います。
[ 2017/02/07 20:51 ] [ 編集 ]
原口、素晴らしいです。
代表でもクラブでも、活躍する選手の名前が着実に変わってきていますね。
時代の移り変わりを感じます。
そんな中ベテラン長谷部の頼もしさには恐れ入ります。
酒井高徳に続き、来季はブンデスリーガ2人目のキャプテンになってもらいたいです。
[ 2017/02/08 07:42 ] [ 編集 ]
モチベーションが高すぎる、っていうのも、心配されるんだなーと思いました。
微笑ましい。ダルダイ監督、いいね。
[ 2017/02/09 15:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。