ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川途中出場ドルトムント!ヴォルフスブルクに完勝で3位に浮上!選手採点と寸評《ドイツの反応》



ルーア・ナッハリヒテン


entry_img_1503.jpg
引用元:BVB公式ツイッター


ビュルキ 3
前半は19分にクロスを掴まなければならず、その後21分にアーノルドのフリーキックをパンチングしただけだった。その後は長い間何もすることがなかった。72分にディヴァディが低い弾道のシュートを蹴った時は、きちんと下にいた。


ピスチェク 1
1アシスト目:ゴメスとの一対一に勝利しブルマめがけてボールを蹴ると、彼がそれをそのままヘディングシュート。その後デンベレーのクロスから彼が2:0となるゴールを決める。今シーズン5ゴール目を達成した後で、このブンデスリーガで最も危険なディフェンダーはデンベレーの3:0となるゴールをアシスト。



スポンサーリンク



ギンター 2.5
ゴメスとの一対一では力強さを発揮し、バルトラとのコンビメーションも良かった。文句なしの出来。



バルトラ 2
ほぼすべてのアクションにおいて安定しており、攻撃もしっかり考えられ効果的だった。彼が86分に放ったヘディングシュートはべナリオがライン上でクリアした。このスペイン人は徐々に期待された力を発揮している。



シュメルツァー 3
素晴らしいバックパス・マスター。45分位ヴィーリーニャに抜かれるまでほぼ問題ない。彼の前のスペースはフリーだったので、もっとできただろう。



ヴァイグル 3
4141における彼の試合捌きは正しく、フィジカル面でもより安定してきた。今シーズン2枚目のイエローカードは不要だった。



シュルレ 4
冬休み以降3度目のスタメン。最初は右サイドを駆け回ったが、あまり彼には合っていなかった。実際言及に値するプレーはなかった。



デンベレ― 1.5
相手にとって脅威となるほぼすべての攻撃に絡んでいた。26分の最初のビックチャンスは外してしまったが、59分にはピスチェクのワン・ツーからヘディングゴール。試合終盤に香川真司と交代。



カストロ 2.5
彼は3戦連続でスタメンに入っていなかったがなぜだろう?ボールを奪取し、リズムを作り、多くのチャンスを作った。54分か80分にゴールが決まっていれば報われただろう。



ロイス 2.5
決定力の無さ以外は全て良かった。20分にはヴィーリーニャがブロックし、その後27分はシュートを放つのが遅すぎた。そして35分にはカウンターの後のデンベレ―の素晴らしいパスに合わせられなかった。それ以外が良かっただけにまるで呪われているかのようだった。66分に拍手喝采の下プリシチと交代。



オバメヤン 4
リスボン戦での決定力のなさに関する議論に自ら終止符を打つことができただろうが、7分に放ったシュートは弱すぎ、16分にはベナリオにやられ、55分にフリーで放ったシュートはいささかだらしがなかった。力がなくなるにしたがって集中力もなくなった。


20170219053555eea.jpg


【西ドイツアルゲマイネ】

ビュルキ 3
ピスチェク 1
ギンター 2.5
バルトラ 1.5
シュメルツァー 3
デンベレ― 2
カストロ 2.5
シュルレ 4.5
ロイス 2.5
オバメヤン 4



【ビルト】

ビュルキ 3
バルトラ 3
シュメルツァー 3
ピスチェク 1
ギンター 3
ヴァイグル 3
デンベレ― 2
シュルレ 4
カストロ 3
ロイス 3
オバメヤン 4
プリシチ 3
香川 3




2017021905355653b.jpg





以上です。

香川選手は途中からの出場なのでビルト以外は採点がありませんでした。

しかし今シーズンは奇妙なシーズンですね。ダルムシュタット戦で負けて相当やばくなりそうな状況ですが、直接の競争相手もみんなポイントを落として順位が変わらず。そして今節ではフランクフルトが敗れたためにドルトムントが3位に浮上しました。

ケルンはすでに勢いが落ちてきましたが、やはり長いシーズンは戦力がものを言いますね。ヘルタ、フランクフルト、ホッフェンハイムは今のところ良く踏ん張っていますが、どこまで勢いを保つことができるか個人的に興味があります。

ライプツィヒもドルトムントに敗れて以来、調子を落としていますが、明日の試合に敗れることがあると2位から落ちる可能性もありますね。あのスピードサッカーを長いシーズンどこまでできるでしょうか。


さて今日のドルトムントですが、久しぶりに点が入ったしチャンスが多かったので、見どころはありましたが、ヴォルフスブルクが全くと言ってよいほど機能しておらず、盛り上がりにはかけましたね。まあ一点目が相手のオウンゴールだったせいもあると思います。

いずれにせよここで勝ってくれて良かったですが、今シーズンは負けたり勝ったりしながらずるずると3位ぐらいではフィニッシュしそうな感じではありますね。



ようやく4バックに戻し、相手を制圧して勝てたのは良かった。
特にカストロの存在は大きいと思う。
デンベレはラストパスの精度は気になるが、この二人が使われて香川が使われないのは、相手のプレスをかいくぐりながらボールを保持できるのと、前を向く力があるからだろう。
誰が監督でも、まずそれは大前提になると思う。
ただ、ヴォルフスブルクが見るも無残な状態だったので、次節のフライブルク戦はもっと苦労するだろう。
後半途中から入った香川は、ようやくというか、前を向くことを強く意識しながらプレーできていたのは良かった。
ブレーメン戦とダルムシュタット戦のプレーには絶望を感じていたが…
あとはボールに触る回数をもっとカストロくらい増やして、前半からプレー出来るかどうかだと思う。
現状では、序列はまだ低いまま変わらない。
日程が空くので、なかなか出場機会がもらえないのも厳しいところ。
[ 2017/02/19 07:53 ] [ 編集 ]
カストロの安定感が戻ったことが非常にプラスに働いた結果ですね
ゲレイロの推進力にミドルやプレースキックは大きな武器ですがカストロのプレーのような攻守に渡るプレーが欲しいところですね
それができれば現状でも最高の選手になれるポテンシャルは秘めていますからね
しっかりと育成してほしいです
またデンベレも不用意なロストも減り成長していますね
出来ればサイド起用して欲しいですがカストロの復調でするドリブル突破を今以上に活かせるかと思います
個人能力が高ければ連携は自ずと付いてくるのでこの力があるタイプは使いたくなるのも頷けます
香川ゲッツェは連携ありきの選手なので起用されるにはその点を改善する必要があるかと
香川は点差も開き、相手が疲れてきてスペースが開くと今回のような前への推進力を出すことはもともと出来る選手ですね
これをスペースが開かない時間や相手の強いプレスがあってもできるようになれば更に成長できるかと思います
補強の噂でダフードがいるので正念場です
[ 2017/02/19 09:08 ] [ 編集 ]
勝てたのは良かったですが相手があまりにも酷くてびっくりしました
この試合をきっかけに良くなるとかそういう試合内容でもなかったですけど
相手のサッカー次第では勝ち点落としていても不思議ではなかった
根本的には変わってないですから
トゥヘルが勘違いしないでくれればとも思いますが恐らく無理でしょう
これから難しい試合が続きますがどうなるんでしょうね
選手は怪我に気をつけて頑張って欲しいです
[ 2017/02/19 09:22 ] [ 編集 ]
カストロとデンベレがプレスをかいくぐりはないわ。カストロはブレーメン戦でプレスからミスが多く交代、デンベレはダルムシュタット戦でロストマシーンで酷かっただろうが。ウォルフスブルクは最初っからプレスかけて来ないわ戦術がないわでやる気なし。ダルムシュタットのがよっぽど強かった。因みにカストロはプレシーズンの親善試合ではいいが相手が強いとパフォが落ちる、昨日のウォルフスブルクは親善試合レベルだから良かったとESPNの現地記者にブログで書かれてるよ。今季のドルで堅守の相手にプレスかいくぐってボール保持できる選手がいたらこんなに苦労してないわ。香川が起用されなかったのはコンディションと戦術がキックアンドラッシュだから。香川はボディバランスが良くなりキレが戻ってはいるがまだ右足が万全じゃないわ。日によってコンディションが上下してそうだ。
[ 2017/02/19 10:50 ] [ 編集 ]
ブレーメン戦ではフル出場でボールタッチ数、チャンスメイク数、パス成功率、ボールクリアー共にチームトップだったと思うがなぜ使われないのか
DFラインまで下がってDFしてるのがトウヘルには気に入らないんですかね
[ 2017/02/19 12:08 ] [ 編集 ]
一番目にコメントされている方、カストロとデンベレはボールを持つととりあえず前を向きますが、ロストもカットも多いですし、そこからピンチになる事も多く、実際失点したシチュエーションも何度も見ましたよ。
香川はブレーメン戦は特に後半、ヴァイグルの横の位置から前に効果的なボールを送ってました。
敢えて一回のシュートミスにフォーカスしたら絶望を感じるのかもしれませんけど、そういう見方をするとロイスやオバメヤンには絶望しか感じないでしょうね。
連携を重視しない、というか重視できない状況なら勝つためにこういう戦術になるのも致し方ありません。
今回この結果が出たのはヴォルフスブルクが全く効果的なチームプレイができていなかったからに過ぎません。ロドリゲスがCBをやってたり、全盛期を完全に過ぎたFWをスタメンで使っていたり…
組織的にプレーしてくるチーム、ダルムやベンフィカには負けてしまったので、次回そういうチームと当たった時にどうなるかが楽しみです。ただCLでPSGやバイエルンの戦いぶりを見ていると、ドルトムントとはレベルが違い過ぎて哀しくなりました。
今期はリーグ戦の4位以内フィニッシュだけは死守してほしいですね。
[ 2017/02/19 13:03 ] [ 編集 ]
デンベレのヘッド以外のゴールがオウンと相手のミスだったし、これで攻撃が改善されたとは決して思えないかな。相変わらず前に急ぐばかりの単調なサッカーで、あの出来のヴォルフスにかなり対応されていましたし。得点だけ見ると、圧勝なんですけどね。
[ 2017/02/19 14:00 ] [ 編集 ]
今年のドルはラッキーだよね。今日のオウンゴールのように周りが勝手にコケてくれるw
トゥヘルはお家帰ったら呪いでもやってんじゃないのw
まーそれはいいけど、今日のゲームで目に付いたのは、オーバが自信なくしちゃってるね。これからシーズンの佳境に入って行くわけだけどこれでは困るね。プレーが縮こまって見えるから原因はメンタルなんでしょうけど、ちゃんとケアしてほしいですね。
逆に香川は調子上がるかもね。今日はボールコントロール云々より球際注目してみてたけど、グスタポ削ってたから足の状態はそこそこよくなりなつつあるんじゃないですか。足の状態がいいならチームはタメが出来てなく、単調な攻撃ばかりだから前で使ってもらいたいですね。これ出来んなら崩して点が取れるからチームは波に乗っていけると思います。周りは勝手にコケてる状況だから抜け出るチャンスですね。
[ 2017/02/19 15:31 ] [ 編集 ]
10:50さんと同様に思います。
物はいいようですね。香川はまずチームプレイを優先しますから、ボールを受けても丁寧ですね。カストロやデンベレみたいに簡単にロストはしませんしね。
ボールを奪われたら直ぐに自分で取り返そうとするのが香川です。デンベレのカバーに入ったり、ビルドアップ手助けのためにCBの位置まで下がってフォローしたりします。こういう地味だけど
こういう気の利いたプレイが出来る
自分はチームプレイを優先する香川だからこそ応援しています。
トゥヘルは気に入らないんでしょうけどね。監督に言われた事しかしないわけではないけど、余計な事をして外されるのも困ったもんですね
[ 2017/02/19 16:20 ] [ 編集 ]
トーマス・トゥヘルさすがと言った内容でしたね。
選手の連携が良くなってきてカストロの復調、バルトラ、デンベレのフィットはかなり大きいと思います。
ここ最近のライプツィヒ、ベンフィカ、ヴォルフスブルク戦は戦術がハマった気持ちが良い試合が多いですね。ベンフィカ戦は負けてしまいましたが。
4CB
2CB2SB+1ボランチ、3CB+2ボランチ、3CB+1ボランチ、4バック+1ボラ2IHなどビルドアップの組み合わせが幅広いチームは見ていて面白いですね。
トゥヘルドルトムントの躍進がこれからも楽しみです。
[ 2017/02/19 17:05 ] [ 編集 ]
久々の快勝よかったですね。
そんな中、なぜこれ程まで香川が起用されないのだろうと考えてました。
10番タイプを必要としないシステムだからとかいろんな意見を目にします。
ただ厳しい状況にもかかわらず、最近の香川のコメントはネガティブではないんですよね。
特に練習で手応えを感じてるようで、自信があるようにもみえます。
トゥヘルもまだ模索してるのかもしれません。
楽観的過ぎるかもしれませんが、まだまだ香川に主力となるチャンスはあるような気がします。
[ 2017/02/19 17:23 ] [ 編集 ]
最近若い選手ばかり注目される中、ベテランピスチェクが素晴らしい活躍だった。
デンベレやカストロのインサイドも良かった。やっぱりカストロが調子よくないと中盤でボールが回らない。
ロイスはまだいいとしてオバメヤンは明らかに不調、だけど代わりがいないからなぁ。
[ 2017/02/19 17:44 ] [ 編集 ]
そっかあ。ドルトムント絶不調だと思ってたけど、レバークーゼンやシャルケはもっともっと悪いんだった。二位も固い気がしてきたぞ。

最近欧州の日本人選手は良いニュースが少ないね。香川も我慢の時だけど、踏ん張ってほしい。
やっぱりドルトムントで活躍する姿が見たいのよ。
[ 2017/02/19 18:45 ] [ 編集 ]
そういえばリバプールのクロップが今夏、再びゲッツェの獲得に乗り出すとの報道が出ているようだ。
まあ信憑性はどうか分からないが、中央はデンベレ、カストロ、ゲレイロが抜け出ているし、ドルトムントは8番の補強は必須と考えているようで、夏にダフードの獲得が確定のようだ。
ますます出られないとなると、移籍も考えるだろう。

それにしても少々のミスがあっても、前を向くことは大事だね。
それが出来なければ、どんなチームであっても試合には出られないと思ったよ。
「それ」ができる選手(個のある選手)が、連携して、より強い組織となっていく。
これは欧州トップレベルの世界では当たり前のことなんだよね。
[ 2017/02/19 18:56 ] [ 編集 ]
ダフードはギュンの代役だと思いますのでカストロ、シャヒンやローデが厳しいのでは?
[ 2017/02/19 19:30 ] [ 編集 ]
前を向くことにやたらとこだわってる方がいますね笑
[ 2017/02/19 20:28 ] [ 編集 ]
>ビルドアップの組み合わせが幅広いチームは見ていて面白いですね

ほとんどの試合でビルドアップに苦戦するシーンばっかりなんですが…
試合をちゃんと見てる人の感想とは思えませんね
[ 2017/02/19 21:32 ] [ 編集 ]
10:50さんに同感です。
ドルトムントにキツいとプレスを苦にせずプレーできる人なんていないと思います。
いたら、今の状況になってないですよね。

確かに前向くことも個の一つですけど、他にも個というものは沢山あるわけで、、これさえあればいいわけでもなく、これがなくても他の武器となる個がある人もいますから。
やけに拘るのは何か変な理由があるのかと勘ぐってしまいます。
[ 2017/02/19 22:44 ] [ 編集 ]
シュルレ4 実際シュルレが居る事も忘れるくらいゴール前の絡みは少なかったし、スタッツもかなり後ろだったけど、あれはもしかして戦術なのだろうか?交代もされる事なくフル出場だったし、その動きはブレーメン戦のプリシッチと被った。
プリシッチもずっと後ろにいて、でもフルで出てて不思議だったが・・・もしかして左右非対称にして右後ろに相手を寄せての左前で決める的な戦術か?今日はロイス、デンベレオバ共にやりやすそうだった。もう少し決まれば・・だけど。

香川も、勝ち試合の処理的使われ方で気の毒だったけど、良さはアピールできたし、調子も良くなっているようで、とにかく見れて嬉しかった。競争は激しいけれど、コンデションが戻れば香川のポテンシャルが高いのは間違いないから期待してます。今日はとにかく勝った事が一番!!
[ 2017/02/19 23:51 ] [ 編集 ]
前向くプレーや競り合うプレーというのは中盤より前にはまず求められるスキルだと思いますよ
そういった能力+サイドならばスピードであったりといったものはトップクラスなら標準になっているかと思います
数年で求められる能力や基本フォーメーションが目まぐるしく変わって適応出来なかったり新しい戦力が台頭するのは面白いですが先に挙げたモノは変わらず求められるのではないかと
[ 2017/02/20 05:09 ] [ 編集 ]
カストロはドルトムントのモドリッチやシルバ。

そして一流のパサーはみんなドリブルも上手い。
[ 2017/02/20 06:05 ] [ 編集 ]
 前を向いても、待ち構えられて囲まれて刈り取られたらただのマヌケなのです。そうならないように視野を広くもって先を予測してポジションを変え、相手を崩すイメージを味方と共有する能力が現代のサッカーでは重要ですね。
[ 2017/02/20 11:08 ] [ 編集 ]
カストロをモドリッチとシルバと比較するなんて傲慢極まりない。例に挙げたとしても二人に失礼すぎますよ。100人中99人が否定するでしょう。
謎のポジショニングが多く、ロストも多いカストロと二人は全く別次元です。さては書いた方はモドリッチとシルバのプレーを見たことありませんね?
当然ですがドルトムントにこの二人と置き換えられるような中盤の選手は一人もいませんよ。
[ 2017/02/20 17:14 ] [ 編集 ]
「ドルトムントにおけるモドリッチやシルバ」
これのどこが失礼で、傲慢極まりないのか分かりません。
あくまで「ドルトムントの〜」であり、モドリッチやシルバと同レベルなんて一言も書いてないですよ。
では「トルコのメッシ」と呼ばれるモルも、失礼極まりないんでしょうか?違いますよね。
感情的にならず、きちんと読み取る事を心がけるべきではないかと思います。
[ 2017/02/20 21:30 ] [ 編集 ]
スタメン奪取するために頑張るしかないでしょ。
わざわざカストロを批判したり、当たっても仕方ないよ。
[ 2017/02/21 01:13 ] [ 編集 ]
前一辺倒でロストマシーンってのも印象論じゃない?

なんだかカストロやデンベレが評価されるのが気に食わないから難癖つけているようにしか見えないけどね
[ 2017/02/21 01:41 ] [ 編集 ]
えっ?
逆じゃない?
香川を評価したくない人がカストロを過大評価してるんでしょ
ちょっと前はゲレイロがそういう扱いだったし
香川を相対的に無能であるかのよう印象操作をするために
過剰に他の選手を持ち上げる香川のアンチがいるのを確認している
他のサイトでもよく見かけるよ

カストロの守備の時のポジショニングが危なっかしいのは前からで直ってないし
デンベレはパスの判断が良くなってきたけど相変わらずロストが多いのは事実だよ
冷静に試合内容と選手のプレーを細かく見てる人の意見は見ればすぐに分るから
[ 2017/02/21 06:35 ] [ 編集 ]
なんだか熱くなられてますね。デンベレのロストから失点は何度かありましたよね。カストロもパスミスやロストはありましたよ!それをプレスをかいくぐって前を向くなんてコメント
ロストした選手をフォローしている選手がいる事を無しにしてはいけないとは思いますけど。
チームプレイなんだからお互い様じゃないでしょうか?チームで1番スタッツが良くても次の何試合も使われない、使って貰えない選手もいるし、本当の所監督次第怪我の状況次第かなと
[ 2017/02/21 06:49 ] [ 編集 ]
6:35、6:49様に同意。どういう意図を持って書き込んでるのかはにじみ出てくると思いますよ。
[ 2017/02/21 09:08 ] [ 編集 ]
06:35さんも言ってますが香川選手を
評価したくない人がいるのは間違いないでしょうけど
気にしないようにしましょう。きりがありません。
香川選手はポジティブに今の状況を捉えて
頑張っているので、きっと報われると信じています。

[ 2017/02/21 10:07 ] [ 編集 ]
負けた試合で酷かった選手ならまだしも勝った試合で良かった選手を褒めただけで印象操作とか言われるのか…
[ 2017/02/21 11:18 ] [ 編集 ]
自分はデンベレを早い時期から高く評価してきたつもりだけど、デンベレがドリブルからロストをよくするのは間違いないでしょう。
ダルムシュタット戦での負けを決めた2失点目はデンベレのロストからだったし。
ボルフスブルク戦でも試合前半は少なくとも2回ロストをしていたし。
以前はもっと多い時期もあったけど、最近は、いたずらにドリブルで仕掛けないようにとの指示もあってかドリブルは抑え気味でロストも減っているようですけど。
デンベレのアシストボールは素晴らしく得点、チーム勝利に大きく貢献しているから先発に起用されているのであって(自分がデンベレを高く評価してきたのはここ)、これがなければ、ロストその他、先発としては起用出来ないまだまだのレベルではないでしょうか
[ 2017/02/21 12:31 ] [ 編集 ]
去年の香川はドルトムントのイニエスタと思っていたんですけど…
[ 2017/02/21 17:33 ] [ 編集 ]
02/21 09:08さんと同様に感じてます
これまでの何件かにもそうした意図が滲み漏れ、その都度スルーで読み流してた人も多いと思います
ただ、そうすることによってコメント書く人が減ってしまってるのは寂しいですね
管理人さんがコントロールしてるだけか、それともファンそのものが減ってるのかは判りませんが…
そういうコメントの出現によってそれまでに活気づいてた議論が頓挫したり
戦術に詳しい人が書く気を失ったりするのは、沢山の意見を読みたい側からすると非常にもったいないですから
[ 2017/02/22 09:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。