ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

PKを外したフランクフルト長谷部に対して独紙:「今年一番のギャグ!」《ドイツの反応》




ビルト


フランクフルト:インゴルシュタット 0:2


これは今年一番のゴール・バー・ギャグ!
(注:Latten-Lacher:ゴールバーのお笑い:ドイツ語で頭文字を揃えた言葉遊び )



20170219184046baa.jpg
引用元:Bild

スポンサーリンク





フランクフルトにとっては不運だった。しかしあれは今年一番のゴール・バー・ギャグだ!



フランクフルトの長谷部誠は、0:2で敗れたインゴルシュタット戦で、今シーズン最大となる信じられないミスを犯した。

56分:0:1の状況でPKを蹴った長谷部は、相手キーパー・ハンゼンに敗れた。そしてキーパーが弾いたボールを彼は無人のゴールに入れなければならなかった。しかし彼は9メートルの距離から、全く不要なことであるが、ゴールバーめがけて蹴ったのだ。これはギャグだ!


長谷部:“あれはもちろん決めなければなりませんでした。申し訳ないです。技術的なミスです。”



コヴァチ監督はこれまでにPKを3回外していることに対してこう述べている。“私を怒らせるのは、点が入っていないのに、みんなで大喜びする事だ。”



それ以外にもこの試合は盛り沢山だった。ヴィンケルマン審判は2度レッドカードを出した。最初はアブラハムがレスカノにカンフーキックをお見舞いしている。ビルト日曜版の審判キンホーファーは“あれは非常にあらいファールだった。”と述べている。


そして試合終了間際の81分にはレツキーがオツィプカの上半身に蹴りをお見舞いした。これは当然ながら退場に値する。




インゴルシュタットの監督ヴァールプルギスはそれでもこの判定には不満のようだ。“レツキーはオツィプカの事を見ることができなかったんだからレッドはあり得ないよ。”

さらにフランクフルトのSDヒュープナーは、“アブラハムのレッドカードはあり得なかったし、レツキーへのレッドはもうギャグだよ。”と語っている。


フランクフルトは、ここ7試合で4敗を喫する事となった。コヴァチ:“我々はトップチープではない。また、唾を吐き、ひっかき、噛みついてでも戻ってこなければならない。”



インゴルシュタットからやってきた228人のファンは、この勝利を喜んだ。


PKをきめたスタメン唯一のドイツ人、パスカル・グロースは誇らしげに、“まだ生きている!”と語っている。

キャプテン、マティップ:“審判なんかどうでも良い。今日の意思の力だったら、何度やっても勝っただろう!”






以上です。

長谷部選手がPKを外したシーンが、ギャグだと笑われてしまいましたが、経験豊富な長谷部選手だったら、あまり引きずらずに前を向いてくれることでしょう。

ただチームとしてはレヴァークーゼンに続いて2連敗となりましたので、まだ今後どうなるかはわかりませんね。昨シーズンのヘルタもそうでしたが、長いシーズン後半戦になると、チームの底時からが試されますね。

[ 2017/02/19 18:42 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(11)
長谷部ごめん。
BVBファンとしては「長谷部ありがとう」と言わずにはいられない。

最終的にトップ4(CL圏)は、
1.バイエルン
2.ドルトムント
3.ライプツィヒ
4.レバークーゼン
でフィニッシュしてもらいたい。
やはり本戦で勝てるクラブに上がってもらいたいので。
[ 2017/02/19 19:03 ] [ 編集 ]
1.バイエルン
2.フランク
3.ライプツィヒ
4.レバークーゼン
でフィニッシュしてもらいたい
[ 2017/02/19 19:35 ] [ 編集 ]
どう考えても今季のドルトムントやレバークーゼンよりホッフェンハイムがCLに出場するに値するよ
[ 2017/02/19 20:15 ] [ 編集 ]
CLで勝てるかどうかはクラブの名前で決まるものじゃないですよ。
そういう視点でサッカーを見るのは色々な機会の損失で勿体ないと思います。
さておき、レヴァークーゼン戦の結果を引き摺らない為にもフランクフルトには勝って欲しかった所ですが、妙に荒れた展開になって皆本来のテンポを失ってしまっていましたね。
長谷部のPK以外にもFWに決定機もありましたが決めきれず…
[ 2017/02/19 20:21 ] [ 編集 ]
現実的に考えればフランクフルトがCL圏に入るのは難しいよ。
長谷部がいるので、EL圏に入って頑張ってもらいたいけども。
後半戦はやっぱり各クラブの戦力、選手層の差が出てきそうだね。
ということで、ブンデスのためにはヨーロッパの舞台で勝てるレバークーゼンに行ってもらいたいところ。
この団子状態で一番クスッと笑いながら追い上げそうなのがレバークーゼンだろう。
シャルケやグラードバッハにも何とかEL圏を取ってもらいたいね。
まあそれらのクラブが(選手は揃ってるのに)国内で情けないのがいけないんだけども…
ここから追い上げられるだろうか。
しかし順位表を見てると、ブンデスが心配になってくるなあ。
[ 2017/02/19 23:08 ] [ 編集 ]
さすがにCLやEL出場権を獲得すれば資金が増えるから補強はどのクラブでもするでしょ。
フランクフルトは今季ブンデスリーガで一番怪我人が多いチームなのによくやってるほうだうよ。
今節にまた怪我人と次節出場停止しなければならない選手が出て、それがこれまでチームの守備を支えてきたマスカレル、バジェホ、アブラハムなだけに次節からが厳しくなりそう。
守備陣が全く変わってしまうけど長谷部には踏ん張ってもらい上位に食い込んでほしい。
[ 2017/02/19 23:49 ] [ 編集 ]
フランクも頑張ってほしいがこの辺のクラブは今年良くても翌年ダメダメなんてことはザラだし
世界相手だとCL出場するのはそれなりの補強ができるクラブじゃないとってのはわかるよ
[ 2017/02/20 03:54 ] [ 編集 ]
補強っていうか経験値がないクラブはどんなに戦力を整えても中々勝ち進めないね
マンCも一足飛びにCLに出場したはいいけどGLで敗退するのが続いた
自国を飛び出て戦う国際戦は選手だけじゃなくクラブもノウハウがないと
異国の地で準備ができないまま戦って、中3のリズムに慣れないまま調子を落としたりする
ライプツィヒも来季苦戦すると思うよ
[ 2017/02/20 08:50 ] [ 編集 ]
順位表でブンデスが心配になってくると言っている方がいますがどういう意味なのでしょうか?
特定のクラブが永遠に同じペースで勝ち続ける事なんてどこのリーグでも有り得ませんし、かつて良かったクラブが陰りを見せたなら他の個々のクラブがそれぞれの良さを見せて上に上がってくる。
そういう現象が普通に起こっているだけでは?
大方の予想と違えば強豪の弱体化即ちリーグの弱体化だと騒ぎ、CLやELに出場するクラブが固定されたらされたで今度は「ここはつまらないリーグだ」と言い出す批判ありきの一部のメディアやネット民の言動と被って見えてしまいます。
[ 2017/02/20 10:43 ] [ 編集 ]
いい加減、バイエルン1強リーグと言われ続けるのは嫌ですね。
5大リーグのうち他の4リーグは接戦ですが、今季の(も)ブンデスはポイント差が離れすぎて酷いですよ…
もっと頑張らないと。
[ 2017/02/20 18:26 ] [ 編集 ]
>いい加減、バイエルン1強リーグと言われ続けるのは嫌ですね。
5大リーグのうち他の4リーグは接戦ですが、今季の(も)ブンデスはポイント差が離れすぎて酷いですよ…
もっと頑張らないと。

リーガとアンは確かに接戦だけど、チェルシー、ユーベの方がバイエルンより独走していますよ。CL権争いでは、セリエやリーガはもう決まってしまっている感ありだし・・今期のブンデスCL,EL権争いが面白い。

[ 2017/02/20 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。