ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルン大迫、マン・オブ・ザ・マッチの高評価!キッカー日本人採点とドルトムント試合評!《ドイツの反応》

entry_img_1506.jpg
キッカー今日の表紙

【日本人採点】

原口 4.5


大迫 2.5


弱々しい序盤のパフォーマンス(ほぼすべてのケルンの選手に当てはまる)の後で、大迫勇也は奮起した。この日本人は同点ゴールをアシストしただけでなく、非常に良く動いていた。


20170220192951da8.jpg

長谷部 5

酒井 4

宇佐美 4

2部リーガ
浅野 4.5



スポンサーリンク




ドルトムント対ヴォルフスブルク試合評】



・ドルトムント採点

ビュルキ 3
ピスチェク 1.5、ギンター 2.5、バルトラ 2.5、シュメルツァー 3
ヴァイグル 3
シュルレ 3.5、カストロ 2.5、デンベレ― 2.5、ロイス 3.5
オバメヤン 5




・ヴォルフスブルク採点

ベナリオ 3
ブルマ 5.5、グスターヴォ 5、ロドリゲス 4.5、
セグイン 4
ヴィーリーニャ 4、アーノルド 5、ゲアハルト 4.5、ホルン5
マリ 4.5、ゴメス 5.5



・審判 ペール 2.5

全体的に良いパフォーマンス。いずれにせよ難しい場面はほとんどなかった。45分のカストロのファールはイエローが妥当だった。



試合 3
BVBサイドのみがエンターテイメントに貢献した。ヴォルフスブルクが非常に受け身だったため一方的な試合だった。



試合評
試合の方向ははっきりしていた。ヴォルフスブルクはすぐに自陣に追いやられ、ドルトムントは圧力をかけた。ヴォルフスブルクの対処は大抵遅く、自らアクセントをもたらすことはできなかった。

カストロとデンベレ―が勢いをもたらし、BVBのプレーに幅を持たせた。そしてピスチェクが右側からさらに勢いを加えた。ヴォルフスブルクは大抵の場面で、傍観者となっていた。相手の素早いスピードに翻弄されたヴォルフスブルクは、視野を失い、ボールを見送ることが多く、前半でもっと点差をつけられてもおかしくなかった。その時はすでに負傷したセグインに変わってディダヴィが交代で出場している。

 ヴォルフスブルクはフォーメーションを変更し、前半終了間際に良いポジションからおしいシュートを放ったマリがいくらか後ろに下がった。ディダヴィが10番の位置でプレーし、アーノルドが6番に入った。しかしヴォルフスブルクはそれ以上のきっかけをつかむことができず、デンベレ―のポスト直撃など、BVBがだらしなくチャンスを外してくれたのはラッキーだった。



まとめ
ドルトムントの勝利は、まったくもって受け身なヴォルフスブルク相手にもっと点差のついたものにならなければならなかった。



マン・オブ・ザ・マッチ
守備は手堅く、攻撃は力強かった。そしてさらにヘディングが成功した。ルーカス・ピスチェクは全体的に力強さを発揮!






以上です。

ケルンは引き分けましたが、大迫選手はまだ好調を維持しているようで良かったですね。その他の日本人選手にとってはあまり良い一週間とはならなかったようです。

また活躍してくれる日本人が出てきてほしいですね。


さてドルトムントですが、まあキッカーの言う通りではないでしょうか。今回は勝利を素直に喜びたいですが、ヴォルフスブルクがあまりにも悪すぎましたね。もっと大量点差で勝たなければならなかったと思います。


しかしヴォルフスブルクはいったいどうしたんでしょうね。とにかくみんなチームから出たがっているようなので内部で大きな問題があるのは間違いありませんね。一時はイッカルド・ロドリゲスの評価などは凄く高かったのですが、最近では全然ですね。



大迫の試合を見たが、とにかく体が強いのでボールが収まりまくっている。
相手に思いっきり寄せられても体を張りながら完璧にボールをキープし、必ず前を向く事ができるので、一気にそこからパスでチャンスを繋げられるのが素晴らしい。
チーム事情によりビルドアップ役をこなさやければならないのはもどかしいが、モデストとともに一番重要な選手なのは間違いない。
FWなのに一番ビルドアップが上手くて賢いというね…そりゃ信頼されるわけだよ(苦笑)
ミドルシュートも上手くて迫力あるし優雅さも感じた。
改めて思うが、ボールをしっかり収めて前を向いてプレーできる選手は素晴らしい。
これ、かなり重要。
[ 2017/02/20 19:54 ] [ 編集 ]
昨シーズンの大迫選手はあまり試合にも出られていなかったですし、代表からも遠ざかっていた気がします。
ケルンのことは知らないのでよくわかりませんが、今では監督からも信頼され外せない一人になっているようで、本当にすごいです。
やはり、日々の努力の結果だと思います。ケルンではスポテッチ、ヨイッチも試合に出られているみたいですしチームも今シーズンは好調ですよね。

まとめにもありますが、ドルトムントはもっと点が入っても良い試合でしたが、前半は相手のオウンゴールのみでした。
オバメヤン、ロイスがやはりコンディションが良くなさそうでした。シュールレも良くなかった。
ウォルフスブルクがかなり悪かったのとバルトラ、ピスチェクがやはり4バックのほうがやりやすそうでした。
1週間空くのでトゥへルがどんな風にチームを立て直してくるのか楽しみです。
[ 2017/02/20 20:01 ] [ 編集 ]
ヴォルフスブルクの選手はみんな出たがってるんですか
マリとか今期移籍して来たばかりなのに、マリもなんですかね?
[ 2017/02/20 23:27 ] [ 編集 ]
フォワードで使ってくれ

[ 2017/02/21 14:57 ] [ 編集 ]
アシストしたシーンを含め、ターンが上手すぎてうなってしまった。
戦術大迫→モデストになってるね。
他の日本人にはない才能。
[ 2017/02/21 23:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。