ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 トルコの過激派に5年間の勾留 ガラタサライ戦 + ドイツ人の反応 【ビルト】


先日のドルトムント対ガラタサライ戦でトルコの過激派が騒ぎを起こした事がドイツでも少し話題になっています。特に検察と殺人捜査班が動いているという事で話題になっています。

管理人は先日の香川選手の画像騒動以来このビルト+を定期購読しておりますので、せっかくですから今回もビルトの記事から取り上げたいと思います。長さが調度良いというのもあります。ちょっと続いてしまいましたので次回は違うメディアから取り上げるつもりでおります。





殺人捜査班 トルコの過激派を5年間勾留


“我々の素晴らしい試合に一つの影を落とすこととなった。”

2014110618534934f.jpg

ドルトムント監督のユルゲン・クロップだけがショックを受けたわけではない。4:1という結果に終わったBVB対ガラタサライ戦は2度も中断される事になった。その理由はトルコのファンが大暴れしたからだ。それだけでなくドルトムントの殺人捜査班KK11が故意の殺人未遂の疑いで捜査をしている。(訳注:KK11というのは班の名前だと思われます)


何が起こったのか?


この過激派たちは北ブロックの250席もの座席を破壊した(3万ユーロの損害)。そのうちの一つが20メートル離れた隣のブロックめがけて投げつけられたのだ。検察官のビルギット・チルリエスが“3,6キロの重さのあるものを10メートルの高さから投げつける-これは死人がでてもおかしくはなかった。”と語る。それに加えて中断される原因となったように、花火に点火されたり、またBVBのファンに向かって発煙筒が投げ込まれたりした。


警察はどのように動いているのか?


警察はゲストブロック(ガラタサライファン用のブロック)を閉鎖し、700人全てを収容した(そのうち21人が逮捕。)ビデオ録画に基づいて、容疑者は捜査される事となった。(治安を乱す、取り押さえられた人を解放すしようとする、爆発物所持、傷害などの容疑。)


スポンサーリンク



いったいどのようにして発煙筒がスタジアムに入り込んだのか?


BVBの安全面の責任者であるDr.ホッケンヨスは“このガラタサライのファンが持っていた量を全て回避する事は不可能だった。”と語っており、検察官のチルリエスはそれに対して“事前の検査はもっと徹底したものでなければなかった”と批判している。

20141106185351ebc.jpg


両クラブはどのようなペナルティーを受けるか?


ドルトムントは“コントロールが十分ではなかった”事から5桁の罰金を払うことになった。(10万ユーロ以上)。ガラタサライは再犯であることからチャンピオンズリーグのアウェー戦ではファン無しでまたホームにおいては無観客試合で行われる事になった。


なぜ審判は安全面を考慮して90分丁度で笛を吹かず、4分間もアディショナル・タイムを与えたのか。

彼はアディショナルタイムを与えなければならなかったのだ!Uefaの担当者がビルトに語った所によると、“試合が暫定的に中断された場合は-つまりチームがまだフィールド上に居た場合は-時計はそのまま止まりません”(これと同じ状況が起こったのだ。)

“これによって消費した時間はアディショナルタイムとして計算されなければなりません。”




以下ドイツ人の反応です


・僕は未だにショックを受けているよ。メディアではトルコとドイツのサッカーの祭典だと宣伝されていたのに。


・これはとっくに限界をこえているよ。ガラタサライの観客は(意図的にファンとは言っていない。)すでに試合前にも町中で発煙筒に点火していたんだ。もっと広い検査をした上でスタジアムに入れるべきだったんだ。これは犯罪だし、スタジアムには属さないことだよ。どこでもね。だれも怪我をしなかったのは本当に幸運だった。


・確か八百長でフェネルバフチェは3年間も出場停止になったと思う。傷害罪、器物破壊そして殺人容疑に対してガラタサライはたった2試合だけしかペナルティーを受けない。これは間違った判断だね。


・おかしいね。ドルトムントの“ファン”がシャルケファンに発煙筒を投げたら笑われるだけなのに、ここでは暴動だと騒がれている。発煙筒を投げたのも殺人未遂になるのかな?


・これに似たような光景は毎週そこら辺の村の試合で起っている。サッカーを自分でやったことある人なら、こんなのはもう何十年も前からあることだったわかっているよ。


・ガラタサライは国際試合から10年は締め出されるべき。


・検察と裁判官がこの犯罪に対して高い罰を与えることを望んでいる。そして彼らがこの損害を払うようにしてほしい。また税金など社会のお金が使われるのは嫌だ。


・このドルトムントは典型的なCLでのドルトムントだったね。ロイスは三猿のパフォーマンスを完成させたし、インモビレもまたゴールを決めた。ビルトがここにあげているペナルティーについては、まあこんなもんだろう。ガラタサライがもっと高額な罰金を払得べきだとは思うけど。


・この試合は中断されるべきだった。ドルトムントの勝利で。ガラタサライは国際試合においては最低でも1年の出場停止が望ましい。




以上になります。書いている内容は割りと普通ですが、こういう記事に紙面を割くところはビルトならではです。世の中の様々な出来事(紛争など)に比べれば些細な出来事ですから、一般紙ではそこまで大きく報道はしていないようですね。

こういうのってなかなか無くなりませんが、子どもを安心してスタジアムに連れていけるような環境を目指すことが、大事だなあと思います。子供達の憧れにならないとタレントが育ってきませんからね。


ちなみにドイツでは花火は禁止されていますし、どこでも売っていません。なので花火をスタジアム内に持ち込むことはもちろん法律違反です。花火が唯一許されているのは大晦日のみです。たしか大晦日前の何日か前からしか花火が市場に出回らないようになっていたと思います。


管理人の出身地では毎年夏に全国花火大会、尺玉コンクールがあり、2尺玉などバンバン打ち上げていました。なので花火というと完全に夏のイメージですが、こっちでは完全に大晦日のイメージですね。


ドイツ人は花火をあげても誰も(中には居るかもしれませんが、)自分で片付けませんので、1月1日は酷い有様です。そこら中に花火の残骸が散らばっています。街が清掃業者を雇って、一日がかりで掃除して、次の日からはまあ綺麗にはなりますが。

少し脱線しましたが、サッカーにおいて発煙筒はたまにはあるけれど、花火はめったにない、という話でした。

【おまけ 今日のドイツ】

201411061931236a2.jpg

20141106193543844.jpg

食事シリーズが続いていますが、おふくろの味第2弾です。上は南ドイツ・シュヴァーベン地方のじゃがいもサラダ。味付けは野菜のブイヨンとピクルス、そして酢と油です。家庭によってはベーコンを入れたり、玉ねぎを入れたりもします。家でもよく作ります。北ドイツのじゃがいもサラダはマヨネーズで味付けする所もあります。

下は鹿肉に赤キャベツとジャガイモ団子の付け合せ、ベリーソースがけ。この鹿肉は近所の人が趣味の狩りで獲得した新鮮な鹿肉との事でした。(尋ねた時にそこのご主人が振る舞ってくれました。)

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/11/06 20:03 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(22)
No title
ドイツで5年も勾留できるという事実にまずびっくり
[ 2014/11/06 20:36 ] [ 編集 ]
No title
よくこういう事件でコントロールできなかった、管理が甘かったみたいな理由での罰金があるけど
こんなの外交問題に発展するから甘くせざるを得ないだろ
[ 2014/11/06 20:50 ] [ 編集 ]
No title
記事もさることながら「おまけ 今日のドイツ」が結構楽しみ
[ 2014/11/06 20:52 ] [ 編集 ]
No title
欧州のネトウヨはトルコの責任にせず、しっかりと犯罪を抑制しようとコメントする傾向が強いね。
[ 2014/11/06 20:57 ] [ 編集 ]
No title
爆竹って言葉だけだとちゃちに聞こえるけど
試合で見た実際の爆発音は爆弾に近い感じを受けました
あれは殺人未遂に相当しますね
しかも狙われたのは香川でしたから
比較的香川に近い場所で爆発したりもしてましたし
本当に最悪な輩ですねあいつらは
[ 2014/11/06 21:08 ] [ 編集 ]
No title
管理人さん
いつも良記事ありがとうございます。
[ 2014/11/06 21:13 ] [ 編集 ]
ここの管理人さんのコメントは人柄が伝わってくるというか読んでるだけでなんかほっこりしてくるね
[ 2014/11/06 21:19 ] [ 編集 ]
No title
街でドンパチやらかしてる
本当に酷いよ
http://youtu.be/nrjKPPJC5qw
[ 2014/11/06 23:25 ] [ 編集 ]
No title
へええ
大晦日以外は花火ダメなんだ
[ 2014/11/06 23:43 ] [ 編集 ]
No title
そうそう、ほっこりする
仕事の合間にこっそり見てはほっこりしてます(´∀`)
[ 2014/11/06 23:54 ] [ 編集 ]
ガラタサライへの制裁が無観客試合だけってのは軽すぎじゃないですかね?
確かに選手には罪はないですけど
[ 2014/11/07 00:13 ] [ 編集 ]
やっぱあのロイスのパフォーマンスは三猿なのか?いったいなぜ?
[ 2014/11/07 00:44 ] [ 編集 ]
No title
余計なことは「見ない」「聞かない」「言わない」
ゴールで表現するよって事なのかしらん ロイス三猿パフォ

フーリガンの行動は厳しく対応していいと思う
サッカーを愛する人がサッカー場を荒らすなんておかしな話だよ
人が集まる場所で暴れるなんてテロと同じじゃないか
[ 2014/11/07 01:48 ] [ 編集 ]
No title
ガラタサライのウルトラスはずっとこの調子なのでそろそろ重い制裁が必要と思います。いつかヨーロッパのどこかで悲劇を起こしそうな気がします。

基本ブンデスのスタジアムは警備員やクラブが厳しい監視の目を光らせているわけではなく、スタジアムの治安はサポーターの自戒によって保たれています。
もし今回もスタッフがいつものブンデスのサポーターに接するかのようにガラタサライのウルトラスに接していたとすれば、それは確かに甘かったと言えると思います。
CLは色んな悲劇もあった舞台ですし、ドルトムント側としても特にこういった集団を迎え入れる時はより気をひきしめるのが望ましいと思います。
[ 2014/11/07 02:13 ] [ 編集 ]
No title
>ドイツでは花火は禁止されていますし、どこでも売っていません。
>なので花火をスタジアム内に持ち込むことはもちろん法律違反です。
>花火が唯一許されているのは大晦日のみです。

日本もこうして欲しい。
いや花火大会はいいとして。個人でやる花火なんてゴミにしかならないし危ないだけだ。
まじで法律で禁止して欲しい。
[ 2014/11/07 02:19 ] [ 編集 ]
詳細ありがとうございます
発煙筒や爆竹だけじゃなく、椅子も投げていた?んですか
よく怪我人が出なかったと思います
香川選手の動画で、本当に危ない場面を見ましたが狙っているみたいに
見えないこともなかったですね
そっちはお咎め無しで、椅子投げの方で殺人未遂の線で勾留されているとは…

自分は爆竹の本場中国で数年暮らした経験がありますが、毎年旧正月には
死人がでますし、ビルの全焼とかもあります
[ 2014/11/07 03:09 ] [ 編集 ]
管理人様
いつも様々な角度からの翻訳を有難うございます。所謂フーリガン?のお話も興味深いです。
管理人様も、地元開催の試合が楽しみだけれど観戦が怖い気持ちがある、とお話されていましたね。
スポーツ観戦は皆が心置きなく楽しめる場であって欲しいものです。

本日のドイツグルメ、ご近所の方が狩猟で獲得した鹿肉とは驚きました。
そちらのご主人がふるまってくださったお料理との事、とても豪華で美味しそうですね。鹿肉には赤ワインでしょうか。

[ 2014/11/07 08:26 ] [ 編集 ]
No title
参考までに
http://www.youtube.com/watch?v=Nsh9dJbTCLc
http://www.youtube.com/watch?v=s1_NKbSz05Q
https://twitter.com/Sky_StephanS/status/530004482240032768

発煙系なのか爆発物なのか分かりませんが、缶の押収物なんてテロ犯を彷彿させて恐ろしすぎます。少なくとも、余暇にサッカー見に行こう♪のノリの持ち物ではないですね。。。

管理人さん
勝手にurl貼ってしまいました。禁止でしたら、削除をお願いします。お手数お掛けしますm(- -)m
[ 2014/11/07 09:09 ] [ 編集 ]
翻訳お疲れ様です
殺人未遂まであったとは驚きです
今回の件は明らかに熱い、や荒い
などという言葉からは逸脱
していますしもっと厳しい制裁を
しても良いと思いますね

後上のコメントのような
記事に関係のないものは削除された
方が良いかと…
主張の可否はどうであれ少なくとも
見ていて気分の良くなるものでは
無いと思いますので
[ 2014/11/07 09:17 ] [ 編集 ]
No title
初めまして。
いつも楽しく拝読させて頂いてます。
特におまけは毎日ほっこりしています。

非公開コメントが打てなかったので直接打ちます。
上にあるような記事とは無関係なコメントは削除
した方が良いかと思います。
(日本のまとめブログでも事象を隣国に関連させ
てコメントする方達が一定数います)

コメント欄が荒れていく要因にもなりかねませんのでご検討下さい。
[ 2014/11/07 09:47 ] [ 編集 ]
No title
連投なり申し訳ありません。
コメントが重なってしまいましたが上のコメントは
2014/11/07(08:46) のコメントに対するものです

失礼しました。
[ 2014/11/07 09:50 ] [ 編集 ]
No title
ブラジルだったっけ?便器投げて殺しちゃったのあったよな。
集団心理は凶暴化すると恐ろしい。

[ 2014/11/08 02:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。