ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「トゥヘルの将来はオバメヤンにかかっている!」《ドイツの反応》




ビルト




これからの9日間が監督にとって正念場!



トゥヘルの将来はオバにかかっている!


20170227183827ec7.jpg
引用元:Bild



3:0で勝利したフライブルク戦でドッペルパックを達成するまで、オバメヤンは471分間ノーゴールだった。しかしこれでノックアウト週間の準備はできた!

スポンサーリンク



ドルトムントは明日、3部のロッテとポカール準決勝進出をかけて戦う。そしてその一週間後はCL準々決勝を賭けてリスボンと対決だ。またその間にあるレヴァークーゼン戦では3ポイントを獲得して、4位とのポイント差をしっかりと確保したい所だ。



監督トゥヘルは知っている:ドルトムントでの未来が欲しいのであれば、彼はこの9日間で成功を収めなければならない。しかし彼は一人の選手を信じる事が出来る:オバメヤンだ。



トゥヘルの将来はオバメヤンにかかっている。

20170227183829005.jpg


これまでのデータが証明している。


このガボン人が得点しないとBVBはほとんどダメだという事を。

▶23ゴール:これはこの次の得点しているデンベレ―、そしてロイスの6ゴールのほぼ4倍の数字だ。

▶ドルトムントが敗れる確率は今シーズン16%だ。しかしオバメヤンがゴールをしないとほぼこの2倍の29%まで上がってしまう。

▶オバのゴールは、ポイント保障!オバメヤンが得点して負けたのはフランクフルト戦だけだ。



オバメヤンのドッペルパックでトゥヘルの心のつかえがとれた原因:ほんとうにほっとしたよ。みんな必要だけど、考え始めたセンターフォワードはいただけないからね。オバが考え込まず、次の仕事、次のチャンスを喜び、軽やかさが戻って来ることが僕らにとってベストだね。だから僕たちにとっても彼にとっても完璧だよ。


entry_img_1519.jpg


これでゴールが少ない時期はもう終わっただろうか?マネージャー、ミヒャエル・ツォルク:オバがこれからまたいつものようにゴールすることを確信している。







以上です。

データをみて改めて驚きましたが、今シーズンはオバメヤン以外はほとんど得点していないんですよね。そこが昨シーズンまでとは大きな違いですよね。本来であればもう少し2列目の得点力を期待したい所なんですが、オバメヤン自体がフィニッシャータイプでアシストすることは多くないので、まあ一度彼に依存してしまうとその傾向がどんどん強くなるかもしれないですね。


トゥヘルに関してですが、ポカールとCLの勝ち抜けは義務ですね。もう少し楽しみたいのでぜひとも勝ち進んでほしいです。
[ 2017/02/27 18:35 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(13)
個人的にはやっぱりロイスだと思う。彼がいることでチームは本当に強くなる
[ 2017/02/27 19:04 ] [ 編集 ]
やっぱりムヒタリアンの23G32Aという圧倒的存在感
それは置いたとしてもロイスが外す惜しいシュート結構あるしちょっとしたはずみでゴール量産しそうではある
デンベレはあの若さで1年目では凄すぎる活躍だと思うしこれ以上の期待は酷かな
[ 2017/02/27 21:55 ] [ 編集 ]
あんまり得点を1人の選手に依存するのは良くないよね。。
強いチームは色んな選手が得点をとる。
管理人さんも言ってたけど、昨シーズンのドルトムントがまさにそうでしたね。
[ 2017/02/27 22:10 ] [ 編集 ]
昨シーズンのゴール数 (今期ゴール数、残り12試合有り)
オーバメアン 25(23)
ロイス 12(6)
ミキタリアン 11
香川 9 (0)
ラモス 9

今シーズンは、ミキタリアンが抜け、ロイスも序盤怪我で離脱、香川も怪我で片足離脱状態。ラモスも冬に移籍してしまった。
でも、デンベレ6ゴールは、このまま行ったらミキタリアン並みだし、新加入の19歳としては出来過ぎ。ロイスも復帰後はとても良いし、ゲレイロも期待できる。フンメルスが結構セットプレーでゴール決めていたから抜けは痛いけど、最近ピスチェクがゴールしだしたし、香川も、だんだんコンデション戻ってきて、後一歩位には回復している、次はとれそうだと本人談。
オーバメアンは、昨年よりずっとハイペースでゴールしているから、これからのドルトムントに期待してます。
[ 2017/02/27 23:36 ] [ 編集 ]
連投ですみません。
他が悪いというよりも、オーバメアンが良すぎるのでしょう。22試合で23得点は、全ての試合で得点して、尚且つ1試合でドッペルパックしたと同じペースです。
監督が期待するのは当然ですね。
[ 2017/02/27 23:46 ] [ 編集 ]
(主に攻撃の)チームバランスが良くて高い位置の選手から順当に多くの得点を取れた(厚みのある攻撃ができた)のが昨季。チームバランスが崩れていて最も高い位置にいるFW(オーバメヤン)優先で得点する形になっている(厚みのある攻撃ができていない中堅や下位のチームに多いスタイル)今季という感じですね。

前半戦はアピール合戦で連携が取れなかったこと、また最近は守備の脆さが一向に改善しないために、より守備を重視した戦術が多いことが原因でしょうか。しかし、本当に守備の脆さは改善しませんね。今季のブンデスは他のチームも守備の崩壊しているところが多いですが、何らかの方針の変化でもあったのでしょうか。

今季は他チームの守備崩壊に助けられている部分も大きいように感じます。そろそろ戦術オバメも対策されそうなので、チームバランスを整えて前から順に得点が取れるような戦い方をしてほしいと切に思います。
[ 2017/02/28 01:41 ] [ 編集 ]
ダルムシュタット戦を除けば、ここ6試合くらい守備安定していると思いますよ
点もあまり取られていませんし、シュートも打たれてないので
[ 2017/02/28 06:16 ] [ 編集 ]
オバメヤン点は取っているけど試合中ボール来ない時間が長すぎて見ていてつらい
[ 2017/02/28 07:14 ] [ 編集 ]
まあ今の戦術はオバ以外のゴールが取りにくいということもある。ロイスは結構外してる。デンベレはゴールアシストと頑張ってるが継続して使わなければ結果は出にくいですよ。
[ 2017/02/28 08:17 ] [ 編集 ]
オーバメヤンだけに依存したくないのであれば最も得点能力の高いオーバメヤンとロイスの縦関係を作ればいいとおもいます。
オーバメヤンの下にトップ下ロイスというのも面白いと思います。これならウイングの片方にデンベレともう片方にシュールレと、飽和しがちなウインガー達を上手く使える。
[ 2017/02/28 12:59 ] [ 編集 ]
記事のゴール数はリーグ戦だけでなくシーズン全体の数でしょうか
ロイスのゴールが増えないのも気になりますね
[ 2017/02/28 15:58 ] [ 編集 ]
オバメがシュートを外し続けたというのもあるけれど、パスがオバメまでいかないことが多かった試合もあったと思う。ロイスはイライラしてましたが、前からあんな感じでしたっけ?
[ 2017/02/28 20:22 ] [ 編集 ]
 オバメの依存度が高いことは知ってた。チームの得点数見ればオバメが何点取ってるかわかれば、どれくらい依存してるかわかるからね。(リーグ戦22試合終了時19得点で1位タイ)試合ごとに見てないからパーセントまでは知らなかったけど。ワントップだから依存度は高い。オバメが得点王に近くなるのもそのせい。でもオバメの得点率は昨シーズン香川より下。
 この記事が面白いのはトゥヘルの戦術ではなく、もうオバメの出来次第。オバメがいなければトゥヘルの価値もないといわんばかり。そして昨シーズンこんな話が出なかったのも、クロップの遺産があったから。戦術じゃなく個人技頼みになるからこういう皮肉られた記事が出る。
 オバメが復活したかどうかは次の試合を見てみないとわからないね。どちらも蹴りこんだのではなく、介護してもらって、フリーの状態であわせて入れたようなものだから。
ー57ー
[ 2017/02/28 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。