ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、ゲッツェ、代謝障害で長期離脱へ!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



BVBスターが長期離脱


ゲッツェの代謝障害の裏にあるものは?


entry_img_1520.jpg
引用元:Bild


彼を“トレーニングから省くこと”は“絶対に必要だった。”

BVBは月曜日にBVBのスーパー・スター、マリオ・ゲッツェが長期離脱する事を発表した。その原因は:代謝障害だ。

スポンサーリンク



スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルク:“我々はマリオの障害の理由がはっきりしたことに関して喜んでいる。そしてこれが治ってから彼がその能力に加えて更なるクオリティーを発揮すると確信している。”




さらに“BVBはできる限りの方法でマリオ・ゲッツェを支えていくつもりだ。”と続けた。



ゲッツェ自身は、“現在治療中で、一日でも早くトレーニングに復帰してチームの助けとなって、みんなの目標が達成できるように、全力を尽くしている。”と語っている。




しかし一体マリオ・ゲッツェは何に苦しんでいるのだろうか?ビルトが専門家に話を聞いた。



スポーツ専門家のラルフ・オーアマンはビルトに対し、“ゲッツェの本当の病気がどのようなものかをはっきり言うのは難しい。彼の病気の兆候はいろいろな形をとって現れるんだ。一番可能性が高いのが筋肉の代謝障害だろうね。”と語っている。


この場合は筋肉の病気のようで、筋肉の代謝に関して障害があるようだ。約2%のドイツ人がこの病気(注:英語myoadenylate deaminase deficiency)に苦しんでいる。


おもな症状としては、負担がかかると筋肉が弱体化したり、痙攣したり、またはクレアチンキナーゼの上昇などがある。



またこれには赤血球のヘモグロビンの生成も関係している可能性もあるそうだ。



オーアマン:“患者は症状として背中は手足の痛みを訴える事がある。”








以上です。

ちょっと病名をどのように訳して良いのかわかりませんでしたが、英語ではMADDと呼ばれている病気のようですね。まあ筋肉の代謝が正常ではない病気だと理解しました。これが実際の生活にどのような影響を及ぼすのかはまったく想像が付きませんが、アスリートにとっては大きな問題となるだろうという事は何となく想像できます。

これまでは筋肉に問題を抱えていたため欠場していましたが、検査の結果ようやく病名をつきとめたというところでしょうか。しかしこれできちんとした治療に専念できるのは良かったですね。

これが前半戦のパフォーマンスにも影響していたのかどうか、その辺はまったくわかりませんが、いずれにせよ早く治して、素晴らしいプレーをみせてくれること願っています。

[ 2017/02/28 07:12 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(17)
筋力が低下する病気?どうりで太ったつかプヨプヨして見えるわけだ。筋力が落ちると繊維が細くなって周りはたるんだようになるからな。先天的なものか後天的なものかは知らないけどうまくリセットできるといいね。

ドルからすると困ったことだね。オーバやロイスと違ってゴール前の狭いとこでボール持てる個人技あるからな。復活すれば絶対的なエースだからな。
[ 2017/02/28 08:18 ] [ 編集 ]
この病気ってゲッツェが少しポッチャリしていたのと関係があるんでしょうか? とにかく治療に専念して本来のポテンシャルを発揮できる状態に戻って欲しいです。
[ 2017/02/28 09:47 ] [ 編集 ]
これは引退もありうるか
[ 2017/02/28 10:10 ] [ 編集 ]
追い込んだ練習が出来ないから痩せられないのかもしれない。とにかく病気が良くなるといいね。
[ 2017/02/28 12:14 ] [ 編集 ]
MADDで調べてみましたが、グルタル酸血症2型といって、先天性の遺伝子欠損が原因のようです。難病指定されているので治すというのは非常に困難な気がします…。
[ 2017/02/28 12:36 ] [ 編集 ]
長い練習が困難という事で、ピート・サンプラス を思い出しました。
彼は貧血症で (http://www.ne.jp/asahi/pete/sampras/archives/general/1996/A-Globe&Mail960924J.html によると サラセミア(地中海性貧血症) らしい)、貧血症は
ヘモグロビンが血液体積あたりで減少するらしいです。医師は
その可能性も疑っているのかもしれませんね
[ 2017/02/28 13:23 ] [ 編集 ]
たしかに頻繁に筋肉の~と離脱してましたね
太りやすくなっていたのも関係があるのでしょうか
ゲッツェは国外に移籍した方がよかったのではと思っていましたが、病気治療が必要な今、慣れ親しんだドルトムントでよかったかもしれません
こういう病は治癒が難しいかもしれませんが、また躍動するゲッツェがみたいです



[ 2017/02/28 16:14 ] [ 編集 ]
素朴な疑問ですが、バイエルンにいた時は大丈夫だったのでしょうか?
メディカルチェックなどでも異常は出ていなかったのでしょうか?
難しそうでなじみのない病名なので完治する病気であるのか重い病気なのか軽い病気なのかさえもわかりませんが、
まだまだ若いですし、頑張って克服してほしいです。
[ 2017/02/28 16:58 ] [ 編集 ]
ゲッツェの筋肉系の問題の原因がわかって本当に良かったと思いますが、聞いたことがない病名で、筋肉系の症状は兆候の一つにすぎないと書いてあるので、復帰までどのくらいかかるのか、完治するのか心配です。今は治療に専念し、プレーできる頃にはチーム状況も変わっているかもしれませんから、その時には彼の本来の躍動するプレーをまた見れる事を願ってます。
[ 2017/02/28 18:33 ] [ 編集 ]
下手したら選手生命に関わりそうな病気だけど根治できる方法あるんですかね
本人が一番大変だろうし頑張って欲しい

復帰したら香川ベンチからも消えそうで恐いけど
[ 2017/02/28 19:30 ] [ 編集 ]
スポディチの時も、トゥヘルが不当に干していると騒がれたがその後血栓症が見つかり手術して治った。
香川も、同様に嫌われている騒ぎだったけど、骨座礁が見つかり休養しながらのトレーニングでかなりコンデションが戻ってきた。
そして、ゲッツエだ。やはりトゥヘルは練習や日々の変化を良く見て気が付くのだろうね。ゲッツエだってもしかしたら、バイエルン時代から少しづつ発症していたかもしれないのに・・・
トゥヘルが過少に評価されていると思うよ。
[ 2017/02/28 22:35 ] [ 編集 ]
いやいや、スボティッチは開幕から干されてただろ。血栓症はある日のトレーニング中に起こったんだよ。すぐにスボティッチが異常に気が付いて病院へ行ってわかったんだよ。香川の骨挫傷だって9月前からずっと痛みが続いていたのにそのまま練習や試合に出てただろう。痛みが続くから11月一度検査しようとなってわかったんだよ。ゲッツェはマスコミがうるさく聞くから会見で香川やシュールレと比較して何故ゲッツェだけが試合に出ないとうるさいんだと不快そうだったろ。最後に出たマインツ戦でだってゲッツェのプレーに怒鳴ってたよ。ゲッツェは開幕から筋肉に故障を抱えてただろう。香川の骨挫傷同様トゥヘルがなんたらじゃなくドルが検査に行かせるのが遅いんだよ。
[ 2017/03/01 06:32 ] [ 編集 ]
6:32さんに同意です
今までもドルトムントの医療スタッフ?には疑問を感じることがよくありました。
昨シーズンのロイスの怪我ももっと早くに対処していたらあんなに長引かなかったのでは、、
ドイツの医療と日本の医療との違いもあるので(まず検査ありきの日本ですので)
どちらが良いのかはわかりませんが。
それに最近の日本では地方の開業医の整形外科でもMRIありますからね
[ 2017/03/01 08:52 ] [ 編集 ]
[ 2017/02/28 22:35 ] です。
[ 2017/02/28 22:35 ] 様の意見に異論は有りませんよ。文字にすると真意が伝わらなかったみたいですが、言いたかった事は、試合に出さないのは練習でのパフォーマンスが悪かったからであって、不当に干していたのでは無いのでは?って言う事。トゥヘルが怪我や病気を知っていて出さなかったという事では有りません。
スポディチはほとんど試合に出ていなかったし、たまに出た時はそれなりに思えたので、判断はできませんけど、血栓症だってある日突然症状が出たのか、少しずつ何かしらの症状によってパフォーマンスが落ちていったのか、これはゲッツエにも当てはまりますよね。

たびたび同じことを書きますが、練習等すべてを見ていない私たちの持っている情報は限りなく少ないのです。試合で画面に映っていた事だけが全てだと思って批判するのはいかがなものかな?って事です。
[ 2017/03/01 14:02 ] [ 編集 ]
[ 2017/03/01 14:02 ] - です
確認不足ですみませんでした。 [ 2017/03/01 06:32 ]様の意見に異論はありません、でした。
[ 2017/03/01 17:12 ] [ 編集 ]
17:12さんへ
真意はわかったが別にトゥヘル批判してないんだが。スボティッチとクバの扱いは個人的問題もあったと思うがね。スボッティッチはポカール決勝で同宿を禁止された件、クバは移籍の件でかなりトゥヘルの話と食い違いがあっただろう。まあ本人達が同席して話さなきゃわからんがね。
[ 2017/03/01 20:43 ] [ 編集 ]
[ 2017/03/01 20:43 ] 様
私はあなたの意見に異論は有りません。前に書いたとおりです。スポディチの事やクバの事も何かあったのかもしれませんね。否定はしませんよ。
ただ、この数か月のここのコメントは余りにもトゥヘル叩きが醜くて、、擁護しているコメントが私だけの日もかなり有りましたし・・黙って去れば良いのでしょうが変に正義感が有るのでちょっと熱く語ってしまっています・・・
私は香川が大好きです。ドルトムントが大好きです。ツウォルクも、ヴァツケも大好きです。黄色い壁を愛しています。だから、トゥヘルも好きになりたいし、そう努力していたら本当に好きになりました。信じてどうしてだろう?って考えると、だんだんと気持ちがわかるような感覚になって来ましたよ。トゥヘルが香川を嫌いになる原因が思いつかないから、好きなんだろうという目で見ると、大切にされていると信じられるようになりました。
[ 2017/03/01 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。