ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBゲッツェ難病の代謝障害で長期離脱!!代謝障害とは?専門家が語る!《ドイツの反応》



西ドイツアルゲマイネ



代謝障害:マリオ・ゲッツェの病気の考えられる原因。



entry_img_1521.jpg


ドルトムントのマリオ・ゲッツェは代謝障害でまずは休むことを余儀なくされている。どのぐらいだろうか?数週間、もしくは数か月。




それはまだ分かっていない。我々はドクター・トーマス・フリスと考えられる原因について話をした。


フリスさん、マリオ・ゲッツェは代謝障害で苦しんでいるそうですが、我々の読者にいったいどのようなものか説明してくれませんか?

スポンサーリンク


フリス:代謝障害とは、食物、水分などの摂取、排せつ、それからそれらの変化に関するすべての病気の事を言います。私もインターネットでもう一度この病気について調べてみました。なのでこの病気がこうだ、と一言で言うのは難しいんです。どれも代謝障害の意味するところは広いですから。脂肪の燃焼の障害に始まって、過度の尿酸、またはミネラルや塩分による負荷まで、症状もいろいろです。さらに糖尿病、またはアレルギー、そしてグルテン、脂肪が吸収できない症状まで引き起こすこともあります。



このような代謝障害の筋肉への影響はどうでしょうか?

フリス:これも様々な原因が考えられますね。塩分やミネラルの領域において、短期的な障害が起こる可能性があります。ナトリウム、マグネシウム、カリウム、などなど。




それは物質欠乏症上というものですか?

そうですね。もしくは逆に正常ではない数字まで上がってしまうか。そうなると腎臓に問題を抱えることになり、筋肉の乳酸値がたまってしまう事になります。長期的には体重に問題を抱え、または特に脂肪に関する代謝障害、もしくは糖尿病などの可能性が出てきます。または別な病気に変わってしまう可能性もありますね。






以上です。

マリオ・ゲッツェの病気について、別な専門家の情報がありましたので紹介しました。

いちおう分かりやすく訳そうと努力はしましたが、医療の分野に関しては全くの専門外なので、どこまで正しいかはわかりません。

一言で代謝障害と言っても、いろいろあるようなので、実際のマリオ・ゲッツェがどの程度なのか外部から特定するのは難しいようですね。

これらの記事を受けて、ドイツ紙ではマリオ・ゲッツェの太り過ぎがこの病気によるものだったのではないか、またこうした症状はすでにバイエルンに移籍した2013年からあったのではないかと、様々な憶測を読んでいます。ゲッツェのバイエルン移籍後の不調は全てこのためだったのではないか、これで納得がいった、といったところでしょうか。

ちなみにアルペンスキー・ワールドカップ優勝者のカトリン・ヘルツルが代謝障害のために29歳で引退を余儀なくされています。彼女の場合も病名の特定に時間を要し、後にヘルツルは“まるでだれかにナイフで太ももを突き刺されるような痛みを抱えていた。”と語っています。(ソース:スポーツ1)

しかしドイツ紙ビルトの最新記事によるとこの病気は治すことが可能だ、という事でしたので、回復することを願っています。



[ 2017/02/28 18:59 ] ゲッツェ | TB(-) | CM(6)
治療可能であるなら、原因が判って良かったですね。本人の自主管理が甘いとか、監督が不当に干しているとか、選手や監督の人格を攻撃する人がいなくなるのは良いことです。
マインツ戦見直して、やはりなんかおかしいと思ったのは病気の為だったのかと納得です。
[ 2017/02/28 19:42 ] [ 編集 ]
太ったゲッツェのこと悪く言う人たくさんいましたが(私もですが…)
病気のせいだったのかもしれなかったんですね…ごめんゲッツェ
でもバイエルン移籍したことは今でも許さないけどね!
[ 2017/02/28 19:57 ] [ 編集 ]
代謝障害の程度はどのくらいかはわかりませんが、太り過ぎが病気からくるものなら、最近太りだした訳でもないので、今まで、メディカルチェックや血液検査で異常はなかったんでしょうか?よくトレーニング中に検査をしている画像を見ますよね。バイエルンに移籍した頃からでしたら、長い期間が経っているので、異常の原因がわからなかったのが少し不思議に思いました。
[ 2017/02/28 20:13 ] [ 編集 ]
前記事と合わせて。
うーん・・・ゲッツェは普通に試合に出てたけどなぁ。それどころかフル出場もしてたし。終盤にドリブルして切り込んでたし。走行距離も上位だったし。痛がってる様子もなく普通だった。まあ、ドルトムントの病気論は今に始まったことではないけどね。香川も足の怪我だといいつつフル出場させられてたし。他の人も書いてるけど、バイエルン時代も何もなかったんだろうか?来る前にわかってたはずだからね。そのときから太ってたし、病気で太ってるなら、そのときすでにわかってたことだからね。しかも検査してるはずだし。しかもドイツ代表だし。あ、どんどん話がおかしくなっていく。それに病気で出られないならバルサにオファー出したという話もあるのも不思議。いやー相変わらずドルトムントの病気論はなぞが多くて困る。
 代謝障害で調べると、糖尿病と出てくるね。この記事にも書かれてるけど。
 Ⅱ型糖尿病なら治る可能性があるが遺伝的体質が原因のⅠ型糖尿病は治らないみたいだね。代謝障害としか言ってないなら、正式な病名を明かしていないことになるから、ビルトがなにをもって治せるといっているのか不思議でならない。まあ、ビルトだからといわれたらそれまでだけど。
 仮に糖尿病だった場合、8割がEDになるらしいがゲッツェは大丈夫なのだろうか。
ー58ー
[ 2017/02/28 21:27 ] [ 編集 ]
ブラジルのロナウドはドーピングになるので薬物治療できなかったけど、ゲッツェはどうなんだろう
[ 2017/03/01 02:17 ] [ 編集 ]
21:27さんの意見面白い
重病なのではっと心配していましたが、他の裏事情もあるのかもしれないですね
[ 2017/03/01 09:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。