ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

暴行されたグロースクロイツ!未成年を連れ歩いていた事実が発覚し、クラブ解雇の危機!?ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト】3月1日22時23分



グロースクロイツ!解雇の危機!

ワールドカップ優勝者のケヴィン・グロースクロイツの暴力沙汰!また新たな事実が明らかとなった。



20170303043030c03.jpg
引用元:Bild



そして次から次へと大きな疑問が湧いてきた。グロースクロイツが、シュトゥットガルトでプレーする事はもはやないのだろうか?

スポンサーリンク


このシュトゥットガルトのプロ選手は、この前の試合では足の負傷のためベンチ入りしていなかった、。そして火曜未明にかけて彼は、16歳から18歳の4人の若者を連れて市内へと繰り出したのだ。彼らはディスコ、パーキンス・パークで行われたハイスクール・パーティから出てきたところだった。



ビルトの情報によると、グロースクロイツは酔っぱらっていたようだ。そして彼の連れの内3人はシュトゥットガルトU17でプレーするメンバーだったようだ。



彼らは午前2時過ぎにヴィルヘルム広場で若者に挑発され、グロースクロイツはそこで暴行をうけた。頭から倒れたとみられており、後頭部と顔を負傷している。またU17の選手の一人も暴行を受けたようだ。



午前2時16分に警察と救急車がヴィルヘルム広場へとやってきた。そしてその18分後にほかのパトカーも駆け付けた。午前3時4分に、グロースクロイツはシュトゥットガルトのカタリーナ病院の救急に搬送された。


病院で撮られた写真では彼の頭部はぐるぐる巻きにされており、目元が大きくはれ上がっている。しかし彼は約24時間後に退院している。

entry_img_1524.jpg


昨日、彼はシュトゥットガルトのマネージャー、ヤン・シンデルマイザーに呼び出されている。その結果、彼の処遇に関してはまだオープンだ。


グロースクロイツが彼女のカーロとさらなる検査のために病院に行っている間、シュトゥットガルトのボスたちは今後について話し合ったようだ。10万ユーロ以上の罰金から解雇まで、まだすべてが可能である。




ビルト】3月2日15時49分 


※前記事と重なる部分は要約



シュトゥットガルトのボスはグロースクロイツの処遇はまだ未定と語る。


木曜の午後、シュトゥットガルトのチームのメンバーはレオンハルト教会でホームレスの炊き出しに参加した。このイベントの後で、VfBの会長ヴォルフガング・ディートリヒがグロースクロイツの件について以下のようにコメントしている。


ディートリヒ:“いずれにせよ明日それについて聞くことになるだろう。その事件以来、我々は内部で集中的に議論している。まもなく結論を出すだろうし、そうしたらその結論を伝えるつもりだ。”



そしてさらに、



“これは我々みんなにとって問題だ。もちろん、ケヴィン・グロースクロイツに関してはできる限る守るつもりだ。彼は我々のクラブの選手だからね。”



しかし彼にシュトゥットガルトでの将来はあるのだろうか?それは今のところ完全にオープンだ。グロースクロイツは水曜日にマネージャー、シンデルマイザーの下に呼び出されている。



ディートリヒ:“我々は何が起こったか知っている。将来については現時点ではまだ語りたくない。まずはケヴィン・グロースクロイツと直接話をするつもりだ。”









以上です。

ビルト的には解雇されたら絶好のネタになりますから、それを期待している感じですね。

争点になるのは、お手本となるべきプロ選手がU17の選手を連れ出したという部分ですね。しかしこのパーティは16から19歳ぐらいまでを対象としたハイスクールのパーティの様なので、U17の選手からグロースクロイツに声をかけたという可能性も十分にあるのではないかと思います。高校の友達にグロースクロイツを披露したかったとか、十分にありそうですよね。

ちなみに飲酒に関してですが、ドイツでは16歳以上はビールは飲んでも大丈夫です。18歳は成人扱いですからなにも問題ありません。

グロースクロイツが酔っぱらっていることは法律的には何も問題はありませんが、現在のプロ・サッカー選手はアルコールを飲まないのが普通になっているようですから、まあプロとしてのモラルが問われるところでしょうか。


【おまけ今日のドイツ】


2017030304313492b.jpg


庭に花が咲いていました。春が近づいているようです。
[ 2017/03/03 06:00 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(8)
16からビールが合法的に飲めるなんて最高だな~
さすがビールの本場だ
[ 2017/03/03 06:11 ] [ 編集 ]
いやー記者の思惑次第で悪者にも善者にもなりうる記事ですね
管理人の説明がないままヤフーなどに同じ内容の記事が出たら
とんでもないことをした選手と思われますね
[ 2017/03/03 07:35 ] [ 編集 ]
若者にとってグロクロさんはちょい悪親父みたいでかっこいいだろうな
[ 2017/03/03 08:00 ] [ 編集 ]
※現在のプロ・サッカー選手はアルコールを飲まないのが普通
え?そうなんですか?
欧米はしょっちゅうパーティーやってるし
シャンペンやワインは常に飲んでると思ってました。
[ 2017/03/03 08:32 ] [ 編集 ]
連れ出されたのが浅野じゃなくて良かったな
[ 2017/03/03 14:57 ] [ 編集 ]
グロクロさん前にも飲酒騒動起こしてたような
[ 2017/03/03 16:52 ] [ 編集 ]
未成年と書いてあったので、リベリの時みたいな男性から同情されるような紳士案件かと思ったら、なんともグロスクロイツらしい事件で安心しました。
 挑発してきた相手はどこのサポーターなんでしょうかね。私はそれが気になりますね!
[ 2017/03/03 17:04 ] [ 編集 ]
U17の選手を連れ出したのではなく、保護者的な感覚で同行したと思いたい。U17に慕われている、お兄さんのようにね。
[ 2017/03/03 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。