ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

長谷部!日本人最多記録達成なるか!独紙「長谷部が面白い記録達成目前!」《ドイツの反応》





フランクフルト・ノイエ・プレッセ

アイントラハト・フランクフルト

日曜日のホーム戦:長谷部、面白い記録達成目前!




entry_img_1531.jpg



ミッドフィルダー、長谷部誠は、今日ホームで行われる対フライブルク戦で特別な記録を達成する事になる。

フランクフルト:この33歳は、今日日曜日、これまで日本人最多出場記録を誇っていた奥寺康彦の記録を抜くつもりだ。

スポンサーリンク


現時点では長谷部も奥寺もブンデスリーガ出場記録234試合で並んでおり、二人ともブンデスリーガ優勝経験者だ。奥寺は1977年から1986年までケルン、ヘルタ、ブレーメンでプレーしていた。長谷部は2014年にフランクフルトに移籍するまでヴォルフスブルクとニュルンベルクでプレーしていた。



この日本代表のキャプテンはフライブルク戦を前に再び体調を戻している。彼は風邪をひいて熱があったが金曜日からトレーニングに参加している。



“どんな監督だって、長谷部誠がチームに居たら嬉しいだろうね。”とフランクフルトのコーチ、ニコ・コヴァチは語る。“彼はチームに落ち着きと安定、確かさを与えてくれるんだ。そして若い選手のお手本となっている。”


奥寺と長谷部の他には、これまで3人の日本人選手がブンデスリーガで100試合以上プレーしている。ハンブルクとフランクフルトでプレーした高原直泰、現在ハンブルガーキャプテンを務める酒井高徳、そしてシュトゥットガルトとマインツでプレーした岡崎慎司だ。








以上です。

いよいよ今日でブンデスリーガ最多出場記録が更新されそうですね。235試合というのは素晴らしい数字ですね。ブンデスリーガは1シーズン34試合ですから、全試合に出ても約7シーズンかかる数字ですね。

ちなみにブンデスリーガ歴代最多出場選手の上位は以下のようになっています。
1.カール・ハインツ・ケルベル 602試合、フランクフルト
2.マンフレート・カルツ 581試合、フンブルガー
3.オリヴァー・カーン 557試合、バイエルン、カールスルーエ

現役ではブレーメンのクラウディオ・ピサロの423試合が最高です。現役のアドラーが250試合で16位ですから、長谷部選手は20位、もしくは30位以内には入ってそうですね。

ぜひともこの数字を伸ばしていってほしいです。


[ 2017/03/05 20:00 ] 長谷部誠 | TB(-) | CM(3)
祝!おめでとうございます。
[ 2017/03/05 20:39 ] [ 編集 ]
長谷部選手の夢はプレミアでプレイすることでしたね
残念ながらその夢は叶いそうにもないけど、こうなったら1位のケルベル選手を抜けるように応援します
[ 2017/03/05 23:01 ] [ 編集 ]
盛大に祝おうと思っていたけど、それどころじゃない状況に…
厳しいなあ
でももちろん素晴らしいこと
引退するときはこの偉業を強調しておきたいね
[ 2017/03/06 04:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。