ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【CLベンフィカ戦】ドルトムント、オバのハットトリックでベスト8進出を決める!香川は途中出場!ドイツ紙マッチレビュー《ドイツの反応》




ビルト


https://www.youtube.com/watch?v=yBlbkafwADA





ドルトムント:ベンフィカ 4:0


オバメヤンのゴールショウ!



entry_img_1537.jpg
引用元:Bild



彼は本当に調子が良い!

ピエール・エメリック・オバメヤンは、これまでのいざこざ(注:ナイキの宣伝)をよそにクールだ。このフランス人(注:原文のまま)は4:0で勝利したベンフィカ戦でハットトリックを達成し、準々決勝進出を決めた!

スポンサーリンク



オバ!すげーぜ!



オバメヤンはファーストレグではPKを含むすべてのチャンスを外していた。しかし、その後彼はブンデスリーガで4得点を挙げていたのだ。そして今日のしあいでそれにさらに3ゴール上乗せした。彼は頭にスポンサーのロゴを描いていたが、それももう忘れられた。



オバ!スゲー!ドルトムントが次の試合に!今は次の試合でバイエルン対ドルトムントの組み合わせにならないことを願っている。



試合は序盤から良い出だしだった。



4分:デンベレのコーナーキック。プリシチがヘディングでそのボールを延長すると、奥のポスト側に立っていたオバメヤンがヘディングを決め1:0.


その後は長い時間に分かって、なにも起こらなかった。ベンフィカが徐々に強くなっていき、オバメヤンは前半でたった5回しかボールに触らなかったのだ。



そして後半になると二人目のフランス人の天才的なプレーが、試合を動かした。



59分:デンベレ―が左で、ノールックのヒールパスを決める。そしてその後のピスチェクのパスをアメリカ人のプリシチが決めて2:0としたのだ。


61分:シュメルツァーの素晴らしいボレーキックをオバメヤンが押し込んで3:0!


85分:オバメヤンがドゥルムのパスからゴールを決めハットトリック達成!



スタンドで観戦していたファンたちは涙を流して喜んだ。これが初めてのベンフィカの奇跡ではなかったのだ。



BVBは1963年にもファーストレグでベンフィカに1:2で敗れていた。しかしその後セカンドレグで5:0で勝利したのだ。なんとその時のメンバーのうち7人が今日スタジアムに居たのだ。



ドルトムントは素晴らしい振付で今日の逆転劇を演出していたが、それが成功したのだ!








以上です。

やりました!!これでベスト8進出ですね。実はこの試合中、ずっとバルセロナ戦も気になっていたのですが、ドルトムントの試合が終わってから急いでチャンネルを変えたらネイマールがちょうどPKを蹴るところでしたので、奇跡の逆転劇を見ることができました。ドルトムントの勝利に加えて、奇跡の逆転劇の瞬間を観れて今日は良かったです。

さて、今日も343で始めるかと思ったんですが、前半は興味深いことにプリシチが中央でプレーしていましたね。試合後のインタビューでもトゥヘルがプリシチは前半は10番のポジションでプレーしていたと語っていましたので、そういう戦術だったようです。グループリーグでもそうですが、トゥヘルのプリシチに対する信頼はかなり高いようですね。今日は大事な2点目を決めてくれたのでとにかく良かったです。

香川選手はこれで4試合連続途中出場ですね。そろそろ先発でプレーする姿が見たいですが、今はとにかく試合に出続けることが大事ですね。

次のリーガでの出場に期待したいです。






[ 2017/03/09 07:58 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(16)
シーズンで一番のゲームだったな。
チーム勝たせたのは、シュメレとドゥルム。たぶんサインプレーだったと思うけど一点とった後、相手のペースにハマりそうになってたけど、二人が数的不利な状況を作らせなかった。逆に攻撃ではオーバを前で余らせるようにやってたな。おかげで前半終了間際のピンチしのげて後半の得点につなげられた。ナイスゲームでした。

ところで、バルサ。怒ってたなw
[ 2017/03/09 08:35 ] [ 編集 ]
確かにバルサの逆転劇は凄かった!! バルトラはドルトムントのベスト8進出と古巣の大逆転勝利の両方を喜んでいるのでは!?
[ 2017/03/09 08:36 ] [ 編集 ]
若手が躍動して良い試合でしたね
プリシッチが中央なのには驚きましたが昔の香川のような得点をしヴァイグルは流石でした
オーバメヤンとトゥヘルは雑音を一掃しチームの雰囲気も良くなってそうです

香川は試合の流れ的にもあの10分で何かをするのは難しかったと思うし蚊帳の外みたいになっても仕方ない
若手達が期待以上の活躍を見せてるので出場時間も厳しいと思いますが
デンベレとカストロ辺りは休んだ方が良いしリーグでのスタメンに期待
[ 2017/03/09 09:46 ] [ 編集 ]
勝利おめでとうございます。
今日はなんといってもエース・オーバメヤンの復活!なんとも頼もしい限りです。
ロイスの欠場で、急遽大舞台で先発となったプリシッチも素晴らしかった!まだ18歳なのに躍動感溢れるプレイからの1G1A。これからの活躍が楽しみです。
[ 2017/03/09 10:12 ] [ 編集 ]
いやーバルセロナ対PSGは凄かった。スアレスのダイブ含めても、今世紀最大の逆転劇は見所一杯でしたね。
カンプノウの雰囲気が凄すぎる。相手チームには辛すぎるスタジアムです。

ドルトムントは、オバメヤンが復活すれば強い。最近の勝利でトゥヘル批難は、一旦終息しましたね。ゲッツェを干していたのではなく病気だった事実も関係しているのかも知れません。選手達には何かしらのタイトルを手にして欲しいものです。

香川の役割はハッキリして来ましたね・・デンベレの控えとゲームを落ち着かせて上手く終わらせる役目。
経験豊かなベテランが担う仕事で、逆転劇を生まない為のそれなりの役割だとは思いますが、彼にはまだ老け込んで欲しく無いですね。しかし、現状ではデンベレやプリシッチの評価が高いので管理人が言われる通り、代表を睨みながら試合出場する事で試合勘を無くさないようにする事が重要だと思います。
[ 2017/03/09 10:29 ] [ 編集 ]
そうですね、香川は最悪と思うなかれ、とりあえず出続けることがまずは大切ですし、信頼はまだ繋がってるような。ただ悔しいくらいプリシッチは見事に期待に応えました(笑)成長が手に取るようにわかるナイスガイですね。
[ 2017/03/09 13:24 ] [ 編集 ]
シュメルツァーからオーバへのクロスが完璧すぎる
[ 2017/03/09 15:08 ] [ 編集 ]
トゥヘルのプリシッチに対する期待と愛情が伺えますね、そしてトップ下を採用するフォーメーションで間違いなくプリシッチが序列を上げてきてるしサイドでも非凡な才能を持ち合わせている戦力である事。
個人的にはシュメルツァーとゲレイロのポジション争いも気になるし(ゲレイロがど本命だがトゥヘルがどう対処するか)
チームも過密日程で香川の出番も間違いなく来るだろうからそこでどんなインパクト残せるかですね。
なにはともあれCLベスト8おめでとう!
[ 2017/03/09 15:18 ] [ 編集 ]
リーガでの勢いそのままに快勝しましたね!
3点目が入るまでは安心できなかったのですが、本当に良かったです。リーガ次戦ではターンオーバーで香川選手が先発できるといいなと思います。
それにしてもバルセロナはやりましたね。お気に入りのチームの一つなので嬉しいです。
[ 2017/03/09 15:39 ] [ 編集 ]
確かクロップの初CLはGS敗退でしたよね? それを考えるとトゥヘルの初CL、ベスト8進出はもっと評価されるべき功績だと思います。本人も満足してる様子は無くもっと勝ち進みたい。とコメント残してますし、この後は強敵しかいませんが一応期待はしときます……w ただやっぱりタイトル獲得がみたいですよね〜。 リーグ優勝はドルトムントにとっても特別なタイトルでしょうし、ただバイエルンという化け物クラブがいるからなぁ。ちくしょう!!w 取り敢えずポカールは今期絶対に獲得して欲しいです!! バイエルンにさえ勝てれば一気に優勝の可能性は高まるので。 まずはロッテ戦で勝つことですね。シュールレ、香川、メリノ、ギンター、パスラック、モル……この辺は出番はあると思うし頑張って欲しいです! heja BVB!!
[ 2017/03/09 16:42 ] [ 編集 ]
ドルの未来を考えるとトゥヘルがデンベレドゥルムプリシッチを育てたい気持ちは分かる。
香川にとっては厳しい立場だがもうすぐ28才という年齢の事もあるしステップアップよりも地に足をつけた移籍を考えて欲しい。
[ 2017/03/09 20:01 ] [ 編集 ]
香川さん移籍までがんば!デンベレの控えでしか使ってもらえないんだから仕方ないですよね。
段々プレイタイム短くなっていくし
トゥヘルさんのドルトムントではもうトップ下香川真司は必要ないみたいですね
トゥヘルが大好きなデンベレとブリシッチに交替ですね。
ドルトムントは若手育成チーム、かつて香川もそのお蔭で成績を残しマンUに移籍出来たのだから
デンベレとブリシッチはリパボを断ってさらにビッグクラブへとステップアップですね。
CL決勝迄行けると良いですね
香川のプレイが見たくてドルの試合見ていただけなんで、香川選手を変わらず応援だけはします。
残り何分でしか出してもらえない香川選手見てるのはつらいです。
サッカーは楽しく見なきゃね

[ 2017/03/09 21:47 ] [ 編集 ]
ベスト8+来期のCL出場権で成績面ではトゥヘル来期も続投やな
後はフロントとの関係次第と
[ 2017/03/09 22:26 ] [ 編集 ]
上場企業ドルトムントはまた収益を積み上げました。スタンドもいつも満員。トゥヘルは解任どころかインセンティブが出てもおかしくない。
[ 2017/03/10 04:57 ] [ 編集 ]
プリシッチはやはりロイスの代役でしょう。以下はレバークーゼン戦の後の私の書き込みですが・・

フォーメーションでデンベレの位置が気になって調べたら、公式サイトでは3232正式には32311だそうです。
        オバ
        ロイス 
   カストロ デンベレ ヴァイグル
ゲレイロ            ドゥルム
  バルトラ  パパ  ピスチェク」

       ビュルキ

こんな感じでしょうか。守備時はゲレイロ、ドゥルムが下がって5バックになり、攻撃時はヴァイグル、カストロが少し下がって縦関係になってビルドアップしていましたね。デンベレはサイドと中央を自由に移動して攻撃に最近は守備にも躍動していました。
前にも書きましたが、若い頃の香川とデンベレはスタイルが似ていると思いました。デンベレはさらに凄いスピードなので楽しみです。

今回はデンベレが主に左サイドでしたが、やはり中央や右も自由にポジション変えていました。香川は、最近はポジションも割と守るし、守備も良くなってきたけど、本来自由に動く方が輝くタイプ。自由人は2人はいらないかも。トゥヘルは香川を信頼している事は間違いないと信じているけど、期待感は若いデンベレが上なのもしょうがないよ。実際この半年でデンベレは凄く成長したしね。
スタメンで出るには、カストロにとって代わる方が現実的だし、今の香川ならカストロ位の守備やボールさばきや、カストロ以上のパスを出せると思うけど・・日本人は勿論ドイツ人だって香川にOMF的な事を期待していないと思う。たとえカストロと同じ働きしたって「良く働いていたし忠実だったが、得点には絡めなかった・・」と採点は低いだろうし、それを受けての日本メディアは、「またもシュート無し」とかで叩きそう。

ベンフィカ戦、前半はセットプレーの得点以外は相手がゴール前を6,7人で固めて来ていて崩せなかった。チャンスはカウンターのみで、超高速オバとデンベレ頼み。プリシッチもロイスもそれについていけているけど、高速香川は、超高速には順応しきれていない感じ。香川も日本人では一番速い部類だと思うし、ドルトムントレベルなのは、現状日本人で香川だけだと思うから頑張って欲しいけど、超高速カウンター頼みの今の戦術だと、スタメンは難しいのも理解できた試合だった。
香川目線だと、今期一番悔しい試合。
[ 2017/03/10 12:37 ] [ 編集 ]
採点に関係ない時間で出してくれてるトゥヘルに感謝!まだ怪我完治はしてないだろうから、それ考えたらフルだと足が壊れそうだ。同じ理由じゃないけどロイスは壊れちゃったしね。
ドイツでプレーしているからには、ドイツ代表優先自国選手優先、若手育成中のチームだから若手優先は仕方ないね。
香川本人が一番わかってるだろうし
夏までだと思うから最近は達観できるようになってきた。監督も自分の戦術でお気に入りの選手優先出来て勝ててるから
笑いがとまらないね。(個人的には気分が優れなくなるので画面越しには見たくない)
大変申し訳ないけどあのスマイルだけは生理的に無理!なんでチャンネル変える
トゥヘルさんごめんなさい
[ 2017/03/11 08:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。