ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「香川の3人抜きの後のドゥルムへのパスは信じられない!」ヘルタ戦香川評まとめ《ドイツの反応》




ユーロスポーツ



entry_img_1544.jpg
引用元:ユーロスポーツ

BVB:ギンターとシュルレにはがっかり。ゲレイロは手堅いパフォーマンス。香川だけが説得力のあるパフォーマンス。



ボルシア・ドルトムントはブンデスリーガ第24節でヘルタBSCに敗れた。パフォーマンスは悪くはなかったが、だからと言って勝利に相応しかったわけではない。疲労がたまるなかBVB監督のトゥヘルは4人のメンバーを変えてきた。しかし香川真司だけがそのチャンスをものにしたようだ。ギンターとシュルレにはがっかりさせられ、ゲレイロはまずまず。

スポンサーリンク




香川真司

ベルリンの試合においてドルトムント唯一の勝者。一月下旬のブレーメン戦以来初めて90分プレーした。そしていくつもの場面で、彼が、柔軟にボールを扱えること、そしてかつてファンのお気に入りとなった事を思い出させた。:素早いターンに、非常に前衛的な技巧、綿密なパス。香川は出だしはオバメヤン、シュルレとほぼ同じ高さでプレーしていたが、トゥヘルの指示でいくらか低めのポジションでプレーするようになった。開始2分にはすでにシュルレのビックチャンスをお膳立てしている:BVBの最後のパスの精度が悪かったため、彼の多くのプレアシスト性のパスが無駄になっている。
香川はいくらか自分の地位を固めることができた。





Sport1

二人のワールドカップ優勝者がBVBの問題に!



前略
香川がBVBにおける唯一の光明

いずれにせよ、トーマス・トゥヘル監督は新しいスタートフォーメーションにおいて、香川真司という一つの光明を見出すことができただろう。

この日本人はドルトムント攻撃陣の中でベストの選手で、チームメートに対してしっかりした力でもってパスを出していた。その後オバメヤンの同点ゴールに対して見ごたえのあるアシストを決めたのは当然の流れだったと言えるだろう。

彼の今日のパフォーマンスは、次の火曜日のロッテ戦でスタメンするのにふさわしかった。シュルレとギンターに関してはそのようにいう事はできない。






Spox】採点と寸評


ビュルキ 3.5

ギンター 4.5

シュメルツァー 3.5

バルトラ 3.5

ゲレイロ 3.5

カストロ 2.5

ヴァイグル 4

ドゥルム 3

シュルレ 3.5

オバメヤン 2.5

香川 2.5

何よりも前半、のびのびとプレーし常に相手の脅威となっていた。彼が29分に3人の相手を抜き去ってその後ドゥルムにパスを通したのは信じられない。それに加えてボルシアの同点ゴールをアシストしている。カストロと並んでボルシアで最も積極的だった。





以上です。

香川選手の個人評がいくつか載っていましたので紹介しました。

SPOXの寸評にもありましたが、昨日の3人をかわしてドゥルムにパスを通したのは本当に素晴らしかったですね。それ以外にも2人かわしてパスを通したり、アシストの場面でも相手を惹きつけてパスを通していました。やっぱり香川選手は前を向いてプレーできると相手にとっては大きな脅威となりますね。次のロッテ戦も先発でみたいです。そしてこの香川選手を含んだ3トップでも機能する事を是非とも証明してほしいですね。

こちらの記事もあわせてご覧ください。

[ 2017/03/12 20:05 ] 香川2017 | TB(-) | CM(13)
いかに「前を向く」ことが大事かが分かりましたね。
昨日の香川には前を向くための勇気がありました。
考えすぎると余計な事をこね繰り返して、チームを停滞させてしまいますが、無心でやる事がやはり重要です。
まだ一試合なので、今後もこのようなプレーを続けてもらいたいです。
[ 2017/03/12 20:16 ] [ 編集 ]
 相手が下がりながら守らないといけない状況で前を向いてボールを受けられると、良いプレーをしやすいですね。香川にとっては良いアピールになりましたし、夏へ向けて色々と良かったのではないでしょうか。

 ドゥルムの走り出しが遅かったのが残念です。彼はパスをどう受けるか、縦パスか横パスかで迷ったのでしょう。クロップ時代なら迷わずGOなんですが、トゥヘル戦術では違いますから、彼が迷うのも仕方ないと思います。選手が判断を迷うシーンというのがトゥヘル監督になってから増えています。
[ 2017/03/12 20:37 ] [ 編集 ]
本当にワクワクするプレーだった。ブレーメン戦はまだ足が痛いと言っていたけど、たぶん2月頃からは万全のコンデションだったみたいなのに、戦術に合わなかったのか、ずっと後半少ししかプレーできず苦しかっただろうし、悔しかっただろう。
でも、こうして久々のスタメンフルに、試合勘の無さを微塵も感じさせず、90分間走りきれる体力は凄い事。地道にコツコツ練習をして、準備していたから。その折れなかったメンタルは素晴らしい。

次は、デンベレと共存でスタメンになって欲しい。今日見た限り、トップ下もトップも出来るよ。ボランチだって出来るけど、やはりバイタル内での違いはワールドクラス。ゲレイロとも、ライバルで無く共存出来てよりお互いが良さを発揮できることが証明された。香川は、ロイスやゲレイロ等テクニックの有る凄い選手との共存でお互いが2倍3倍良くなる、そういうタイプ。控えとではあまり上手くいかないよ。代表でもいえるけど・・
[ 2017/03/12 20:58 ] [ 編集 ]
香川選手は素晴らしいパフォーマンスでしたね。特に前半は唯一の脅威だったと言っていいほどです。
スリートップ気味で配置するのも面白かったです。
こういったパフォーマンスを見せれば、何より共にプレーする周りの選手たちへのアピールになりますね。香川選手がボールを持ったときの周りの動き出しも良くなるのではと楽観しています。
敗北はいただけませんが、まずはCL圏確保そして2位浮上へ勝利を積み重ねて欲しいです。
[ 2017/03/12 22:52 ] [ 編集 ]
そもそも香川は90分出ればコレぐらいはいつもヤルでしょう。 若手育成のクラブ方針とロングカウンター志向が根付いてしまっている今となっては、周囲のこういうポジティブな評価も彼の起用を後押しする様な方向に行かない気がしてしょうがありません。 仮に今レヴァンドフスキが戻ってきたとしてもトゥヘルは彼をスタメンに起用しないと思いますよ。
[ 2017/03/13 00:49 ] [ 編集 ]
しかしまぁ次のロッテ戦までの期間が(笑)
また良いパフォーマンス見せないと。
[ 2017/03/13 01:26 ] [ 編集 ]
今回の香川はピッチ上で一番うまかったと言っても過言ではない出来だった。
インタビューを読んだ感じだと、今回のは0トップ気味にプレーしろという指示だったらしいですね。
香川は練習段階では特にやったことはなかったと言っていましたが、それにしてもとても良かったと思います。
いつもよりも前を向いたチャレンジが多かったのも
バランサーという面も求められるインサイドハーフとは違って、
攻撃力が至上とされる位置に着いたことで踏ん切りがついたからかもしれませんね
[ 2017/03/13 05:02 ] [ 編集 ]
今シーズン一番のパフォーマンス
トゥヘルは一度香川を再生させてるし今季もまた新しい使い方で価値を見出した点は面白いと思う
普通に使えとも思うけど攻撃の選手で弄られない選手は数人しか居ないから仕方ない
[ 2017/03/13 07:05 ] [ 編集 ]
>今シーズン一番のパフォーマンス
トゥヘルは一度香川を再生させてるし今季もまた新しい使い方で価値を見出した点は面白いと思う

同感です。昨シーズンも一度干されてからの香川の努力は凄かった。本当に全てを一から見直してコツコツ準備していたし見事にスタメン取り返して、前半以上のポテンシャル(フィジカル、メンタル込みで)になって、優勝シーズン以上に出来ることが多く過去最高の香川だと思ったよ。

今期は怪我で出遅れたけど、WBでコンデション戻ってキャンプではスタメン扱い、後半開始もスタメンだったのにまた干されて・・まあ、戦術的に仕方なかったとは思うけど、折れずに頑張ってまたポテンシャルを上げた感じ。
香川は意外と逆境や悔しさがモチベーションを上げるタイプなのかもしれないね。そういう事を見抜いていたとしたら、名将だけど・・まさかね・・

香川の凄いところは、決して逃げたり言い訳したりしないで、自分の足りないところを細部まで探して公に言うところだ。普通の選手は自分の欠点やスタメンでない事等は言い訳したりごまかしたりして傷つかないようにするから、ファンも素直にうなずいて応援する。香川は逆だから、ファンが辛くて代わりに言い訳しだして、アンチが叩く・・
欠点や課題を公にするのは凄い勇気がいる事だ。でも、それを乗り越えなければ成長しない。今回もデンベレの様な超速で無いことを認めて、自分の良さを極める努力、できる事はやりきる努力を続けている事、人として尊敬するよ。
[ 2017/03/13 10:18 ] [ 編集 ]
FWに気を遣うよね、とにかく。もう自分で打ってしまえばいいのに。この感じならゴール決まるでしょ。ドイツ代表だろうが、アフリカ最優秀選手だろうが関係ないよ。
[ 2017/03/13 11:10 ] [ 編集 ]
今季、控えにまわり、負傷が良くなった1月、2月も後半出場と、ベンチを温める機会が多かった香川選手ですが、コンディションを維持し、フル出場で、好調さを示せた事は本当に良かったと思います。ロイスがいれば相乗効果で香川選手のパフォーマンスのみならず、ゲームにもよい結果をもたらせたのではないかと思うと残念ですが、4月には、ロイスとの絶妙なコンビネーションも 見たいものです。出場機会を求めての移籍もありえると思いますが、やはり技術の高い選手との共存が香川選手のよさを倍増させ、プレイのイメージも共有できると思います。
[ 2017/03/13 12:13 ] [ 編集 ]
そもそも単に香川が嫌いな奴はここにコメントしにくる資格は無い。自分で批判のスレッドでも立ち上げれば良いし、そんなこしても香川のプレーに影響は無い。
[ 2017/03/13 18:19 ] [ 編集 ]
香川の凄いところは、決して逃げたり言い訳したりしないで、自分の足りないところを細部まで探して公に言うところだ。普通の選手は自分の欠点やスタメンでない事等は言い訳したりごまかしたりして傷つかないようにするから、ファンも素直にうなずいて応援する。香川は逆だから、ファンが辛くて代わりに言い訳しだして、アンチが叩く・・

↑全くその通りだと思います。
ここまで正直かつ潔いのは、彼しかいない。
それを表面的にメンタルが弱いと切り捨てる向きが多いから、こちらも反論したくなるわけで。
他の日本人選手達はチーム全体の問題にすり替えたり、さりげなく正当化してみせたり、前向きなことを言って
自分のプレーに対する批判の矛先をそらしたり…って手を案外多く使ってるからねw

香川は繊細なんだろうけど、自分に厳しく強い忍耐力の持ち主なのでしょう。
どんなピンチに陥っても必ず這い上がってきてるのをみても明らか。
[ 2017/03/13 19:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。