ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

キッカー採点、香川は「3」!ドルトムント選手採点と試合評!《ドイツの反応》



entry_img_1546.jpg
本日の表紙


キッカー日本人採点


酒井 3.5
長谷部 4.5
香川 3
原口 3
大迫 3.5

浅野 4.5


スポンサーリンク




ドルトムント対ヘルタ



ドルトムント採点 3412

ビュルキ 3.5

バルトラ 4、ギンター 5、シュメルツァー 3

ドゥルム 3、ヴァイグル 3、カストロ 3、ゲレイロ 4

香川 3

オバメヤン 3、シュルレ 4



・ヘルタ採点 4231

ヤールシュタイン 2.5

ぺカリク 3、ラングカンプ 2.5、ブルークス 2.5、プラッテンハルト 2

シュールブレッド 3、シュタルク 3

原口 3、ダリダ 3.5、カルー 2.5

イビゼヴィチ 3.5



・審判 ハルトマン 2.5

全体的には全てをコントロールしていたが、36分のシュルレのファールはイエローが妥当だった。デンベレーがヴァイザ―を蹴ったのはレッドカードに値するだろう。



試合採点 2
非常にエンターテイメント性に優れ緊張感のある対戦。良いレベル。



試合評
BVBが攻めるも、逆にノックアウト!

両チームとも攻撃に重点を置いてきた。ギンターの個人ミスからイビゼヴィッチが切り開いた攻撃によってヘルタは早い段階で先制点をあげた。その後ベルリンはいくらか引いて守ることができた。それによってシュタルクが4バックに加わり、何度も5バックで守り、0トップ気味の香川をマンツーマンでマークした。ヘルタは攻撃面では、高い位置取りをするサイドの選手の裏のスペースをとって、コンビネーションを見せることに度々成功している。

 ドルトムントが同点に追いついた後で、試合はオープンになるかと思われた。ドルトムントはスピードを緩めず、ヘルタも相手を自陣に侵入させたために息をつくことができなかった。

しかあしこうした時間帯にまったく予想に反して、ベルリンは2:1と追加点を挙げ、その後ドルトムントをゴールから遠ざけることに成功している。



まとめ
ヘルタの勝利は確かに幸運でもあったが、だからと言って彼らが勝利に相応しくなかったという事は決してない。



マン・オブ・ザ・マッチ
マルヴィン・プラッテンハルトは、サイドバックという仕事を手堅くこなし、さらにフリーキックを決める事でパフォーマンスに花を添えた。







以上です。

ああ、やっぱりあの2失点は悔やまれますね。ゲレイロがライン上でクリアしたりと、危ない場面も他にはありましたが、あんなにあっさり点を献上してはいけませんね。

それからセンターバックはペナルティーエリア付近でファールを与えないようにプレーする必要がありますね。最近は少なくなったような気もしますが、ソクラティスも結構ペナルティーエリア付近でのファールが多いんですよね。

ファール→フリーキック→失点という流れはもう何度も見ていますが、個人的にはこの失点パターンが一番滅入ります。なんか入れられそうな予感がしてしまうのが嫌なんですよね・・。

明日のロッテ戦は現地時間の18時半からですね。いつもと時間が違うので気を付けなければ!

[ 2017/03/13 18:50 ] 未分類 | TB(-) | CM(19)
フリーキックからの失点...
セットプレーの時いつも戦術なしって感じの配置ですもんね
[ 2017/03/13 19:25 ] [ 編集 ]
ドルって割とイージーなシュート外しますよね、そしてあっさりと失点するという・・・
[ 2017/03/13 19:26 ] [ 編集 ]
>ドルって割とイージーなシュート外しますよね

それ9割方オバによるものじゃね
[ 2017/03/13 20:04 ] [ 編集 ]
ドルトムントはいくつも決定機あったのに外していって雰囲気悪くしていって相手に決められ負けるそれがいつものパターンですからね
フィニッシュの精度がね...
[ 2017/03/13 20:17 ] [ 編集 ]
シュメ、ドゥルム、香川は、同じ点数なんですか。
[ 2017/03/13 20:19 ] [ 編集 ]
>デンベレーがヴァイザ―を蹴ったのはレッドカードに値するだろう。
最初はそう見えたけど、リプレイ見るとヴァイザーがデンベレを蹴って痛がっている演技をしているようにしか見えないのだが・・

まあ、ヴァイザーの演技以前に、相手は明らかにこのまま終わらせようとして時間稼ぎをしていた。ドルトムントとしては時間が少ない中で同点、逆転を狙っていたのだから、ファールのアピールでいつまでも座り込まずに素早く立ち上がっていればあんなことにならなかったよ、デンベレ君。
プリシッチも、相手にイラついてシャツ引っ張ってイエロー貰ってしまい、また時間稼ぎをされてしまった。
2人とも技術は凄いけど、まだまだ若く経験が無いし、気持ちのコントロールができてない未熟さを感じてしまった。プリシッチの時はトゥヘルの目の前だったから、トゥヘルが怒って注意してたけど、試合の流れを読み対処できるのはベテランの経験だよね。
[ 2017/03/13 22:09 ] [ 編集 ]
ギンターのファールは仕方ないファール、あそこでファールしなきゃどっちみち1点もの
2点目はなぜか突っ込んであっさり抜かれたバルトラの問題
[ 2017/03/13 22:46 ] [ 編集 ]
トプラクが待ち遠しくなるような内容でしたね。
[ 2017/03/13 23:17 ] [ 編集 ]
選手個人の問題ではないと思う。
このままではトプラク来ても変わらないよ。
しっかり組織的な守備をすること、これはトゥヘルの仕事だが未だに形すら見えない。
[ 2017/03/14 01:29 ] [ 編集 ]
香川さんはやっぱり代理人替える事を真剣に考えてほしいな
キレキレでも記事や採点に圧力かけてくる他の代理人とやりやって発言力を持ちたければ
そこで自分の為に勝負してくれる味方が必要じゃないのかな
いくらクリーンで勝負したくても情けは人の為ならずとか以心伝心が美徳の
日本じゃなくて、弱肉強食とかの世界の人間が採点して、チームメイトにいる世界
もう次の移籍が最後のチャレンジだから代理人という武器が必要だよ
[ 2017/03/14 01:50 ] [ 編集 ]
パパがペナのあたりでファール多くなってんのは3バックさせてマンツーマン気味に守らせてっからだよ。厳密にいうと3バック時にはマンツーでやって4バック時にはゾーンでやらしてる。これじゃ選手は切り替えが大変。ただでさえラインの設定とか攻守の切り替え気にしながらやってんのにシステムの切り替えも気にしなきゃいけないんだからな。こうなると当然厳密なポジショニングが疎かになってキーパーとセンターバックが慌てる事が多くなるな。
まあどのゲームも打ち合いやりたいというのなら別ですが、オーバにごっつぁんで打ち合いも何もないよなw
[ 2017/03/14 04:27 ] [ 編集 ]
組織的な守備ではなく、単に対人があまりにも弱いだけ。
駒が揃ってなけりゃ監督はどうしようもないわ。
トプラク、カモン!
[ 2017/03/14 08:20 ] [ 編集 ]
今季は地元紙よりキッカーの方が香川の採点に厳しめな気がするなあ。
[ 2017/03/14 11:08 ] [ 編集 ]
いくら香川が良くても結果は負けだし香川自身の記録は一アシストだから採点低いとは思いませんが・・・
[ 2017/03/14 19:22 ] [ 編集 ]
3バックの方が4バックより守備的だと何度も説明しても理解できない人が居るけど、今回は本職CBがバルトラだけだった事が問題なんだよ(他は皆出れなかった)第一、もともと本職のCBが少ない。SB多すぎW
本来3バックは攻撃時に本職CB3人が後ろに残る。で、その前にWBとしてSB2人が配置。でこの2人は上がって攻撃参加。守備時は戻って5バックになる。
4バックはSB2人とCB2人で4人。攻撃時はCB2人だけが残ってSBは上がって攻撃参加する。守備時は4バックになる。
今回の失点は、本職がSBのギンターやシュメがCBの役割になった事でラインコントロールに慣れていなくて(本来CBが行うからね)オフサイドとれなかった事、ラインがバラバラで、ゾーンもいまいちだった事で焦った事からの失点。
[ 2017/03/14 20:09 ] [ 編集 ]
先ほどの3バックの方が4バックより守備的だ。の補足です。
後半戦、香川のコンデション戻っても出番が少なくなってしまっているのは、3バックの影響が大きい。つまり守備人数が4バックより1人多いので、攻撃にかけらっれる人数が4バックより1人少ない。
香川の様に、コンビネーションで崩すには攻撃の選手の数が足りないとキツイ。だから3バック時は中盤すっ飛ばしの縦ポンで前3人のスピードと個人技宜しく!てサッカーになってしまっているんだよ。まあ、ヘルタ戦で3バックで、攻撃人数少なくても香川なら形になりそうな事は証明できたから、サイドからの縦ポン超速サッカーと併用で、香川のコンビネーションサッカーもやってくれることをトゥヘルに期待。
[ 2017/03/14 20:29 ] [ 編集 ]
ギンターの本職は一応CBだよw
[ 2017/03/14 22:55 ] [ 編集 ]
熱烈香川ファンだけど、私も勝ってないだけに、ゴールなしのアシストのみだから3でも妥当かなぁ~なんて思います。

でも評価よりなにより、久しぶりに欧州に香川あり!がドカーンと広まった試合で、クラブサポには申し訳ないけど、楽しく試合を見れました。
これだから香川ファンはドイツメディアに問題視されるんでしょうかね。ふふふ。

プレミアやアメリカのスポーツメディアも持ち上げてくれてましたしね。「活躍すると」イギリスメディアは香川好きですねぇ~
それだけMユナイテッドに在籍して優勝メンバーだったこと、そしてファーガソンが気に入って連れてきた事は大きな影響があるんでしょうね。
[ 2017/03/15 00:00 ] [ 編集 ]
>ギンターの本職は一応CBだよw

確かに今期に限ってみればそうかもしれませんけど・・私は一度だってそう思った事が、ていうかそう思えた事が無いよ・・
今期はベンダー離脱、ピスチェク絶好調、3バックの多用等でギンターがCBやっているけど、本職の働きはSBか他のクラブならOMFだと思う。とてもじゃないけど、CBに求められる守備では負けません、守備なら任せてていうのは無いよね。攻撃時に良いクロスを入れたり、セットプレーのヘディングの競り合いで勝ったりは得意だけど。

だから、不遇のギンターをライプチヒが狙っているのでしょう。スタメンでSBで出られるクラブに行く方が良いと思うよ。
[ 2017/03/15 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。