ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、今年も再び中国ツアー!ACミランとのテストマッチ!日本はどうなる?《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ】



BVBは今年も夏に中国に行く!

entry_img_1548.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ

ボルシア。・ドルトムントは今年夏、再び中国に行くだろう。昨年と同様にBVBはそこで行われる小さな大会に参加する予定だ。

スポンサーリンク


7月には4度目となるインターナショナル・チャンピオンズカップが行われる。その大部分の試合はアメリカで行われるが、いくつかの試合は中国やオーストラリアでも行われる。


ACミランとのテストマッチ!


すでに最初の対戦カードは決定している。7月18日に広州市でACミランと対戦する。この大会に参加するもう一つのチームはまだ未定だ。2016年にはBVBは上海と深圳市でマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティと対戦した。




以上です。

すでに中国に行くことが決定したようですね。以前から日本にも来るのではないかと噂されていましたが、中国で2試合することが決定した今、どうなるか非常に気になりますね。日本に来てもう1試合実現するでしょうか・・・・。

仮にリーガを4位で終えた場合はチャンピオンズリーグの予選もありますし・・・、中国だけの可能性もあるかもしれませんね。




[ 2017/03/14 18:30 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(14)
シーズン終わりに香川が移籍するとなればあまりうまみがなさそうなので日本には来ないのではないでしょうか。やはり集金ツアーの側面は否めないでしょうし。
[ 2017/03/14 19:11 ] [ 編集 ]
浦和がが資金丸抱えで、ドルトムントを招待試合で調整中と1月に発表が有ったから、当然決まったことと思っていたけど、鹿島がセビージャを招待することは決定と有るが、浦和は調整中になっているって事は、来ないかも?

一昨年の川崎戦行ったけど、ドルトムントの選手と真近に会えて嬉しかったし、試合も凄かった。今年も会えるの楽しみだったが・・
ドルトムントからすると、Jリーグクラブにはガッカリしたかもね。弱すぎてなんの練習にもならなかった。特に川崎はスタジアムも小さく、ドルトムントの応援もイマイチだった。私自身、ドイツの凄いサポーターに慣れている彼らには、日本のドルサポにがっかりしただろうと感じたよ。その後のマレーシアや中国のドルサポの方が熱かった。
でも、浦和はスタジアムも大きいし熱いサポーターも多そうだし、川崎よりは強いから来てほしいね。
[ 2017/03/14 19:44 ] [ 編集 ]
去年、「来年は中国と日本。再来年はアメリカ。」と言ってたので予定どうりだと思いたいです。
[ 2017/03/14 19:48 ] [ 編集 ]
香川の去就に関わらずとも来て欲しいなあ
[ 2017/03/14 22:58 ] [ 編集 ]
正直アメリカの大会に出てほしかったです。バルサやレアルと対戦できますからいいテストマッチになるはずでした。中国でミランも悪くないですが地味ですね
[ 2017/03/14 23:21 ] [ 編集 ]
中国でのICCに参加するのはドルトムント、バイエルン、アーセナル、ミラン、インテルだと別所で見ました。
はっきり言って日本に来て浦和と試合するよりICCでたくさん試合した方がよっぽどアジアでのPRになりますね
ミランは今のところ3試合組まれているようなのですが(ドルトムント、バイエルン、インテルだそうです)
ということはドルトムントも中国で3試合行うのではないでしょうか?記事では2試合となっていますが…
そうだとしたら来日は、スケジュール的にもかなり厳しいのではないかと思います

[ 2017/03/15 00:32 ] [ 編集 ]
米国の10番、プリシッチにあわせて、
アメリカはありだよね。
[ 2017/03/15 06:54 ] [ 編集 ]
マンウは香川の出身クラブだから大阪でセレッソと試合やってくれたのになあ
抽選で当たらないほどプレミアついて満席だったのに
川崎とやった時はガラガラで日本人ファンの盛り上がりが違った

ドルトは関東ばっかりで行けないからつまらない
[ 2017/03/15 09:40 ] [ 編集 ]
私は等々力に行けませんでしたが、応援あんまりだったんですか??
マレーシアのスタジアムガラガラだったと記憶していますけど、、中国マレーシアの方が熱い応援だったんですかね?
[ 2017/03/15 12:53 ] [ 編集 ]
[ 2017/03/14 19:44 ] -です
誤解与えるような書き方すみません。チケットはコネで入手できましたが、一般販売は数分で完売位の大人気。まあ、席数自体が少ないからね。ただ、ドルサポとしてどのような応援歌を歌ったら良いかとか、フラグ類や鳴り物系が少なくて、一致団結の応援が川崎にも負けてたから・・ドルの私設応援団とかいなかったからね・・
私は、普段の8万人の大応援団に慣れている彼らのすればって事を言いたかっただけで、グッズも足りなくて直ぐ完売したし、ファンは皆大喜びで大歓迎だったよ。

マレーシアや中国は爆竹等で観客席が真っ赤に燃えていた・・これはドルトムントでは自制されているから、逆に新鮮だったかなって思っただけ。日本のサポは、そういう応援文化がおとなしいよね。
[ 2017/03/15 17:38 ] [ 編集 ]
03/15 12:53追記です。確か川崎対BVBは平日だったと思う。なんで土日にやらないんだ、と思ったもん。お客は少なめでも仕方ないね。
[ 2017/03/15 17:50 ] [ 編集 ]
スタジアムに行きませんでしたがテレビで見ても川崎戦は人はいってるように見えましたが。マレーシアは空席見えましたし、ICCの中国はプレミアファンが多いように見えました。中国も空席みえましたが、日本の方がガラガラという表現は何を指しているのか、印象操作してるみたい。日本でのBVB知名度は高い方ですがプレミアやセリエAほどではないので、あまり大きなスタジアムで空席目立つ所でやるより、川崎のスタジアム位が良いのではないでしょうか。
東京でやるのは人が入るからですよ。高額なチケットでも買って来てくれるファンが多ければ他でもやりそうですが、キリンカップみても日本戦以外は空席ばかりではサッカーファンは多くないように見えますので、やっぱり人口の多い中国でやって大きな声援のあるところで試合してもらった方がテレビで見る方も楽しいです。
アメリカはレヴァークーゼンはやるのにBVBでやらないのは、まぁお金の問題だとは思いますけど。
[ 2017/03/15 19:35 ] [ 編集 ]
連投ですみません、川崎戦行った者です。
ユナイッテドもそうだったし、アトレティコとか、レアルとかも親善で来たときは凄く親善ぽい流した感じの試合だったけど、ドルトムントはガチで戦ってくれた。
日本に着いて、あちこちファンサービスしてくれて、もうその日は練習しないだろうと川崎側は場所を準備してなかったらしいけど、自分たちで公園みたいな所を借りて、夜中12時廻っても練習してた。
次の日もずっとファンサービスにグループごとに分かれて回ってくれて、私は当たらなかったので行けなかったけど、どのグループも盛況だったらしい。そして試合。時差も有るし、コンデションは良くなかっただろうけど、公式戦の様にガチで戦ってくれているのを感じたよ。マジで川崎が何にもできなかった。もともと川崎は守備は今一つだけど、攻撃には自信が有ったみたいだったけど、本当に何一つさせなかった。6-0。スタジアムが小さかったし、良い席だったのでかなり真近で試合が見れたけど、仲の良さそうな楽しい空気と、緊張感が伝わって来た。
ハーフタイムで、選手全員入れ替わり(丸岡以外)前半チームは終了だったが、ハーフタイム中ずっとダッシュを繰り返していた。そういう緊張感と本気が川崎にも伝わって凄く刺激になっていた様子。川崎はこの後守備にも力をいれるチームになったのはこれがきっかけだと思っている。
実は私自身この姿にハマって、ガチなドルサポになっってしまい、それからすべての試合をスコアブックに残す様になった。ドルトムントに魅了された、この試合がきっかけだったのです。
[ 2017/03/15 19:59 ] [ 編集 ]
川崎も中国も行きました。
川崎戦はチケット争奪で満席。
確かに静かでしたが、みんな真剣に観戦してて、後半はドルトムントのチャンスの度に「もう止めて~!」とフロンターレサポから悲鳴が(笑)
上海はスタジアムが大きかったせいもありかなり空席が目立ってました。各々のチームにサクラぽい中国の応援団がいて声出してましたよ。
今年は浦和なのでチケット取りやすいかな?
[ 2017/03/16 12:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。