ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB会長!「グロースクロイツへの扉は常に開かれている!」グロクロ!BVBでトレーニングへ!独紙《ドイツの反応》





ビルト

グロースクロイツがまもなくBVBでトレーニングか?

ヴァツケ:グロースクロイツへの扉は開かれている!



entry_img_1551.jpg
引用元:Bild

ドルトムントのクラブのモットーは“本物の愛”だ。そしてその理由をクラブが示している。

BVBはケヴィン・グロースクロイツのカムバックに対してオープンな態度をとっている。

スポンサーリンク


会長ハンス・ヨアヒム・ヴァツケはビルトに対して、“もしケヴィンが、調子を保つために我々の2部チームでトレーニングしたいというのなら、決していいえとは言わないだろうね。彼への扉は開かれているよ。”



今から13日前、グロースクロイツはシュトゥットガルトに解雇されている。その理由は、ユースの選手を歓楽街に連れて行き、その後暴行沙汰に巻き込まれたからだ。



このワールドカップ優勝者は記者会見で涙を浮かべながら、プロサッカーを“一度辞める”と発言している。しかしスポーツビルトの情報によると、グロースクロイツはドルトムント2部チームで調子を保つためにトレーニングしたいようだ。



これはヴァツケにとってはまったく問題ない。


“ケヴィンはそれに値する選手だ。2度優勝しているし、BVBファミリーの一員だよ。”



ドルトムント北部に自宅があるグロースクロイツは、ガールフレンドのカーロ、そして娘レオニーと現在休暇中である。



ヴァツケ:“ケヴィンは自分が間違った事をしたことをしっかり理解しているよ。”


このドルトムントボスの発言に喜ぶのは、グロースクロイツと密接な関係を築くウルトラスだけでない。彼は2009年から2015年までこのクラブでプレーしており、キャリア最高の時期を過ごしている。



ファンもカムバックを待っている。ビルトの投票では約83%がドルトムント2部チームでトレーングすべきだと答えている。







以上です。

早速ドルトムント会長の発言が出ましたね。グロースクロイツ、2部でトレーニングする可能性は十分にありそうですね。まあ契約するわけではないので試合にはでないでしょうが、彼の今後の進路がどうなるのか、BVBファンとしては気になります。
[ 2017/03/16 07:55 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(10)
頑張ってほしいけど、古巣のドルトムントに居たら
いつまで経っても酒が断てない気もする
[ 2017/03/16 08:12 ] [ 編集 ]
グロスクロイツは問題児ではあるけど、人としては信頼できるよね。ガラタサライに移籍時、書類が間に合わず失敗だった時も、ドルトムントを恨むようなことは言わなかった。最後まで、ドルトムント愛を貫いて食てたよね。
インモービレや、ヨイッチ、ミキタリアンの時はなんか後味悪かったけど、別れ方も大切。





[ 2017/03/16 13:01 ] [ 編集 ]
なるほど、「本物の愛」か。

確かに引き抜きに対抗するにはこういったクラブの姿勢や対応が大切。
[ 2017/03/16 13:22 ] [ 編集 ]
できることならJリーグでプレーしてほしい。
[ 2017/03/16 14:40 ] [ 編集 ]
しめた!タダでゲットできる!!って感じなんだろう
[ 2017/03/16 16:15 ] [ 編集 ]
ラーセンやブルニッチが巻き込まれそう
[ 2017/03/16 16:31 ] [ 編集 ]
Jリーグに来たら人気者になると思う。
親友のポドルスキと一緒にぜひ。

ただイングランド、トルコと渡り歩いたポドルスキと違ってグロクロは基本外国生活がダメそう。
トルコもダメだと言って戻って来てるし
[ 2017/03/16 16:39 ] [ 編集 ]
個人的にはリバポ行ってほしいわ
クロップイズムは間違いなく持ってるしめっちゃ理解してるし働き者だしね

イングランドはパンクの国だしにあうとおもうよwwww
[ 2017/03/16 16:50 ] [ 編集 ]
勘違いしてる人が多いけどサテライトチームの練習に参加するだけで契約するわけじゃないから

酒癖の悪さも問題だけど「ドルトムントのウルトラス」の部分はプロになった時点で封印すべきだった
[ 2017/03/16 22:25 ] [ 編集 ]
>勘違いしてる人が多いけどサテライトチームの練習に参加するだけで契約するわけじゃないから
誰も勘違いなんかしてないとおもうぞ
[ 2017/03/17 00:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。