ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント、カストロ!2020年まで契約延長!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト

カストロ契約延長!

ゴンザロ・カストロは、ボルシア・ドルトムントでの契約を2020年まで、3年延長した!



entry_img_1552.jpg
引用元:Bild
スポンサーリンク



このミッドフィルダーはBVBのホームページで、“クラブが僕を信頼してくれてとても嬉しいし、黒と黄色のユニフォームを着て素晴らしいファンの前でプレーする事は誇らしい事だと、心からいう事が出来る。”と語っている。



ドルトムントは最近ではヴァイグルと2021年まで、そしてプリシチと2020年まで契約を延長している。



スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルク:“ゴンゾはスポーツ面でも人間性においても、チーム内で非常に価値のある存在に成長した。”


20170316190612524.jpg


カストロはレヴァークーゼンに16年間在籍し、2015年にBVBに移籍した。彼は今シーズン公式戦36試合中30試合に出場している。これまでにリーガで2ゴール、そしてチャンピオンズリーグで1ゴール上げている。


カストロが最後にドイツ代表としてプレーしたのはほぼ10年前になる。しかしヨアヒム・レーヴは昨年秋に、彼を再び呼び戻したいと語っていた。“再び彼に注目している。ドルトムントで良く成長したからね。レヴァークーゼン時代よりもフレキシブルでダイナミックになっている。”







以上です。

カストロが契約延長しましたね。さて気になるのは香川選手の移籍でしょうか。

一番のポイントは本人の意思でしょうが、個人的には今シーズン終盤で再び活躍して契約延長を勝ち取ってほしいと思います。

もうすぐ代表戦ですが、怪我して調子落とさないでほしいですね。


[ 2017/03/16 19:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(17)
ツイ情報によると香川はもう既にツウォルクとの交渉に入っているらしいですね。私は移籍派です。リーガかプレミアで見たいです。
[ 2017/03/16 19:47 ] [ 編集 ]
管理人さまいつもありがとうございます。ゴンゾ、延長よかったですね。ダフードがくるし相変わらず競争激しくなると思われますが、味のあるベテランらしいプレーに期待します。
あと、管理人さまには申し訳ないのですが香川とトゥヘルは戦術的にやっぱり合わない気がします…結果論で香川が必死の努力で這い上がってスキルもあがっているとはおもいますが。それにドイツ人ではないからかクラブの扱いも何だかなぁ。W杯もあるから悩ましいのですが本人が納得いく選択をしてほしいですね。
どなたかが書いていらっしゃいましたが、クラブは香川っぽい若い選手を買ってくるとかプリシッチを10番ができるように育てる…みたいなシナリオも見えちゃいます。
[ 2017/03/16 20:12 ] [ 編集 ]
嬉しいニュースですね。
代表にカストロが呼ばれたらいいな。
[ 2017/03/16 20:33 ] [ 編集 ]
今までのトゥヘル体制を見ていると、人間的に向上心があり、自分で考えられる経験値のある選手は、たたかれながら、やはり伸びているような気がする。

ゴンゾもそのひとり。軽く干されながら、打たれ強く、フレキシビリティ(前での積極性を見せたり、2列目を生かす黒子のプレーを心掛けたり)を手に入れてきて、選手としてアップグレードしている。トゥヘルと相性が悪いように感じている香川ももしかしたらその一人かも。どうやったら向上するかは、自分自身で考えて努力しているということが、大前提だけど。

どうやったらそうなれるかという具体的なアイデアは、きっとトゥヘルにはないんだろうな。だから、クレバーじゃない選手は生き残れない。

[ 2017/03/16 20:38 ] [ 編集 ]
香川はドルトムントが一番合っているのは間違いないです。
この年での移籍はリスクしかありません。
プレースタイルを見ても、完璧に合うクラブなどというのは存在しません。
それが現実です。
もう一度言いますが、ドルトムントと契約延長してもらいたいです。
[ 2017/03/16 20:54 ] [ 編集 ]
香川が交渉すでに交渉に入っている、という情報ありがとうございました。
と言う事は、ドルトムントは香川に延長を希望していると言う事です。もしくは、香川が行きたいと思っているクラブから具体的なオファーが有る、いずれかですので、安心しました。

契約が1年以上残っている今、交渉に入っているというのはそういう事です。
[ 2017/03/16 21:17 ] [ 編集 ]
ドルトムントは好きだけど、香川選手には新しい世界にチャレンジしてほしい。チームメイトをまた1から覚えなきゃいけないけど、それもまた楽しみである。
今よりも厳しい道になるかもしれないけど挑戦してほしい。トップ下の無いチームに居る最高のトップ下なんてもったいない。
[ 2017/03/16 21:45 ] [ 編集 ]
トゥヘルが完全にクラブから信頼を得ているわけでもないんでしょうけど、トゥヘル政権が続きそうなら香川には移籍してほしいですね。
[ 2017/03/16 22:25 ] [ 編集 ]
カストロ選手、正式に発表がありましたね。おめでとうございます!
香川選手はどうなるのでしょうね。自分もそのツイ情報を見ましたけど、ツイートしてる方は記者さんなのですか?自分には良くわからなくて…。
香川選手がどんな未来を選択するにせよ、これからもずっと応援していきます!
[ 2017/03/16 22:28 ] [ 編集 ]
トゥヘルがどうこうより香川は外国人であくまで助っ人なんですよ。クラブも香川に引退まで残って欲しいとは望んでないし本人もドイツにずっと残る気はないと思う。クラブとの交渉はお互いの意思確認ではないかな。良いオファーがあれば円満に移籍するような気がする。
[ 2017/03/16 23:21 ] [ 編集 ]
22:28さん、19:47ですがツウォルクの日程表にあるらしいです。サポが延長すべきとツイしてますね。
[ 2017/03/16 23:51 ] [ 編集 ]
ドルトムントはbestだと思うけどトゥヘルがなぁ。ドルトムントで監督変わったら最高だな。
[ 2017/03/17 00:38 ] [ 編集 ]
香川の移籍賛成です!というかクロップがいるから戻ってきた!って言ってましたしね。
カストロはドイツ人ですしね。ドイツ代表になれればトゥヘルも大喜びでしょうけど。
ブリシッチの10番を良しとするならなおのこと、ふうーん!って感じです。
香川のいないドルトムントはどうなるのか違う意味で興味がありますけど。
香川自身の今年の目標はチャレンジ!
それがドルなのか別のチームなのかわからないけどずっと応援していきます!
どちらにしてもサッカーを楽しんでる香川が見たい!
何色のユニを着ようとも、どんな人とプレーしようとも、香川真司というサッカー選手のファンなので
[ 2017/03/17 00:43 ] [ 編集 ]
カストロは数ヶ月後に30歳になるので年齢的にドルトムントが最後のクラブになるのかな?
香川は昨シーズンの終わりに移籍希望の発言をしていましたが
今期は骨挫傷の件もあってようやくいいプレイが出来るようになりましたがステップアップできる程の結果出てないしどうなんでしょう?
ドルトムント所属も前の時と合わせると5年ですし、それこそ年齢を考えると憧れのリーガのクラブからオファーがあれば少し落ちてもそっちを選びそうですね
[ 2017/03/17 06:33 ] [ 編集 ]
CLにこだわりがあるかないかですね。
ドル以外のCLの常連となると出場機会については今よりもずっと厳しいでしょう。
トゥヘルどうこう以前に香川は汎用性が低い特化型なので、どこに移籍しようと戦術上の変換があれば真っ先に弾かれます。
なので今のドルなら残っても良いと思います。若手にはないものを持ってますし。
来期、俗にいうボランチの選手が整えば戦術の広がりがあるとみえるので、そこそこの出場機会は得られるのではないでしょうか。ダフードに玉突きされるのであればそれまでの選手です。
そもそもトゥヘルからの印象は悪くないはずですよね。開幕前に「ゲッツェは不必要」と繰り返し説明していましたし。
なので、来期を楽しみにしています。
香川にとっても幅を広げる飛躍のシーズンになると信じたい。
[ 2017/03/17 14:58 ] [ 編集 ]
香川は去年のオフに来年は移籍するってうっかりもらしてましたね
[ 2017/03/17 17:32 ] [ 編集 ]
香川に一番合うクラブがドルトムントだとなぜ断言できるのでしょうか。
世界には沢山のクラブ、監督、戦術があります。
監督や戦術は変わるもので、ほぼどの選手もそういった要因に左右されます。
どの監督や戦術にも合わせられて、周りにどんな選手がいようが常にスタメンでいられるスーパーな選手はほんの一握り。
選手に合うクラブはどこかなんて確実に言えないですね。
移籍してほしい派ですが、彼が決めたことならどのクラブに行っても応援します。
[ 2017/03/17 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。