ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

1ゴール1アシストの大迫!ドイツ紙で最高評価の「1」!大迫寸評と採点まとめ!《ドイツの反応》


entry_img_1557.jpg
引用元:Bild

【エクスプレス】


ホルン 2

オルコフスキー 3

マロー 2

ズボティチ 3

ヘクトーア 3

クレメンス 3

レーマン 2

ヨイッチ 3

ツォラー 4

へ―ガー 3

大迫 1

モデスト 1


スポンサーリンク




大迫寸評
なんて奴だ!スーパーゴールでケルンに先制点をもたらした。そして17分にクレメンスに出したパスは素晴らしく、35分にモデストのゴールのアシストも素晴らしかった。卓越している。



【ケルナーアンツァイゲ】


ホルン 2

オルコフスキー 3

マロー 2

ズボティチ 3

レーマン 2

ヘクトーア 3

クレメンス 3

ツォラー 3.5

ヨイッチ 3

モデスト 1

大迫 1.5

へ―ガー 2.5


大迫寸評

FCケルンのなかで最も繊細で輝かしいサッカー選手。長い間に渡って素晴らしいプレーを見せている。彼のゴールは見ごたえがあり、モデストへのアシストはさらに良かった。彼のパフォーマンスには他のクラブも注目するだろう!


2017031908110036c.jpg
引用元:ケルン公式サイト


【ビルト採点】



・ケルン

ホルン 4

ヘクトーア 4

マロー 3

ズボティチ 2

オルコフスキー 3

レーマン 2

ヨイッチ 3

クレメンス 4

ツォッラー 5

大迫 1

モデスト 1

へ―ガー 2



・ヘルタ

ヤールシュタイン 5

ブルークス 5

プラッテンハルト 4

ラングカンプ 4

ぺカリク 5

シェールブレット 5

シュタルク 5

ダリダ 4

原口 5

カルー 4

イビゼヴィッチ 4

アラグイ 5

ミッテルシュテート 4

ヴァイザ― 3








以上です

今シーズンの大迫選手の活躍は本当に素晴らしいですね。
これで代表ウィークに突入しますが、日本代表でもぜひとも大迫選手が活かされるような起用が見たいですね。この手のフォワードは本当に今までいなかったので期待しています。
採点もどの新聞もかなりの高評価ですね。

それから先週ドルトムントに勝って3ポイント差まで迫っていたヘルタが負けてくれたので、ドルトムントファンとしては助かりました。さらに2位のライプツィヒが連敗したので、2位も見えてきましたね。ホッフェンハイムは侮れませんが、残りの試合も楽しみです。



ハイライトしかみてませんが、大迫すごいゴールでしたね。
あと、原口には申し訳ないけど、管理人さんのドルCL圏キープというばっさりした物言いに同意しちゃう。

原口は悪かったみたいですが試合後インタビューを読むと、この試合の悔しさを代表にぶつける、みたいな
答えを期待していたであろう、マスコミの質問にヘルタの試合はヘルタでしか返せない、
代表でこの試合の汚名返上を狙うようなことはしない、みたいな事を答えてたので健全な考え方をしていて
いいなあ、と思ってしまいました。
[ 2017/03/19 08:29 ] [ 編集 ]
ライプツィヒ失速したなぁ
[ 2017/03/19 08:39 ] [ 編集 ]
たまげたなー
俊輔のレンジャース戦ゴールを思い出した
[ 2017/03/19 10:21 ] [ 編集 ]
そろそろキッカーで平均3切るかな?
採点だけで言えば、全盛期の香川に匹敵する評価なんだよな〜
[ 2017/03/19 13:02 ] [ 編集 ]
もしかしたら代表でレヴァ以上に香川と合う可能性がある。
清武推す人多いけどワールドクラスのプレー出来るってこの2人しかいないからお互い相乗効果で覚醒してくれればロシアで夢が見れる!
[ 2017/03/19 14:24 ] [ 編集 ]
大迫、原口だけでなく、スボディッチとヨイッチも出ていたのでフルで見ましたよ。
まずスボディッチ、スタメンフルで出られて良かったです。ヨイッチもね。ただ・・やはりドルトムントレベルでは無いな、って痛感しました。だから、スタメンで活躍できるクラブに行ったのですから当たり前ですが・・こんな風に香川も中下位のクラブでスタメンで出ても悲しくなりそうだなと・・試合見てても、つまらないし、ワクワクしない・・・

大迫は良かったですけど、FWでは無いよね・・っていうか、トップ下でキープして前向いてモデストへパス、もしくは自分で行く・・完全に香川の仕事と同じだった。
ハリルが大迫をあまり高評価してない理由が良くわかりました。確かに、浅野や久保はストライカーだけど、大迫はケルンではトップ下、時にボランチだった。

原口も今回は良くなかった、というよりヘルタ皆良くなかった。ドルトムントとやったのと同じチームかな?っていうくらい眠くなる試合運び・・・

キッカー採点の1とか凄いけど、バイエルンで1採った選手の動きとケルンでの大迫の1。同じで無いなと、中下位でのレベルはそういう風に理解しないと、リベリやレバと同じだと思うと過大評価になるよね。

[ 2017/03/19 16:39 ] [ 編集 ]
大迫のゴールには唸ってしまった。
ワールドクラス。
体を張るポストプレーも素晴らしく、アシストまでやってしまう、まるでレヴァンドフスキのよう。
モデストがあれだけ点を量産できるのも大迫あってこそ。
絶好調だから日本代表も期待している。
香川もかなり良い状態。
逆に、代表で一番活躍していた原口は、この一試合を見てかなり不安になってしまった。
これだけ焦って失点に絡んでしまっていては、UAE戦では命取りになる。
一番頼りになっていた選手だけに。
どうか冷静さを取り戻してもらいたい。
長谷部の怪我でハリルホジッチもかなり頭を悩ませているだろうな…
[ 2017/03/19 20:59 ] [ 編集 ]
ヘルタはボール回しているだけで、最後の仕掛けのアイデアがない。
たまに中にボールを通してもその次の動きがない。原口が前線で仕掛けてもボールが全く出てこない。原口はチームでもっとも推進力がある。

それに対して、ケルンは大迫を見ていてすきあらばそこに通そうとするし、大迫はボールを受ければ必ずモデストにピンポイントで送る、徹底している。常に前に出してチャレンジするから失敗してもチャンスが増える。
胸トラップで相手がいない方に落とした時点で勝負あり。受ける前からシュートまでのイメージが完璧にできている。

乾はバックパスばかりで、チームでは最も後ろ向き。香川もそうだったが最近はボールを受けたら必ず前を向いて仕掛けるように変わった。技術じゃなくて考え方一つ。応じるチームメイトを見つけろ。
[ 2017/03/19 23:40 ] [ 編集 ]
 mmd
なんでバイエルンで1とケルンで1が違う??逆だろ。ケルンであそこまでできるほうがすごいだろ。

[ 2017/03/20 00:10 ] [ 編集 ]
スボティッチはローン移籍後何度もスタメンフルで出てますけど。そして今回彼にとっては初勝利と言えるので、本当に嬉しかったと思います。ワクワクしないどころか、胸熱でしたー!
[ 2017/03/20 01:26 ] [ 編集 ]
>なんでバイエルンで1とケルンで1が違う??逆だろ。ケルンであそこまでできるほうがすごいだろ。

相手も、ケルンとバイエルンではモチベーションが違うのは明らか。ヘルタ見てそう確信したよ。
それだけでなく、バイエルンの様なトップ選手軍団揃いの中で1を採るのは相当なレベルだって事。Jリーグレベルに、モデストやアラバクラスでも来たら、(レバや、リべリで無くてもと言う意味)毎回1だと思うよ。
[ 2017/03/20 07:36 ] [ 編集 ]
スボティッチは経験ももちろんですが、いまでも強くて高くてフィードがうまいですね
特にモデストや大迫ら前線へのロングパスはかなり精度が高いです

ん?そんな選手がほしかったクラブがあったような・・・
[ 2017/03/20 12:14 ] [ 編集 ]
バイエルンは試合に出るのは難しいけど、相手を圧倒できる戦力があるのだから活躍はしやすいでしょ。
後ろからいいパスが出てくれば、DFも後手に回らざるを得ないしプレーの選択肢が増えます。
[ 2017/03/20 14:31 ] [ 編集 ]
純粋な点取り屋が代表に居れば、みんな活きるのにな。
久保に可能性があるかも?
欧州で二桁取れるワントップが居ればね!
[ 2017/03/20 17:51 ] [ 編集 ]
いつもは代表ウィークになると、ブンデス見れないからはやく終わってくれと思ってたけど、今回は香川と大迫がどんな化学反応を起こすか楽しみです。
[ 2017/03/20 20:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。