ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 「控室でのトリックにもかかわらずドルトムントどん底 !」BVB内部・危機サミットについての質問に答える。【スポーツビルト】

ドイツ時間の明日はいよいよドルトムント対グラートバッハの試合がありますね。真のボルシアはどちらか、という事で非常に注目を集めています。ドルトムントはリーガで5連敗中。対するグラードバッハは18試合位負けなしと好調を維持しています。

そして危機と呼ばれるようになってからすでに数週間経つドルトムントですが、ドルトムントが今後どうなってしまうのかを心配する声も大きくなっています。そこで読者の心配に答えるという形で、スポーツビルトが記事を掲載しましたので紹介したいと思います。


201411081825271af.jpg




控室でのトリックにもかからわずドルトムントどん底


ドルトムントの危機は想像もできないぐらいの規模で広がっている。スポーツ・ビルトは重要な質問に対して答え、ユルゲン・クロップの内部・危機サミットについて暴露する


先週の土曜日のスポーツ・スタジオで再び事が起こった。ZDF放送のボリス・ビュッヒァーがマルコ・ロイスの将来について質問したことに対して、ユルゲン・クロップはいらいらしながら答えた。“あなたは自分の質問のことばかり考えていて、質問された人のことはどうでも良いようだが、それは繊細さが欠けているせいだ。”ユルゲン・クロップはこの話の後で握手をする事もなくスタジオを後にした。

クロップは、スポーツ面においての大惨事についてだけでなく、おそらく避けては通れない彼のベスト・プレーヤー、マルコ・ロイスの移籍についてまで答えなければならない事にうんざりしている。“これは今の所私のテーマではないよ。”と彼はエネルギッシュに言う。クロップは実際に他にやることがたくさんあるのだ。


クロップが自分から退く可能性はあるか?


クロップを知っている人ならこの質問に対してはきっぱりと“ナイン(いいえ)”と答えるだろう!彼は絶対に諦めないだろうし、BVBを危険に晒すこともしないだろう。その代わりにクロップはいつも新しい何かを思いつくのである。3:0で勝利したポカールのSt.パウリ戦の後で、彼はマルコ・ロイスとルーカス・ピスチェクに彼が行う試合の分析の一部を任せた。

スポーツビルトの情報によると、クロップは先週、選手の役員(キャプテン他)と守備全員を集めて危機サミットを開いたという。彼はチームの話をよく聞き、いったい何が上手く行っていないかについて選手からの意見を聞きたかったのだ。スポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクはこのスポーツ面での悲惨な状況と17位という順位にも拘らず、トレーナーのこうした態度に感動している。“これはユルゲンにとって、BVBでは初めての経験だ。しかしユルゲンはそれをしっかりと力強く受け止めている”。


BVBは最下位として代表戦に突入してしまうのか?


こうしたシナリオは決して的外れではない。ドルトムントは今度の日曜日に無敗のグラートバッハと対戦するが、18位のブレーメンは同様に危機にあるシュトゥットガルトと対戦する。、16位のフライブルクはホームでシャルケと対戦する。BVBのボス、ハンス・ヨアヒム・ヴァツケは先週スポーツ・ビルトに対して降格争いを公に宣言した。“我々はブンデスリーガの下から脱出しなければいけない。”すでに打ちのめされたプロ選手の精神面において2週間も18位になってしまう事は悲劇的な結末と言える。


スポンサーリンク


チャンピオンズ・リーグは可能か?


チャンピオンズ・リーグが行われるようになってから(1992/1993)、10試合を終えた時点でチャンピオンズ・リーグ参加圏内にいるチームと10ポイント差をつけられたチームがチャンピオンズ・リーグに出場したことはまだない。昨シーズンはレヴァークーゼンが61ポイントで4位になったが、このポイントになるには残り24試合で18試合に勝利しなければならない!


“我々は一歩ずつ脱出できるように戦わなければならない。”とツォルクは要求する。彼は最近行われた、ハノーファー(0:1)、パウリ(3:0)、バイエルン(2:1)の試合において内容の向上を見てとった。


“我々は自分たちの力を信じる力を何があっても失ってはならない。我々は毎週バイエルンを相手に試合をするわけではない。”とツォルクは語る。いずれにせよBVBの選手たちがこれに似たような説明を自らし、チャンピオンズリーグへの出場権を獲得するのは無理だと考えてしまったら問題である。


チャンピオンズリーグ出場権を逃したら経済的にどういう影響があるか?


“それは経済的には問題にならないだろう。経済的には今度数年私達を揺るがすことはできないよ。”とヴァツケは強調する。あらたな増資のおかげで、BVBは来シーズン1億4000万ユーロも得ることになるシグナル・イドゥーナ・パークもいつも売り切れだし、チャンピオンズリーグに出場しなかったら、もちろんチャンピオンズリーグでもらえる報奨金の分を節約しなければならない。


ロイスの移籍は決定的か?


公式には誰もそれを認めないにも拘らず、内部では彼が来シーズンもドルトムントでプレーするとは考えられていない。ヴァツケは“ドッペルパス”において“我々がチャンピオンズリーグの参加を逃してしまったら、目に見えて難しい物になるだろう。”と語った。バイエルンからの興味は秘密ではなくなってから久しいし、ロイスはイングランド(アーセナル、マン・ユナイテッド)やスペイン(バルサ、レアル)にも行けるだろう。スポーツ・ビルトの情報によるとその全てのクラブから接触があったようだ。しかし、最終的な決定は冬に下されるだろう。


グロースクロイツはどうした?

ハノーファー戦においてグロースクロイツは交代出場すらしなかったし、ミュンヘンにおいてもベンチスタートとなった。彼が2009年にBVBにやって来て以来、初めて定位置を失ってしまったのだ。ツォルクは“ケヴィンは今の段階ではベストなコンディションを必要としている。彼はシーズン開幕から怪我人を補って、短い準備期間にも拘らず、予定されていたよりも多くプレーしたんだ。”しかしワールドカップ後の彼のパフォーマンスが気に入らなかった人もいる。グロースクロイツはクロップの信頼を取り戻すために再び働かなくてはならない。





以上になります。ファンとしては訳していてなんとなく暗くなるような記事でしたが、これが今の現実を表していることは確かですし、こういう報道になるのもまあ仕方ありませんね。

はたして記事の冒頭にあるように、重要な質問の答えが読者に有益だったかどうかは考えさせられるところですが、来年もお金の心配はない、という事が数少ない安心材料の一つでしょうか。

今回のブログの記事のタイトルは元の記事のタイトルをそのまま載せましたが、内部・危機サミットについて、特に何か語られていたわけでもありませんでしたね。原文は一つの表現だったので訳すのが難しかったのですが、内部危機のサミットではなくて、内部で行われた危機サミットですので、誤解のないように内部・危機サミットと間に点を入れました。

明日の試合ですが、ロイスとヴァイデンフェラーの参加が疑問視されていますね。クロップは“チームの安定性のためには同じメンバーでプレーする必要がある”、とコメントしておりましたが、怪我人だらけでそれが叶わない状況ですね。


ラモス、インモビレがベンチでオバメヤンがフォワードとして出るか、その辺も気になるところではあります。

いずれにせよ早く明るい記事をこのブログで紹介したいです。

【おまけ 今日のドイツ】

IMG_1360.jpg

IMG_1359.jpg

旧東ドイツ時代からの歩行者用信号です。
男の子バージョン(アンペルマン)はよく見かけますが、女の子(アンペルフラウ)はドレスデンの中心地でしか見たことがありません。ベルリンなど大都市にもあったかもしれませんが気が付きませんでした。結構可愛い信号だと思います。お土産キャラクターとしても有名ですね。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/11/09 06:30 ] 香川 | TB(-) | CM(9)
俺の総資産が500兆円位あって超大金持ちのセレブ(現実は超貧乏)だったら、すぐさまドルトムントの個人スポンサーになって年間1兆円は出資するんだけどなぁ.....
[ 2014/11/09 08:51 ] [ 編集 ]
No title
今日見に行く予定ですが、ストの影響はどうなんでしょうか?
[ 2014/11/09 09:03 ] [ 編集 ]
No title
毎回記事を楽しみにさせてもらっています。

リクエストなのですが、もし余裕があれば清武選手の記事も読んでみたいです。最近、調子がいいみたいなので。
[ 2014/11/09 11:11 ] [ 編集 ]
No title
>クロップは“チームの安定性のためには同じメンバーでプレーする必要がある”
と言ってもFWはオーバメヤンにしたりインモービレにしたりラモスにしたり確定してないような気もしますが・・
それと未確認情報ですがロイスがベンチからかも知れませんが出れるかも
[ 2014/11/09 13:29 ] [ 編集 ]
No title
>選手の役員(キャプテン他)と守備全員を集めて危機サミットを開いたという
 攻撃陣はなぜ参加しなかったのでしょうか?
[ 2014/11/09 13:30 ] [ 編集 ]
攻撃と守備の要を欠いてのメングラ戦か…せめて引き分けに持ち込めないもんかなあ…
[ 2014/11/09 13:39 ] [ 編集 ]
No title
チャンピオンズリーグを目指すチームは固定は無理。絶対にローテーションが必要。クロップよ。インモー、ラモス、メヤンを旨く使ってくれ。
[ 2014/11/09 14:18 ] [ 編集 ]
No title
直近2試合BMGに負けてますね
以前は、BMGには余裕で勝ってたような記憶がありますがBMGが強くなったのか?相性の問題なのか?
ロイス抜きの可能性もありますが今夜の試合は是非勝って欲しいですね。ロイスが出無いとなるとグロスクロイツが入るのでしょうか?
[ 2014/11/09 14:24 ] [ 編集 ]
No title
予言しとくわ今日は勝つで
[ 2014/11/09 20:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。