ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

大迫!ビルト、キッカーともにベストイレブン!日本人選手採点とBVB試合評!《ドイツの反応》



entry_img_1560.jpg
キッカー本日の表紙 ブッフォン

キッカーベストイレブン



ホルン (ケルン)

ビチャクチッチ(ホッフェンハイム)、ブレゲリー(インゴルシュタット)、コラシナツ(シャルケ)

ティアゴ(バイエルン)、デラニー(ブレーメン)、レーマン(ケルン)

ミュラー(バイエルン)、ユヌゾヴィッチ(ブレーメン)

大迫(ケルン)、モデスト(ケルン)

スポンサーリンク





ビルトベストイレブン】

ショホロフ(フライブルク)

コラシナツ(シャルケ)、ザネー(ブレーメン)、ヴェリコヴィッチ(ブレーメン)

デラニー(ブレーメン)、レーマン(ケルン)

グリリッチュ(ブレーメン)、ユヌゾヴィッチ(ブレーメン)

大迫(ケルン)、ゴメス(ヴォルフスブルク)、モデスト(ケルン)





【日本人キッカー採点】

香川 3
大迫 1.5
原口 5.5
酒井 4.5






【ドルトムント対インゴルシュタット試合評】

・ドルトムント採点 343(3421)

ビュルキ 2
ピスチェク 4、ソクラティス 3、ギンター 5
ドゥルム 4、カストロ 4、ゲレイロ 5、シュメルツァー 2.5
プリシチ 5、香川 3
オバメヤン 4




・インゴルシュタット 434

ハンセン 3
マティプ 4、ブレゲリー 2.5、ティッセラント 3.5
ハデルゴナイ 4.5、コーエン 3、モラレス 3、ズットゥナー 3
レツキー 5、キッテル 4、レスカノ 3



・審判 ズィーベルト 5

52分のビュルキのレスカノに対するファールはPKだった。また79分のカストロのフリーキックの後もハンドのPKが相応しかった。




・試合 5
非常に見てて疲れるような試合。多くのミスとボールロスト




・分析
ドルトムントは、ポカール欠場のオバメヤンを再び起用することができた。しかし多くの時間にわたって力を発揮することができなかった。インゴルシュタットは早くから攻撃を仕掛け、プレスでBVBにプレッシャーをかけた。そしてさらにラインを高く上げていた。しかしドルトムントはそれをうまく利用した。香川が上がったディフェンスラインの後ろにうまく縦パスを通し、シュメルツァーが中央へパスしオバメヤンが1:0となるゴールを決めたのだ。

しかしドルトムントは先制点を入れたのにも関わらずリズムをつかむことができず、インゴルシュタットと同様にミスを重ねた。それによって試合に流れができる事がなくなった。ドルトムントはヴァイグルを投入したが、試合をコントロールする事に成功しなかった。インゴルシュタットはアグレッシブで統率がとれており、長い間に渡ってチャンスを作った。しかし下から2番目のこのチームはゴール前で何度も嘆かわしく、相手に敗れている。




まとめ
BVBにとっては幸運以上の勝利。インゴルシュタットは素晴らしかったがチャンスを外しすぎた。



MOM
ビュルキが相手に試される場面はそれほどなかったが、必要な時にはしっかりと存在感を発揮し、勝利に貢献した。2回程力強いセーブ。



20170320191956fde.jpg
キッカーベストイレブン









以上です。

今週は大迫選手の活躍が目立ちましたね。バイエルンの1とケルンの1では意味合いが違うというような書き込みがコメント欄に寄せられましたが、キッカーやビルトは必ず両チーム採点していますので、そのような事はないと思います。多くの地元紙は自分のチームしか採点していませんから多少の偏りはありますが、どちらかといえば、勝っても厳しめに採点される事の方が多いですね。

これで代表戦ですね。ドイツはまた移籍の話題でも作って間を持たせるかもしれませんが、何かあったら更新したいと思います。

それから話は変わりますが、良くコメント欄で「日本人は助っ人外国人だから」という表現を見かけますが、ドイツ人が日本人を助っ人外国人と見ているという事はないと思います。

そもそも助っ人外国人というのは、日本よりも野球が強いアメリカとかから外国人を連れてくる事からつけられた呼び方ではないかと思いますが、ドイツ人は自分達のリーガの強さを良く知っていますから、外国人に対して助っ人という感覚は持っていないと思います。

もちろん移籍金相応の期待というのはあると思いますが、それには特に国籍は関係ないような気がしますね。

余談になりましたが、ずっと気になっていましたので・・・。






ちょ、ブッフォン表紙何でですか?ノイアーと書いてあるのしか解らない
CLもブンデスではどこも当たらないのに
[ 2017/03/20 19:42 ] [ 編集 ]
チームによって評価の基準が違うなんて色眼鏡は外して欲しいもんですね
[ 2017/03/20 20:19 ] [ 編集 ]
インゴルシュタットは決定力のみが残念でしたね。試合内容のみを見れば17位なのが信じられないほど、いい試合してました。インゴルシュタットの試合は毎回見てないので分からないのですが、ドルトムント相手にあれだけの試合が出来るなら、決定力さえあれば上位でもおかしくないなと感じました。
ドルトムントは勝ちはしたものの試合内容は全然ダメでしたね。CBはギンタじゃなくてベンダーにした方がいいと思います。最近ベンダー見てませんが、怪我でもしたんでしょうか。あとゲレイロのボールロストも目立ちましたね。中盤でボールロストが多いから、3バックで対応できずに、攻め込まれるという試合展開でしたね。3-4-3が機能していませんでした。カストロとゲレイロのバランスもあまり良くなかったように思います。中盤にうまく処理できる選手がいないなら、3-4-3はあまり良くありませんね。
[ 2017/03/20 20:20 ] [ 編集 ]
試合を決めたオバが4で、レスカノが3とかって?

ドイツ代表はシュールレとヴァイグルだけでしたね。今回のドイツ代表はバイエルンも4人だけで、ばらけてる感じです。それだけ層が厚くなっているし、ブンデス全体のレベルも上がっているのでしょう。

バイエルンの1とケルンの1の事。弱いチームに強い選手が数人いれば出やすいのでは?と思ったのです。1はチームでも1人か2人しか出ませんよね。大迫は良かったと思いますが、他のスレで、ミュラーを超えたとか、移籍はバイエルンかもね…とかのスレが溢れていて、ちょっと違うでしょうと。
ラモスもヘルタで大活躍。1とかも良く出てて、得点王でしたが、ドルトムントでは控えにしか成れなかったし、出場しても1とか出た事は無かったと思いました。
[ 2017/03/20 20:24 ] [ 編集 ]
 
個人的には監督と選手で師とか教え子とか表現するのも気になる…
[ 2017/03/20 20:33 ] [ 編集 ]
「助っ人」には
「できて当然の人」と「よそもん」という二つのニュアンスがありますね。
あんまり公に使っていい言葉とは思えませんが、一応前者の意味ということで許されているのでしょう。しかしなぜ「できて当然」かといえば、やっぱりよそもんだからとなる気がします。

以前あるJリーグの監督がブラジル人選手には「助っ人なんだから結果出せ」と言っていると語ってましたが、そういうこと直接言うか?と呆れました。だからミスターベースボールなんて映画作られちゃうんだよ。

ただ制度として「外国人枠」はある(ブンデスもまあ実質…)わけだから、そこは考慮に入れてもよいでしょうね。
[ 2017/03/20 21:20 ] [ 編集 ]
なるほど、貴重なお話ありがとうございます
やっぱり現地を知らない日本人が多数なのでどうしても想像や予想になってしまうのかも
出来れば想像や予想で選手を貶すのはやめてもらいたいですね
[ 2017/03/20 21:52 ] [ 編集 ]
日本代表はアジア予選の佳境ですが、報道では自国の選手の批判に熱心で、
肝心の当面の敵であるUAEなどの情報が全く入ってきません
ドイツの報道と比較してどうでしょうか?
[ 2017/03/20 23:19 ] [ 編集 ]
助っ人と言っても別に上から目線ではなくドイツで足りない人材という意味だと思いますけどね。ただ外国人は早く結果を求められますよね。
[ 2017/03/20 23:24 ] [ 編集 ]
外国人枠いわゆるEU圏選手枠はドイツは緩いからで、イタリアやスペインは3人までだからEU圏外の獲得は難しいし南米などの選手と比較され高いレベルが要求される事でしょう。
ドイツ-------------
2006-2007シーズンから外国人枠を撤廃し、それにともないドイツ人枠を設けた。これは、各クラブがドイツ国籍を持つ選手12人と契約し、そのうち6人が各々の地元で育成された選手でなければいならないというルール。
[ 2017/03/21 00:22 ] [ 編集 ]
キッカーの採点はそこそこ順位と比例するようにつけてあるので
上位が評価されにくいというのはかなり的外れでしょうね

ドルは若干評価されにくいですが、デンベレは全選手のなかでキッカーの平均採点1位だったりするし
クラブで影響するようなものではないですね
もちろん移籍したらマッチ具合で選手のパフォーマンス自体が変わるのも当然の話という
[ 2017/03/21 05:40 ] [ 編集 ]
確かに日本人がドイツを助けてあげてる、という感覚はありません。特に野球のそれと違って。でも本来ドイツ人がいるべき枠を潰して、サッカー発展途上の日本人がいるからには果たすべき責任があるっていう感覚ですかね?
日本人の修行のために受け入れてもらうのではなく、きちんと戦力になってほしい、という意味での「助っ人外国人」なのだと思います。管理人さんの意見を否定してる訳では無いのですが、感覚としてはそんな気がします。
[ 2017/03/21 06:52 ] [ 編集 ]
バイエルンの1とケルンの1の事。続き。
すみません。元々、スポディチとヨイッチがヘルタで活躍して高採点を貰っている事に対して、ドルトムントレベルでは無いのにな・・とか、香川がブンデス中下位クラブで毎回スタメンで高採点貰っても、私個人としてはなんか悲しくなりそうだよ・・・って感じて書いてしまいました。
皆さんの感想はそれぞれですから、これはあくまで個人的な感想です。

採点は採点。素晴らしい活躍したら高採点は当たり前ですよね。ただ、個人の能力は所属できるクラブ、スタメン張れるクラブの高さによるってことですよね。
[ 2017/03/21 08:43 ] [ 編集 ]
ブッフォン!
何でキッカーの表紙に??
[ 2017/03/21 10:32 ] [ 編集 ]
助っ人外国人の件、本当に管理人さんのおっしゃる通りだと思います。いつもわかりやすい説明をありがとうございます。
[ 2017/03/22 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。