ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「モデストゴールのカギとなるのは大迫!ケルンが良くなった原因は大迫」大迫特集!《ドイツ紙》




【ガイスブログ】

モデストゴールのカギとなるのは大迫勇也!




entry_img_1562.jpg
引用元:ガイスブログ


FCケルンにおいてすべての視線はアントニー・モデストに注がれていた。このケルンのスーパー・ストライカーはヘルタ戦でハットトリックを達成し、大きな注目を集めたのだ。しかし先制点をあげて勝利の扉を開けたのは彼のパートナーである大迫勇也だった。この日本人はモデストが今シーズンゴールを量産している原因の一つだ。そしてもっと向上する気満々である。

スポンサーリンク





ケルン

開始5分10秒。ボールがゴール右隅に突き刺さった時、スタジアムが大きく震えた。大迫勇也が今シーズン、ケルンでもっとも早い時間にゴールを決めたのだ。しかもなんという素晴らしいシュート。大迫は試合後、“シュートは完璧でした。”と笑顔で語ったが、このシュートについて説明する様子はすこしぎこちなかった。



彼より多くアシストを決めているのはリーガでも7人だけ。



彼は今シーズン6ゴール目となるゴールを決めたことで、今シーズンの好調を維持しただけでなく、他の記録も達成している。彼はすでにこれまでの2シーズンの合計4ゴールを上回っているが、ブンデスリーガゴール10ゴールに達したことで、ブンデスリーガ歴代日本人ゴール数で5位に上がったのだ。



大迫の夢のようなゴールは、この試合で唯一の芸術的な瞬間ではなかった。その2分前には彼はすでにモデストのチャンスをお膳立てし、さらに35分にはアシストも決めたのだ。モデストは大迫のアシストからファーサイドにシュートを叩き込んだのだ。これは大迫の今シーズン7アシスト目となった。これよりも上の数字を上げているのはリーガでもたった7人だけだ。



“いつもトニーがどこにいるかを見ているんです。”と大迫は語る。“連携は良く取れていましたし、2:0の場面では僕がプレーすれば、モデストがゴールすることが分かっていました。それでも非常に難易度の高いシュートでしたけどね。彼はほんとうに上手くやりましたよ。”そしてこれは大迫とモデストが、最も上手く行っている2トップである事の良い例だ。



なぜなら当然ながら、モデストが今シーズン22ゴール上げているのは、彼自身のおかげだけではないからだ。大迫はリーガでも今シーズンもっとも成長した選手の一人だろう。2年間の難しいシーズンを経て、2016年には一時移籍も考えた大迫だが、一度弾けてからは、力強いパフォーマンスを継続して見せている。



大迫とモデストが37ゴール中28ゴールを挙げている。



大迫は今ではチームの中でも最もテクニックがある選手の一人となり、ケルンがプレー面で向上した原因の一つでもある。ボールの扱いは安定しており、簡単にボールを奪われることがないし、さらに彼には素早い動きと、完璧な重心があるので、彼のバランスを崩すのは非常に難しいのだ。そしてそれに加えて昨シーズンにはなかった自信が加わっている。その自信がヘルタ戦開始6分の夢のゴールにつながっている。



大迫とモデストは二人合わせて37ゴール中28ゴールを挙げている。これは非常に優れた数字だ。この2トップはうまく巡り合い、キャプテンのレーマンが語るように、“どの対戦相手をも痛めつける”のだ。そしてSDのシュマトケも同じように見ている。“彼らの調和は特に素晴らしいね。我々は全体的にプレー面で向上したが、彼ら二人がこの成長に大きく影響を与えているね。”


大迫も喜ぶ。彼はようやく自分に何ができるかを示すことができるのだ。そして私生活でも居心地よく感じているようだ。かつて多くの時間をともにしていた同郷の長澤和樹が去ってから、このストライカーはよりチームにうまく溶け込むことができた。そしてそれは彼にとって良い事だった。そして彼自身はまだ成長の途中だと認識している。“ようやくブンデスリーガに慣れました、でもさらに成長する事が出来ると思います。”
ここ最近のパフォーマンスを見れば、この彼の言葉は対戦相手ににとっては脅し文句のように聞こえるだろう。










以上です。

ハットトリックを達成したモデストの注目はもちろん高いですが、大迫選手も大きく取り上げられていますね。残り試合でどれだけ数字を伸ばすことができるでしょうか?

非常に楽しみですね。ドルトムントも4月の終わりにケルンと対戦しますが、簡単ではなさそうですね・・・。


[ 2017/03/21 20:40 ] 大迫 | TB(-) | CM(8)
スコアポイント(ゴール&アシスト)ランキングで、ブンデス12位まで上がりましたね。
キッカーの評価も平均3点台を切りました。
素晴らしい活躍です。
このようなスケールの大きな選手を待っていました。
[ 2017/03/21 20:53 ] [ 編集 ]
7アシストとの事ですがこれはカップ戦も含めた数字でしょうか?それともリーグ戦だけの数字でしょうか?
リーグ戦は5アシストだと主張する人もいるのでよければ教えてください
[ 2017/03/21 21:58 ] [ 編集 ]
ケルンにはぜひともEL圏内でフィニッシュしてほしいですね
個人的はホッフェンハイムに圏外に落ちてもらってヘルタ、ケルン、フランクフルトがCL・EL圏内に入ってほしい
[ 2017/03/21 23:13 ] [ 編集 ]
mfm
あの監督よく辛抱してくれたよ・・。一時期はひどいプレーしてたけど2トップ張ってから劇的にかわったよ。今までは器用さが逆にあだになったけどゴールに直結するプレーを意識してからは別人だよ。代表でも2トップ試してもらいたいわ。久保、大迫か小林悠、大迫なんてのもみたいな。
[ 2017/03/22 01:05 ] [ 編集 ]
ヘルタ戦での感想、大迫アシスト場面が美しい
大迫はモデストがどの位置に居るか見ないでも把握してるって答えてるしモデストも来ると信じてる
大迫がボール持つと、パス通るのかよ?って狭いスペースにするするとモデスト入って笑ってしまった
簡単じゃないバウンドしたパスを振り抜いて決めるモデストもバケモノだよね

ところが、モデスト・・・・フランス代表じゃないって驚くしかない
[ 2017/03/22 03:38 ] [ 編集 ]
ブンデスリーガのみで、6ゴール7アシストですよ。

2トップ(トップ下無し)を推す声はかなり多いですよね。
戸田和幸氏は、UAE戦のスタメン、

___大迫___
原口_岡崎_久保

を強く推してました。(テレ朝「Get Sports」より)
[ 2017/03/22 06:18 ] [ 編集 ]
長澤ももうすこし粘ってチームにいたらなんとかなった気がするが
[ 2017/03/22 08:45 ] [ 編集 ]
長澤は本当にもったいない
サポーターからも評価も高かった

よく大迫にパス出す大迫が欲しいって言われるけど
それ、長澤がピッタリじゃないか!!
[ 2017/03/22 20:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。