ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「BVBスター香川!神戸移籍のポドルスキーにアドバイス!!」《ドイツの反応》




ドイツ紙】※ソースは後で公開




BVBスターから、日本生活における助言!


香川:ポルディの新しい故郷はこういうところだ!



entry_img_1655.jpg

スポンサーリンク




水曜日にルーカス・ポドルスキーはドイツ代表としてイングランドと対戦し、代表から引退する。そして来シーズン彼は日本のJリーグでプレーする事になっている。この31歳は神戸に移籍するが、神戸は香川真司の出身地だ。このBVBスターは、我々に対して、彼の故郷の事や、ポドルスキーがすぐに溶け込むだろうという事を熱く語った。



“僕が生まれた神戸は海に面しているんですが、山もあってとてもきれいな所ですよ。風景も綺麗で暮らすには良いところですね。僕が一番好きな場所の一つが明石海峡です。”



香川の見立てによると、ポドルスキーが退屈することはないだろう。“六甲山から眺める夜景は素晴らしいのでお勧めしたいですね。また文化に触れるためにも姫路城に車で行ったり、または有馬の温泉に行くことなんかも良いと思います。三宮にはおしゃれなカフェもありますし、後はハーバーランドもありますね。家族連れもリラックスして過ごすことができると思いますよ。”



香川は2010年に大阪からドルトムントに移籍してからドルトムントで二度リーガ優勝を果たしている。そして彼は日本でサッカーが大好きな子供たちのためにも喜んでいるようだ。“ルーカスのような元ドイツ代表で世界的に有名な選手がJリーグでプレーする事は、そこの子供たちに多くの夢と希望を与えてくれる事になると思います。”



しかし日本生活では不便な点もあるようだ。“ドイツと比べると渋滞が多いかもしれないですね。車でどこかに移動するときは余裕をもって移動したほうが良いですね。”とこれまで日本代表84試合に出場している香川は語った。








以上です。

ポドルスキーが神戸移籍ということで、神戸出身の香川選手とうまくリンクしたようですね。

管理人はまだ神戸に入ったことがないんですが、いつか一度行ってみたいですね。日本に帰る時は両親と義両親がいる東北と九州を中心に回るので、中々それ以外を回るのは難しいですが・・・。

ポドルスキー、スポーツ面だけでなく。日本でお茶の間の人気者になってくれることを期待しています。


【おまけ今日の頂きもの】

201703230315583e0.jpg

伊万里牛の味噌汁を頂きました。
味噌汁に牛肉ってどんな味なんでしょうか?
味噌汁にお肉って豚汁しか思い浮かびません。
[ 2017/03/23 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(18)
住民だけど街は小さいよ
[ 2017/03/23 07:01 ] [ 編集 ]
ポルディゴール決めましたね。
ここ最近録画でしかサッカーみてなくて、久しぶりに深夜サッカーを見ましたが、
最後ということで見てましたがライブで見ててよかったです
若いタレントでちぐはぐでも勝つドイツって余裕ありすぎ
ミュラーさんもピッチ脇で見せ場ありましたし、ニヤニヤしてしまった

香川は神戸の観光大使になれるのかも

[ 2017/03/23 07:02 ] [ 編集 ]
香川選手の実家は神戸でも高台のいい所にありますからね
私はヴィッセル神戸のスタジアムから歩いて行ける下町に住んでいますが 笑
香川選手はポドルスキーはグロスクロイツ絡みで仲良かったですね
香川選手がセレッソからドルトムントに移籍した時、いきなりの大活躍でその頃ケルンにいたポドルスキーは「何でケルンは香川みたいな選手を獲得しないんだ!」とか言ってたのを思い出します
まぁ神戸牛を堪能してください
[ 2017/03/23 07:42 ] [ 編集 ]
北に山があって南に海があってその間に神戸の中心部(でしたっけ?)があるという地形が、ホテルからずっと眺めていられるくらい面白かったですし夜景がとっても綺麗でしたねえ。
[ 2017/03/23 07:44 ] [ 編集 ]
いち早いニュースありがとうございます。

日本に来た外国人は日本にはびっくりでしょうね、生活する上でのサービスに慣れると、自国が不便で帰りたくない、とか言ってる人を何人も見ました。
伊万里牛の味噌汁、私も始めて見ました😳
豚汁があるから、牛汁あってもいいですね!
[ 2017/03/23 09:26 ] [ 編集 ]
昔神戸で働いていたので香川の出身地の垂水に住んでいた事があります。懐かしいなあ。とにかく住みやすくて食べ物も美味しい。特にコーヒーやパンそして神戸牛が美味しかった記憶があります。今はどうなってるんだろう。
[ 2017/03/23 09:40 ] [ 編集 ]
同じく…神戸在住

名前は売れてるが、街は小さいw
[ 2017/03/23 11:40 ] [ 編集 ]
そういえば接点なさそうなのにドルトムントアーセナルのCLで談笑してたよな
[ 2017/03/23 12:29 ] [ 編集 ]
神戸以上の街は日本に5つあるか無いかでしょ(笑)
神戸の街が小さいなら日本ほとんどどこ行っても
小さい街すら無いことになるよ〜w
[ 2017/03/23 13:40 ] [ 編集 ]
代表引退試合が盛大すぎた;;; あとはフォルランみたいに寂しいことにならん様に祈るのみ・・
[ 2017/03/23 14:12 ] [ 編集 ]
 神戸のPRですね。神戸は近場に美味しい日本酒の蔵が沢山あるのが素晴らしいです(ここ重要)

 渋滞ですがポドルスキは過去にロンドンのクラブにいたので慣れていると思います。ロンドンより酷い渋滞はそうそうないでしょう。
[ 2017/03/23 14:21 ] [ 編集 ]
家族も連れてくるんですか?ならいいですね。
しかし、自動車移動は都市部は日本だとしないほうがいいかもしれないですよね、都市交通が便利なので。
日本ならポドルスキがあるいてても、欧州みたいにはなりませんよ、
フォルランも普通に家族と歩いてたの私は見ましたし、周りは気を使って極力声掛けないようにしてました。
[ 2017/03/23 16:22 ] [ 編集 ]
>三宮にはおしゃれなカフェもありますし
火垂るの墓の現場でもあります。当時の同盟国のスターとしてその地に来てくれる事を嬉しく思います。
日本人の香川に聞くより、リティとかブッフバルトやバインやオジェックに聞くといいですよ。
ブッフバルトは浦和を強くして、監督まで務めました。
[ 2017/03/23 18:14 ] [ 編集 ]
海が有って山も有って、おしゃれなカフェに異人館、中華街にオフィス街やベイエリアにショッピング街・・・
素敵な街ですよね。横浜とそっくりだけど、その小ささには正直愕然としましたけど、観光で回るならササッと回れて便利。ミニミニ横浜ですね。

横浜が神戸に負けているのは、姫路城に行けない事ですかね・・
[ 2017/03/23 20:48 ] [ 編集 ]
豚汁(とんじる)と耳にしても聞き慣れているせいか何とも思いませんが、牛汁(ぎゅうじる)と聞くと何だか見てはいけないような物を想像してしまうw

伊万里牛だと佐賀ですかね。管理人さんは東北と九州の両方の食が楽しめていいですね。
うちは都内と都下なんで、さして変わりが無いんですよねえ…
[ 2017/03/24 03:10 ] [ 編集 ]
とても適切なアドバイスだと思います。
ポドルスキにも届いているといいですね。
神戸は区画整理が間に合わなかった影響で外国人居留地の範囲が広く、外国の方でも自然に溶け込め住みやすいと思います。
日本の文化を楽しみたいなら香川の言う通り姫路城や有馬温泉もありますし。
また、六甲山から海岸までの距離が短く平地がとても少ないです。
そこに多くの交通網が集中しているため混雑することがよくあります。
六甲山が急傾斜なため川の流れがはやく、河口に土砂が堆積せず、水深が深いことで埋め立てることができなかったことも平地が少ない要因です(その水深の深さが大型船の泊まれる良港の要因でもあります)。
あと喫茶店が多くあります。
不純物が少ない六甲山の水を使っているので美味しいです。

と、まあ半分以上ブラタモリの受け売りなんですが。
[ 2017/03/24 03:28 ] [ 編集 ]
神戸は海も近いが山も近いから狭いんだよね
美味しい物も多くあるから気にいると良いけど
大阪や姫路など神戸外まで出かけると物凄く幅が広いけどね
[ 2017/03/24 18:32 ] [ 編集 ]
神戸出身東京育ちです。神戸はこじんまりしてますが、案外楽しめる場所が多く、飽きさせません。おしゃれですごく綺麗にまとまった良い街です。南京町のコスパは横浜中華街がぼったくりと思えるほど、などと言えば言い過ぎでしょうか。(笑)神戸、素晴らしいです。また兵庫県には日本海もあり、南北縦断ドライブも楽しいです。
[ 2017/03/26 02:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。