ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督交代か?トゥヘル後継者の名前が浮上!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



元BVBの選手ソウザ


トゥヘルの後継者をめぐる噂。



entry_img_1568.jpg
引用元:Bild


このニュースが、BVBにおけるトゥヘル解任の噂に拍車をかけることになった。

スポンサーリンク


イタリアのメディアが、FSフィレンツェのパオロ・ソウザ監督とドルトムント副会長のミケーレ・プッラーが水曜日にフィレンツェ内のホテルで会談したことを伝えている。おそらくトーマス・トゥヘル監督の後任として今年の夏についての話し合いだと思われる。


2017032506130765e.jpg



BVBはそれに関しては何も表明していない。しかし、内部ではこの会談は完全にプライベートのものだったとされている。



いずれにせよ、BVB会長のハンス・ヨアヒム・ヴァツケはスポーツ・ビルトに対してトーマス・トゥヘルがクラブを去った場合に備えて準備をするつもりだと述べている。“基本的にこのような可能性にたいして準備をしていない事は、プロフェッショナルなクラブとしては、いささかだらしがないと言えるだろうね。”とのことだ。



ソウザは最近ではヨーロッパリーグでグラートバッハと対戦し、敗れている。フィオレンティーナはセリアAでは現在8位に位置しており、ヨーロッパ圏内からかなり離れている。



もちろんソウザにとってはチャンピオンズリーグに出場するドルトムントは非常に魅力的だろうが・・・。







以上です。

まあドイツでも報道されたので紹介しましたが、この記事にある通り、プライベートな会談だった可能性が強いですよね。元BVBの選手だったソウザがBVB関係者とプライベートで会う事はなんら不思議ではありませんし。

この記事のポイントは、ヴァツケがトゥヘルがいなくなった場合にそなえて準備していると示唆した事でしょうかね。

まあ当然と言えば当然でしょうが、契約延長の話はまったく聞こえてきませんし、どうなるかまだまだ分かりませんね。


【おまけ今日のドイツ】

20170325061307553.jpg

イースターらしい鳥と卵のお菓子
[ 2017/03/25 06:15 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(20)
これ気になってたんですよね。
トゥヘルは移籍したい、ステップアップしたいオーラ出しまくってましたから、
全く驚きはありませんが、よりによって新しい選手取りまくったシーズンの後だから
17-18シーズンがタイトル取る本命でもう1年かと思ってたんだけど違うみたいですね

フロントと想像以上に溝があるのでしょうか
[ 2017/03/25 07:05 ] [ 編集 ]
ソウザなら魅力的なサッカーするし、元ドルトムントの選手でCL制覇してるからファンからすんなり受け入れられそう。 この監督はフィオで3421採用しててシステム的には今とは変わらない。当然ディティールは変わるだろうけど。
[ 2017/03/25 07:38 ] [ 編集 ]
ソウザってよく知りませんが成績だけを見ればトゥヘルのままのが全然いいですよね
トゥヘルを解任することはないと思いますが、プレミアなど魅力的なオファーがあったらそれに応じる可能性はあるような気がします
ただこのタイミングで監督交代はリスクが高いと思いますが、どうなるでしょう
[ 2017/03/25 07:47 ] [ 編集 ]
パオロ・ソウザって正気かよ!?としか言えない。
[ 2017/03/25 08:03 ] [ 編集 ]
お互い急ぐ必要は無いと思っているのでしょう。
トゥヘルも、今は動きたくないけどオファーを喜んで、楽しんでいるみたいだし、それはフロントとしてもこんなに人気の監督を引き留められたんだ・・みたいな事をアピール出来たらプラス。
今シーズンのオフに発表と予想。
[ 2017/03/25 08:06 ] [ 編集 ]
あくまで記者の憶測ですね
後任に良い名前が上がらないのであれば契約延長するのが正解だと思います
[ 2017/03/25 08:35 ] [ 編集 ]
トゥヘルは野心家な感じがするし、
クラブ側も高値で買ってくれるなら
どうぞってスタンスだろうし、
監督交代も近いかも?
[ 2017/03/25 08:39 ] [ 編集 ]
若手育成しながらリーガ、ポカール、CLで今の結果なら、クラブの方針考えると、リスク冒してまでクラブからトゥヘルを解任することはないと思います。
トゥヘルが来季ステップアップしたいって考えてたらあるかもしれませんが、まあ、それはそれでドルらしいですね。笑
[ 2017/03/25 10:38 ] [ 編集 ]
トゥヘル監督が本当のところどう思っているかは分かりませんし、チームやフロントとの関係や雰囲気も同様です。個人的には、まだシーズンも終わらないうちから去就についてそれほど騒ぎ立てることも無いのかなぁと感じでいます。
ドルトムントは大きなクラブとはいえ、育成クラブの側面がかなりあると思います。(香川選手が初めに在籍した頃からのファンなので、それほどクラブの伝統を知りません。最近のドルトムントを見ていてですが。)
可能性として、ビッグクラブへステップアップしたいというトゥヘル監督と、優勝争いにイマイチ絡めないでいる今シーズンの成績に満足いかないフロントとの意向がマッチすれば、交替もありえるかもしれませんね。
いずれにしろ、落ち着いて残りのシーズンを見たいと思います。
[ 2017/03/25 11:18 ] [ 編集 ]
 そりゃ色々な監督に声はかけておくでしょう。ソウザ監督よりも実績のある監督にも声をかけていると思います。
[ 2017/03/25 11:27 ] [ 編集 ]
まぁ契約延長はあり得ないだろうね。トゥヘルになってから何一つタイトル取れないクラブになっちゃったしね
[ 2017/03/25 12:28 ] [ 編集 ]
トゥヘルはとっととアーセナルに行っちまえばいいのさ
[ 2017/03/25 14:53 ] [ 編集 ]
CL決勝に残っちゃったら
アーセナル行くでしょう
監督として戦うリーグ戦は
プレミアのほうが楽しいだろうし
[ 2017/03/25 21:32 ] [ 編集 ]
そしてベンゲルが日本監督になってオリンピック兼任監督と。
[ 2017/03/25 21:42 ] [ 編集 ]
行ってくれ。俺はドルトムントが好きなんだ。
トゥヘルは出来上がりつつあったドルトムントを破壊し尽くした。
もう充分だ。
[ 2017/03/25 22:15 ] [ 編集 ]
トゥヘル体制で今の若手ベテラン混合でクラブの目標達成はできそうな状況
さらに復活した選手も数多くいることを考えれば良くやっているかと思います

しかし昨季のギュンドアンムヒタリアンフンメルスのようにワールドクラスからはどうしてもステップアップの踏み台になっているところがネックではありますよね・・・
またTOが上手くいっていなかったりクロップと比べるとモチベーターとはとても言えない点などは厳しいところ
とはいえあと1年位はトゥヘル体制でタイトルを狙ってみてほしいし完全にトゥヘル色になった上で戦力が固まるとどうなるかには期待したいですね(就任当初はどうしてもクロップ色が強く二年目は大幅な変更を強いられたため)
[ 2017/03/26 00:32 ] [ 編集 ]
ソウザと共にクバも帰ってきてくれないかな。
もちろん歳だから精神的支柱的意味合いが強くなるだろうけど、ロイスとかも尊敬してるし期待してしまう。
[ 2017/03/26 01:58 ] [ 編集 ]
感情論を抜きにするとヨーロッパ内でトゥヘルの評判は悪くないのだろう。CLでも結果を出しているし、リーガでも3位にいる。

ヨーロッパでバイエルンはレアル、バルサに匹敵する特別なクラブだから、リーガ1位は決まっていると皆が思っており、今の3位は実質の2位と言ったところではないか。

しかし、クロップからトゥヘルまでの間にドルトムントの評価もずいぶん高まった。UEFAクラブランキングでは7位くらいだったと思う(多分)。

クロップが「ステップアップしたい」と思っているふしがあるのは、各種言動から明らかで、アーセナル辺りからのオファーも報道されている。
しかし、日本人はプレミア信仰が強いからともかく、アーセナルクラスに動くことを「ステップアップ」とヨーロッパの人が思うだろうか。

ユーベ、シティー、アトレティコあたりで微妙にオッケーな感じではないか?そのレベルからオファーが来るのか。もし水面下で来ていたとして後任はパウロソウザ?彼にドルトムントを預けると?

ちょっとファンタジーが過ぎる話だ。
[ 2017/03/26 05:29 ] [ 編集 ]
トゥヘルは良い監督ではあるけど、慎重すぎて勝負師ではないし、実績とタレントのある個性的な選手をうまく扱えなさそうだから、アーセナルはどうでしょうか。真偽はともかく、アーセナルの噂は本人にとって悪い気はしないと思います。万が一、CL出場を逃したら、即クビだから、後釜の候補を探しておくのはフロントとして当然。でも、こういった記事がでるのはトゥヘルはフロントやドルのOBとはあまり上手くいってないのでしょうね。
[ 2017/03/26 10:50 ] [ 編集 ]
クラブもトゥヘルも主導権争いを繰り広げている感じで、解任なのか、辞任なのか、お互いの格のポジショニングをしあっている感じ。

今までの経緯を見ると、トゥヘルはプライドが異常に高く、自分を下に格付けされるのを異常に嫌っている。やめさせられそうになると、自分がやめたくてやめるんだ!といって出ていく感じ。自身のブランディングにとても気を配っている。

権威やブランドには弱く(人気があってかつ政治力があり、またどこかのビッグクラブで遭遇する可能性のある選手、ドイツ代表で会いそうな選手はひいきする)、自分がやり込められそうな選手、もうビッグクラブや代表では会いそうもない選手にはとても冷たい。すごくはっきりしていてむしろすがすがしい。自分の格を保つために、徹底しているようにみえる。すごい野心家なのだろう。


フロントも、トゥヘルもどっちもどっち。トゥヘルは、フロントのいろいろなニーズを消化しながら、それなりにやってきたというところかも。フロントは、かなりめんどくさいニーズが影でいろいろありそうだから、今の発展途上のドルトには、トゥヘル以上の監督は来たがらないんなじゃんないかな。フロントも、パワーバランスが、監督に分があるような人は招聘したくないのでは。


[ 2017/03/26 12:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。