ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川、引き続き監視下!BVBで登りも下りも経験!」特集記事①《ドイツの反応》





ルーア・ナッハリヒテン】




entry_img_1574.jpg
引用元:ルーアナハリヒテン


彼はその時、自分に何が起こったのかまったく分かっていなかった。レヴィーアダービーに3:1で勝利した後でチームバスがドルトムントへと帰ってきた時、多くのドルトムントサポーターが待ち構えており、発煙筒に火をともして、何よりも2得点をあげた香川真司を祝福したのだ。それから6年半の時が過ぎた。香川は失敗に終わったマンチェスター・ユナイテッドから帰ってきた。しかし彼の残した結果はそれ以降、ごく平均的でしかない。

スポンサーリンク


このドリブルのうまい日本人にとって、シャルケでの勝利は、ファンにとってこの試合がいかに感情的なものであるかを知るものとなった。“ダービーがファンにとって何を意味するのか解りました。”と彼は勝利の後で語っている。しかし、もちろんこのように迎えられることまでは想像していなかったに違いない。




もはやレギュラーではない。



香川真司は冬休みを利用して、再び里帰りをした。彼のインスタグラムでは、友人達との姿や、車の前でポーズをとる姿を見ることができた。そこからは非常にリラックスして満足している香川の姿が見られた。しかし彼のドルトムントの日常が、このようなものであるかどうかは想像するしかない。この28歳はベルリンとインゴルシュタットで再びフル出場をはたした。その4試合前はいずれも途中出場だった。そして2試合はベンチから90分間試合を眺めるだけだった。これはレギュラーの姿ではない。


香川は昨シーズン、リーガ29試合に出場し、中盤の真ん中で定位置を得ていた。彼はそこで9ゴール9アシストを記録し、これはオバメヤン(25/6)とヘンリク・ミキタリアン(11/20)に次いでチームで3番目の記録だ。しかしトーマス・トゥヘルは手放しで彼に満足しているわけではなかった。




新たな競争


そして香川は昨年夏の休暇中、クラブがヘンリク・ミキタリアンの移籍の後で、マリオ・ゲッツェとアンドレ・シュルレという二人のワールドカップ優勝者を獲得するというニュースを目にしなければならなかった。さらにそれに加えて、エムレ・モアやウスマン・デンベレーのように非常に若くて、飢えた選手の獲得もだ。それによってセンターフォワードのオバメヤンの後ろのポジションでの競争がものすごく激しくなった。



そしてそれは何よりも香川のポジションにおいて見られた。なぜならドルトムントはバイエルンとは違ってマリオ・ゲッツェの力はサイドではなく、香川の得意とする中央でこそ発揮されると見ていたからだ。当時スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクは、“選手層が厚くなったことで様々なポジションで激しい競争が起きるだろうが、それは意図しての事だ。”と語っている。香川はポカールのトリーア戦では自分をアピールすることに成功した。彼はそこで2ゴールを決めたのだが、それはまるで、“ハロー!僕もまだいるよ!”と叫んでいるかのようだった。




続く







久しぶりの香川選手の特集記事となりました。ちょっと一度に訳すには長いので2回に分けます。

続きは日本時間の夜7頃にアップする予定です。

[ 2017/03/28 06:00 ] 香川2017 | TB(-) | CM(7)
昨シーズンチームで3番目の記録を出したが
しかしトーマス・トゥヘルは手放しで香川に満足しているわけではなかったから今期多くの選手を獲得したって変な話ですよね
シュールレはトゥヘルが熱望してた選手だったのは確実だったと思うしゲッツェはそもそもフロント主導
若手の数人はトゥヘルも知らない間にフロントが獲得に向かったんじゃなかったですかね?
トゥヘルの去就もわからないしトゥヘルとフロントとの関係どうなっているんでしょうか
[ 2017/03/28 08:07 ] [ 編集 ]
続きを楽しみにしてますが
もう28歳になったので移籍するなら最後のチャンスだと思いますし、元々香川は昨シーズン結果出して帰国後堂々と移籍希望発言してましたよ 笑
骨挫傷の影響で今期結果は出てませんがここ3試合程チームで1・2位を争う好パフォーマンス
バイエルンはさておきブンデスにもライプチヒやホッフェンハイムのような力をつけたクラブが現れてきましたしこれからドルトムントがリーグ優勝するようなことはあるのでしょうか?CLやポカールは・・
香川選手もユナイテッドでタイトル獲得してからタイトルに無縁なんで、そこそこののクラブに移籍してセレッソからブンデス中堅のドルトムントに移籍していきなりリーグ優勝の立役者になった時のようなワクワク感をもう一度って気持ちもあります 笑
[ 2017/03/28 08:35 ] [ 編集 ]
いつも楽しく拝見しています
サッカーの知識がない芸能記者が書いた
記事みたい
[ 2017/03/28 10:39 ] [ 編集 ]
貴重ですね。他のどこにもありません。楽しみにしてます(^^)
[ 2017/03/28 11:16 ] [ 編集 ]
 地元紙に特集を組まれるのというのは、プロ選手にとってはとても有難い事でしょう。注目されてナンボですからね。
 
 私は香川のUTDでのキャリアを失敗だと思っていません。ファーガソン監督の指導を受け、スコールズ、ギグス、エヴラ、ルーニーなどのトップレベルの選手とプレーしてプレミアリーグ優勝。香川以上の実力がある選手は世界に沢山いますが、このような経験ができるのはそのうちの一握りです。
[ 2017/03/28 12:06 ] [ 編集 ]
続きが楽しみです。
今シーズンも終盤に近づいてきてやはり、関心は移籍の話題が多くなってきましたね。
香川選手がどうするかはファンとしては一番気になるところですが、これは、移籍絡みでの記事なのでしょうか?
少し前にも放出候補などという記事も出ていたので、監視下 っていうのはそういう意味合いなのでしょうか?

今シーズン残り2ヶ月ですが、良いパフォーマンスを見せて、良いオファーが来ることを願っています。

[ 2017/03/28 15:53 ] [ 編集 ]
少なくとも昨シーズンでの成績は平均を越えてると思うんだけど印象って怖いね
[ 2017/03/28 21:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。