ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ケルン大迫!膝の関節包を負傷し、離脱!復帰は未定!ドイツ紙詳細《ドイツの反応》




【Sport1】



FCケルン:ケルンの大迫勇也、イングリッシュウィークは欠場


ケルンの大迫、負傷離脱!




entry_img_1577.jpg
引用元:Sport1


これはケルンにとっては不運だ!ストライカーの大迫勇也が日本代表戦で負傷し、イングリッシュウィークの試合に欠場することになった。復帰の日程はまだはっきりしていない。

スポンサーリンク



FCケルンはヨーロッパリーグ参加を賭けて戦っているが、またしても負傷者がでるという不運な状況と戦わなければならない。ペーター・シュテーガー監督は最低でも3試合は大迫をあきらめなければならない。



この26歳は木曜日に行われた日本代表対アラブ首長国連邦(2:0)の試合に出場し、左ひざの関節包を負傷した。火曜日にクラブが検査結果を伝えている。



大迫は今シーズン、ブンデスリーガで6ゴールをあげる活躍をしていたが、イングリッシュウィークでのハンブルク戦(今週土曜)、そしてフランクフルト戦(4月4日)、グラートバッハ戦(4月8日)に欠場する。




復帰の日程はまだ未定



“彼がその後もプレーできるかどうかは、それまでの回復具合によるので、現時点ではまだはっきりしていない。”との情報である。ケルンは現時点で37ポイントを獲得しており、6位に位置している。そして次の対戦相手であるフランクフルト(36ポイント)、グラートバッハ(32ポイント)を上回っている。



ケルンは攻撃においては、マルセル・リッセの長期離脱に対処しなければならないところだった。最近まで太ももを負傷し、回復したばかりだったビッテンコートには新たな筋肉の問題が起こっている。またフォワードのルドネフスは最近鼻の手術を受けたばかりだった。







以上です。

日本でもすでに広まっているとは思いますが、ドイツ紙から紹介しました。

大迫選手、最低3試合の欠場が決まったようですね。それ以降は回復度合いによるとのことですので、長引く可能性もあるようです・・・。

これはケルンにとっても大迫選手にとっても大きな痛手となってしまいましたね。

できれば早く治して、4月半ばごろには復帰してくれることを願っています。


[ 2017/03/29 18:25 ] 大迫 | TB(-) | CM(6)
日本にもあのドログバを大会直前に破壊した選手が居たけど
咄嗟のプレーとはいえボールにではなく体にいってるプレーにカードが出ないのはおかしい
[ 2017/03/29 19:06 ] [ 編集 ]
膝が変な方向にグニャっと曲がってたし結構長引きそう。
しかし試合終盤に押しこまれたのもあって、相手のUAEの選手もイライラしてたのかもしれないけど、あのファールは悪質だったわ。
小野が大怪我した時を思い出して冷やっとした。
[ 2017/03/29 19:13 ] [ 編集 ]
香川選手のドル1年目の時も絶好調だったのにアジアカップの怪我で残念な後半戦になりましたし
こういうのがあるから代表ウィークって怖いですわ…
大迫・長谷部の両選手共に良いシーズン送ってたってのに怪我とか残念にもほどがある
[ 2017/03/29 19:50 ] [ 編集 ]
小野みたいに破壊されなくてよかった。

予選くらいは主軸を使わなくても勝てるようなレベルに早くなって欲しい。
まぁ、主軸以外なら怪我しても良いというわけではないけど。。。^^;;;
[ 2017/03/29 22:44 ] [ 編集 ]
じゃあ診断は打撲じゃなくて捻挫ってことかね?まあ結構負担かかる部位だし、しばらく安静のがいいだろな。高校生とかなら無理して数日休んだらもう練習とかしちゃうんだろうけど。
[ 2017/03/30 02:16 ] [ 編集 ]
靭帯断裂とかじゃなかったのが不幸中の幸いか
とにかく完全に直して欲しい
好調だっただけに、つらいなあ
[ 2017/03/30 07:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。