ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 ドイツ監督レーヴ・インタビュー②「チーム!それが私達の強みです!」


ドイツ代表監督、ヨアヒム・レーヴのインタビューの続きになります。

前回のインタビューでは、ユルゲン・クロップについて、またマルコ・ロイスについて語っていましたが、今回はワールドカップでの思い出や、難しかった事などを語っています。

前回のインタビューはこちらです。

2014111105581947d.jpg





それからあなたはセルフィーには我慢できますか?(訳注:ファンとのセルフィー)


もちろん誰にも邪魔されないで動きまわりたい日や瞬間はありますよ。正直に言って、私も安らかに過ごす時期が必要だからです。でも一方では、人々が私に話しかけたり、私達が達成した事について評価することは、認められている証だとも思います。


クリストフ・クラマーはドイツサッカー協会にワールドカップトロフィーのコピーを作ってもらったそうですね。あなたのコピーはどこにありますか?


私のワールドカップに対する愛情はそこまで大きくはありませんよ。それから解き放たれたいですしね。そうした思い出は心の中に閉まっておきたいですし、リビングにトロフィーを置いて常にメダルやトロフィーを眺める必要はありません。私にとっては頭のなかにある写真はその時の感情と結びついており、素晴らしい記憶となっています。


たとえばどれですか?


一つだけでなく、沢山ありますよ。アルゼンチン戦でのハードな戦いだったり、ブラジル戦での勝利だったり、現地の人が一緒に祝ってくれたように、彼らの温かい意思表明などですね。それに試合終了前に決まったマリオ・ゲッツェの決勝点ですね。これらの瞬間はがっちりと頭のなかに錨をおろしています。でも難しかった瞬間についても考えますね。


どれが難しかったんですか?


メンバーを決める時に選手と話さなければならなかった時ですね。ペア・メルテザッカーをベンチに置かなければならなかったのは難しい事でした。私は彼をもの凄く尊敬しているんですよ。彼はそれを受け入れてくれて私にこう言ったんです。“トレーナー、これはあなたにとっても難しい事だと分かっています。でも僕にはチームをどう支えれば良いか分かっていますし、そうしますよ!”


それはまさに“Die Mannschaft チーム”ですね。


全くその通り!それが私達の強みでした。一つの瞬間と目的のために皆が後ろで一列になったんです。(訳注:一致団結)

スポンサーリンク



あなたは決勝戦をもう一度最初から最後まで見ましたか?


大部分においては見ましたが、全てではないですね。巻き戻ししたり早送りしたりしましたから。少しずつ決勝の試合や他の試合を見ましたね。


あなたはあなたの決勝戦での英雄であるバスティアン・シュバインシュタイガーと連絡はとっていますか?


もちろんですよ。ミュンヘンでも会いましたしね。彼はいつからプレーできるか、そしてプレーしたいか彼の計画を話してくれましたよ。


私達は2014年の内にもう一度彼を見ることが出来ますか?


今の所良い見通しですし、私もそう望んでいますよ。でもそれはバイエルンの責任者が決めることです。嬉しいでしょうね。(訳注:早く復帰したら嬉しいでしょうね。)


あなたは今度ニュルンベルクでジブラルタルと対戦しますね。あなたはこの対戦相手に対してどのように準備するつもりですか?


ジブラルタルに対しては何も言及したくありません。この時間を他の事に使いたいですね。


例えば?


例えば私達の守備陣についてとか!最近ではいくつかの出来事を無視(訳注:相手の攻撃の小さな動きの事だと思われる)するような事がありましたが、集中力が足りませんでしたね。こうしただらしなさを取り除かなければなりません。


あなたがストライカーで問題があるなら、オリバー・ビアホフを出したらどうですか?ジブラルタル相手ならまだ十分だとお思いますよ。(注:オリバー・ビアホフ、46才は現ドイツ代表マネージャー、元ドイツ代表、セリアA得点王)


(笑い)我々がしばしば相手のペナルティーエリア内で留まるならば、彼は十分価値が有るかもしれないですね。カウンター試合でのみ彼も問題があるでしょうね。





以上です。長年プレーしてきたメルテザッカーとのエピソードなどは興味深かったですね。ワールドカップ中はとにかく、スター選手に頼るのではなく、チームとして戦う姿勢を強調していました。

なんとも呑気な感じのするレーヴ監督。チームに結果が伴わないとすぐに批判されるわけですが、ドイツで4人目のワールドカップ優勝へ導いた監督になり、そういう批判も一蹴しましたね。と思ったらユーロ予選で負けてまた批判が出そうですが、以前ほどではなくなるように思います。

とにかくタレントが豊富なドイツチーム、そしてそうしたリーガで戦っている日本人選手。共に頑張って欲しいですね。


マリオ・ゲッツェのインタビュー

【おまけ 今日のドイツ】
IMG_5100.jpg

ドレスデン旧市街地にあるカフェ
美味しいお茶やコーヒーが飲めて寛げる雰囲気の良いカフェでした。

ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2014/11/11 18:00 ] サッカー ニュース | TB(-) | CM(2)
No title
いつも良い記事有り難うございます。「おまけ」も大好きです。
なぜか今回のおまけを見て、昔ドイツ旅行で入ったレストランで、客の連れてきた犬たちが素晴らしく行儀の良かった事を思い出しました。
[ 2014/11/11 19:34 ] [ 編集 ]
No title
レーヴのインタビュー嬉しいな

自分もおまけ好きだ
今年~来年くらいで一度ドイツ旅行行きたいなー
[ 2014/11/12 13:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。