ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

トゥヘル、オバメヤンを怒らせる!!シューズをめぐって争う!ドイツ紙《ドイツの反応》




スポーツ1


トーマス・トゥヘル、レヴィーア・ダービーを前にオバメヤンを怒らせる!



シューズをめぐる争い!トゥヘル“オバ”を怒らせる!




entry_img_1581.jpg
引用元:Sport1


シャルケとのレヴィーア・ダービーを前に、トーマス・トゥヘルは、ピエール・エメリック・オバメヤンとシューズをめぐって争った。ガボン人は復讐を宣言している。

スポンサーリンク



シャルケとのレヴィーア・ダービーを前に、ドルトムントを陽気な雰囲気が包んだ。トーマス・トゥヘルとピエール・エメリック・オバメヤンが個人対決をしたのだ。



それは60分間のトレーニング終盤に起こった。ドルトムントの選手たちがトレーニングを丁度終えるところで、トゥヘルは手が空いていたのだ。BVBコーチは自分にチャンスが来たことを悟った。



トレーニング場の端になんと“オバ”のシューズがぶら下がっていたのだ。トゥヘルは靴を取り出すと、紐を結んで、照明塔のフックにぶら下げたのだ。


オバメヤンにとって不利となったのは:彼は誰がシューズを上に投げたのかわからなかった。トゥヘルがシューズを高いところにぶら下げた後で彼はこの事に気づいたのだ。彼はまず、ものを投げてこのシューズをとろうと考えた。


しかし彼は自分のアスリートの能力を信じ、ジャンプして直接シューズを取り戻したのだ。そしてその様子はルーア・ナッハリヒテンのビデオでも見ることができる。








現在ではオバメヤンはビデオを見て誰がやったか分かっている。彼はツイッターで復讐を誓っている。





以上です。

まあトゥヘルがオバメヤンにいたずらしたという話でしたね。

こういう事は割と頻繁に行われているようですね。オバメヤンもシューズを取り戻したことで、シャルケ戦に出場できるようになって良かったです。


結構高いところにぶら下がっていたと思いますが、ジャンプ力も結構ありますね。オバメヤン、背も高いので、さらにヘディングゴールを増やしてほしいですね。






[ 2017/03/31 18:40 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(12)
外国人は靴にイタズラするのが好きというイメージ
[ 2017/03/31 19:20 ] [ 編集 ]
日本人がやたらトゥヘルを叩く時に選手とうまくいっていない、選手が不満を持っていると妄想しているのをよく見かけますが、そういう人たちはそんな状態ならこんな和やかな雰囲気はありえないということを理解する必要があるんじゃないかなぁと思いますね。
[ 2017/03/31 19:26 ] [ 編集 ]
ダービー前にやばい雰囲気なのかと思った
[ 2017/03/31 19:27 ] [ 編集 ]
ドルトムントはピッチ外でも楽しそうですよね。いつも笑わせて頂いてます。
[ 2017/03/31 20:06 ] [ 編集 ]
>外国人は靴にイタズラするのが好きというイメージ

同じくそんなイメージあるある
[ 2017/03/31 20:22 ] [ 編集 ]
ハイボールもジャンプして競ってくれよと
裏抜けばかり狙っとらんで
[ 2017/03/31 21:22 ] [ 編集 ]
真司もマンウの時、誰かのスパイクを
ロッカールームの天井に貼りつけたとか貼り付けられたとか
両足の靴紐を切られた?とか結び付けられた?とか
選手たちはそういういたずらを日常茶飯事のように
やっているみたいでコミュニケーションの一つですねw
オーバはいつも明るいし
真司と同じくいじられるタイプなのかな?
[ 2017/04/01 04:33 ] [ 編集 ]
こういうのでケガしたらどうなっちゃうんだろうか…
[ 2017/04/01 05:29 ] [ 編集 ]
トゥヘルは靴をいじるより戦術をどうにかした方がいいと思うよ。
その現実を受け入れられない哀れな人もいるみたいだけどねえ・・・。
[ 2017/04/01 09:04 ] [ 編集 ]
靴紐を切る✂っていうのは、どこにも行かないで!という願の印、パフォーマンスだそうです。
ドルトムントに帰る香川に対してやった事は、いたずらというよりは、別れたく無い人に行った愛情です。切った2人が寂しそうに、話してる動画を見て、ユナイテッドでも愛されていたんだなぁと思いました。
[ 2017/04/01 09:58 ] [ 編集 ]
体育会系あるある
[ 2017/04/01 10:39 ] [ 編集 ]
ポドルスキに靴をいたずらされた槙野のことだな
[ 2017/04/01 18:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。