ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

独紙「香川は相変わらずダービー・スペシャリスト!」高評価!寸評と採点②《ドイツの反応》


entry_img_1583.jpg
引用元:ルーアナハリヒテン


RAN】


ビュルキ 3

ピスチェク 5

ソクラティス 3

バルトラ 5

カストロ 3

ヴァイグル 5

パスラク 3

シュメルツァー 3

デンベレー 2

香川 3

オバメヤン 3


スポンサーリンク





香川寸評 
この日本人は22分に自ら先制するチャンスを得たが、無人のゴールを前にシュートではなくドリブルを選択した。オバメヤンの先制点をアシストしている。それ以外は特に大きな見せ場はなかった。





【ルーア・ナッハリヒテン】


香川は相変わらずダービースペシャリスト



香川寸評 2


この素早いBVBの演出家は今シーズンは、このポジションがないことに嘆いている。しかしこの日本人はダービー・スペシャリストであり、ドルトムントのファンのお気に入りになったのもダービーだったため、トーマス・トゥヘルは彼を起用した。そしてそれは成功した。香川は54分にオバメヤンの先制点をアシストし、それ以外の場面でドルトムントで最も良い選手の一人だった。例えば、58分にオバメヤンに出した素晴らしいパスのように。





【Sportal】

ビュルキ 3

バルトラ 3

ソクラティス 3.5

ピスチェク 2

シュメルツァー 3.5

カストロ 4

ヴァイグル 3.5

パスラク 4

デンベレー 2

オバメヤン 3

香川 3.5


香川寸評

この日本人はオバメヤンの先制点を、素早くアシストしただけでなく、それ以外でも一対一などで存在感を発揮し、攻撃において素晴らしいアイデアを見せた。もしオバメヤンが先制した後に、彼の縦パスを自らシュートしていれば2アシストになっていただろう。






以上です。

いくつか寸評が更新されていましたので紹介しました。

最近はRANの寸評を取り上げる機会も増えましたが、個々の寸評は割といつも適当ですね。特に今回の香川選手の寸評に関しては、試合をほとんど見ていなかったとしか思えないような内容となっていました。22分のチャンスはこぼれ球が来た時点で、ゴールとは逆の方に動いていたので、あそこでシュートは体勢的に厳しかったと思います。

RANはドイツの大きなテレビ局であるSAT1のスポーツ番組なので、情報量は結構あるんですけどね・・・。


寸評採点その1はこちらです。

RANの寸評、凄すぎますww
爆笑してしまいました~(≧∇≦)
どのプレーのこと言ってるんだかww
[ 2017/04/02 20:35 ] [ 編集 ]
試合見てないような評価は私は見てなかった、というより他の選手の代理人かな?と思いますね。
選手の競争が激しいですから、以前はドルにはそういうタイプはライオラだけでしたが記者に
圧力をかけてくる代理人がクラブに増えてきてると思いますね。

だからこそクラブでまともに競争をしたければ、自分の為に場外乱闘してくれる代理人は必要だと思うのです
そこはクラブが大きくなればなるほど必然になるというか、絶対に見ないふりをしたり甘く見てはいけない部分
ピッチ内は自分の仕事ですが、ピッチ外では代理人の仕事で、ピッチ外の事も含めた部分が現代の
フットボーラ―に要求されているような気がします
[ 2017/04/02 21:14 ] [ 編集 ]
1点だったのがすべて。
勝つためにはもう少し得点が欲しいですね。
このままだと、とてもモナコには勝てないし、勝ち切る強さがない。
他のチームが足踏みしているのに救われている。
[ 2017/04/02 21:15 ] [ 編集 ]
RANとSPOrtal1でピスチェクの点数があまりにも違ってビックリしました。
どちらもデンベレーの評価はチームで一番高いですね。

やはり海外ではたとえ何度もミスをしても逆起点になろうとも前へ運ぶプレイのほうが評価は高いんですよね
[ 2017/04/02 21:19 ] [ 編集 ]
あの試合の香川を見て「アシスト以外は見せ場無かった」と言えるのが凄いwww
[ 2017/04/02 21:33 ] [ 編集 ]
シュート厳しかったかもしれないけど、うってほしかったな
最近シュート数自体が少ないし
[ 2017/04/02 21:45 ] [ 編集 ]
仕事で終了間際しか見れなかったのが悔やまれる試合でした。あとから試合はチェックしましたが、香川選手は継続して調子が良さそうで何よりです。身体の方は本調子とはいかずとも、感覚が研ぎ澄まされている感じがします。本当にダービースターですね。
個人的にモル選手をもっと見たいと思いました。判断力はまだまだかもしれませんが、デンベレ選手とはまた違ったドリブルの感覚を持っている面白い選手だと思います。それに、かなり感情的ですし、こういった熱いゲームで「良い方向に」転べば化けそうなので(笑)。
[ 2017/04/02 22:15 ] [ 編集 ]
※それ以外は特に大きな見せ場はなかった

え?アシスト以外でも3回もチャンスメイクしたのに?

※相変わらずダービースペシャリスト

ダービー以外でも
ちゃんとした監督の戦術があって
周りの選手が利己的なプレーさえしなければ
誰より輝く選手なのに。
香川選手は周りを活かして自分も活かせる選手
香川選手を活かして自分も活かせるロイスのような選手と
同じくらい重要な選手なのに、英独メディアって
素人のようなジャーナリストが記事書いてる日本と
変わらないレベルですね
[ 2017/04/02 22:26 ] [ 編集 ]
21;24さんの意見に同感です

「イメージ」をどのようにつくっていくかによって、選手の価値が上下するというのは、否定できないと思う。もちろん、選手そのもののパフォーマンスが前提なのは当たり前だけれど。でもどのようにも解釈できることってあるから、それをよく見せるのはやはり大事だと思う。それをコントロールするために、メディアをいい方向に利用するというのは絶対に避けて通れない部分だと思う。

トゥヘルに関して、いつも状況が悪くなってくると決まって「レアルが狙っている」だとか、「アーセナルからオファー」とか(これは本当だったかもしれないけれど)の情報がなぜだかリークされてきたけれど、これもこういったイメージ戦略のひとつだと思う。
[ 2017/04/02 23:02 ] [ 編集 ]
香川はミスしたらミスしたで、そこはマイナス評価になり指摘されるのが今までの採点傾向なので、前を運ぶプレーがミスや逆起点が多くても評価されるというのは違うと思いますね。
選手によって評価基準が違うのが現実。
香川がデンベレの同じプレーしたら確実に最低点かつ、すぐに交代でしょう。

トゥヘルは起用法は割と公平だと思いますけど、お気に入りの選手は悪くても交代させないからそこは不満ですね。
勝ちたくないのかと時々感じます。
[ 2017/04/02 23:07 ] [ 編集 ]
デンベレたけーな
[ 2017/04/02 23:38 ] [ 編集 ]
世間のイメージなんてどうでもいいよ。イメージ戦法で上手くやっているのは本田と長友だけど、監督に評価されなければ意味ない。香川はどんな監督でも最後は評価されてるよ。それが一番大切な事。監督やプロのスカウト、そしてチームメイトが評価してくれたらそれで良いじゃん。
ファンはいつも応援してるしね。
[ 2017/04/03 01:27 ] [ 編集 ]
ドイツも日本もアマチュアというかサポーターの間で香川の過小評価が過ぎると改めて思う、あれで平均点って…
あとクラブでも代表でも香川が下がると引き分けないし負けが多すぎるんじゃないだろうか
[ 2017/04/03 03:27 ] [ 編集 ]
ドルって移籍希望した選手を優先的に試合に出してる気がする(お前は大事な戦力だから残ってね的な感じ)
だからミキタリアン、ギュン、オーバがそうだったように香川も移籍希望出したから使われるようになった?
いや、もしかしたら移籍オファー来た選手を引き留めるために試合に出してるのかも?

まあ何にしても香川は調子よさそうで残りの試合も楽しみですね。
[ 2017/04/03 05:45 ] [ 編集 ]
>2017/04/02 21:19

そうでもないですよ。
デンベレが低評価な試合だっていくらでもあるし、この試合も他では平均点だったりしています。
結局は採点者の好みでしょうね。
[ 2017/04/03 05:53 ] [ 編集 ]
キッカーで香川の採点、チーム単独トップの2!やったね!
[ 2017/04/03 06:33 ] [ 編集 ]
???という採点や寸評もありますが、メディアの評価なんて話のネタにするくらいでしょう
代表帰りでダービーと難しい状況での活躍、それでも勝てなかったことに悔しさを表した香川が頼もしく感じました

[ 2017/04/03 08:13 ] [ 編集 ]
日本では受け身でもOKだろうけど、日本から出たら権利とは自動的に与えられるものではなく
戦って勝ち取るものだからねえ。自分の権利を声高に主張する者だけが謳歌できる。
そうしない者は消えるだけって考え方だから。その辺の考え方は日本人の方が世界から見たら
特殊だよね
[ 2017/04/03 12:33 ] [ 編集 ]
RANは前も試合見てないだろって採点だったよな。Sportalの採点もな。香川もだがシュメも良かっただろ。最近シュメは盛り返してきて調子がいいよな。怪我は痛いわ。カストロは代表ウィーク前から不調だな。これでもサヒンは出れないのか。デンベレは諸刃の剣だろ。ドリブル突破やプレアシストは良かったがミスが多くて周りがフォローに追われてたわ。
採点や評価は代理人やクラブの裏工作もあるだろうが記者の主観や好みが入るもんだろ。地元紙だろうが専門紙だろうがさ。最近は記者がSNSで発信するから誰押しか予想がつくのもな。香川に関しちゃ今シーズンレヴィアスポーツ/西ドイツアルゲマイネの寸評は割とまともな方だろ。採点は微妙だが。むしろキッカーが今シーズン香川に辛口だよな。
[ 2017/04/03 12:42 ] [ 編集 ]
メディアの評価はどうでもいい。ファンが見ていればって日本人ってその辺を甘くみてるな、と思います。
私はドイツ語は解りませんので、英語サイトで日々サッカーのニュース追ってますけど、ドルトムントの
他の選手のニュースは出てますよ。メディアに代理人が日々売り込んでいて自分が使われる理由をドルムントファンだけ
ではなく、世界中のサッカーファンに向けて売り込んでますよ。
試合に出るためにそこにお金を使う事を惜しんでない、そこまでしてまで生き残ろうとしてる。

そういう努力もしている選手の視点からみてればファンが解ってくれればいい、という考え方は傲慢でもあると思うんですよね
例えば、圧倒的にいいものを作っているんだから、それを解らない消費者、買わない奴が悪いみたいな一昔前の
職人の傲慢さというか

今は圧倒的に実力のある職人でもいいものを作っていて、かつ消費者に解ってもらおう、手に取ってもらおう、
と売る努力まで必死になってる職人がたくさん増えているので、ファンだけが解ったらいい、というのは逆に売る努力
を放棄していて職人として怠慢で成功する意思が低い、という見方をされる気もするんですね。
意地悪な見方ですが、日本人とは違う物差しの世界だから。
[ 2017/04/03 14:13 ] [ 編集 ]
[ 2017/04/03 14:13 ]様
香川は今まで代理人を使っての売り込みは全くしてきませんでしたが、その結果どうですか?今までのキャリアに失敗ですか?
ユナイテッドを選んだ後も、モウリーニョ監督がレアルに誘ったと監督本人が明かしたり、ベンゲルも誘っていたとベンゲル自身が話していましたよ。ドルトムントに戻った時も、2年間ずっと香川に連絡をして戻る説得をし続けたと、フロントが明かし、アトレティコはドルトムントより高い移籍金提示をしていたので、ユナイテッドはアトレティコに売りたかったけど、香川自身がドルトムントに戻りたがっていたので容認したと、ユナイテッドのフロントが明かしています。
代理人の売り込みでは入口の一つですが、どんな売り込みをしても本人の実力や性格が決め手です。
私も海外赴任の経験が有りますから、分かりますが結局は謙虚な人が残りますよ。大声で意見や主張をすると一時的には得した様に感じますが・・海外旅行ならともかく、中で生活して仕事して行くのであれば、相手へのリスペクトや謙虚さが良い関係を生み信頼を得られる。これが日本人が成功してきた大きな理由です。
[ 2017/04/03 20:17 ] [ 編集 ]
[ 2017/04/03 05:45 ] 昨シーズン延長組のベンダーやピシュも試合に出始めてから延長の話が出たよな。ドルの選手は全員バイアウト付いてないからクラブが移籍を容認しなきゃ移籍できないからな。ラモスも移籍期間の度に移籍志願してたが今シーズンの冬まで出来なかった。片やホフマンは昨シーズン冬に移籍してスボやサヒンやパクは今シーズン初めに移籍許可が出てる。サヒンに関しちゃツオルクの擁護が入ってたが。ドル側が香川を放出するつもりなら今頃移籍許可が出てるわな。香川側は様子見もあるんだろうが移籍に傾いてるんだろ。ツオルクが話し合いしてないって公にしたのはドル側が急かしてんのかもな。まあいろいろ腹の探り合いしてそうだわ。
[ 2017/04/04 12:46 ] [ 編集 ]
14;13さんじゃありませんが、ひとこと。

今まで、彼の実力や人柄で今の地位を自身で切り開いてきたのは間違いない。でも、マンuで1年目そこそこやれたし、プレーの面でもマイナスなことばかりじゃないのに、彼の移籍に「失敗」の烙印のイメージが浸透しているのは、やはりサポート体制が万全じゃないことが要因だと思う。

1年目で怪我もあって6ゴール?してるんだから、充分じゃない?1年の最後にはルーニーからスタメンの位置を脅かしていたよ。でも世論は、こぞってそういうことをないものとして考えてる。

監督からの信頼が一番パフォーマスには大切なのかもしれないけれど、世論(人気)やフロントのサポートがあれば、スタメン選択や選手選考の後押しになることはあると思う。選手との関係性にだって後押しするだろう。

選手は、ピッチ内や、自分の体調管理、周りとの人間関係に努力し、周りのプロが、メディア関連やフロントとの折衝を円滑におこなう。彼が選手としてとてつものなく努力家だからこそ、その誠実さそのままに、それにみあうように周りがうまくサポートして、今まで以上によい環境でプレーできるようになってくれたらと思う。

でも苦境があったから、選手としてまた一回り進化したように最近思うから、ここまではこれでよかったのかもしれないけれど。
[ 2017/04/04 13:06 ] [ 編集 ]
[ 2017/04/04 13:06 ] 様
ユナイテッド移籍は失敗だったというのは、香川本人が「うまくいかなかった。」言ってる事だからね。勿論移籍したことを全く後悔してはいないし、成長できた事、得られたことが大きかったと言ってるけど、「ああいうところで生き残るには、全てが足りなかった。」とテレビでもはっきり公言している。
私は失敗とは思っていないけど、本人はもっと出来る自信が有ったのでしょう。

香川の一番凄いところは、こうやっていつも自分に厳しく決して満足せずに励み続けていることだよ。だから成長し続けてる。本人は満足するのが怖いと言っている。だから必ず課題と反省が口を付く。これをメンタル弱いというのは大きな間違いだよ。自分の弱さ、足りなさに目を向けられるのが本当の強さだ。それを公言するのはもっと勇気がいることだよ。
自分の得意な事ばかりをアピールして、欠点に対して向き合っていない多くの選手は伸びない。そして、海外で通用せず戻っている。
[ 2017/04/04 17:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。