ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川は夏にはどうなるだろうか?トゥヘルシステムでの将来は不透明!」《ドイツの反応》




Sportal


ボルシア・ドルトムント:トゥヘル・システムの下での香川の将来は不透明



香川!夏にはどうなるだろうか?



entry_img_1593.jpg

スポンサーリンク



香川真司はハンブルガー戦で今シーズン初ゴールをあげた。しかしこれまで、今シーズンは彼にっては決して満足のいくものではなかった。このミッドフィルダーの契約は2018年までとなっている。



彼がこの夏クラブを去ることはあるだろうか?



今のところキッカーの情報によると、新たな契約についての話し合いは行われていないとのことだ。クラブ側から契約延長に動くという傾向は内容である。



そして香川自身も、彼がBVBで長期的に重要な役割を担う事になるかどうかを見極めており、まだ考えを固めていないようである。



なぜならトーマス・トゥヘルが好んで使う3421や4141のシステムの中では香川が最も得意とする10番のポジションがないからである。



でも香川は10番でこそ、自分が一番生かされる事を良く知っているのだ。



香川は、これまでドルトムント公式戦177試合に出場して53ゴール42アシストを記録している。


今シーズンはハンブルガー戦でのゴール以外では、ポカールのトリーア戦での2ゴール、そしてチャンピオンズリーグ、ワルシャワ戦で2ゴール上げたのみとなっている。








これまでドイツで取り上げられた香川選手関連の記事もだいたいこれでひと段落と言ったところでしょうか。とにかくここ最近の活躍で関心が非常に高まっていることは間違いありませんから、次の試合でも活躍したら、一気に香川選手有利な報道がされるような気がしますね。

チャンピオンズリーグは次はモナコ戦ですが、勝ち進んで準決勝、できれば決勝でプレーする姿をみたいものです。


[ 2017/04/07 18:20 ] 香川2017 | TB(-) | CM(15)
高評価が単なる一過性のものだというのは、香川は嫌という程理解しているでしょう。ドイツでも英国でもね。
既に若き大金持ちなのだから、残り短いサッカー人生をエンジョイして貰いたい。夏に移籍すれば、海外では最後のクラブだと思います。見極めて欲しいですね。
[ 2017/04/07 18:51 ] [ 編集 ]
>なぜならトーマス・トゥヘルが好んで使う3421や4141のシステムの中では香川が最も得意とする10番のポジションがないからである。

 この記者さんと私は認識が違いますね。私の認識では、香川は10番に限定した選手ではないし、10番だろうと戦術次第ではフィットしません。さらに、戦術次第で8番でも11番でも持ち味を100%発揮できます。
 トゥヘル監督の3421のシャドーは香川に合っていて、トゥヘル監督の4141のIHは動いて打開するタイプの攻撃的MFならば誰でも難しい。
[ 2017/04/07 19:27 ] [ 編集 ]
177試合53ゴール42アシストは決して侮るべき数字ではありませんよね。
今夏の移籍市場は日本人選手の去就を含めて楽しみです。
[ 2017/04/07 20:10 ] [ 編集 ]
香川復活と言われてるけどどうだろうね。
まあどちらにせよ、今でも好調時の香川のクオリティは凄まじいわ。
好調時に神がかったプレーをする選手ほど、好調じゃない時のプレーが余計に酷く見えてしまって損だけど。
[ 2017/04/07 20:23 ] [ 編集 ]
んー、最近の活躍は3421と4141での結果なんですけどね。いい加減この10番のポジションが無いから合わない説は飽きてきた感がありますね…。
[ 2017/04/07 21:38 ] [ 編集 ]
頑張れ
香川は10番でこそいかされる選手‼
試合で使われないなら、ドルから出るべき。
[ 2017/04/07 22:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルがバイエルン戦を捨てる旨の予防線をはるコメント出しましたね
やはり、バイエルン戦は1.5軍~2軍で挑み、モナコ戦に香川など1軍が出そうですね。
[ 2017/04/07 23:56 ] [ 編集 ]
クラブとしては香川の意志に任せるという事じゃないかな。放出したい訳でもないけど引き止める気もないんじゃないかと。円満に移籍出来そう。後は良いオファー次第。
[ 2017/04/07 23:58 ] [ 編集 ]
やはり足の打撲で欠場になるかもしれませんね。バイエルン、モナコで活躍したら文句なしなんでしょうが、ずっとハードでしたからね。。
[ 2017/04/08 00:38 ] [ 編集 ]
ただバイエルン戦を本当に捨てて大丈夫ですかね?
次シーズンのCL出場権を確実にするにはまだ微妙な気がするんですが。
[ 2017/04/08 05:00 ] [ 編集 ]
なんか10番限定で話してる人が多いけど、香川の持ち味って10番のはずなのに9番よりだった事でしょ?
そういった印象が先行してるからゴールが増えると再評価される、チャンスメイクやリンクマンしてる時はいくらそれが勝利に繋がっても好意的なサポにしか理解されずに地元紙の評価が低いのはそのせい
未だに連覇時のイメージと比較されて戦ってる選手にファンがしてやれるのはなるべく出場時間を延ばしてゴールアシストを増える事を願うしかない
その上でクラブ合わないなら移籍も止むなしかな、結局のところ監督次第だけどね
[ 2017/04/08 05:20 ] [ 編集 ]
ゴールの記事からだがキッカーは延長交渉に入ってないのは香川が決断してないからって見解か。レディットでルーア・ナハリヒテンも同じ見解だとコメがあった。理由は違うが自分もそうだと思う。香川は移籍に傾いてるだろ。トゥヘルや戦術云々じゃなく28でバイアウト無しの契約を結ぶのは誰だって躊躇する。何かあった時に自分の意思で移籍できるようにしとかないとな。来シーズンCL取れるかも見てるんだろうな。ドルにとっちゃ香川が残るに越したことないから今の所香川の決断を待ってるんだろ。放出するつもりだったらとっくに香川側に通達して移籍許可出してるわ。売るならいいオファーが欲しいからな。まあ既に水面下で探り入れられてるだろうが。夏で契約残り1年だから香川が移籍したいならドルは許可するだろ。
しかしキッカーは3421や4141にトップ下がないのを香川が決断してない理由に上げてるが的外れもいい所だよな。香川は直近5試合3412・3421のトップ下・シャドー、4141・433のIHだったろ。キッカー自体シャルケ戦3421ハンブルガー戦4141で採点して香川に高採点付けてMOMに選んでるよな。それで3421や4141で得意なポジがないって矛盾してるだろw まあ記者もフォメやポジを覚えてなくて昔の香川のイメージで結論ありきの記事書いてるんだろうな。
[ 2017/04/08 08:45 ] [ 編集 ]
香川出る時はわざわざフォーメーション変えるほど大事にされてるよ。勿論他のポジションでも上手いし、ファンタスティック4と呼ばれたころはIHが彼のお気に入りポジだったけどね・・
でも、トゥヘルの香川評価はシャドーストライカーとしてが一番好みなのは全てスコアブック付けているから解る。他ポジでは人員要因とか、戦術で使うけど香川のコンデション良い時はトップ下で戦術香川になっている。これは昨シーズンからずっとだよ。

なんで皆トゥヘルが香川を評価しない説にしたがるのかね?ずっとそんなこと無いって言ってるのに・・

香川が残留決断を延ばしているのは夢の為だけだと思う。
[ 2017/04/08 11:07 ] [ 編集 ]
確かに、香川は真ん中で自由にスペースを使えなきゃだめですけどそれはいわゆる10番タイプというより、シャドーに近いものもありますよね。
もしかしたらこの記者の言う10番とこちらの思う10番と認識が違うだけかもしれませんが。

ただいずれにせよ、ウィングでもボランチでも、彼の良さは発揮しきれませんし。
とにかく中央で好きに動けるシステムでなくてはいけません。

香川は器用ですから他のことだってできますけど、それなら香川じゃなくても。守備だって同等以上できる選手はいくらでもいますから。

やっぱり香川にしかできない部分。。自由に動いてディフェンダーを置き去りにして前に突き進む、スペースのないところでもディフェンダーをかわしていく。
そんなワクワクさせてくれたプレーを突き詰めていって欲しいです。
どこのチームであっても。
あんなの努力でできるものじゃないから。
[ 2017/04/08 12:53 ] [ 編集 ]
連覇時の香川がアトレティコに行ってたら今のグリーズマンになっていた、とか海外の人が言ってたくらいだからトップ下より前のセカンドトップなりツートップの一角になって欲しかった
親善試合とはいえジルーベンゼマリベリがいた日本代表フランス戦でゴール決めた時はゼロトップ気味のワントップだったし
ミキが去りロイスが怪我のドルでも日本代表でも決定力不足とか言われてるんだから香川をFWにして欲しいとすら思う
[ 2017/04/09 08:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。