ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グロースクロイツ!ダルムシュタット移籍が決定!ドイツ紙《ドイツの反応》




ビルト



公式発表

ダルムシュタットがグロースクロイツを獲得!!



entry_img_1602.jpg



今シーズンは残り6試合だ。しかしすでに来シーズンに向けて、大きな移籍が一つ決まった。

グロースクロイツがダルムシュタットに移籍する!

スポンサーリンク



ケヴィン・グロースクロイツは、まもなく降格するとみられているクラブと合意した。ワールドカップ優勝者は夏から現在ブンデスリーガ最下位のクラブでプレーする。



そしてそのことを火曜日の朝、クラブが発表した。グロースクロイツは2019年まで契約している。



グロースクロイツ:“ダルムシュタットをとても楽しみにしている。トルステン・フリングス監督もクラブ幹部も僕の獲得にすごく努力してくれたし、これが僕にとって大きな一歩となると確信している。これまでに所属したクラブと同様に、成功するために全力を尽くしたい。”



フリングス:“ケヴィンのような選手を獲得できてものすごく幸せだし、誇らしいね。彼は本当に高いレベルでプレーしてきたし、彼が新たな挑戦に燃えていることもすごく感じられた。彼はスポーツ面でも、そのキャラクターにおいても来シーズンのチームにおいて重要な存在となるだろう。”



グロースクロイツは、U17の選手と売春宿で目撃され、3月2日にシュトゥットガルトを解雇されていた。彼はその時顔を殴られるという暴力沙汰にも巻き込まれているが、犯人は捕まっている。



グロースクロイツは当時、“当面プロサッカーとは関わりたくない。”と語っていたが、39日たって考えをかえたようだ。


ダルムシュタットの目論見は?


ダルムシュタットは他のクラブで出番のなくなった選手を獲得している。サンドロ・ヴァーグナーやシドニー・サムがその例だ。なのでグロースクロイツ獲得はクラブ戦略に合っている。



この移籍は両者にとって良いものとなるだろう。スキャンダルの多いグロースクロイツも、静かなダルムシュタットだったらサッカーに集中できるだろう。ダルムシュタットは2部リーガで新たにチームを立て直さなければならないが、経験豊かな選手を獲得することになる。






以上です。

今日のサッカー・ビルトの一面がこの記事でしたので紹介します。

一時は引退も噂されたグロースクロイツでは、まだその力を必要としてくれるクラブがあって良かったですね。移籍金もかかりませんし、これはダルムシュタットにしては良い補強ではないでしょうか。




[ 2017/04/11 16:55 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(10)
日本でやってほしかったなあ
[ 2017/04/11 17:51 ] [ 編集 ]
グロクロさん頑張ってください またいつか香川とプレイしてるのを見たい
[ 2017/04/11 18:14 ] [ 編集 ]
日本だと使いこなせるところがない。
全盛期ドルトムントでも出たら働きまくってたからもったいないよまだまだ出来るから
[ 2017/04/11 18:28 ] [ 編集 ]
さすがにこれだけ問題を起こす性格の人は日本のクラブは欲しがらないと思うけど。
酔っていたとしても外で放尿なんて人として信じられない。
でも能力はあるから……うぅ~ん難しい(笑)
[ 2017/04/11 18:30 ] [ 編集 ]
また香川とのコンビネーションが観たかったなあ
[ 2017/04/11 19:51 ] [ 編集 ]
グロクロさん、
かわいい弟さんに心配がなくなったら、
日本に来て。
[ 2017/04/11 20:34 ] [ 編集 ]
考えが変わって良かったです。非常にもったいないなと思っていたので嬉しいです。前進あるのみ。
ちょうどメイウェザーに関する話を読みすぎて感覚がおかしくなっていたんで、グロクロの素行なんぞ赤子のように感じてしまう(笑)
[ 2017/04/11 20:57 ] [ 編集 ]
クロップとグロクロとクバは、どこで何をしていようと絶対に応援するわ
[ 2017/04/11 21:34 ] [ 編集 ]
とりあえずまだ実力的に落ち目ではない選手が日本に来るとか勘違いしてはいけない、給与も用意できないし能力的にも宝の持ち腐れになる
[ 2017/04/12 05:36 ] [ 編集 ]
ポドルスキの事ディスってるの?
そもそも選手を使いこなせるかなんて、クラブや監督次第だろうに
[ 2017/04/12 22:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。