ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「BVBの香川!大きなプレゼント!」香川特集《ドイツの反応》

【Sport.de】


BVBの香川!大きなプレゼント


entry_img_1605.jpg
引用元:Sport.de

前半戦では多くの問題を抱えたボルシア・ドルトムントの香川真司が、非常に印象深く、再び戻ってきた。この日本人が喜ばせるのはトーマス・トゥヘル監督だけではない。
スポンサーリンク


香川真司を取り巻く流れはいつも同じだ。ボルシア・ドルトムントでは毎試合後、興奮した日本からのジャーナリストの小さなグループがこの日本人を待っている。香川は全ての質問に対して丁寧で非常に忍耐強く答える。そしてこれにかかる時間はここ数週間で明らかに長くなった。


ドイツ準優勝チームの香川真司は、いくつかの問題を経て、非常に印象深いカムバックを果たしたのだ。この28歳はトーマス・トゥヘルの下で再び重要な役割を担っている。しかしこれまではいつもそうではなかった。


香川は前半戦くるぶしの負傷に苦しんだ。それによって中々リズムをつかむことができず、負傷前後のいくつかの試合ではベンチ入りする事もなかったのだ。またそれはトゥヘルが典型的な10番のポジションのないシステムを採用したためでもある。



香川再び優勝シーズンの状態


しかしそれも変わった。香川は再び2011年と2012年で我々が知っているように、プレーする喜びにあふれており、それによって彼が幸せにするのは監督だけではない。


“彼の監督をすることができるのは、大きなプレゼントだ。”とトゥヘルは最近熱く語った。“彼は最初からプレーしようが、途中からプレーしようが、常に大きな原動力となっている。”


最近ではほとんどスタメンで出場し、試合では輝かしいプレーを見せている。ドリブル、驚くべきアイデアでもっと、対戦相手を問題に陥れる。さらに3:0で勝利したハンブルク戦では今シーズン初ゴールも達成している。


香川は再び居心地よく感じており、それがチームの助けとなっている。1:4で敗れたバイエルン戦では彼は筋肉の問題で欠場となったが、彼がいない事が痛々しいぐらい明らかになった。


“シンジは我々が必要とすればいつもそこにいるんだ。”とトゥヘルはこの日本代表選手が難しい状況の時に見せた姿勢を賛辞する。“彼は批判やプレッシャーとものすごくうまく付き合う事が出来るんだ。彼を夜中3時に起こして、アリアンツ・アリーアに送ったとしても、最初のPKを決めるだろう。”


それだけに2018年までとなっているドルトムントとの契約を延長する事は十分に考えられる。なぜなら上手く行かなかったマンチェスター・ユナイテッドでの経験を経て、ドルトムントには何があるか、彼は良く知っているだろうから。


いずれにせよミヒャエル・ツォルクは香川真司との契約延長の話がまだないことを強調していた。しかしドルトムントの幹部たちも、このミッドフィルダーの喜ばしい成長をしっかりと認識している。







以上です。

香川選手に関する特集記事が新たに出ましたので紹介しました。今シーズンも残すところ約10試合となりましたが、この活躍を続けてくれると良いですね。

今日のチャンピオンズリーグの試合は、昨日の爆破事件の影響もあって心配されるところですが、クラブ幹部も昨日語っていたように、悪の力に屈せずに戦う姿を見せてくれればと思います。

ちなみに最新の情報では、昨日の爆破事件は明らかにドルトムントのバスを狙ったものであって、テロ行為ではないとされています。誰がどのような意図でバスを狙ったのかはまだ分かりませんが、爆弾の仕掛け方が専門的であり、モナコファンである可能性は極めて低いとのことでした。

※最新情報ではイスラム国のものとみられる犯行声明が見つかったことの事。現在はその真相、背景調査中。(ソース BILD)

さらに負傷したバルトラですが、異物が腕に混入し、さらに手首の骨の一部が砕けたために手術となったようです。ビルトによると今シーズンは絶望との事ですが、まだそれ以上は分かっていません。

現在は捜査規模を拡大したところのようですが、新たな情報が出ましたら更新したいと思います。




[ 2017/04/12 17:30 ] 未分類 | TB(-) | CM(25)
ありがとうございます。
選手は恐らく試合できるような精神状態じゃないでしょうね。。
無事試合終わる事を祈りたい
[ 2017/04/12 17:57 ] [ 編集 ]
えー、軽傷で済んで不幸中の幸いとか呑気なこと思っていたのに、そんな深刻な状態だったんですね…
チームメートがそんな状態で今日試合するのは可哀想な気もしますね。
[ 2017/04/12 18:32 ] [ 編集 ]
早く犯人を逮捕してISとの関連性の真偽も早急に解明して欲しい。ドイツの警察頑張って。
選手や関係者たちそしてその家族や現場の近隣の人の気持ちを考えると本当に恐ろしい。ひとつ間違えば死んでたかもしれないなんて。
そしてなによりもバルトラにははやく良くなってほしい。
[ 2017/04/12 18:32 ] [ 編集 ]
暗い気持ちを癒されるニュースをありがとうございました。
一時期、ここのコメントは「トゥヘルが香川を嫌っている」説が定説になってて、そんなこと無いよ・・と、一人で奮闘していましたが・・私も幸せになりました。

それにしても、ドルトムントの選手を殺傷したいと思っている人?組織?が実在する事が明確になって、選手たちの心理状態が不安ですね。むしろテロで標的になっただけの方が良かった。ドルトムントはなんでそんなに恨まれてしまっているのでしょうか?
[ 2017/04/12 18:38 ] [ 編集 ]
最新の研究では、事件事故からの一週間くらいは大人数でワイワイガヤガヤやると、トラウマが軽減されるとかニュースになっていたような気がします。良くないのが、一人などになったときなどに事件事故を思い出して、記憶をなぞってしまうことだとか。事件事故の記憶が強固になってしまい、トラウマが悪化するようです。

一週間くらい大人数でワイワイガヤガヤやる、というのも事件事故の記憶を可能な限り認識させず薄れさせることが目的だとか。プロといっても、戦闘のプロではなくサッカーのプロですから選手たちは衝撃的な出来事だっただけに無理をせずに、それでもできることならば今日の試合を勝利して、少しでもより良い記憶になるようにしてもらいたいものです。
[ 2017/04/12 19:01 ] [ 編集 ]
>彼を夜中3時に起こして、アリアンツ・アリーアに送ったとしても、最初のPKを決めるだろう。

 いいですね!好きですよこのジョーク。
 あの時、最初のPKを決めたのは香川でしたね。そしてトゥヘルの元を去ったあの選手は蹴る勇気がなかった。トゥヘル監督にとってあのPK戦は色々と印象深いものだったのでしょう。
[ 2017/04/12 19:10 ] [ 編集 ]
これはプロだから集中しろ、なんて言えない。
だって命の危機を感じたんだから。
[ 2017/04/12 19:15 ] [ 編集 ]
明らかにドルトムントのバスを狙ったのにテロ行為じゃないってどゆこと?

いずれにせよ、こういった犯罪は許せませんね
[ 2017/04/12 19:32 ] [ 編集 ]
ドルファンとモナコファンがお互いを思いやる記事も目にしました。バルトラが特に犠牲にはなってしまいましたが、新たな絆や連帯感、サッカーの力を見せられたことは怪我の功名ではありますね。
[ 2017/04/12 19:38 ] [ 編集 ]
ISISじゃないにしろ事件が起これば便乗するのが奴らのやり方だろうからね。
まあフーリガンにしろテロにしろやってる事は最低なのは変わらないし、
バルトラの容態と選手たちのメンタルが心配でしかたない。
[ 2017/04/12 19:41 ] [ 編集 ]
ロイスとカストロが本来なら座る席当たりが一番損傷が酷かったという話もありましたね。
本当に偶然この二人が欠場だったのは奇跡でしょうね。
バルトラは残念です。
[ 2017/04/12 19:43 ] [ 編集 ]
犯人がIS絡みだとして、高い買い物は絶対しない・安いチケット代・移民無料招待のチャリティマッチまでする・こんな質素で堅実経営の地方都市のサッカークラブとっ捕まえて何の行為に責任取れっつうんだろうか;頭にくる。 
[ 2017/04/12 20:10 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。真司の先発も期待される中でのこのテロ行為…本当に許せない卑劣な行為に怒りが収まりません…
一部ニュースでは強化ガラスのお陰で被害は最小限に抑えられたとの事ですが、バルトラを思うと気の毒でなりません。簡単な事ではありませんがチーム一丸となってバルトラの分も闘って欲しいですね。
続報入りましたら是非よろしくお願いします。
[ 2017/04/12 20:21 ] [ 編集 ]
テロ行為というのは、政治的信条に基づいた暴力行動ですよね。ドルトムントを攻撃することで自分達の政治的目的を遂げようとするならテロですが、ドルトムントへの攻撃そのものが目的ならテロではありませんね。

許せない行為には違いませんが、テロかそうじゃないかは社会的に全く意味合いが違いますから、決めつけてはいけないと思っています。

英紙では出禁になったフーリガンが犯人だとか、はたまたドイツ紙ではやはりイスラム組織の仕業かという話もあり。。もちろんまだ捜査中でしょうが、とにかく犯人を捕まえてほしいです。
こんなことは許されない。
[ 2017/04/12 20:26 ] [ 編集 ]
> ちなみに最新の情報では、昨日の爆破事件は明らかにドルトムントの
> バスを狙ったものであって、 テロ行為ではない

ドルトムントのバスを狙ったものなら今日試合をやってはダメですよね
[ 2017/04/12 20:40 ] [ 編集 ]
>テロ行為というのは、政治的信条に基づいた暴力行動ですよね。ドルトムントを攻撃することで自分達の政治的目的を遂げようとするならテロですが、ドルトムントへの攻撃そのものが目的ならテロではありませんね。

ドルトムントはドイツ国内で最も人気のあるチームで、メルケル首相をはじめ、政財界、芸能界にたくさんのファンやサポーターがいます。
テロの意図次第で十分ターゲットになり得る存在です。
[ 2017/04/12 21:08 ] [ 編集 ]
ここまでの事ができるって相当だよ
メルケルが難民受け入れてそこまで時間たってないでしょ?
偽善も大概にしないとね
でっかいツケ払うことになるよ
[ 2017/04/12 21:12 ] [ 編集 ]
>彼を夜中3時に起こして、アリアンツ・アリーアに送ったとしても、最初のPKを決めるだろう。

実際帰国直後の試合なんて時差ボケで、香川にとっては夜中の3時に試合している気分の事も多いんだろうね。でもそんなことを愚痴らず淡々と熱くプレーしてる。

その精神力で今晩も活躍して欲しい。
[ 2017/04/12 21:29 ] [ 編集 ]
ドルトムントのバスが攻撃目標だったとドルトムント警察署長が記者会見で言っている。この場合、ドルトムントでなくてバイエルンでも良いのであればテロですね。声明文も見つかったようですから、どんな方法で攻撃が行われたかを公表すれば一般人が装置を見つけたり怪しい人に注意するから防止に効果がある。日本ではそうだがドイツではそういう効果はないのだろうか。

やはり強化ガラスだったんですね。割れても飛び散らないガラスですね。
それでもガラスの破片が刺さって取り除いた。橈骨(親指側の前腕の長い骨)骨折なので軽いケガじゃなかった。

今後も心配。もう少し事件の詳細を公表してほしい。
[ 2017/04/12 21:55 ] [ 編集 ]
物騒な世の中になってきた・・・ 
てか日本だとこのニュースの扱いが小さい気がするけど、これは自分が海外サッカー情報に普段から触れてるせいでそう感じるのだろうか? 北朝鮮といい胡散臭い雰囲気になってきて嫌だなあ
試合あるっぽいですが香川選手のメンタルも心配だし何事もないといいですね
[ 2017/04/12 22:00 ] [ 編集 ]
2名の容疑のうち1名は逮捕されたそうです
[ 2017/04/12 23:36 ] [ 編集 ]
> テロ行為というのは、政治的信条に基づいた暴力行動ですよね。ドルトムントを攻撃することで自分達の政治的目的を遂げようとするならテロですが、ドルトムントへの攻撃そのものが目的ならテロではありませんね。

> 許せない行為には違いませんが、テロかそうじゃないかは社会的に全く意味合いが違いますから、決めつけてはいけないと思っています。

社会的に意味合いが違うとどうなるのでしょう?

政治ってなんですかね? 自分の考えとしては、まあまあだいたい価値観が
似たような人が集まったりその子孫が支えてきたのが国家(小さい括りなら
組織や団体)で、その国家を運営するための応対が政治だと思っています。
それで、別の国家とも付き合うために国際政治も必要になると思います。
しかし、別の国家と言っても、あまりに逸脱した価値観を持った国家とは
付き合えないと思うのです。簡単に国民を殺したり他国民を殺したり
破壊したり裏切ったりするような国家と付き合おうと思いますか? そういう
集まりを国家とは認めないのが今の時代のだいたいの国家だと思います。
何が言いたいかというと、例えば ISIS の行う暴力行為をテロリズムだとして、
ならば ISIS が政治的信条を持った国家と認めるのですか? 自分には ただ単に
破壊行為をしたいだけの集団に見えます。つまり、テロリズムを "政治的信条に
基づいた暴力行動" だと定義してしまうと、ISIS を国家と認めてしまう事に
なると思うのです。頻繁に人を殺していた中世ならばその定義でも通るかも
しれませんが、現在はどうでしょう。たぶん、今の日本(人)は認めたく
ないんじゃないですか。ドイツもそうだと思います。

Wikipedia を見ると

> 「テロリズム」の語の正確な定義には多数の困難が伴っており、100を超える
> 多数の定義が存在している

だそうです。国際連合(うさんくさい団体ですが) では

> 住民を威嚇する、または政府や国際組織を強制する、あるいは行動を自制
>させる目的で、市民や非戦闘員に対して殺害または重大な身体的危害を
> 引き起こす事を意図したあらゆる行動

だそうです。自分の意見としては、テロリズムは、政治的意図などは関係なく、
破壊衝動を持って重大な破壊行為を行う事だと思います。今回のドルトムントの
選手関係者の乗ったバスを狙った爆破事件はテロリズムだと思います。厳重に
処罰して欲しい(ドイツはテロだと刑が軽くなるとかないですよね?)
[ 2017/04/13 01:16 ] [ 編集 ]
アウェイゴール3はキツいが1点目が誤審だったから流れ悪くなったし仕方ないと言えば仕方ない
次はロイスが戻る可能性高いし押し切ろうぜ
あと香川1G1Aで卓越し過ぎ
[ 2017/04/13 05:08 ] [ 編集 ]
>偽善も大概にしないとね
でっかいツケ払うことになるよ

人様の移民難民受け入れにとやかく言うのは如何なものでしょうね?
クラブ自体が多国籍でW杯優勝国のドイツ代表だって移民出の人がいるってのに他国の人間がとやかく言うもんじゃないでしょう
[ 2017/04/13 05:25 ] [ 編集 ]
「ドルトムントのバスを狙ったものであってテロではない」というのは、誰もが真っ先に懸念する「イスラム国のテロではない」という意味じゃないですかね。(続報によればその可能性もあるようだとのことですが)
排他的人種差別行為で出禁になったドルトムントのフーリガンが抗議でドルトムントに報復したのなら、ドルトムントを狙った極右テロに間違いないですし、そもそもサッカークラブは国と地域政治の支持を得た活動ですから、それに対する破壊行為はやはり反体制的政治主張を伴ったテロに相違ないです。学校、教会、集会所などを狙うものも同様ですね。
いずれにしても、不安を少しでも軽減出来るよう早期に真相究明される事を願います。
[ 2017/04/13 14:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。