ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBビュルキ!「まだ良く眠れない!突然目を覚ますんだ。」インタビュー《ドイツの反応》




ビルト



ビュルキ

まだ良く寝れないんだよ。はっと目を覚ますんだ



entry_img_1612.jpg
引用元:Bild


バス爆発から5日経って、ドルトムントのロマン・ビュルキが彼の抱えている問題、爆撃によるトラウマなどについて語った。

BVBのナンバー1はビルトに:“もっともひどいのは夜だね。まだあんまり良く眠れないんだ。そして突然目を覚ますんだ。”

スポンサーリンク




彼は家族に助けと支えを求めている。ビュルキ:“今両親が僕の所にいてくれて本当に嬉しいよ。彼らとはなんでも話すことができるからね。”



このスイス人はスイスの新聞“デア・ブント”において、モナコの試合中の状態について以下のように語っている。

“まったく集中することができなかった。すべての事を認識するのに時間がかかっていた。まるで目の前に薄い布がかかっているようだったよ。そして試合後に感情が爆発したんだ。ほとんどの選手が目に涙を浮かべていた。”

ビュルキにとっては今気を紛らわせることが一番重要だ。“今、沢山試合があることは良い事だね。ソファーに座って、何が起こったか考えを巡らさなくてすむからね。”


また彼は情報を意図的に遮断しているようだ。“事件についてのニュースは見ないようにしているんだ。これ以上負担にならないようにね。”

201704161927034d5.jpg


このスイス人にとっては、スタジアムまでのチームバスに乗るのはもはや日常の行為ではなくなった。

“もちろんだけど非常に敏感になっている。これまでよりも騒音に敏感になっているし、外で何が起こっているのか見るようになった。何も考えずにバスに乗り込む、というのはもうなくなったんだ。”


ビュルキにとっての希望はスポーツだ。“もしこのようなひどい出来事からなにか持ち帰るものがあるとしたら、それはチームがよりまとまったという事だろう。フランクフルト戦後のファンの対応は本当に鳥肌ものだった。”


ではこれからどうなる?


ビュルキ:“クラブが心理学の専門家を連れてくることは良い事だと思う。もちろん行くかどうかは個人の決断だけれどね。対処の仕方は人それぞれだよ。”








以上です。

事件から5日が過ぎましたが、ビュルキの最新のコメントが載っていましたので、紹介しました。

事件の真相については未だに分かっていません。犯人は最初はイスラム国のものではないかとのことでしたが、ここになって右翼やフーリガン、もしくは賭博マフィアの可能性も出てきたようです。その辺のニュースに関してはまた後で紹介しようと思います。


[ 2017/04/16 19:35 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(14)
爆発物がドイツ軍の備品だった可能性があるという話も出てきていますね
早く事件の真相を明らかにしてほしいです
[ 2017/04/16 20:07 ] [ 編集 ]
ビュルキはバルトラの目の前の席だったし、右側の窓側だから爆発の衝撃をまともに受けたでしょう。でも、昨夜はスーパーセーブでチームを救ってくれましたから、それをきっかけに気持ちが落ち着くと良いですね。

隣だったソクラティスは、モナコ戦で不要なダイブをする等、らしくないミスが続きましたが、昨夜のゴールでかなり気持ちが上向きになったそうです。

香川は席の関係からか直後は後列ほどの事は無かったようですが、ドルトムントのチームが標的だったと知り、不安や恐怖が増したそうで、今もあまり眠れていないと言っていました。

いずれにせよ、選手それぞれ皆不安と恐怖の中で戦っています。まずは犯人逮捕と事件の解決が必要ですよね。
[ 2017/04/16 20:14 ] [ 編集 ]
犯人も不明のままですし不安はなかなか取り除かれないでしょうね
選手の声を聞くと深刻さがより伝わってきます
フランク戦後の香川のインタビューもとても興味深かったので、ドイツでも伝わるといいなあと思いました
[ 2017/04/16 20:24 ] [ 編集 ]
香川もよく眠れないと言ってた。睡眠が疲労回復には大事だし過密日程でゆっくり休む余裕もないから心配だね。やはりメンタルケアは必要だと思う。
[ 2017/04/16 20:42 ] [ 編集 ]
ビュルキの言葉が生々しくて本当に痛々しいです。上の方もおっしゃっていますが、香川が日本メディアに話した事も今回くらいは正確にドイツに伝わるといいのになと思います。犯人も背景もはっきりしないと気が休まらないですよね。どの選手もまずはちゃんと眠れる日が少しでも早く来るように祈るばかりです。
[ 2017/04/16 21:01 ] [ 編集 ]
香川選手のインタビュー記事も読みましたが、やはり想像以上の恐怖や深刻さを感じました。
バスに乗っていた選手、監督、スタッフは今後大丈夫なのか心配です。

モル、メリーノは風邪?って出ていましたが、もしかしたら精神的ショックが大きいのではないかと心配です。
[ 2017/04/16 21:41 ] [ 編集 ]
 日本在住の日本人としては、BVBの選手達がアジアーツアーで寄る日本で気分転換してくれたらいいなと思うところなのですが、残念ながら朝鮮半島が不穏なので来て頂ける状況かどうか微妙です。

 事件に関してぶっちゃけてしまうと、私は犯人がどんな連中かなんてどうでもいい。中東系だろうが左派だろうが右派だろうがマフィアだろうがどうでもいい。テロ行為を計画する者達が世界中にいるサッカーファンを敵に回すのは利口ではないということに気づいてくれさえすればいいです。
[ 2017/04/16 21:54 ] [ 編集 ]
俺も交通事故にあってから車の助手席に乗れなくなったし、ましてやテロにあったら絶対考えてしまうのは仕方がない
[ 2017/04/16 22:25 ] [ 編集 ]
香川のみならずドルトムントが危ない。右翼やマフィアなどが登場すれば手に負えないですな。サッカー自体が標的になったら最悪だ。リーグやカップ戦が不安ですね。
[ 2017/04/16 22:56 ] [ 編集 ]
香川選手は家に帰ると一人ですからね。
誰かと喋って気を紛らわす事もできないし、夜中はかなり寂しいというか怖いと思います。無駄に考え込んだりして、調子を落としてほしくないです。
[ 2017/04/16 23:15 ] [ 編集 ]
ドルトムントの選手は皆、ドルトムントのバスにのりスタジアムに向かう度に恐怖がフラッシュバックしてるかと思います。

今回の爆発事件によって、ドルトムントから移籍するきっかけになる選手もいれば、移籍を考えていた選手はより移籍しようと強く思うようになってるかと思います。

移籍を示唆するコメントをしていた香川は、この爆発事件のせいで来季はドルトムントに確実に残らないでしょうね…
[ 2017/04/17 01:02 ] [ 編集 ]
どうでしょうね・・ こういう時、家族・守らないといけない近しいものが近くにあると萎縮します。香川は独り身ですが、独り身の方が処方の最適解が出しやすくメンタルに優位に働く場合もありますよ。モナコ戦1stレグのオフサイドポイントや凡ミスに浮き足立つチームをまるで引っ張る様な香川の突出したマニューバにはそんな意味も隠れているんじゃないか・・そんな気がしています。
[ 2017/04/17 03:07 ] [ 編集 ]
選手たち、バスに乗るの嫌でしょうね。。バスだけでなく乗り物嫌いになりそう。
私も北朝鮮の情勢緊迫でアジアツアー中止になるのではと考えました。今回の爆発事件でかなり敏感になっているでしょうし。ドイツではどんな風に報道されているのでしょうか。
[ 2017/04/17 06:52 ] [ 編集 ]
香川が独身だからって恐怖に差がでるみたいな風潮にしてる人って守るものが何もない人なの?命がかかった恐怖に家族がいるからとかないと思うんだけど。以前ギュンが代表でテロに遭遇した当時サッカー辞めるというかサッカーやってる場合なのか相当悩んだって話してたけど彼もフリーだったよ。自分が死んだら地元に残してる家族や友人たちは独身選手の大事な守りたい存在じゃないかな?みんな眠れないと話してるのに香川が同じこと言うと相談相手がーって感覚がおかしいと思うわ
[ 2017/04/17 08:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。