ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 クロップはここを全て変えなければならない!


さて今週はブンデスリーガは代表で中断期間となりますので、当ブログでは日本人選手の記事がない限り、主にビルトを中心としたブンデスリーガのネタ記事を扱っています。記事もいつも選んでいたものよりもいくらか短めのものが多くなるかと思います。ネタが多くなるかもしれませんが、ビルトの記事をそのまま紹介しますので、その上で楽しんでいただければと思います。


さて本日発売のビルトですが、クロップはここを全て変えなければならない、というタイトルで記事が載っていましたので紹介します。






ボルシアドルトムントは、ブンデスリーガにおけるチャンス・キラーのチャンピオンだ。

クロップはここを全て変えなければならない。


dfgbild.jpg
ユルゲン・クロップは気が狂ってしまいそう。BVBはグラートバッハに対して22本のシュートを放火。


クリストフ・クラマーのオウンゴールだけがドルトムントの次なるドラマを防いだ。


BVBはグラートバッハに対してもの凄い力強さを示したが、ゴール前でのみ再び神経が失われてしまった(訳注:日本語的には落ち着きを失う)。22本のシュートを放ったが、ボールは22回ともネットを揺らさなかった。


BVBの勝利に導いたのはクリストフ・クラマーが44.5メートル先から放ったオウンゴールだったのだ。






スポンサーリンク



ドルトムントはチャンスキラーのチャンピオン

トレーナーのユルゲン・クロップ(47)は、“グラートバッハがゴールを決めなければ、自分たちがゴールを決めないんじゃないかって、恐れていたよ。”今シーズンは192本のシュートを放ち、“シュートリスト”では第3位につけている。

1234bild.jpg
ロイスは彼の古巣に対して8回のチャンスを外した。キーパーのゾンマーがボールをポストへ弾く。


しかしながら、17本に一本しか得点にならない。HSVハンブルクだけがこれよりも悪い成績だ。こうしたチャンスを外してしまう事に対して、クロップはここ何年も苦しんでいる。2011年に優勝した時も得点率は中位であった。

111bild.gif
左から得点に要したシュート本数、得点に要した大きなチャンス、リーガとの比較(訳注:リーガの何との比較は不明)

しかしそれでも ドルトムントはヨーロッパへの奇跡を信じている。


ドルトムントはチーム内で密かにヨーロッパへの出場をかけて(6位まで7ポイント差)、挽回しようと意欲に燃えている。ボルシアがチャンピオンズリーグを逃したら、4500万ユーロの損害になる。


ヨーロッパへの奇跡を起こすためにクロップはこの全てのことをしなければならない。

ストライカーの問題はシーズンの3分の1が終わっても解決されていない。インモビレとラモスはシステムに慣れなければならない。オバメヤンは彼の仕事を十分にこなしているが、あくまで緊急策だ。

123bild.jpg
オバメヤンはリーガで3得点とドルトムントで一番。


ドルトムントはもっと変化に富む必要がある。対戦相手はここ数年成功を収めてきた戦術にたいして対策をとってきている。驚くような瞬間が欠けているのだ。クロップはBVBのサッカーを新たに発明しなければならない。


何より、香川が優勝した年の状態から遅れをとっている。そしてギュンドガンも14ヶ月の怪我明けでプレーメーカーとしてのレベルに達していない。


クロップはこの状態の危機を切り抜けなければならない。




以上です。確かにここ数年のドルトムントはチャンスを決めきれていないですよね。やたら打ち過ぎな感じもしますが。

香川選手も言及されていましたが、優勝した2012年もクリスマス前まではずっと調子が悪くて、調子が上がってきたのは本当に12月くらいでしたからね。クロップも日本代表に呼ばれて疲れて帰ってくる事に怒りをぶちまけていましたからね。

その当時もギュンドガンが全然フィットしていなくて批判にさらされていました。折り返しの時点でバイエルンに5ポイント差の2位でしたから、うまくチームが機能すれば、ある程度までは挽回するのではないかと期待しています。


【おまけ 今日のドイツ】

IMG_2629.jpg

ドイツのお菓子、ベルリナーです。日本だったらあんドーナツといってところでしょうが、これにはジャムが入っています。いつも売っていますが、毎年新年に食べますよ。理由は分かりませんが、やっぱり甘いモノはご馳走だったころの名残でしょうか?管理人はあんドーナツが食べたいです。

[ 2014/11/12 06:00 ] クロップ | TB(-) | CM(8)
(^ ^)
管理人はあんドーナツが食べたいです。の一言に何故か和みました。笑
私もあんこ食べたいです。笑
[ 2014/11/12 07:47 ] [ 編集 ]
No title
ベルリナーおいしそう。
新年に食べる甘いものといえば、うちの地方だとおしることおはぎですね。
[ 2014/11/12 11:14 ] [ 編集 ]
MGに対してここまで出来たってことは今後の明るい材料だと思うけどね
[ 2014/11/12 17:26 ] [ 編集 ]
No title
ギュンドアンが加入した頃は覚えてるなー
周りはやたらと合わない合わないって言ってたけど
個人的には数ヶ月待ってみてからと思ってたんで今回もそんな感じじゃないかな。
ギュンドアンは距離感を掴んでからすごく合うようになったね、でも確か終了間際に決めたゴールがあったはずだけどそれで一気にチームになじんだ気がする。
あ、ゴールがこのチームには必要なんだwとりあえずミキタリアンにゴールをw

ドン引き相手にはBMGに何もさせ中田ところを見るとチームとしてどうするかわかってきてる感じ。
無駄に突っ込まなくなったね、之9月最初の頃と比べるとはっきりと分かるよ全く違う
[ 2014/11/12 18:20 ] [ 編集 ]
No title
あんこならぬジャムドーナッツ!すっごく甘そうですね
[ 2014/11/12 21:24 ] [ 編集 ]
ミキタリアンのポジショニングは指示なのかな?
前に出過ぎてると思う。
[ 2014/11/13 02:43 ] [ 編集 ]
シュートの無駄打ちが多いのをクロップが選手に指導するべきでしょうね
特にムヒタリアンは昨シーズンも無駄打ちが目立ってましたから
[ 2014/11/13 03:38 ] [ 編集 ]
一個が大きい?ドイツのお菓子は菓子パン的に見えます。シュトーレンは日本ではパン屋さんで見るし。
[ 2014/11/13 11:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。