ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

【速報!】ドルトムントバス襲撃事件!容疑者逮捕!株価下落を狙った犯行か?《ドイツの反応》




ビルト


容疑者390万ユーロのためにBVB殺害を企む



entry_img_1622.jpg
引用元:Bild



+容疑者セルゲイ・Wはホテルに部屋をとっていた。
+一万五千の新株予約権
+電気工学専門家
+共謀者はいるだろうか?



ドルトムント:悪魔の計画だ。犯罪者が株価を操作して稼ごうとしたためにBVBの選手が死ななければならなかったのだろうか?

スポンサーリンク



今から10日前、釘を含んだ3つの爆弾がBVBバスの隣で爆発した。マーク・バルトラは大けがをし、その他の選手が怪我をしなかったのは全くの幸運であった。なぜなら爆弾が少しばかり遅く爆発したから。
チームはチャンピオンズリーグモナコ戦へ行く途中だった。



そして今、警察が容疑者を捕まえた。ロシア人のセルゲイ・Wだ。バーデン・ヴュルテンベルクに住むこの男は、4月13日以来、20件の殺人未遂容疑と爆発を引き起こした容疑で捜査中だった。



彼は、チーム・ホテル、ラリヴィーから、無線で爆発させたようである。そして金曜朝6時過ぎに彼は逮捕されたのだ。

2017042117305024b.jpg


逮捕はセルゲイがテュービンゲンの仕事に行く途中に行われた。現在は、多くの警察官たちが家宅捜査中である。また検察なども現場に駆けつけている。


内務大臣のラルフ・イェーガーがこのことを“サッカーにおいて良いニュースだ。”とツイートしている。



爆発後に彼はステーキを食べていた!

▶セルゲイWは爆発後、ホテル従業員の目に留まっていた。多くの客が興奮した状態でホテルを駆け回る中、このロシア人は落ち着いた様子でレストランに入り、ステーキを注文したのだ。

▶また、ホテルチェックイン時には、不思議な要求もしている。ビルトの情報によると、彼は提示された客室を断ったのだ。道路側に窓がないという理由で。


その部屋からは、爆発の様子を見ることができなかったのだ。そして彼は、屋根裏の部屋に変えてもらった。そこからは現場を見ることができるのだ。そして、おそらくその部屋から無線で爆弾を爆発させることも可能だろう。




1万5000の新株予約券


▶犯行の動機!ビルトの情報によると、セルゲイ・Wはホテルのインターネットを通して1万5000の新株予約権を7万8千ユーロで買っている。カムディレクト銀行の従業員が、疑わしいお金の流れを警察に伝えたようだ。

捜査官はその口座をチェックし、IPアドレスにより、セルゲイがホテル・ラリヴィーで行ったものであることを突き止めた。


390万ユーロの儲け

▶BVBの株が明らかに下がることによって、セルゲイは利益を上げることができた可能性が高い。捜査官によると、その利益は390万ユーロまで登るようである。


そうなるためには一時的に株価が激しく下がる必要があった。そしてチームバスが襲撃された後で、まさにそのことが起こったと考えられる。


また更なる情報によると、セルゲイ・Wはすでに3月11日にこのホテルの部屋を、4月9日から13日、そして16日から20日に渡って予約していた。その時点では、BVBの試合がいつ行われるのかはまだはっきり分かっていなかったのだ。

彼は試合が4月11日に決まると、まず3月7日から9日までホテルを訪れている。おそらくどこに爆弾を仕掛けることができるか、またどの部屋から眺めることができるかを調べるためだと思われる。


▶容疑者は電子工学の専門家



また捜査班は、この容疑者がプロフェッショナルな爆弾を作ることが可能だったとみている。この28歳は2015年に電子工学の分野で賞をとっている。捜査官によると、この知識を生かして起爆装置をつくる事も可能とのことだ。







以上です。

更新している間にも、ビルトにさらなる情報が上がってきていますが、とりあえず、この時点でアップします。

彼がホテル最初の訪れた日時と、ホテルの部屋を予約した日時の記述があっていませんが、原文のままです。3月11日の時点ではまだ試合日程は決まっていなかったはずですが、試合日程が決まった後の3月7日にホテルにチェックインした事になっていますね。

いろいろな情報から判断するに、この容疑者が犯人である可能性は非常に高いですね。

とりあえず進展があって良かったです。


[ 2017/04/21 17:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(26)
管理人さま、早速の情報ありがとうございます!
株価操作とは…
犯人が捕まって良かったのですが、いずれにしても巻き込まれたチームにしてみたらやりきれないですよね。本当に許せない。
[ 2017/04/21 17:53 ] [ 編集 ]
金の為に関係無い人を殺そうとするとかクレイジーすぎる
と思ったけど世の中直接的ではないにしろそんな人間くさるほどいるか...
むしろかなりマヌケと言ったほうが正しいかもしれません
衝撃的だけどよくよく考えるとげんなりする事件ってとこですかね
[ 2017/04/21 17:54 ] [ 編集 ]
他でも言われていますけどこれはサイコパスですね
[ 2017/04/21 18:06 ] [ 編集 ]
表向きは株価操作でしょうが、オッズもありましたから裏で更に凄い金が動いてるのは間違いないでしょうね
ずっと金、と主張してきたけどやっぱりでした

日本の企業はスポンサーから手をひいていると聞いていますが、
ロシアのワールドカップとかどうなるんでしょうか


[ 2017/04/21 18:20 ] [ 編集 ]
 セルゲイ容疑者の計画は逃げ切れる可能性がどう見ても低い、にも関わらず、場合によっては極刑になるような大規模犯罪を、彼がお金の為だけに実行したというのは私の理解を超えてます。なにかと都合が良すぎて私の頭には?マークが沢山浮いていますが、とりあえず進展したということですね。

 バスが警官に足止めされた事件の続報も期待してます。
[ 2017/04/21 18:32 ] [ 編集 ]
これが真犯人であって欲しいですね。それにしてもお金の為に選手の命を狙うなどという人が存在することに驚きですが、5億円ですか・・・この金額が狂わせたのか??

ドルトムントに個人的な恨みがある人で無かった事は良かった事でしょう。選手も安心できます。
[ 2017/04/21 18:33 ] [ 編集 ]
犯人が買ってたのはプットオプションらしいので新株予約権とは全く別物ですね
オプション購入時の価格で売れる権利を7万8千ユーロで購入して事件後暴落した株を買ってそのまま権利行使して高い価格で売ったってこと

[ 2017/04/21 18:59 ] [ 編集 ]
※4月13日以来、20件の殺人未遂容疑と爆発を引き起こした容疑で捜査中

とありますが、今まで一度も逮捕されていないのですか?
[ 2017/04/21 19:14 ] [ 編集 ]
ヴアツケやシュメレがコメ出したつーことは、いちおう真犯人なんだろな。
前スレで、犯人は個人じゃないの?と書きましたけど、個人は個人でもちょっとアタマのおかしな人な印象受ける。疑り深くてなんなんだけど、ひょっとすると裁判所にお医者呼び込んで罪軽くする偽装かもしれない。そうじゃなかったらどこぞの組織が絡んでるのをごまかすための偽装。
まぁいずれにしてもシュメレが言ってるように原告サイドはちゃんと真相究明してほしいよな。
[ 2017/04/21 19:34 ] [ 編集 ]
犯人が見つかってよかったです。でもその程度の利益で人を複数殺そうとするなんてとても信じがたいです。モナコのオーナーがロシア人富豪とどこかで見ました。もっと巨大な組織絡みの犯行の可能性はないのでしょうか。
[ 2017/04/21 19:55 ] [ 編集 ]
この計画どう考えても足がつくし逃げ切れるわけないよ
[ 2017/04/21 20:09 ] [ 編集 ]
動機がこのとおりなら別の組織にまた狙われるといったことは心配しなくて良さそうかな。
しかし株価操作が目的なのにわざわざ金属片まで仕込んでたってことは選手が死んでもいい、あるいは死んだほうがよかったとまで思ってたりするんだろうか。
なんにせよ、選手に深い傷を残したことは許せない。

それにしてもなぜドルトムントだったのだろう。確かに有数のクラブではあるけど。
[ 2017/04/21 20:31 ] [ 編集 ]
これで選手達も安心して眠れる。出来ればもう少し早く捕まればなぁ。
[ 2017/04/21 21:06 ] [ 編集 ]
こんな言い方をするのはアレだけど、憎悪や分裂を煽るような思想や宗教絡みの犯行じゃなかった事はよかったと思う
[ 2017/04/21 21:22 ] [ 編集 ]
デキの悪いマンガかドラマかのような稚拙で愚かなたくらみだな
[ 2017/04/21 21:52 ] [ 編集 ]
コメント読んでると「用意された犯人」って気がしてきました
やっぱりなんらかの脅迫目的の事件で犯罪組織は目的を完遂してるのではないか
この犯人だけだと目的と行動が繋がってるようで全く繋がってないですからね
[ 2017/04/21 21:55 ] [ 編集 ]
やっぱりテロではなかったんですね。。
あまりに対象も規模も限定された事件だったので。
ひとまず犯人が捕まってよかったです。
[ 2017/04/21 23:32 ] [ 編集 ]
用意された犯人
みんな映画の見過ぎやで
[ 2017/04/21 23:57 ] [ 編集 ]
・多人数の殺人未遂~殺人という刑事責任の重さ
・選手に身体的・精神的な傷を与えた事や大会の運営を妨げた事に対する数億~数十億円レベルの損害賠償請求をされる可能性
・事件前後にBVB株で大きな利益を上げれば否応なく目立つ
以上のリスクの大きさを鑑みれば個人的にはどうにも腑に落ちません
犯人にはこの目論見が上手くいく自信があったのでしょうか…?
[ 2017/04/22 00:19 ] [ 編集 ]
金額からして組織ではない可能性があるにせよこれはテロリストですよ
あまり知られてないですが、世界中で起きてるテロとはこうやって株価操作をしてお金を稼ぐ目的が主ですから
[ 2017/04/22 00:34 ] [ 編集 ]
やはりどう考えてももっと効果的でより安全に近い方法がある
例えば、、とか書かないほうが良いか
でもサッカークラブを狙うのは規模が小さ過ぎて目に付くし爆弾を使って人命を危険に晒すなんて自分の首を絞めてるようなもの
証拠も残りまくるし
絶対この犯人の目的からは導き出すことの無い行動だと思う
今だったらテロとかで煙に撒けるからって意見もあるかもだけど普通に考えて真逆でしょ
テロの可能性のある事件だったら調査も最大限に厳しくなる
違和感なんてものじゃないでしょこれ
[ 2017/04/22 01:05 ] [ 編集 ]
15000 の新株予約権
78000 ユーロで、ホテルのインターネットで購入
390000 ユーロの利益

新株予約権は一株約5ユーロ約550円
投資額の5倍の利益だから元本を考慮すると6倍の変化があることになります。
たぶんストップ安などの計算をしたのでしょう。

泊まったホテルのインターネットを使って購入したとあるので、時間勝負なんでしょう。
無料wifiがあるのでセブンイレブンのインターネットで株を買うこともできます。ホテルの無料wifiでインターネットを使ったって何の問題もありません。誰でも普通にやっていることです。
爆破して即座に購入、ニュースが流れて株価暴落。ストップ安で売り抜けて利益390万ユーロ確定。

疑問の数々。
1)試合は夜で市場は空いていない。
夜間の私設取引?
2)株や新株予約権を購入したら値上がりして利益が出る
暴落して利益が出る株は存在しない。指数などではありますが、ドルトムント社株式ですからありえません。
3)数日経っているのですから容疑者は売り抜けて利益確定しているはずです。
「390万ユーロの利益可能性」としか書いていないのでまだ売っていないか、利益をあげていない。
4)当日ドルトムント株価は暴落したんですか?
テロの標的になったのですからある程度暴落しているはず。実際は大きな変動はなかったと推測します。会社は工場が火災を起こしても株価には変動はありません。火災保険が降りるからです。クラブも選手に保険をかけているはずです。仮に死んでも保険金で選手を買えます。それが企業のリスクマネージメントです。
5)テロが大成功・中成功しても株価が下がらない可能性がある。株価が上がれば損が出ます。ノーリターン・ハイリスクの殺人事件を電子工学の専門家がやるはずがない。
6)20件の殺人容疑の捜査対象者だった、、、
殺人容疑のんきに株売買ですか

100%ガセネタとしか思えません。噴飯物。
[ 2017/04/22 01:22 ] [ 編集 ]
いや、現物じゃなくデリバティブ取引だろ。先物やオプションだったら夜も市場やってるし暴落して利益もでる。オプションだったんじゃないのか。
[ 2017/04/22 06:12 ] [ 編集 ]
事件はもっと複雑なんじゃないかな?と思ったのは自分だけではなかったみたいですね。考え過ぎかもですが極端にいうとドルトムントやモナコの関係者も絡んでる可能性も視野に入れておいた方が良いのかも、勿論それ以外もですが。。。
[ 2017/04/22 07:03 ] [ 編集 ]
これは恐ろしいね。株で儲かるって理由があれば、どこのチームでも別に構わなかったし、だれが死のうが構わなかった。
サッカーとお金の闇が深いところが見えるね・・
[ 2017/04/22 08:29 ] [ 編集 ]
20件の殺人容疑はドルの選手を標的にした事に対してでしょうね
政治テロにしては不謹慎ではありますが規模が小さいと思ってました
けど個人にしては大掛かり過ぎるので、マフィア絡みなのかなと予想してました
どの道金の為に何の関わりもない人を害そうとするのは許されないですね
[ 2017/04/22 14:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。