ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「香川!ドルトムントの束の間のヒーロー」ここ最近の香川のプレーを特集《ドイツの反応》




ZDF】※モナコ戦セカンドレグ直前の記事になります。


香川!ドルトムント、束の間のヒーロー




20170413045858e5d.jpg
写真引用元:BVB公式ツイッター


香川真司は、再び以前の輝かしい状態に近づいている。チャンピオンズリーグの準決勝に進むかどうか、このミッドフィルダーに期待が寄せられる。


彼は非常に良く考え、そして静かに語った。それは母国語を理解する日本のジャーナリストでさえも耳を澄ませばならないほどだった。“まだあまり良く眠ることができないですね。不安はまだあります。”と香川真司はようやく日常に戻ったブンデスリーガ、アイントラハト戦での勝利の後で語っている。この28歳もこのBVBを狙った爆撃テロから解き放たれてはいなかった。しかし彼はフィールド上ではそれをあまり感じさせなかった。ここ数週間、彼はドルトムントの中で最も優れた選手となっている。そしてその傾向は、チャンピオンズリーグ準々決勝のモナコ戦でも
途絶えることはない。

スポンサーリンク




トゥヘルからの賛辞

遅くとも4月序盤のレヴィーアダービーで、彼の好調は見逃しようのないものとなった。引き分けに終わったダービーで、かつての優勝チームの英雄は、ほぼクロップ時代のようだったのだ。非常に素早い展開、動き、創造性、そして状況を把握する力。香川のエゴの少ないオバメヤンへのアシストの段階では、ドルトムントが勝者に見えた。



現在、香川はドルトムントのスター・フォワードと良い連携を見せている。ベルリンでの敗戦でも、この日本人はガボン人をアシストしている。そしてここ最近の中でベストの試合だったハンブルク戦では、彼は夢のようなパスをオバに送って3:0としている。その前には香川は先制点のフリーキックを獲得し、その後自らも得点を挙げて、輝いていたのだ。この活躍には、あまり褒める事のないトーマス・トゥヘルも絶賛していた:“南ブロックがシンジを祝福したけれど、彼はそれにふさわしかったね。”



モナコ戦での原動力

マルコ・ロイスがいない状況において、香川がBVBのアイデア役となっている。彼がいかにBVBにおいて重要となったかは、ミュンヘン戦でも明らかになった。この負傷した右利き選手がいないことが、痛いほど明らかになったのだ。しかしその代わり、彼はモナコ戦とのファーストレグに出場した。おそらく彼の人生の中でも最も最悪だった出来事はボルシアの選手ほぼ全員を45分にわたってマヒさせたが、後半に入ってからヌリ・シャヒンと共に彼は試合の原動力となったのだ。そして彼は抵抗する力を見せ、アシストをし、その後準決勝進出への希望をつなげる2:3となるゴールを決めたのだ。

もちろん彼の好調は、ブンデスリーガの競争相手の知るところとなった。そのようにしてアイントラハト・フランクフルトは香川をマヒさせるために彼に特別にマークを付けたのだ。非常に激しいディフェンダーであるオマール・マスカラルが香川に対して非常にやる気のあるプレーを見せていたが、彼をとらえることができなかった。香川はまたしても賢いボール捌きを見せ、キーパーのラデツキーだけが彼を防ぐか、もしくは少々わがままなオバメヤンが香川の今シーズン7ゴール目を阻止した。



香川の今後はどうなるか?

香川は、長期にわたってボルシアでの立ち位置は良くなかった。夏には、BVBは競争相手としてワールドカップ優勝者のマリオ・ゲッツェを同じポジションで彼の鼻先に置いたのだ。そして足首の問題がその状況をさらに厳しいものとし、出場時間も少なくなった。しかしドルトムントの23番は諦めることなく、家でも特別にトレーニングに励んでいたようだ。“シンジはトップ・プロだ。恨みを抱くこともなくいつも準備してくれている。彼を夜中の3時に起こして、最初のPKを蹴らせることもできるだろう。”とトゥヘル監督は彼を褒めたたえる。その結果:後半戦に入ってから彼は定期的にプレーし、ゲッツェの離脱もあってより頻繁にスタメンでプレーしている。“ダービー戦の前も良い感触でしたし、できると思っていました。”と香川は自信をもって語る。


香川は、現在将来をかけてBVBで戦っている。彼の契約は2018年までなのだ。新しい契約を勝ち取るために、彼は新たに頑張らなければならない。最近では彼がクラブを去ることが大きな噂となり、クラブ側もそれを匂わせていた。“まだ話し合いは行われていない。”とスポーツ・ディレクターのミヒャエル・ツォルクは“キッカー”で認めている。市場価格約1000万ユーロの香川の移籍金を得るのはこれが最後のチャンスとなる。しかし現在の香川の状態であれば、どのクラブにとっても彼はプラスとなるだろう。そして少なくとも、ドルトムントのミックスゾーンでジャーナリストが彼の日本語に耳をすます時間はさらに長くなるだろう。








以上です。

4月19日の記事になります。モナコ戦前の記事だったんですが、割とここ最近の活躍が詳しく書かれた記事だと思いましたので取り上げました。管理人は一日2回しか更新しないので、今回のように2,3日過ぎてから更新する事はわりと多いんですが、それでもこのブログで記事を更新した直後に、日本のサッカーメディアに取り上げられるという偶然は割と頻繁に見かけます。

それはさておき、昨日ホッフェンハイムが引き分けましたので、今日は逆転するチャンスですね。今日で逆転して、直接対決で3位を確実にしてもらいたいです。

でもホッフェンハイムの監督の哲学は分かりやすいですね。ボールを奪取してから何秒以内にシュートを打つ、というのを基本としているようです。ドイツ代表も数秒以内にパスを出す、というような目標を立てており、その秒数をできるだけ少なくすることでワールドカップで優勝しましたが、非常に展開の早いサッカーが期待できるので中々興味深いですね。

[ 2017/04/22 19:46 ] 香川2017 | TB(-) | CM(20)
最後の部分、まるで香川が移籍してしまうのがわかってるような書き方ですね。

移籍を暗に示すようなことをブログで香川は述べていますし、爆弾の件で、バスにのり会場に向かうだけでも全ての選手が最悪な日を思い出し、明らかなトラウマになっていることは監督や選手、香川自身も述べていますからね。

香川の代理人はギリギリまで絶対に移籍情報を出さないので有名な人なので現時点で特に情報が出ていないのは何の不思議もありませんし、むしろ何も情報が出ていないことこそ移籍交渉が裏で行われている証でしょうね。

本人も移籍を暗に述べていて、爆弾の件もあり、移籍確実なのは仕方のないことです。
応援するものは文句を言わず香川が移籍した先でも上手くいくようにこれからも変わらず応援していくことが1番大事です。
[ 2017/04/22 20:08 ] [ 編集 ]
SAPいいですよねえ
あのシステムあってもドイツ代表のように実行できるとは思えないので
日本はまだまだ遠い所にいるんだな、と思ってしまいます

親会社のスポンサーといえど、実行できてるホッフェンハイムも素晴らしい
[ 2017/04/22 20:18 ] [ 編集 ]
>ドイツ代表も数秒以内にパスを出す、というような目標を立てており~

 BVBもこの目標が必用かもしれませんね。若い選手達が成長する為の道しるべになるかと思います。
[ 2017/04/22 20:24 ] [ 編集 ]
勝手に移籍と決めつけるのはやめてもらいたい。
[ 2017/04/22 20:41 ] [ 編集 ]
爆弾事件があったからこそ移籍しないんじゃないかな?辛い思いをしたチームメイトやファンの為に、
このチームで頑張りたいと思うって事もあるよね。
何となくだけど…分からん!
[ 2017/04/22 20:44 ] [ 編集 ]
ドルトムント以上のビッグクラブに移籍出来たらいいがねぇ
もちろんスタメン確約で完全にチームの大黒柱になれる格下チームへ、という選択もあるけど
[ 2017/04/22 20:49 ] [ 編集 ]
クラブ首脳陣がゲッツェを買い戻した時に香川はクラブの意向は分かってただろうね。そして香川自身も今季活躍して少しでも良いオファーを勝ち取りたいんじゃないかなと思う。ただ年齢的にもドルより上のクラブは難しい。香川はCLに出たいはず。代理人には打診は色々来ているだろうし香川の選択に目が離せない夏になりそうだ。
[ 2017/04/22 20:52 ] [ 編集 ]
昨今の香川が試合に出られるのは、出来不出来や傷が癒えたとゆうよりも、ゲッツェの目処が立たないのが一番の理由だと思います。
ゲッツェが復帰すれば、香川の出来は関係なく彼が先発第一候補でしょう。また、メディアやサポーターもそれを望むでしょう。シュルレの不調も同じでしょう。得点王オバを頂点にドイツ代表のシュルレ・ゲッツェ・ヴァイグル、若き米仏の至宝デンベレとプリの形がドルトムント及びサポ含む関係者全ての望むべき布陣でしょう。
寡黙な香川は嫌という程、肌で感じていると思います。リスペクトに欠ける記事も溢れていましたよね・・。
来期は、WOWOWと契約しなきゃあ行けないかな?
[ 2017/04/22 20:53 ] [ 編集 ]
管理人さんいつもありがとうございます。

今日の試合は絶対勝って3位になってほしいですが、トゥヘルは期待を裏切るタイプなので
CLのメンバーをガラッと変える気もしますが、、(笑)

日本人選手が日本人の記者にいつも囲まれているのはやはり異様な風景なのでしょうか?
他の外国人選手には自国の記者が取り囲んでいる事ってないんでしょうか?

[ 2017/04/22 20:55 ] [ 編集 ]
管理人さん、もっと悪態ついていいですよ!見苦しいなんて私は思わない。先日の~記事は~日経過してたのですがこちらで載せた後、~と~で同様の記事を見かけました。ってもっと濁さずに言ってもいいと思います。見苦しいのはお金をもらって記事を書いたり報道すべきプロが無償で翻訳してる人のブログを何の苦もなくパクってることです。そういうので管理人さんのモチベが下がってお休みや閉鎖になったら悲しいですから。

先日のテロのせいでセカンドレグも台無しにされたのが残念です。香川選手の今後が気になりますが移籍でも残留でも本人の納得する結果になるといいですね。いなくなってもBVBは応援します。
[ 2017/04/22 21:00 ] [ 編集 ]
ドイツのメディアは、日本メディアによる試合後のシンジへの囲み取材がやっぱり印象的なんですね(笑)。

> 新しい契約を勝ち取るために、彼は新たに頑張らなければならない。
ポジションを得てスタメン出場し続けたいことで頭がいっぱい、
契約の話はまだ先でもいいと思っているのもしれないし、
BVB所属最後のシーズンになるから集大成で頑張っているかもしれない。
BVBに残るかはわかりません。新しい契約をどうするかはシンジが決めることです。
全盛期を捧げることになるのですから、話し合いが未だないのは今回もシンジの都合のように思えますけどね…。


-------------------------------------------------------------------------

ドイツの白アスパラ!
日本はタケノコが出てきましたよ☆
[ 2017/04/22 22:18 ] [ 編集 ]
束の間のヒーローってタイトル自体が嫌味ですよね
なんかどれだけ頑張ってもゲッツェが戻って来たら君の居場所はないよとでも言いたげで
つまりこれからどれだけ結果を出しても売られる運命だから覚悟しておけみたいな
まぁ、怪我の事実をキッチリ書いてくれてるのはよかった
それがないと万全な状態でも活躍できてないようで選手の価値も下がりますからね
市場価格約1000万ユーロなんですか、他のメディアではもっと高かったような
香川本人もシーズン前から移籍を匂わせてたしいいんでないですか
あとドイツメディアは香川がドイツ語インタビューには全く答えないのに日本メディアが時間をかけてインタビューしているのに苛立っているんでしょう
前にもそんな記事がありましたね
[ 2017/04/22 22:22 ] [ 編集 ]
自分も、管理人さんがブログを更新した後に同じ内容の記事をアップしているサッカーサイトを度々見かけます。
もし管理人さんのをソースにしてるのだとしたら。。本当に恥ずべき行為ですね。

香川が輝きを取り戻しているように見えるのは嬉しいです。
どこのチームにいようとも、もっともっとワクワクするプレーが見たいなと思います。

管理人さん、いつもいろんな情報をありがとうございます。
[ 2017/04/22 22:33 ] [ 編集 ]
これは移籍決定かな!
ゲッツェ加入は香川の移籍が規定路線だったし、とりあえず残り1年でそこそこ金になるのは今のところ香川くらい
でブンデスで株式上場しているのはドルトムントだけのようで商売優先クラブなんだなと思ってます
何かゲッツェが病気で離脱しているから試合に出させてもらってるだけみたいな記事は薄気味悪いけど
そもそもゲッツェ試合に出てる時も活躍してましたっけ?
ゲッツェの病気が回復して試合に出れるようになっても活躍する保証はありませんしそれこそ香川が移籍してもその変わりに誰か獲得しないとドルトムント自体もまずいでしょう



[ 2017/04/22 22:39 ] [ 編集 ]
>新しい契約を勝ち取るために、彼は新たに頑張らなければならない
果たして香川はBVBとの新しい契約を勝ち取るために頑張っているのかが謎
ドイツメディアは香川がBVBに戻って来た時のコメントとか今シーズン前のコメントを知ったらどういう反応になるのかな?管理人さんドイツ語で書き込んできてくださいよ 笑
①BVBに戻って来たのは他からももっと条件のいいオファーがあったけどクロップがいたからという理由だけで戻ってきた
②昨シーズンの数字のほぼ倍の20ゴール20アシストを目指しステップアップしたい(怪我で報われず)
③いきなりママチャリでウキウキ状態で夏が楽しみ!
[ 2017/04/22 22:56 ] [ 編集 ]
管理人さんのコメント…お気持ち察します。最近も日本におけるメディアの信頼度が下がり続けてるというニュースをみたばかりですが、自業自得ですね。日本のメディアが香川のコメントに注目するという部分も、日本のスポーツマスコミが選手のコメントを軸に記事を書くという余り好ましくない背景が透けて見えて、何だかなぁという印象です。どうなるかわかりませんが、香川が納得できる結論を出せるように代理人にはしっかり働いてもらいたいですね。
[ 2017/04/23 02:10 ] [ 編集 ]
実際ゲッツェが復帰できれば香川じゃなくてもいい訳ですからね
香川を主力扱いしたら今後の伸びしろがない分さらに一段階上には行けないかと
香川がサブの立場を甘んじて受け入れるならばドルトムント残留でも良さそうですが
[ 2017/04/23 12:44 ] [ 編集 ]
記事のパクリは何度か見たな。管理人さん一時期ソースを伏せて記事書いてたが効果がなかったな。いくらでも言い訳が立つから打つ手がなさそうだ。
ナーゲルスマンはツヴァイカンプフを重視せずパスコース限定してプレスでボール奪取させてるよな。ボール奪って直ゴールなら5ポイント、縦の連携でなら3ポイント、それ以外でなら1ポイントで練習後に選手に何ポイント獲得したか言わせるんだと。頭を終始使わせながら練習させてるな。試合見てても失敗もあるが戦術面で有能だわ。
香川が保留してる理由はレディットでも何度か話題になってたがトゥヘルと不仲や戦術に合わないからとゲッツェがいるからってコメが多いわな。単に中盤が多すぎるからもあるが。今シーズン前半もフロントが香川よりゲッツェ優先して使ってると言われてたわ。怪我を知ってるはずなんだがどうも軽傷だと思われてた節がある。最近じゃゲッツェ優先してたのに病気だとわかってドル側が延長に動いたが香川側はドル側に不信感があるんだろとも言われてる。まあゲッツェ出戻りが決まった時香川と延長しないつもりだと思ってたサポが結構いたからな。ゲッツェが病気でダフードもすぐに慣れるかわからないから取っておけってコメもあるな。ゲッツェはドイツの至宝なんだからドイツのマスコミはレギュラー前提で記事を書くさ。それでも今シーズン前半のプレーで大分トーンダウンしたと思うが。マスコミは香川側から音沙汰無しで今シーズンの出場率だけみたら移籍だとみるわな。ここら辺はしょうがないだろ。
自分は単に香川が移籍希望なんだと思うが。試合に出てなかった頃も考える時間があったんだからな。この前スカパーの酒井高・香川特集の担当が香川は今の時期取材を受けないんだが特別に受けてくれたと言ってたわ。ここでバイアウトありの契約を1年でも結んだら下手したら30で次探すわけだからな。まあドル側香川側合意で契約切れまでいるのもあるかもな。監督交代なら誰が後任かによってまた話が違ってくるだろうが。ブンデス内移籍は香川がドル以外考えられんと言ってたからないだろ。UEFAランキングでドルより上は難しくても今のドルと実力的に同じくらいならいいオファーがくるさ。リーガがいいとコメが多いがCL・EL云々抜きで通訳や移籍金や給料は妥協もできるだろうがEU外枠考えると厳しそうだよな。
[ 2017/04/23 13:35 ] [ 編集 ]
04/23 12:44
どうして伸び代がないと思うんですかね?年齢ですか?それともユナイテッドから今までを見てきて勝手に期待を裏切られた〜と安置になってしまった感じからですか?そしてゲッツェを主力扱いしたなら伸び代あるんですか?
毎試合必死に戦ってる選手を蔑ろにする貴方みたいなサポーターがいるなら心置き無くこのクラブから移籍して欲しいですね、そしてCLで当たって香川を出さなければ良かった〜と嘆くのを楽しみに待ちたいと思います
[ 2017/04/23 14:58 ] [ 編集 ]
>香川を主力扱いしたら今後の伸びしろがない分さらに一段階上には行けないかと

どういう理由で書かれているのでしょうか。
大変失礼な意見ですね。
伸びしろがあるかないか他人が、ましてや素人がどうやって分かるのですか。
選手個人としても成長しているのが見て分かりませんか。
ゲッツェが復帰できるか、復帰できても以前の状態に戻るかどうかわかるのですか。
不確定な未来に対して根拠もなく断言してまで選手を貶めるなんて最低ですね。
理解できません。
[ 2017/04/23 16:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。