ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ポカール決勝!残り5分の表示を見たトゥヘルの反応がドイツで話題に!ドイツ紙《ドイツの反応》





西ドイツアルゲマイネ



ヴェーーー!トーマス・トゥヘルがミュンヘンで見せた神リアクション!


entry_img_1633.jpg
引用元:西ドイツアルゲマイネ


ミュンヘン。先制し、相手にリードを許し、試合をひっくり返した。BVBにとってはこのポカール準決勝のバイエルン戦はまるでジェットコースターのような感じだ。


試合終盤、ミュンヘンは全力で同点に追いつこうとしており、試合は非常に緊迫したものだった。

スポンサーリンク


全てのボルシアがそう感じていたように、トゥヘルも試合終了の笛を待ち望んでいた。そして時間を少しでも稼ぐために、ギンターをロイスに代えて出場させるところだった。

そしてまさに交代をしようとしたその瞬間、第4審判のギード・ヴィンクマンが5分間のアディショナルタイムを示したのだ!


そして、それを見た時のトゥヘルの反応





そして最終的には5分ばかりか、7分ものプレーされることになった。バイエルンを嫌いな人にとっての意見はこうだ。“バイエルンがゴールするまで永遠にプレーされる。”

しかしこのようにして設けられた特別な時間もバイエルンを助けることにはならなかった。バイエルンが敗退。そしてボルシアが決勝だ。


そしてトゥヘルは自分のGIFを見ることになった。

20170427193955f11.jpg






以上です。
割とお固い西ドイツアルゲマイネ新聞ですが、やはりドルトムントの決勝進出は嬉しかったようですね。このような小ネタを掲載していました。

しかし昨日の試合はやはり面白かったですね。先制、逆転されて、また逆転ですからね。見れて良かったです。

チームも皆決勝進出を喜んでいるようで何よりです。優勝するチームというのはなにより団結力というのが必要です。この勢いで是非とも優勝してほしいです!


【おまけ今日のドイツ】

20170427193955154.jpg

線路を磨く掃除車
初めて見ましたが、ブラシのような物でゴシゴシ線路上を磨きながらゆっくり進んでいました。



[ 2017/04/27 19:44 ] トゥッヘル15 | TB(-) | CM(5)
Twitterでは5分の表示をみたトゥヘル「5? 俺が出そうとしてるのはギンターであってバルトラじゃないぞ?」的なネタもありましたねw
[ 2017/04/27 20:06 ] [ 編集 ]
確かにアディショナルタイム5分はおかしかった。見てて思わず声出た。せいぜい2分くらいだろって思ってたんだけど、、、

もう1つ声出たとこがある。後半からシステム変えたとこ。トゥヘルはこれまで相手を引っ掛けてやろうみたいなことはあまりしなかったんだけどやったな。前半442でやってたのを後半からクリスマスツリーにしてワザとサイド開けた。フンメルスと両サイドバックはまんまと釣られてホイホイ前に出てきたよ。そんで裏は広大なスペースが空いた。あとはしっかり止めてカウンター狙うだけだったな。さすがにアンチェロッティはこれの使い手だからフンメルス引っ込めてボアティン入れて後ろに残る人数増やしたけど、一度前がかりになったもんは修正できなかった。
完全にボール持たしたよ。
トゥヘルにしてはマジで賢いサッカーだったw
[ 2017/04/27 20:50 ] [ 編集 ]
ベルリン 行きたい;;  
[ 2017/04/27 22:00 ] [ 編集 ]
ベンダーの素晴らしさ。442でのハードワーク。バイヤンの決定力不足。ノイアー不在の幸運。色々運が味方してくれました。運をつかんだのもドルトムントの実力。とにかく優勝できる絶好のチャンスです。
[ 2017/04/28 02:50 ] [ 編集 ]
どこで五分!?て思ったわ
勝ったからいいけどあれは酷い
[ 2017/04/28 17:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。