ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドイツ紙「ポカール勝利がドルトムントの転換期!バイエルンをタイトルを奪存在となるだろう!」《ドイツの反応》




ビルト


これが大きな転換期となるかもしれない!



entry_img_1634.jpg
引用元:BILD


どうしてバイエルンは危機に瀕しているか?
バイエルンは将来ドルトムントにより頻繁に敗れるかもしれない!


ドルトムントはポカールのセンセーションを巻き起こすことに成功した。そしてバイエルンのダブルの夢を打ち砕いたのだ。

スポンサーリンク



ミュンヘンでの勝利の後で、BVBのトーマス・トゥヘル監督はベルリンでのキャリア初タイトルを望んでいる。スーパー・スター・マルコ・ロイスと同じように!そしてもしかしたら、もうすぐ、多くの栄光のチャンスがやってくるかもしれない。

ドイツのタイトル争いにおいてミュンヘンでの勝利は大きな転換期となるかもしれない。



なぜ?なぜならドルトムントがこれから行わなければならない事をすでに達成しているからだ。それは変革!


バイエルンはアロンゾ(35)、ラーム(33)、リベリー(34)、ロッベン(33)という引退目前の選手ばかりだ。


それに対してドルトムントはゴールをあげた英雄デンベレー(19)、プリシチ(18)、ヴァイグル(21)、ゲレイロ(23)、パスラク(18)など、賢く将来に向けて投資し、彼らがチームに溶け込むことを成功させている。



まだBVBに欠けているのはフンメルスの様なリーダーとオバメヤンの変わりだ。これがこの夏の課題となるだろう。


もしこれに成功すれば、クロップ時代のような成功を遮るものは何もない!







以上です。

ビルトのコラムです。さすがにバイエルンを倒したぐらいで言い過ぎだろうという気もしますが、バイエルンがこの夏の補強次第では危なくなってしまう可能性は十分ありますね。そうなれば、まあ自然とタイトル争いは激しいものになるでしょう。

昨シーズン、グアルディオラの下でロッベンとリベリーを押しのけるような活躍を見せていたコスタやコマンは完全に控えになってしまいましたし、ミュラーも出れば活躍していますが、控えになってしまっていますね。

アンチェロッティは、若い選手は試合に勝つ、経験豊富な選手はタイトルを獲得すると言っていましたが、ここにきて疲労もたまり上手く行っていません。

バイエルンはまだ2位のライプツィヒとの直接対決も残していますし、もう少し苦労しそうですね。


[ 2017/04/28 06:00 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(20)
アーセナルに大勝して以降のバイエルンには、どこか慢心があったように思います。
あの凄まじいパス回しによるポゼッションと得点力は、どう見てもヨーロッパ王者にふさわしい貫禄がありました。
しかし、それが肝心な所で気の緩みへと繋がってしまったように思います。
レアルマドリード戦も、ビダルの先制点が決まってから、どうも楽勝ムードが漂っていました。
それはその直前のドルトムント戦で、4点取って大勝した影響があったような気がします。
今回のポカールも、同じような緩い空気が漂っているように見えました。
「ボールを回していれば、俺たちはいつでも点を取れるだろう」と。
おそらくアンチェロッティではなく、ペップだったら、そんな空気もピリッとさせていただろうと思ってしまいました。
最近のサッカーは、スタッツと結果が比例しないのが当たり前になっていて、最後の最後まで勝負は分からないなと思いました。
ポゼッションによる強者のサッカーが、弱者のサッカーにことごとく破れていく様を見るのは、正直悲しいな…というのが本音です。
[ 2017/04/28 06:35 ] [ 編集 ]
バイエルン戦の前半のどのチームよりも悲惨なスタッツを見た後にこの記事を読むと笑いが止まりませんね
[ 2017/04/28 06:37 ] [ 編集 ]
バイエルンも一つの時代が終わろうとしているんだと思います。しかしここで終わらないのがバイエルン。必ず盛り返してくるはずです。
そしてドルは新世代が台頭していますがオバがいなくなるとまた苦労しそうですね。トゥヘルお気に入りの戦術も研究され対策されるだろうし香川のような経験と創造性のある選手がもしいなくなると物足りなくなりそう。
[ 2017/04/28 07:06 ] [ 編集 ]
バイエルン、ドルトムントと言う前にライプチヒというとてつもなく強い若手軍団がいるんですが・・
ホッフェンハイムも侮れませんし
ドルトムントは前回対戦でドローだったホッフェンハイムに勝つことが最初の難関ですね
[ 2017/04/28 10:23 ] [ 編集 ]
フンメルスの様なリーダー・・・

この役割を香川にして欲しいんだけどなぁ、シュメルツァーには悪いけどキャプテンはやっぱりチームが苦しい時に鼓舞出来るような選手が良いと思う、それが出来る選手も居るけどロイスは怪我離脱が多くてヴァイデンも2ndキーパーでもうじき居なくなるし
[ 2017/04/28 10:56 ] [ 編集 ]
ロッベン33なのか すげぇな
[ 2017/04/28 11:55 ] [ 編集 ]
バイエルン「あ、そう じゃあヴァイクルデンベレは貰ってくね あとついでに他のクラブからターやズィーレやブラントも貰っちゃお」ってなって止められないのが見える...
[ 2017/04/28 12:05 ] [ 編集 ]
何というか、バイエルンにとってこれほど虚しいリーグ5連覇もないように思える(まだ決まってないけど)。
5連覇は史上初ですごいことだけど、CLはベスト8で、ポカールはベスト4。
来期はリーグも荒れるかもしれない。
[ 2017/04/28 12:26 ] [ 編集 ]
バイエルンからしたら後釜は獲ればいいだけの話だろうしな
ビッグクラブだから来たい選手多いだろうし
[ 2017/04/28 12:42 ] [ 編集 ]
ドルの若手がそのままチームにずっと残るなら覇権も夢じゃないでしょうけど・・・


[ 2017/04/28 13:56 ] [ 編集 ]
ミッド、フォワードの攻撃的メンバーはいい補強だけど、そもそもドルトムントの欠点は守備にあるんだからそこを改善しない限り今後も下らない失点で痛い目見るぞ。
[ 2017/04/28 17:14 ] [ 編集 ]
今シーズンとあまり変わらないチーム形成ならドルトムントにチャンスはありそうだけどどうでしょう
ポカールのタイトルを獲得しても逃してもこのタイミングで移籍を決断する選手はいそうな気がしますが
[ 2017/04/28 17:23 ] [ 編集 ]
あいかわらずビルトらしい煽り記事・・
バイエルンは確かにペップ時代の様な怖さは無くなったし、アンチェロッティは若手の育成が今一つだね。でも、ベンチ含めてなんと豪華なメンバーでしょう。前に調べてた事があるけど選手個々のランキングで見ると、レアルバルサほどの抜けた選手はいない代わりに全部がランキング上位の選手だった。たぶんチームとしては世界一のクラブでしょうね。それはユナイテッドでさえ上回っていましたよ。

そんなチームに勝てた事は誇りに思って良い事だよ。
[ 2017/04/28 18:45 ] [ 編集 ]
12:42さん
そうですよね。バイエルンは育成チームのドルと違って実績のある選手連れてくるんだろうな?
香川は言い方が悪いけど、自由奔放な若手の尻拭いやサポート覚悟で残るのかな?
今回のCLの結果にはリベンジしたいって思ってるみたいだし

香川ファンなので穿った味方しちゃってます。香川がドルの戻って来たのはクロップがいたからだけではなくて、
CLに出られるクラブだったからなのか?
香川が移籍しなかったら、がっかりしてしまうだろう自分がいます。
ファンなのにこれではいけませんね
とはいえ移籍するにしてもいろいろとあるんでしょうけど
どうかポカール決勝でプレイ出来ますように!!

[ 2017/04/28 19:43 ] [ 編集 ]
アラバとかチアゴとかバイエルンにはこれから脂が乗ってくる選手も多いでしょ
[ 2017/04/28 20:10 ] [ 編集 ]
この試合は、CLの結果と合わせてバイエルンの転換点にはなるでしょう。
世代交代待ったなしだし、これらの結果を見れば、ベテラン選手がベンチに押しやられてもチームの不満分子にはならないはずです。そういう意味では、バイエルンにとって必要な敗北だったと言えるでしょう。また、バイエルンなら難なく補強出来るでしょう。

ドルトムントの転換期はまだ続いています。今シーズン末も大きな移籍が2,3あるでしょうし、その結果、どう転ぶのかよく分かりません。
そもそも、経営陣と折り合いのよくなさそうなトゥヘルが来シーズンも監督か分からないし。
[ 2017/04/28 20:37 ] [ 編集 ]
ちょっと勝利の味に飽きただけでしょバイエルンは。 それかCLの負けを引きすってたか。
モチベーションが保てなかったメンタルの問題だけだと思いますけどね。 
[ 2017/04/28 21:05 ] [ 編集 ]
もし香川が残るとしても、それはスタメンとる覚悟でしょう。
彼はチャレンジを重視するタイプたし、サポート前提なら残らないだろうね。
ファンなら選手を信じた方がいい。
がっかりするくらいならクラブファンの方が精神衛生上良いかも。
[ 2017/04/29 09:16 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイムのジューレはドルトムントが獲るべきだった
彼ならフンメルスのようなパフォーマンスも期待できたのによりによってバイエルンに獲られるなんて。
[ 2017/04/29 15:45 ] [ 編集 ]
「バイエルンはアロンゾ(35)、ラーム(33)、リベリー(34)、ロッベン(33)という引退目前の選手ばかりだ」

 別に育てて売るのがクラブじゃないからね。よそから買うことは普通なんだから。バイエルンなら普通によそからいい選手を買ってこれるでしょ。バイエルンに行きたいって選手も多いんだし。誰とは言わないけどフンメルスとかレヴァーとかゲッツェとか。あっ。
 それに今いる選手でもそこそこカバーできるでしょ。この選手たちが全員一気にいなくなるわけでもないし。
 右SB以外は普通に若返りを図ってる。
 これ↓以外にもボアテング88年もいるし。

 レヴァ88年
コスタ90年 ミュラー89年 コマン96年
ビダル87年 キミッヒ95年
アラバ92年 フンメルス88年 マルチネス88年 ラフィーニャ85年
ノイアー86年

他にも
左SB ベルナト93年
MFレナト97年

 これでバイエルンが危機的に見えるかな?むしろ旬でしょ。特にDF、特にDF。大事なところなので2度書いときます。ドルトムントにない要素。というかその大事な要素を売ったんだけどね。後散々俺は4バック推しをしてたので、4バックで今回勝ったみたいだけど、なんか競歩で後ろ向きにスタート地点に戻ってきた感じ。あ、でもスタート地点には戻ったけど、そこからスタートするかは別物だけどね、だってトゥヘルだから。でもまあ、この試合に限って言えば、参考に出来るかどうかは別物なんだよね、点を決めたバイエルンの選手が二人ともDFだけだからね。リーグ戦で優勝を決めた試合で6点を考えても、なんか色々あるんだろうなと。

-70-
[ 2017/05/02 00:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。