ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

グロースクロイツ!スタジアムのBVBブロックでポカール・バイエルン戦を観戦していた!《ドイツの反応》





ビルト



ドルトムント愛

グロースクロイツ!BVBを祝う!


entry_img_1635.jpg
引用元:BILD


ドルトムント選手たちは芝生の上で決勝進出を喜んだが、スタンドでは根っからのBVBファンも喜んだ。ケヴィン・グロースクロイツだ!


スポンサーリンク



3:2で勝利したバイエルン戦後、BVBブロックを止めるものはもはや何もなかった。彼らはまるで解き放たれたかのように選手を祝福した。BVBはこれで4年連続決勝進出するが、これは歴史上初めての事だ。

Glückwunsch Jungs 👍👊💪

Ein Beitrag geteilt von Kevin (@fischkreutz) am



トーマス・トゥヘル監督もフィールド上でオバメヤンを押した。選手がこんなに解き放たれたように喜ぶ姿を見るのは非常に稀だ。15日前のバス襲撃事件も、この喜びの瞬間にはフェードアウトしたようだった。



マネージャー・ツォルク:“もしベルリンに行くにあたって、幸運を得るのにふさわしいチームがあるとしたらそれはボルシア・ドルトムントだろう。”



トゥヘル:“ものすごく良い気分だよ。僕らはベルリンに行きたいだけではなく、ベルリンで勝ちたいんだ。”


ミュンヘンスタジアムのドルトムントファンブロックには、真のドルトムントファンの姿があった。ケヴィン・グロースクロイツだ。このワールドカップ優勝者はSNSでビデオと写真を投稿している。

グロースクロイツは熱狂的なBVBファンで、かつては南ブロックに立っていた。BVBを去ってからは半年間、イスタンブールに所属し、その後シュトゥットガルトに移籍している。売春スキャンダルの後で、彼はシュトゥットガルトを解雇となっている。

20170428170842e4c.png


現在、グロースクロイツは故郷に戻っていた。そしてBVBの2部チームでトレーニングに励んでいる。来シーズンは2019年まで契約したダルムシュタットでプレーする。グロースクロイツ:“ダルムシュタットを楽しみにしている。これまでのどのクラブでもそうだったように、一緒に成功を収めるために全力を尽くすよ!”










以上です。

グロースクロイツ、引き続きBVBファンである姿を見せてくれて嬉しいですね!
今度はベルリンでも彼の姿が見れるかもしれませんね。管理人もベルリンに見に行きたい・・・。




[ 2017/04/28 17:30 ] グロースクロイツ | TB(-) | CM(5)
 グロスクロイツはロイスのような天才的な選手ではないけれど、さまざまな役割に適応できるオールラウンダーにして献身的でタフなチームプレイヤー。私は彼のような選手が大好物です。彼を失ったのはBVBにとって大きな損失だったと思っています。出来ればBVBに選手として戻って欲しかった。
[ 2017/04/28 17:46 ] [ 編集 ]
今回のバイエルンの寸評等はどんな感じなんでしょうか?
バイエルン目線で現地でどのような観られ方をしているのか興味があります。
[ 2017/04/28 18:21 ] [ 編集 ]
ドルが2連覇したとき香川のような創造性と、グロクロのような献身性が一つになってた気がする。チームに規律があったよ。
[ 2017/04/28 18:58 ] [ 編集 ]
今でもたまに10-12シーズンのハイライト動画を見るけど、グロスクロイツのポジショニングはやはり並外れた才能。香川のお陰でユナイテッドの試合も一時期見てたけど、グロクロほどセンスあるフリーランが出来て、的確な守備のケアが出来る選手はいない。
[ 2017/04/28 21:56 ] [ 編集 ]
ケヴィンはどのクラブでプレーしていようと
永遠のドルサポですからね
新チームでも頑張ってほしいですが
できればJリーグに興味持ってくれて
どこかのクラブが獲ってくれないかと
いつまでも期待して待っています。
無理でしょうがw
[ 2017/04/29 02:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。