ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!レアルのモラタを熱望か!!ドイツ紙《ドイツの反応》



ビルト



モラタ!レアルから移籍希望!


ドルトムント!モラタを熱望!



20170429064517fc9.jpg

引用元:BILD

スペインで移籍の噂が起こっている!

ボルシア・ドルトムントがレアルのフォワード、アルヴァーロ・モラタの獲得に動いているのだ。スペインのAS紙が報道している。この栄光の補欠は驚異の得点率にも関わらず放出候補とされている。


スポンサーリンク




▶モラタはリーガですでに13ゴールをあげているのだ。全大会を通しても87分に一回の割合で得点を挙げている。これより良いのはスペインでもメッシ(75分)だけである。



BVB、モラタを熱望か?


この移籍は夏の大目玉となるだろうし、ミュンヘンに向けてのはっきりとしたシグナルとなるだろう。



しかしビルトは知っている。モラタはドルトムントには移籍しないだろう!


彼はレアルでの契約を2021年までとしているが、それでも移籍するだろう。契約解除条項に定められた金額は8000万ユーロだが、それを支払うクラブはないだろう。しかし5000万から6000万だったらレアルも手放すとみられている。これはBVBには高すぎる!



特に現在では、オバメヤンがドルトムントを出ていく気配はあまりない。



ドルトムント史上最も高額だった移籍はアンドレ・シュルレだ。彼はこの夏3000万ユーロでヴォルフスブルクから移籍してきた。マドリッドが考える金額はツォルクとヴァツケにとっては難しいに違いない。



おそらくモラタはイングランドへ移籍するだろう。給料も高いし、かつての恩師もいる。

▶もっとも可能性が高いのがFCチェルシーだ。ディエゴ・コスタが去ることになり、監督は2014年にユヴェントゥスへと誘ったアントニオ・コンテだ。モラタはユーヴェで国際的に活躍をはじめ、3000万ユーロでマドリッドに戻ってきた。



いずれにせよマンチェスター・ユナイテッドもこの争いに加わっている。イングランド優勝記録保持者はイブラヒモビッチの代わりを探しているのだ。このスウェーデン人は膝十字靭帯を損傷し引退の危機に立たされている。ユナイテッドの監督モウリーニョは2011年にモラタをプロチームに引き上げている。

AS紙やイタリアの報道によると、ユーヴェとACミランのこのスペイン人の獲得に興味を持っているようだ。ミランは中国のお金でもってヨーロッパの頂点を再び目指している。


モラタをめぐる熾烈な争い!BVBはこれに加わることはないだろう。







以上です。

モラタだったらぜひとも獲得してほしいですね。仮にオバメヤンが移籍するとしたら、なんとしてでも獲得してほしいですが・・・。

6000万ユーロをドルトムントが出すとは思えませんが、本気でヨーロッパのビッククラブを目指すならこのクラスを獲れる力が必要ですね・・・パフォーマンスでも良いからやる気を見せてほしいですが・・。



[ 2017/04/29 06:40 ] ドルトムント2017 | TB(-) | CM(24)
どう考えても金額的に獲れるはずがないですね。噂がちらほらあったラカゼットでも高いだろうけどこちらのほうが現実的かも。来てくれる可能性は低いでしょうが年齢もそこそこですしインモービレよりは活躍してくれるでしょう。
[ 2017/04/29 06:56 ] [ 編集 ]
今夏の移籍市場はどのリーグも盛り上がりそうですね
[ 2017/04/29 06:56 ] [ 編集 ]
残念ながらモラタクラスの選手は無理ですね…
ドルトムントに来てくれるレベルではないですから。
メガクラブ行きは必然ですし、コスタ退団後のチェルシー行きが濃厚と言われていますね。(ルカクも気になる)

アグエロ、グリーズマン、コスタ、ルカク、オバメヤン…
来シーズンはメガ&ビッグクラブのCF移籍が玉突きで起こりそうですね。
[ 2017/04/29 07:00 ] [ 編集 ]
仮にオバメが出てったとしたら、その移籍金で狙ってみて欲しいですけど、まあ厳しいかなあw
[ 2017/04/29 07:03 ] [ 編集 ]
え、オーバメヤン移籍しそうな気がするけどな…。なんというか、残りたいという意思があまりないような。
[ 2017/04/29 07:24 ] [ 編集 ]
来季はプレミアのトップ6が、ガチでエグいメンツになりそうですね。
2シーズン目に入った名将たちが、各ポジションで本気の補強をしてきますから。
ペップなんて今季のメンツには全く納得いかなかったでしょうから…

オバメヤンはドルトムントにいた方が幸せだと思いますがね。
ブンデスのスターがステップアップでどんどん外に出て行かれると、やはり寂しいリーグになっちゃいますからね。
[ 2017/04/29 07:55 ] [ 編集 ]
オバは結構移籍アピールしているけど本命からオファーが無ければ残る可能性もあるかな。
まあしかしオバがいなくなってもクラブはそこまで高額な選手は考えてないと思う。金の卵を連れ来て育てる方を選ぶよ。
[ 2017/04/29 08:01 ] [ 編集 ]
オーバが残りたいというのはビルトの願望のような…オーバも出たいと思ってるようにみえるし。
仮にモラタを買いにいったとしたら今季の補強とチグハグすぎて、それはそれでどうしたフロント⁉︎と思ってしまいそう。それにロイスは喜ぶだろうけどイサークはなんやねんみたいな。
それに給料面でもプレミアには勝てないでしょ。
[ 2017/04/29 08:06 ] [ 編集 ]
ドルトムントは本気で世界のトップクラブになる気は無いよ。少なくとも今はまだね…

世界のトップクラブが好みなら、レアル、バイエルン、バルサのファンになることをクロップもヴァツケも公言している。

ドルトムントのファンは、自分達の身近なヒーローが、バイエルン等の金満クラブに立ち向かい勝つという事に熱狂する。自分達がお金で買ってきた高額選手で勝つ事は、なんか違うと思うだろうね~
あの熱い黄色い壁の支持が得られない選手には、興味無いでしょうね。その辺りもトゥヘルとヴァツケの意見の差かもしれません。
[ 2017/04/29 08:16 ] [ 編集 ]
オバメヤンですが、レアルマドリードはとっくに獲得リストから外してますから、スペインに行き先はないですね。
実力的にもレアルはちょっと無理だと思います。
もしアザールが来たら、ベンゼマ放出で(本来なら絶対に放出してはいけない選手だが人気優先クラブなので…)、ロナウドがCFにコンバートもありえますね。

プレミアだと、CF探しているアーセナル、リバプール辺りなら全然アリでしょうけど。
あとはオファーしてくるか分からないけど、長期離脱でイブラとの契約が切れるだろうマンチェスターユナイテッド、
アグエロが移籍するならばマンチェスターシティ(ジェズスをスターリングの場所に置いて)くらいかな、可能性があるのは。
[ 2017/04/29 08:17 ] [ 編集 ]
モラタはレアルやユーベにいて活躍しただけあってワールドクラスと言って良い実力の選手でしかもイケメンだと思う
だ け ど
不思議な事に華が無い
そういう選手は意外と獲るチャンスあるかもしれない
[ 2017/04/29 08:37 ] [ 編集 ]
記事を読んでもドルトムントが熱望してるふうな文が皆無wモラタの移籍の現状説明と、来ないだろうという結論。
なんでモラタの移籍にドルトムントが絡んで記事になったのかわからないw

来るわけがないし、高すぎて取ろうとするとも思えない。ドイツに来るとしたらバイエルン以外考えられないけど、プレミアじゃないですか、きっと。
[ 2017/04/29 09:08 ] [ 編集 ]
オーバメヤンはミランに高く売りつけよう
[ 2017/04/29 09:11 ] [ 編集 ]
チェルシーやユナイテッドとの競合に勝てる気がしないですね
[ 2017/04/29 09:17 ] [ 編集 ]
オバが移籍したらいつもみたいな若手で穴を埋めようとするんじゃなくてラカゼットやモラタのような大物に大金払ってでも獲得目指して欲しいですね。ただおそらくイニャキ ウィリアムス、ティモ ヴェルナー、セルティックのムサ デンベレ……この辺の若手有望CFを獲得しそうですね……。
[ 2017/04/29 09:36 ] [ 編集 ]
ベテランを袖にして十代の選手を複数入れて試合に負けるような事するクラブにはまずモラタは来ないよ。あと選手を晒してプライドを傷つける監督がいるところにも。シュールレがいるんだからもっと大切に育てればいいのに。怪我が多いのは競争を煽って無理なプレイをさせてるからでしょ。
[ 2017/04/29 10:30 ] [ 編集 ]
 問題は移籍金だけではありません。BVBとビッククラブは資金力で倍の差があります。BVBが年俸10億円出しても良いと思う選手に対してビッククラブは20億円出せる。ヴァツケがいくら頑張ろうと無いものは無い。
 しかし、サッカーでは何が起こるかわからない。それは試合ではなく移籍市場でも起こることだ。さてさて、面白くなってまいりました。
[ 2017/04/29 11:09 ] [ 編集 ]
>6000万ユーロをドルトムントが出すとは思えませんが、本気でヨーロッパのビッククラブを目指すならこのクラスを獲れる力が必要ですね・・・パフォーマンスでも良いからやる気を見せてほしいですが・・。

管理人さん、これはドルには無理な注文ですよ。
ドルの上にそういうつもりがあれば、ギュンもフンメルスも、ムヒタリアンも出て行ってません。今年香川もこれほどまでに出場機会が減ることも無かったでしょう。

ドルの上層部にその気があればですね。
目先のチームの完成より、若手を使って高く売るために未完成な若手を重用しすぎるのですから、25歳を超えた一流の選手は別チームに移りたくなるでしょう。 全てはドルの上層部がそうしてるからそうなるんですから。これはファンも踏まえないといけません。こういうチームなのだと。

ビッククラブなど目指していません。若手を売りながら運良くタイトルの一つでも取れたらラッキー!それが本音でしょう。

[ 2017/04/29 11:47 ] [ 編集 ]
モラタはレンタルでもいいからこない?と誘っておくべきですよね
[ 2017/04/29 14:58 ] [ 編集 ]
11:47さんに強く同意します。
タイトル取れたらラッキー!ポカール優勝出来たらフロントも監督も超ラッキー!!
リーグも3位獲得なら超超ラッキーでしょうね
[ 2017/04/29 17:15 ] [ 編集 ]
補足と訂正。
>ドルトムントは本気で世界のトップクラブになる気は無いよ。少なくとも今はまだね…

世界のトップクラブが好みなら、レアル、バイエルン、バルサのファンになることをクロップもヴァツケも公言している。

すみません。レアルやバイヤンのファンになった方が良い、と言っている、つまりドルトムントファンには相応しく無いという意味です。

後、借金返済が済みそこそこ潤沢なクラブになってきたドルトムントが目指す次なるブランド維持強化はと考えると、まず既に行っている解約移籍金条項を撤廃して、あくまでクラブ主導の移籍にすることです。
つまり、主力で出て行かれたくなければいくら高額な移籍金を積まれてもNO!と言う事。
その為の延長交渉では選手の納得できる限りの高給も認める事。オーバメアンに関しては、レアル、バルサ以外には交渉に応じないとはっきり言っている。つまり、ドルトムントより明らかなステップアップなら認めるが、ライバルのバイエルンやヴァツケが暫くはビックイヤーを捕れっこない、と言っているプレミアには売らないよ、と言う事でしょう。

フンメルスはバイエルン出身ということも有って、最後は認めた。
ギュンドアンは父親が面倒な人だったらしく、縁を切るのも有りと思っていた感あり。
主力以外は移籍金次第だね、そしてここでも放出候補はまず性格が一番考慮されているとみている。ヴァツケの徹底的なブランド戦略で、あっぱれと思っている。

香川はだから扱いがより慎重だ。代理人のクロートは元ドルトムントの選手だし、専属代理人契約をしている数少ない香川の移籍はドルトムント、香川両方のブランド価値、イメージが落ちないような進め方をするでしょう。少なくともポカール決勝が終わるまでは何の進展も無いと思います。つまり、香川が望んだ上位クラブへの移籍だね。
[ 2017/04/29 17:40 ] [ 編集 ]
移籍金もそうだけど、何より年俸が払えないでしょうね。
オバメの年俸は五百万ユーロ位らしいけど、ドルがそれ以上払うとは思えない。
プレミアに行けばモラタなら一千万ユーロ相当は貰えるだろうし。
[ 2017/04/29 22:30 ] [ 編集 ]
最近ここのコメントではBVBに対する批判が多いですが、管理人さんのクラブへの希望に関してまで否定的なコメントが出るようになってきましたね...
BVBが嫌いなら無視すればいいのでは?
嫌いなクラブを批判するより自分の好きなクラブを応援すればいいのになあ。
[ 2017/04/29 23:47 ] [ 編集 ]
来てくれたら嬉しいけど、難しいかなぁ…
[ 2017/04/30 16:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。